体調を崩す 仕事。 新しい職場で体調を崩す人のためのメンタルを保つ方法|ナナメドリ

新しい職場で体調を崩す人のためのメンタルを保つ方法|ナナメドリ

体調を崩す 仕事

20代後半に突入した頃から、高熱で寝込むほどではなくても、微妙に風邪をひいて喉が痛い、微熱で体がだるい、夜寝るときに鼻が詰まる、など、細かい体調不良に頻繁に悩まされるようになりました。 しかもこれが、非常に治りにくい!! 鼻づまりは治っても咳がだらだら続いたり、ようやく良くなってきたころにまた別の不調を感じたりで、健康って大切だなあ、とだるさを感じながら仕事に行くたびに実感してしまいます。 これは根本的な体質改善が必要だ!と思いたち、すぐに体調を崩すのを直すには、なにをしたらいいのかを改めて調べ、実行してみました。 とくに食事については、バランスよく何でも食べる、だけでは足りなかった秘密を紹介します! PR: 目次• 体調を崩すのが頻繁すぎる! ここ一年強、体調を崩す頻度が半端なくて、鬱々した日々を送っています。 どうしても歳は取りますが、後半とはいえ、まだ一応20代。 基本的に自炊して、それなりにバランスの良い食事は取っているし、睡眠時間も平均7時間。 最近になって特別ストレスの量が増えたとは思えないのに、この不調の多さは異常事態です。 これは体感ですが、免疫力が落ちていて、周囲のウイルスや菌を片っ端から拾ってしまっているように感じています。 (接客業なので毎日膨大な数の人に会います) そう頻繁に仕事を休むわけにはいかないので、ちょっと調子が悪いくらいなら頑張って出勤しますが、それでも昨年は体調不良でまとまった休みを3回ほど取り、周りは何も言いませんが肩身の狭い気持ちでいます。 休まなければいけないレベルの体調不良も辛いけど、休むほどではないと思ってダルい体に鞭打って働くのも辛い! 免疫力を高めるにはどうしたら良いのか?そもそも何故突然低下してしまったのか?深刻な問題になってきたので調べてみました。 すぐに体調を崩すときにできる対策は? とにもかくにも、健康の基本はバランスの取れた食事、充分で質の良い睡眠、適度な運動、うまくストレスを解消すること、です。 1つずつ解説していきます。 体調を崩す前に食事を改善する 各種栄養をバランス良く摂取することが大切、なんていうことは、今更言われなくても分かってるよ!という感じですが、それ以外にも注意したいポイントはいくつかありました。 満腹になるまで食べないこと まず、満腹になるまで食べないこと。 腹八分目が良い、とは分かっていても、食べるものが目の前にあるとついついお腹いっぱいになるまで食べてしまう…、心あたりがあることです。 満腹になると、免疫力を高めるのに大切な役割を果たす白血球が低下してしまうので、そのまま直接免疫力低下に繋がります。 逆にお腹が空いている時には白血球も活発に活動しているので、1日中ちょこちょこ食べていて、各食事では満足するまで食べる、という状況だったら改善が必要です。 腸に良いものを食べること 免疫力アップの基本は、たくさんの細菌が住んでいる腸内を健康に保つこと。 なぜなら、腸に住んでいる細菌には、免疫力に関連しているものが沢山いるんです。 腸をきれいにしてくれるヨーグルト、納豆、味噌、キムチなどの発酵食品は、毎日でも食べたいですね。 同じく腸を健康に保つ食物繊維を摂取すること 腸内に良い細菌を増やすには、食物繊維も欠かせません。 お通じを良くして、悪玉菌を体外に排出するのにも効果があります。 食物繊維の豊富なごぼうや海藻類、こんにゃく、たけのこ、レタスやキャベツなどは意識して食事に取り入れましょう。 免疫力を付けるには充分な睡眠を 「充分な睡眠」には個人差がありますが、一般的には7~8時間が丁度良い、と言われていますね。 人によってはもう少し長かったり短かったりするようですが、わたしの場合は平均通りで、毎日それくらい寝ています。 そこで調べてみると、睡眠を取る時間帯にも良し悪しがありました。 