どんなときもwifi 再契約。 どんなときもWiFiの解約方法や解約金・初期契約解除制度を解説!

ネクストモバイル(NEXTmobile)をどんなときもWiFiやFUJI WiFi、WiMAXと徹底比較!!料金や速度って?

どんなときもwifi 再契約

「どんなときもWiFiはバッテリー交換できるの?」 「2年間契約だけど、その間に経年劣化した場合はどうするの?」 「実際に契約している人のレビューを知りたい!」 2019年3月よりサービスが開始されたどんなときもWiFiですが、「バッテリーの交換」はすることができるのでしょうか? 結論から言いますと バッテリーの交換はできませんが、そのデメリットはあまりありません。 この記事では実際にどんなときもWiFiを契約している筆者が、 バッテリー交換が必要ない2つの理由や、バッテリーを長持ちさせる方法等を解説をしていきます。 バッテリー交換について詳しくなってから、どんなときもWiFiの契約を考えましょう。 公式ホームページには以下のような記載がありました。 しかしながら、どんなときもWiFiはバッテリー交換できなくても平気です。 その理由は以下の2つになります。 どんなときもWiFiは2年契約ですので、もしもバッテリーが劣化してきたとしても、2年契約満了時に解約をすれば良いのです。 他社の例であげさせていただくと、 WiMAXは3年契約ですがバッテリーの交換はできません。 機種変更ができることはメリットではないので注意してください。 要するに、どんなときもWiFiは 『契約期間がバッテリーの寿命の目安と同じなので交換できなくても大丈夫』だと言えそうです。 そこでどんなときもWiFiのバッテリーに関する評判を調べたところ、 ほとんどが良い評判でした。 いくつか紹介させていただきます。 どんなときもwifi、満充電からちょうど12時間。 66GB通信したので、かなり使った方だと。 起きてる時間くらいは十分持ちそう。 すごいな。 先ほどのツイートと同じ場所でスピードテストをしたらこの時間は少し数値が下がっているが体感的には変わらず快適。 まだ一度も充電してないがバッテリー表示は変化なし。 興味がある方はご自身で調べてみてください! 実際に契約している筆者の意見としましては、 半年間利用してみてバッテリーの劣化は全く感じません。 そもそもバッテリーの持ち時間が長いので劣化しても大丈夫だと思います。 しかしながら、 2019年3月という最近始まったサービスでまだバッテリーの劣化情報が無いだけかもしれませんので、随時記事を更新していきます。 以上が、『どんなときもWiFiはバッテリー交換ができないが平気な理由2つ』です。 まとめると以下のようになります。 バッテリー交換が必要ない理由• どんなときもWiFiは2年契約なのでバッテリーの劣化が起きても解約すれば良い• そもそものバッテリー持ち時間が長いので劣化しても大丈夫 様々なモバイルWiFiを契約・利用してきた筆者としては 『2年で解約して新しい端末で再契約することがおすすめ』 という結論です! 次は、もしもバッテリー交換がしたくなった場合やバッテリーを長持ちさせる方法をみていきましょう。 バッテリーを長持ちさせる方法! どんなときもWiFiにバッテリー交換ができるサービスが無いと述べましたが、もしも交換したい場合には以下の2つしか方法は無いでしょう。 この2つしか対象方法が無いので余計な出費は免れないでしょう。 そうなる前に、バッテリーを長持ちさせるようにして対処しましょう! 以下はバッテリーを長持ちさせる3つの方法です。 電池が少し減るたびに充電するのは辞めましょう。 公式ホームページにはこのように記載があります。 端末が暑くなってきたら少々涼しい場所で冷ましてみてもいいでしょう。 以上の3つがバッテリーを劣化させない方法です。 バッテリーを交換する為に高額な出費がかかるので、日頃から対策しましょう。 これにて、バッテリー交換についての解説を終了します 最後になりますが、今回紹介したどんなときもWiFiのメリット・デメリットや実際に利用してみた感想をまとめました! 2020年7月現在で最もおすすめなのは『どんなときもWiFi』だ! 契約者である筆者が、実際に利用して感じたメリット・デメリット等をまとめました。 むしろ2年契約が可能だから合計金額は圧倒的にどんなときもWiFiですね。 しかしながら、この料金プランは超シンプルで安心できます。 もう海外専用モバイルWiFiが消滅してしまうかもしれませんね。

