本能寺 の 変 場所。 本能寺の変とは?織田信長を討った黒幕は明智光秀?真実や場所などを解説!

K'sBookshelf 資料 本能寺の変 本能寺周辺位置関係図

本能寺 の 変 場所

本能寺跡(京都、中京区) 戦国時代の最大のミステリーとも言われる 本能寺の変。 この事変は 天正10年6月2日( 1852年)に京都の 本能寺に滞在していた 織田信長を家臣の 明智光秀が 謀反を起こして襲撃、そして炎に包まれる中で信長は自害して果てたと言うのが通説。 でも、織田信長の遺体は見つからず… そして明智光秀は 羽柴秀吉との 山崎の戦いで敗れ、謀反人として汚名を、そして秀吉が天下人となり時代は進んで行きます。 現在は 本能寺跡として石碑だけが残っています。 京都市役所の近くに「本能寺」は現在もあります。 しかし、 1591年に 豊臣秀吉が 移転させたので、 要するに 「現在の本能寺」=「本能寺の変が起きた場所」ではない のです。 だから、観光で本能寺に行った時に「あぁ~ここで信長が…」なんて思っても場所が違うんですよね。 現在の本能寺と、信長が自害した本能寺のあった場所を地図で見ると… 下のような感じになります。 歩くと20分位の距離になります。 本能寺の変は謎が多く、その首謀者は明智光秀と言われているけど、実際は単独でなく、黒幕がいたんじゃないだろうか? 本能寺の変に関しては、様々な説が色々と囁かれていますね。 例えば、 羽柴秀吉説、 徳川家康説、 朝廷説など、歴史小説を読んでいると色んな角度で、話が流れて行くので「信長」に関する本は色々と呼んでいくと面白い。 個人的には加藤廣のとか面白かったです。 この小説を読んだら… きっと本能寺からの抜け穴が気になると思う。 南蛮寺が何処か?ってね。 あまり詳細を書くとネタバレになってしまうので、アレですが…小説の中では 本能寺から南蛮寺まで抜け穴があり、本能寺の変が起きた時、信長はその抜け穴から逃げようとする。 そして…、って感じですかね。 その先は本を読んで確認してください。 でも、上の地図をみたら… 本能寺跡の石碑の場所って、実は本能寺があったと伝わる場所の端っこだったのが分かりますね。 2019-03-15 18:11 さて、現在… この本能寺跡には 石碑と案内しかなく、当時の面影は全く見当たりません。 歴史に思いを馳せてやって来ても、ハッキリ言って興ざめしてしまうほど、何もない。 歴史に「もしも…」はないけれど、 明智光秀が信長を本能寺で急襲した時、もし信長の遺体が見つかり、 もし信長の首を光秀が手に入れていたら、歴史はどう変わっていたんだろうか?そんな事が頭をよぎって離れない。 1582年のあの日…、この一帯は兵馬と炎に包まれていた。 当時の 本能寺は石垣や堀のある 城郭寺院で、それなりの防御力はあったそうだ。 しかし、明智光秀の 1万以上の軍勢に対し、信長は 100人ほどの従者しか連れていなかったという。 そんなの勝てるわけがない。 信長は為す術がなかったはず。 だから、信長の選択肢は… 自害するのみ。 でも、信長は自分の首を渡さなかった。 これは彼の 最後の意地、 抵抗、 絶対に屈しないという怒り、 プライドだったんじゃないだろうか。 彼の遺体は火薬で吹っ飛んだとも、骨すらも焼けるほど燃え切ったとも、他には、誰かが遺体を隠した、運び出した、色んな説があります。 —————————- ここで余談ですが… グーグルマップを見ていると、「信長の首洗い井」という場所があります。 興味があり行ってきました。 それは病院の中庭にヒッソリと、でも今は何も残っていません。 このしています。 2019-08-06 14:44 —————————- いずれにせよ、結果的に信長の遺体は見つかっていません。 この本能寺の跡地に来て、しばらく佇んで当時の事を妄想していると、色んなシーンが頭に浮かぶ。 もちろん小説やドラマに影響されているわけだけど… もしも…、もしも…だよ。 信長の首が明智光秀の手に渡っていたら、歴史は大きく変わっていました。 だって、戦国時代は 敵の大将首を取る事が 勝利の証。 そして勝者が 敗者の首を晒す。 それは明智光秀が起こした謀反も例外ではなく、主君殺しも正当化できたはずだから。 そうなると、羽柴秀吉との戦は明智光秀が勝利していた可能性も出て来る。 つまり豊臣秀吉の天下はなかった。 関ヶ原の戦いもなく、江戸幕府もなかったかも…と。 信長は自分を裏切った 光秀に絶対に「お前に俺の首を渡すものか」と。 最後の最後に考えたんじゃないだろうか。 それが最後に出来る信長の唯一残された抵抗だったのかもしれない… 実際に、 秀吉は 山崎の戦い前に 「信長様は生きている。 一緒に謀反を企てた光秀を討とう」と言った 手紙を書いたという。 凄い戦略ですよね。 そんな手紙が届いたら、誰もが恐れるだろうし、絶対に光秀の味方にならないよね。 そして秀吉は山崎の戦いに圧倒的な勝利で終わります。 しかし、これも信長の首が本能寺で見つかっていたら、 全てが変わっていた可能性があったんじゃないだろうか。 そう考えたら歴史って全てが紙一重。 不思議なもんだなぁ~と。 本能寺址とポツンと残る石碑を前に、そんな思いにふけた。 本能寺跡 場所:京都市中京区元本能寺南町.