免疫力アップさせるのに一番理想的なのは、夜10時にはベットに入って早い段階で深い眠りに付くこと。 これは免疫力アップに貢献してくれる成長ホルモンが、この時間帯に分泌される、と考えられているからです。 早い時間にぐっすり寝付くには、ベットに入る前にお風呂で体を温めて、寝るときにも首元を温かい状態にしておくことが効果的だそう。 体をリラックスさせるのにはアロマセラピーも役立つので、この機会に初めてみようと思っています。 RP: 体調を崩すのを防ぐのに必要な運動量とは? これは我ながら足りていない気がしているポイントで、週に3回ほど30分~1時間くらい散歩はしますが、それ以外には運動らしいことはしておらず、運動不足の自覚はありました。 立ち仕事なのがせめてもの救いでしょうか。 免疫力をアップさせるには体を動かして血行を促進し、リンパ球を活性化させることが必要です。 運動、というと大げさに考えがちですが、これを達成するのに必要なのはストレッチ、体操、それこそウォーキングなどの軽いアクティビティを毎日少しずつ継続して行うこと。 ゼーゼー息が上がるほどではなくて、心拍数が上がっている気がする、くらいの量が丁度いいです。 30分ウォーキングは思った以上に効果があったみたいです。 これからは、時間がなくて行けない日はストレッチをして繋ごうと思います。 ストレスが貯まっていると体調を崩しやすい? 体の状態に関係する免疫力と、精神的であるストレスの繋がりは想像しにくいですが、実に親密に関係しています。 ストレスが貯まって精神的に落ち着かなかったり、不安定になると自律神経が乱れますが、免疫力を高めるのに大切な白血球は自律神経のバランスに影響を受けるんです。 バランスの取れた食事、質の良い睡眠、適度な運動をクリアしていても、ストレスが増えて自律神経が崩れてしまっていると台無しになってしまうので、自分に合ったストレス解消法、爆笑できる何かは、いくつか見つけておきたいですね。 すぐに体調を崩すのを防ぐのに効果がある食べ物 発酵食品と食物繊維が大切であることは分かりましたが、その他にも特別効果が期待できる食べ物は色々あります。 中でもわたしがこれは!と思い、毎日少しずつ食べることにした食品を紹介します。 レモン水 しょっちゅう風邪を引いていたけど、毎朝レモン半分を白湯に絞ったものを飲むようになってから全く風邪を引かなくなった、という男性の体験談を読み、レモン水を朝一番で飲むようになりました。 最初は酸っぱくて飲みにくかったんですが、慣れてくると逆にレモンの量が少ないと物足りないと思うようになりました。 肌の調子も良くなるし、お通じも良くしてくれるので一石三鳥です。 蜂蜜 蜂蜜は偉大な食べ物です。 その他の食べ物を混ぜさえしなければ、一生腐らない食べ物なんてそうそうありません。 老化防止、胃腸をきれいにしてくれる、疲労回復、不眠改善など、免疫力アップに貢献してくれるほか、美容やダイエットにも効果が期待できます。 スプーン一杯のはちみつを上記のレモン水に溶かして飲むのが最強です。 ヨーグルト 上記しましたが発酵食品は腸を健康に保つのに大活躍します。 改めて考えてみると発酵食品はたまーにヤクルトを飲むくらいしか摂取していなかったので、意識してヨーグルトを食べるようになりました。 なぜ体調を崩すのが頻繁になってしまったの? 同じ生活習慣で生きてきたのに、昨年から急に体調を崩しやすくなった原因ははっきりとは分かりませんが、おそらく急激に老化しているのではないかと自己分析しています。 免疫力は、20歳前後をピークにその後は徐々に低下していきます。 わたしはまだ29歳ですが、ここ数年で白髪を見つけることが格段に増え、太りやすく、痩せにくくなり、脂っこいものを食べると胃もたれするようになりました。 まだまだ若いけど、学生だったときと同じようにはいかないのだ、ということです。 この先どんどん体調を崩しやすくなって、1年の半分は何かしらの不調を感じるようになっては溜まったものではないので、より意識して生活習慣を改善していこうと思っているところです。