次の

WiMAX(ポケットWiFi)は再契約(契約更新)より乗り換えがおすすめ

どんなときもwifi 再契約

違約金なしで解約できる「いつでも解約サポート」 どんなときもWiFiの「いつでも解約サポート」は、• 契約ユーザーなら契約期間中いつでも利用可能• ユーザーに合った乗り換える回線・WiFi会社を紹介• 違約金なしで解約後に他社回線に乗り換え というのが特徴です。 通常解約の他にも、いつでも解約サポートと呼ばれる上記の特徴を持ったサービスを利用すると、違約金なしで解約出来ます。 いつでも契約サポートを利用すると違約金なしで解約できるので、一見すると お得なサービスに見えますが、実はきちんと理由があるのです。 なぜ違約金なしで解約できるのか?その理由を次項でご案内します。 どんなときもWiFiが紹介する他社への契約で違約金なしになるのが理由 どんなときもWiFiを解約する方法は下記の表のようになります。 いつでも解約サポートは違約金なしで解約できるのですが、 紹介してもらう他社で回線サービスを申込む必要があります。 ユーザー自身に合った契約を見直したいなら適していますが、今の通信契約を全て解約してリセットしたいという人には向いていませんのでご注意下さい。 いつでも解約サポート利用時にどの通信会社がおすすめされるかは公表されていない いつでも解約サポート利用時には、ユーザーとどんなときもWiFi側で乗り換え先の通信事業者を決めていくようになっています。 乗り換え先を提案するのは、どんなときもWiFiで、ユーザーへのヒアリングを基におすすめの通信会社を紹介されるようですが、 どの会社をおすすめされるかは非公表です。 1つの予想ですが、どんなときもWiFiを運営している株式会社グッド・ラックが運営している、下記のモバイルWiFiや固定回線を提案されるのでは? という声もあります。 ONE MOBILE モバイルWiFi• モバレコAir ホームルーター この3社はどんなときもWiFiよりも前から株式会社グッド・ラックが運営している通信会社なので、信頼しても良いかと思います。 いつでも解約サポートを利用するシチュエーション いつでも解約サポートは、どんなときもWiFiが おすすめする通信事業者に乗り換えると、違約金なしになる特殊な解約方法で、利用されるシチュエーションも通常解約とは違います。 どんなときもWiFiが想定している、いつでも解約サポートの利用シチュエーションは、主に以下の2点です。 無線よりも有線の固定回線を使いたくなった人 どんなときもWiFiのモバイルルーターの受信速度は、最大150Mbpsで実効速度は30~50Mbps程度、どうしても光回線には通信速度が及びません。 ビジネスで利用する人や自宅で高画質な動画をたっぷり見たい人には、モバイルルーターよりも固定回線の方が適性は高いのでいつでも解約サポートはおすすめできます。 モバイルルーターの通信速度が遅いので乗り換えたい人 「どんなときもWiFiを家の固定回線の代わりに契約したが、想定以上に通信速度が遅い」という方には2年契約を継続するより、いつでも解約サポートを推奨しています。 ただし、どんなときもWiFiのモバイルルーターの仕様上、今まで使えていたのに急に遅くなった場合は、他社に乗り換えた場合でも通信速度が改善しない可能性もあります。 通信速度が遅くなったから、「いつでも解約サポートを利用して別のモバイルWiFiが欲しい」という方は一旦、 モバイルルーターが故障を起こしていないか確認しましょう。 モバイルルーターの通信速度が急低下なら故障の可能性あり モバイルルーターの通信速度低下が解約の理由になる場合、解約は少し待って、モバイルルーターが 故障や不具合を起こしていないか確認した方がおすすめです。 最初から異常をきたしているなら初期不良の可能性がありますが、今まで問題なく使えていたのに急に通信速度が落ちた場合は、回線起因ではなくモバイルルーターが原因の可能性があります。 どんなときもWiFiは複数のLTE回線が使用できる仕様な点を思い出そう どんなときもWiFiのモバイルルーターはドコモ、au、ソフトバンクの3社のLTE回線が使える次世代クラウドSIMを搭載したモバイルルーターです。 1社のキャリア回線が使えない、速度が低下した場合は、他社の回線がフォローするので 通信の安定性が高いのが特徴です。 それでもモバイルルーターの通信速度が急に下がった場合は、モバイルルーターの故障や不具合の可能性が高くなってきます。 いつでも解約サポートを利用する手順 いつでも解約サポートを利用して他社のネット回線に乗り換える場合、乗り換え先が モバイルルーターか固定回線かで手続きが若干変わります。 具体的には、乗り換え先が開通前の手続きまでは一緒ですが、乗り換え先が開通後の手続きが、固定回線の方が若干手間はかかるので留意しておきましょう。 下記の手順で手続きすることになります。 