次の

本能寺の変が起きた場所はどこ?豊臣秀吉が本能寺を移転した真の理由

本能寺 の 変 場所

本能寺の変の時に秀吉さんがいた場所 天正10年、西暦1582年。 当時国内で最も勢いのある戦国大名だったと言われる織田信長さんが京都のお寺、本能寺で宿泊中に家臣の明智光秀さんに急襲されたために自害し命を落としています。 「本能寺の変 ほんのうじのへん」と呼ばれる歴史的に有名な出来事ですが、この時信長さんだけではなく信長さんの長男、あるいは次男という見方もあるようですが、信長さんの跡を継ぐ立場だった織田信忠(のぶただ)さんも明智さんの軍勢に襲撃され抵抗むなしく、不利な戦況を理由に自害されこの方もお亡くなりになりました。 この出来事が発生したのは昔の暦で6月2日、今の暦だと6月21日。 一日にして国内の武将の中で最高実力者と見られていた人物とその後継者がこの世からいなくなってしまうという非常に起こり難いことが発生してしまいました。 信長さんの家臣たちは当時中国地方や四国地方、北陸地方、関東地方で織田勢の支配地域を拡大するため戦をしたり現地の武将と交渉したりしていました。 豊臣秀吉さんもそのような活動をしていた家臣の一人でした。 本能寺の変が発生した旧暦の6月2日、秀吉さんがいた場所はどこだったのでしょう。 当時秀吉さんは中国地方を基盤とする戦国大名、毛利家と戦をしている最中でした。 本能寺の変が発生していた時に戦の場となっていたのは備中国(びっちゅうのくに)、現在の岡山県の西側にあたる地域ですが、その地域に存在していた毛利家側の拠点、高松城(たかまつじょう)です。 秀吉さんはこの城の周辺に織田の軍勢を配置していました。 スポンサーリンク 高松城周辺 高松城は現在城の痕跡があまり残っておりません。 城があったのは現在の岡山県岡山市北区の地域です。 この城の攻略は秀吉さんの率いる織田勢にとってなかなか困難だったそうで結果的には織田勢が城の周りに堤防を短期間で作って城の周りに水を引き水攻めにするという非常に珍しい攻め方をしたそうです。 この時の織田勢の本陣に秀吉さんがいたことになりますが、当時高松城周辺で秀吉さん率いる軍勢の本陣が存在していたのは石井山という所や龍王山という所だったと言われています。 石井山に本陣を構えていた時は持宝院というお寺が利用されたのだそうです。 5月以降、秀吉さんは石井山に本陣を移したという指摘があるようです。 高松城を救出するために毛利軍が派遣した軍勢も高松城周辺に到着し両軍対峙していた状態で本能寺の変が発生した日を迎えています。 スポンサーリンク 秀吉さんが本能寺での出来事を知った日 秀吉さんが本能寺で信長さんが亡くなったことを知ったのは旧暦の6月3日の夜だったと言われているそうです。 その事件を知ることとなったきっかけについては、「信長さんが京都で討たれた」という知らせを毛利側に伝えるために派遣された使者を捕えることが出来、その人物から情報を入手したと言われているそうですし、信長さんの家臣で秀吉さんとも知り合いである長谷川宗仁(はせがわそうにん)という人が秀吉さんに使者を送って知らせてくれたという話もあるようです。 どちらからの情報入手も実際にあって「本当に信長様が殺されてしまったんだ!!!」と秀吉さんは確信したのかもしれません。 秀吉さんのいる戦地に遠征するはずだった信長さんが秀吉さんの軍勢に援軍として参加する予定だった明智さんに討たれたというのですから、秀吉さんは当然驚いたことでしょう。 スポンサーリンク 今回は本能寺の変が起こった時の秀吉さんについて一部取りあげました。 信長さんが討たれた後に国内で最も大きな権限を握ることになる武将の秀吉さんがどこで信長さんの死を知ったのかについては時代劇でも見る機会があり毛利勢と戦をしていた頃だったなぁという印象は持っていたのですが、どこで戦をしていたのかについては個人的によくわかっていませんでした。 一般的に本能寺の変が発生した時に秀吉さんがいた場所についても関心が持たれているようですし今回はこのようなテーマで記事を作ってみた次第です。 本能寺の変が発生したのは京都で、秀吉さんがいたのは今の岡山市。 翌日の夜に情報を入手することが出来たというのは妥当なのでしょうか。 京都市から岡山市までの距離は170kmくらいあるのだそうです。 それくらい離れている中、6月3日の夜あるいは6月4日未明に情報が届いたということですから2日弱で移動したということになりますね。 一日で85kmくらい移動するということになります。 足が速ければ出来る話なんでしょうか。 この情報が毛利側に先に知られていたら秀吉さん側は大変なことになっていたでしょう。 毛利側は4万程の軍勢だったのに対し秀吉さん側は3万程だったと言われているので数の上で不利ですし、おまけに織田からの援軍も期待できない状況でした。 情報をどちらが先に手に入れるかで形勢は大きく変わってしまう場合があるということを示す良い例なのでしょう。 今回の記事は以上となります。 最後までご覧いただき誠にありがとうございました。 ご了承ください。 信長さんが本能寺にいた理由について触れている話「信長さんの本能寺滞在にはどのような理由があったのでしょう」はです。 豊臣秀吉さんの関白就任について触れている話「豊臣秀吉さんが関白に任じられたのはいつ頃だったのでしょう」はです。

次の

【本能寺見どころポイント】簡単まとめ

本能寺 の 変 場所

戦国時代、明智光秀の本能寺の変最新情報 日本史上最大のクーデターともいわれる本能寺の変。 明智光秀はなぜ主君・織田信長に謀反したのか? その謎は今も諸説紛々。 怨恨(えんこん)説や野望説、共謀説、突発的犯行説 四国説、構造改革反発説、鞆幕府推戴説、信長暴走阻止説などがある。 一方、近年新たな史料の発見により従来の織田信長や明智光秀のイメージが大きく変わりつつある。 根強い定説から珍説、新学説まで一挙登場! 2020年現在の最新「本能寺の変」決定版! 信長、光秀に関する説 怨恨説 この怨恨説は、信長にいじめられていたというもの。 今までの通説ですね。 この説の1つの根拠となるのが 「 惟任 これとう退治記」天正10年(1582) 本能寺の変4か月後に羽柴秀吉が書かせたもの。 光秀を討伐したという記録が載っている。 その中で光秀が謀反を起こした動機に関して以下のように載っている。 この中で出てくる逆位とは?なんであったのか。 後世の資料でさまざま語られているが 中でも有名なのが「川角太閤記」での 「徳川家康の饗応役解任」をめぐる確執 本能寺の変2週間前 天正10年5月 安土城にて 同盟相手の信長をねぎらうため安土城に招き 盛大にもてなすことになった。 その準備の 饗応 きょうおう役(接待の仕切り役)を任されたのが光秀 であったといいます。 その際、好物の鯛から悪臭を放っていたことで 光秀は足蹴にされてたというのです。 この暴力的な行動は宣教師の ルイス・フロイスの「日本史」の中の記述でも 見ることができます。 人々が語るところによれば 彼の好みに合わぬ要件で明智がことばを返すと 信長は立ち上がり怒りをこめ一度か二度 明智を足蹴にしたという事である。 と記述されている。 さらに怨恨説には光秀の右腕と言われた 斎藤 利三 としみつをめぐるものも。 それは。。。 本能寺の変1か月前のこと 織田家家臣の家老を明智家に斎藤利三が引き抜いた これを聞いた信長は激怒し 斎藤利三の切腹を命じたというもの。 利三をかばう光秀を信長は激しく叱責した。 この時光秀のプライドをズタズタにするアクシデントが。 それは、武士の命であるつけがみ(当時のカツラ)が 取れてしまったといいます。 光秀は髪が薄い事を気にして 普段からつけがみを付けていた。 それを人前で落とされてしまい 屈辱を味わったという。 この事件が起きたのは本能寺の変の4日前だった。 以上の内容から 信長に対する積年の恨みが本能寺の変の原因だったと考えられている。 資料自体が世論というか、人々が話している内容であって 本当かどうかはわからない。 資料の成り立ちを考える必要があるというものでした。 秀吉が故意に、自分上げ、光秀下げの為に書かせたものと 思われるものも多く。 吹聴している資料の可能性が高い。 惟任退治記はその典型といえる。 怨恨説のまとめ 根拠となるエピソードの多くは二次資料であって 後世に脚色されて書かれたものが多く おおむね否定的 共謀説 誰か、共謀している人がいたのでは 宣教師ルイス・フロイスによると 光秀について「日本史」より 「彼は裏切りや密会を好み 己を偽装するのに抜け目がなく 計略と策謀の達人であった」 このように記載されている。 光秀と何者かが手を組んで本能寺の変を 起こしたというもの。 「朝廷共謀説」「徳川家康共謀説」などがあるが 中でも衝撃的なのが 「イエズス会共謀説」 キリスト教布教の為、33年前から活動を開始。 