モバイルルーターに乗り換える場合の手順• 0120-320-146 いつでも解約サポート連絡先 に電話• オペレータにいつでも解約サポートでモバイルルーターに乗り換え希望の旨を伝達• どんなときもWiFi側から対象のモバイルルーターを案内される• ユーザー側で同意後、どんなときもWiFi側で手続き開始• 移行先のモバイルルーター開通後、どんなときもWiFiを解約• どんなときもWiFiの機器一式を返却し完了 いつでも解約サポートを利用して、他社のモバイルルーターに乗り換える場合の手続きは上記のようになります。 どんなときもWiFiの解約は移行先の回線が開通後、どんなときもWiFiで承るとの事なので、 解約の連絡が必要か否か事前に確認しておきましょう。 固定回線に乗り換える場合の手順• 0120-320-146 いつでも解約サポート連絡先 に電話• オペレータにいつでも解約サポートで固定回線に乗り換え希望の旨を伝達• どんなときもWiFi側から対象の固定回線を案内される• ユーザー側で同意後、どんなときもWiFi側で手続き開始• 開通後、再度1の電話番号へ電話し解約希望の旨を伝達• どんなときもWiFiの機器一式を返却し完了 固定回線の場合はモバイルルーターの時と違い、 開通後ユーザー側で解約の手続きを踏まなくてはいけません。 忘れずに最初に解約の電話をかけたフリーダイヤルに連絡し、どんなときもWiFi解約の旨を伝えておきましょう。 固定回線が開通できたからどんなときもWiFiの契約も完了していると思い込んでしまうと、手続きが完了しませんので早めに解約手続きを行いましょう。 乗り換え後は速やかにどんなときもWiFiに機器一式を返却しよう モバイルルーターと固定回線どちらで乗り換える場合でも、最終的にどんなときもWiFiは解約するので、レンタルした機器一式の返却が必要です。 モバイルルーターから充電用ケーブルまで一式揃えて期日までに返却しないと、 機器損害金18,000円が違約金とは別に請求されてしまいます。 機器損害金はいつでも解約サポートでは免除されないので、不要な出費を避ける為にも、解約後には忘れずに早めにレンタルした機器を返却しましょう。 いつでも解約サポートを利用する際の注意点 いつでも解約サポートは、通常解約とは異なった処理なので、その分ユーザー側も注意事項を抑えておく必要があります。 事務手数料や初期費用は免除されない• 乗り換え後の回線で初期契約解除やエリアキャンセルすると違約金が請求される• 乗り換え後はどんなときもWiFiの契約に戻せない 重要なのは主に3つですが、その他の注意事項の項目も大事なので、一通り目を通してからいつでも解約サポートを申込みましょう。 事務手数料や初期費用は免除されない いつでも解約サポートで 免除されるのは違約金のみで、契約初期の初期費用や事務手数料は免除されずキャッシュバックもされません。 先ほどお伝えした機器損害金18,000円も免除の対象外なので、いつでも解約サポートを利用しても、ユーザー側で手続きが遅れると追加料金が発生する可能性があります。 よくあるケースとしては、「モバイルルーター本体は返送したのは良いがケーブルの返品が必要無いと思って同梱を忘れてしまった」という、うっかりパターンがありますのでご注意下さい。 乗り換え後の回線で初期契約解除やエリアキャンセルすると違約金が請求される いつでも解約サポートで移行したモバイルルーターや固定回線を使用したが、調子が悪い、エリアが通じないといった理由で解約すると免除された違約金が再度請求されます。 いつでも解約サポートを利用した時の唯一違約金が請求されるパターンなので、移行したら必ず利用するという気持ちでいるべきでしょう。 乗り換え後はどんなときもWiFiの契約に戻せない いつでも解約サポートを利用して他社のモバイルルーターや固定回線に乗り換えた後、やっぱり、どんなときもWiFiに戻したいと思っても契約を戻す事は出来ません。 他社に移行した時点で、どんなときもWiFiの契約は既に解約済みなので、どうしても どんなときもWiFiを契約したいなら新規で契約し直す必要があります。 その場合、再度新しい回線は2年契約でスタートしますので、乗り換え前にはどんなときもWiFiを解約しても良いか、よく考えてから申し込みしましょう。 いつでも解約サポートを利用すると1年間は再度適用できない• 乗り換え後の回線で初期費用や開通工事費用が発生した場合は、どんなときもWiFiは関知しない• 解約までに開通できない場合は一旦違約金を請求し開通後に違約金をキャッシュバックする いつでも解約サポートのその他の注意事項は上記になり、特に注意したいのが、 1度利用すると1年間は利用出来ないので乱用はできません。 違約金なしには出来ますが、固定回線で開通工事費が生じた場合も免除の対象外になるので、契約次第では出費もある点は覚悟しておきましょう。 回線にどうしても不満の場合にいつでも解約サポートを利用しよう いつでも解約サポートは違約金なしで解約できるので、一見すると解約し放題に思えますが、紹介される他社との契約が必要です。 これは、回線に不満がある人が利用する為のサービスなので、お得な解約手段というよりも、 回線に納得できない方への救済措置としての意味合いが強めです。