イエズス会は次なる中国進出の為に日本での基盤を固めるべく 信長の天下統一を経済的に支援していたといいます。 しかし、信長がほぼ天下統一を手にし天下人になると コントロール不能になっていった。 信長の言動について 「途方もない狂気と盲目に陥り 自らに優る宇宙の主なる造物主は存在しないと述べ 彼、すなわち信長以外に礼拝に値する 者は誰もいないち言うに至った」 神をも冒涜する存在へとなっていった 本能寺7の見解は 全員が反対ですね。 信長はキリスト教だけでなく 法華宗や禅宗などの他の宗教とも結びついていた。 そうした実態からも考えづらい。 しかも、宣教師オルガンティーノは本能寺の変の後 明智軍を恐れて避難したとなっている。 これも共謀説としては説明がつかない。 とされていたが 実は足利義昭は広島県の福山市鞆の浦で 鞆幕府という勢力の中心にいて 再起を謀っていたいう。 なぜ、鞆の浦だったのか それは 広島県福山市の小松寺は 室町幕府初代将軍の 足利尊氏が京都で幕府を開く直前 必勝祈願で立ち寄ったとされるお寺であり 再び上洛を果たし幕府復興をもくろむ 義昭には縁起のいい場所だったというもの。 また、鞆の浦は人、モノなどが行きかう 交通の要所で戦略的にも有利な場所だった。 信長と敵対する毛利氏などと手を組むことで 打倒信長を画策していた。 鞆幕府推戴説とは 光秀が上洛を望む義昭に近づき本能寺の変を起こしたというもの その証拠となるのは 本能寺の変から10日後に書かれた 「土橋重治宛光秀書状」 そこには 「上意への奔走を命じられたことをお示しいただき、ありがたく存じます。 しかしながら(将軍の)ご入洛につきましては既に ご承諾申し上げています。 信長亡き後、上意とは足利義昭以外 考えられない。 室町幕府再興のために 光秀は本能寺の変を起こしたのだろうか? 構造改革反発説 世は戦国時代、自分たちの城や領地をいかに守り拡大するか 大名たちによる土地の奪い合いは100年近く続いていた。 それを終わらせるべく発案したのが 預治思想 よちしそう 土地はあまねく天のもの それが天下人の信長に与えられたもの それを各代名が預かっているだけ。 それにより、土地をめぐる争いはなくなるというもの。 この預治思想は秀吉、家康に受け継がれ 幕藩体制の礎へとなっていく。 その他、「一国城割」を命じられた筒井順慶は 大和の城のみを残し、その他はすべて破壊された。 その他、見ず知らずの土地に移す「国替え」 などを命じた。 まとめ 革新的なのは信長か?秀光ら家臣たちか? 見解は分かれた。 太閤検地などは信長があってのものだったのでは? 信長のビジョンの下でやっていたのか 光秀たちには独自のビジョンがあったのか。 事実上の引退宣言のような資料。 信長暴走阻止説まとめ 本能寺の変は光秀が天下を取るためではなく信長の時代を終わらせ、 次世代に渡すためだった可能性も。 四国説(新説) 2014年、驚きの発見がありました。 岡山県で所蔵されていた 石谷家文書 いしがいけもんじょ 斎藤利三と長宗我部元親らの手紙のやり取りが収めれている。 膨大な数の手紙 四国統一を目指していた戦国大名の長宗我部元親は 信長と同盟関係にあり その間を取り持っていたのが 明智光秀だった。 戦いで勝ち取った領土は自分のモノにしてよいという 信長からのお墨付きをもらって三好と争っていた。 中国地方を制定目前というところで 信長は一変する。 信長は天正9年、本能寺の1年前 信長は突然、長曾我部ではなく、三好家と接近 元親が戦いで勝ち取った領土の一部を返上するように要求 したのだった。 天正10年1月11日 斎藤利三書状には 「元親の為に光秀は尽力している」 と書かれている。 突如手のひらを返された元親の為に 光秀が間を取り持ち奔走していた。 石谷家文書からはその妥協案が記されている。 本能寺の変から10日前 元親から斉藤利三に出された手紙には 「信長との間を取り持ってくれたことは 忘れない、阿波国内の主要な山城は明け渡す」 このように領土返上を渋っていた元親に 光秀は元親の説得に成功したのであった。 ところが、信長は情け容赦ない決定をするのだった。 光秀の尽力も虚しく、四国出兵が決まるのだった。 元親討伐に向かうまさにその日 6月未明、本能寺の変を決行したのである。 四国政策の手のひら返しが本能寺の変を引き起こさせたのか? 四国説まとめ 近年発見された新文書で織田家臣団の対立構造が 浮き彫りに!現時点ではかなり説得力がある。 秀吉陰謀説 本能寺の変のあと 京都 吉田神社神官の 吉田兼見は日記にはこのように書かれている。 「光秀は信長方をことごとく討ち果たし 大津に移動した 私は馬に乗って粟田口まで走り出て 光秀に対面し 吉田家・吉田神社の領地を保証してくれるよう 直接頼んだ」 光秀の下に朝廷からの勅使が訪れた これは次の天下人に光秀を選んだ可能性が高い。 順調に見えたがこれを覆したのが 「秀吉の中国大返し」 本能寺から200キロ以上も離れていた秀吉が 光秀を倒すべく京へ 本能寺の変からわずか11日後 山崎の戦いで光秀は秀吉に敗れた。 天正10年(1582年)6月13日 本能寺の変で一番得をしたのは誰か? それは天下人になった秀吉であるといえる。 なぜ秀吉は、こんなにも早く行動できたのか? 秀吉陰謀説まとめ 秀吉の陰謀である可能性は低いが 秀吉は光秀の見本を察知して周到に準備していた可能性は高い 本能寺の変とは 天正10年6月2日(1582年6月21日)早朝、京都本能寺に滞在していた 織田信長を家臣・明智光秀が謀反を起こして襲撃した事件のこと。 本来、羽柴秀吉の応援に向かうはずが、 織田信長への謀反を起こした。 信長は寺に火をつけ、自刃した。 司会:爆笑問題 本能寺7のメンバー ・藤田達生:三重大学教育学部教授 20年以上 新設の提唱を続けている。 ・稲葉継陽:熊本大学 教授で永青文庫研究センター長 光秀の手紙など貴重な資料を保管している。 ・福島克彦:大山崎町歴史資料館 館長 光秀の城をすべて踏破 ・髙木のぶ子:安土城考古学博物館学芸員 小文書の分析から新たな信長像をさぐる ・天野忠幸:天理大学文学部 准教授 天下人論からみた信長・光秀について ・柴 裕之:東洋大学文学部 非常勤講師 明智光秀に関する著作多数出版している若手研究者 ・石川美咲:一乗谷朝倉氏遺跡資料館 学芸員 小文書や遺跡から歴史をたどります。 以上7名が今回のサミットに登場するメンバーです。 ゲストは細川家第18代当主 細川護熙さん まとめ いかがでしたでしょうか。 明智光秀の今までの概念が少し変化したのでは ないでしょうか? 一時の私怨に、光秀が動いたのでしょうか? そんな単純ことではないような気もしてきました。 歴史は、いろんな解釈ができるから 面白い。 運営者:ノムリン こどもたちとの時間を大切にしている2児の父です。 こども達の日々の成長の記録や家族で行った場所など、子を持つご家庭におすすめスポットやお役立ち情報を紹介していきます。 人気記事ランキング• 最近の投稿• 最近のコメント• に nomurin より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の