次の

どんなときもWiFiの料金・初期費用をWiMAXやポケットWiFiと比較

どんなときもwifi 再契約

4月6日現在、通信障害の復旧のめどがたたず、販売が停止されています。 現状では「どんなときもWiFi」の契約をオススメできません。 結論から言って、 どんなときもWiFiは充電しながらでもインターネットを使うことができます。 充電には3時間かかり、 充電満タンから12時間以上ネットが使えます。 ずっとスマホやパソコンにつないだ状態で12時間なので、 ネットを使うときだけ接続するなら、2、3日は余裕で充電が持ちます。 もくじ• どんなときもWiFiの充電時間はどのくらい?実際測った結果 私自身、「どんなときもWiFi」の利用者なので、充電時間を測ってみました。 結果、 充電切れから満タンまではだいたい3時間ほどかかりました。 ちなみに 充電が満タンになってから、ネットに接続した状態で13時間半ほど利用できましたよ! 具体的には、 朝10時に電源を入れて、23時半まで使えました。 ちなみにYouTubeやスマホゲームを5時間、ネットやSNSを3時間ぐらい見たと思います。 充電時間が短いわけではありませんが、そのぶん充電長持ちというわけですね! どんなときもwifi、満充電からちょうど12時間。 66GB通信したので、かなり使った方だと。 起きてる時間くらいは十分持ちそう。 すごいな。 けど、電源を切って充電したほうが バッテリーの劣化は防げる」という回答です。 いちいち電源を切って充電するなんて、めんどうですよね? でも大丈夫!ちゃんと解決策があります。 そもそも、 バッテリーは1年半から2年で少しずつ劣化し始めると言われます。 だからWiMAXだと3年契約なので、バッテリーの劣化を気にしながら使わないとなりませんが、 「どんなときもWiFi」は2年契約です。 つまり、ちょうど 劣化し始めるタイミングで無料で解約できるわけです。 しかも、 再契約すればまた新品がもらえるし、新規特典として月額割引も復活します! まとめ 「どんなときもWiFi」の充電に関するポイントは以下の通りです。 充電時間は3時間、連続利用時間は13時間半(実測)• 充電したままネットを使うことができる• バッテリーが劣化し始める、2年で無料解約する• 使い続けたいなら再契約。 また新品がもらえる• 付属品に充電コードが入っている• 充電コンセントはiPhone、アンドロイドのものが代用できる• 充電コンセントはダイソーで100円で買える 正直、充電に関してはなにも心配する必要はありません。 実際に使い始めれば実感できますよ! また慣れてきたら、さらに良いことがあります! どんなときもWiFiがあればスマホのパケットがまったく必要なくなるので、スマホの料金プランを見直せますよ! 最安プランにしてもいいし、格安SIMに乗り換えるのもありですね。 5時間との記載はあるのですが。 充電中にはバッテリーマークが点滅、満タンになるとマーク点灯だったような気がするのですが、5時間経ってもずっと点滅していていつ充電完了になるか分かりません。 フルになる前にコンセントから抜いてしまうとそれまでの時間がリセットされてしまう、 などは考えられますか? こんな状態では2年なんて使用できず端末交換代を払うことになるのではと不安です。 アドバイスいただけたら、と思います。 5時間経ってもずっと点滅していていつ充電完了になるか分かりません。 運営会社であるグッドラックに連絡してみてください。 端末を一度送るよう指示されると思いますが、自然故障と認定されれば端末を交換してくれます。 ただ、ご承知かと思いますが、2020年2月下旬の通信障害発生以来、対応に追われて連絡がつきにくい状態です。。。 スマホと同じと考えてください。 こんな状態では2年なんて使用できず端末交換代を払うことになるのではと不安です。 上の通り「どんなときもWiFi」はグッドラックと言う会社が運営しています。 グッドラックでは「どんなときもWiFi」意外にもBroadWiMAXの販売・運営を行っています。 同じ会社のサービスであるため、「どんなときもWiFi」からBroadWiMAXへの乗り換えは無料で行ってくれます。 donnatokimo-wifi. 電波も端末もWiMAX2+なので、 モバイル端末の中では今一番信用できるものになります。 (どんなときもWiFiは基本的にソフトバンク回線で、 WiMAXはauが開発するWiMAX回線を用います。 WiMAX回線の方が通信障害が起きにくいです) デメリットはどんなときもWiFiと違い、3日で10GB以上使ってしまうと、ペナルティとして18:00〜翌日2:00まで 通信速度が1Mbpsになることです。 ざっくりいうと3日間連続で、 毎日5時間以上で高画質動画をみたら通信制限(ネットがノロノロ)になると言ったイメージ。 仕事とプライベートで一日使う、とかでなければ超えないとおもいます。

次の