次の

【要注意】精神障害が仕事で体調不良のリスクにつながる考え方3つ

体調を崩す 仕事

プライベートで体をいたわる場合には、普段相手に使っている表現で良いかもしれませんが、特にビジネスのシーンで、メールにて体調を気遣うようなシーンや複数人でお見舞いに行くようなシーンでは丁寧な言葉遣いが必須です。 何故なら、例えば相手との関係性が気の置けるものであっても、例えば「大丈夫?」「早く元気になってね」などというやり取りを見ると、非常にビジネス感にかけるものになるからです。 もちろんプライベートでお見舞いに行く場合はそれでもいいでしょうが、ビジネスシーンではそれに見合った丁寧さが必要になります。 例えば「お大事になさってください」という表現と「くれぐれもご自愛ください」という表現、そして「お体に気をつけてお過ごしください」という表現はそれぞれ使えるシーンが違ってきます。 どれかが使えて、どれかが使えないというシーンもあるので体調を気遣う言葉を正しく理解しておかなければ間違った言い回しで、相手の体調を気遣う言葉を伝えることとなります。 そのような状況では、相手も素直に喜べないことでしょう。 状況に合った正しい表現で、相手に体調を気遣う言葉を伝えていくことが大切です。 「お変わりないでしょうか」という表現は基本的に手紙等で久々に連絡を取る相手に使う言葉であり「新緑が清々しい季節となりましたがお変わりないでしょうか」といった形で使います。 このような言い回しを文章の書き出しで使うと、季節感と相手への気遣いが同時に伝わり、相手から好印象を持たれやすくなることでしょう。 「お元気でしょうか」という言い回しは比較的カジュアルでライトな言い回しになりますが「でしょうか」という丁寧な語尾になっているので、ビジネスでも使うことができる表現です。 「お久しぶりです。 お元気でしょうか。 本日はご相談がありご連絡いたしました」といった形でごく一般的に使われる表現です。 あまり改まった表現を使いたくないシーンでは選択肢に入れたい表現です。 この表現は体調不良の人を気遣う表現に見えるのですが「以前よりもだいぶ良くなられましたか」といった形で、以前に会った時に体調がやや悪かった人に対して、回復していることを前提に体調を気遣う表現です。 もちろん体調が回復していない可能性もあるので疑問形になっているのですが、十中八九体調が回復している状況でこういった表現を使いつつ相手に質問するのがベターであり、もしも回復していない可能性の方が高いのであればより心配している気持ちが色濃い表現を使った方が賢明です。 「お休みは取れてますでしょうか」という表現は「いつもお忙しそうですがお休みは取れてますでしょうか」といった形になります。 休めていれば体調を崩す心配がないのでそれを確認し相手に気遣いの気持ちを示す表現です。 「順調にやられてますでしょうか」という表現は「ご活躍はお伺いしてます。 相変わらず順調にやられてますでしょうか」といった形で使います。 相手が順調そうな時に相手からポジティブな言葉を引き出す気遣いの表現です。 体調不良の相手を気遣うスタンダードな表現であり「早く退院できるといいですね。 お大事になさってください」といった形で使います。 ここで注意したいのは「お大事にされてください」という表現もあるのですが、正しい表現は「お大事になさってください」です。 「する」の尊敬語は「される」なのですが、ここでは「なさる」を変形した「お大事になさってください」を使うのが一般的に正しい表現です。 間違いやすい部分になりますので認識しておきましょう。 「くれぐれも」という言葉を付け足すことで、気遣いの気持ちがより大きくなりますので、心配が大きい時に使いたい言い回しです。 「病み上がりはご無理をされず、くれぐれもお大事になさってください」といった形で相手に伝えることで、より強い気遣いの気持ちが伝わるようになります。 「養生なさってください」という表現は、長期の休みが必要な場合に使う相手の体調を気遣う言い回しです。 入院や自宅療養が比較的長期で必要な場合に使う言い回しで「仕事のことは心配せず養生なさってください」と使います。 「静養なさってください」という表現は「お体に気をつけてゆっくり静養なさってください。 万全な体調で復帰されるのを楽しみにしています」という形で使います。 静養というのは、養生よりも治療に専念して無理をせず休むニュアンスが強い表現になりますので、入院しているような状況では選択したい表現です。 「回復に専念なさってください」という表現は「今は回復に専念なさってください。 お体に気をつけてリハビリ頑張ってください」といった形で使います。 回復して欲しいという気持ちを強く伝えたい時に使う表現です。 「お体に気をつけてお過ごしください」という表現は「季節の変わり目で体調を崩しやすい時期にはなりますが、お体に気をつけてお過ごしください」といった形で使います。 メールで体調を気遣うスタンダードな表現です。 「お身体の調子はいかがでしょうか」という表現は「冬の足音が日々強まって参りますがお身体の調子はいかがでしょうか」という形で使います。 例文のように季節感のある表現と一緒に使うとビジネス感のあるメールになります。 この表現は「いよいよ2019年も残り1ヶ月となりますが、くれぐれもご自愛ください」といった形で使います。 この表現は「お体を大切にしてください」という意味合いの表現です。 ちなみにご自愛くださいという表現は病気の人には使えないので「お大事になさってください」とは使うシーンが大きく異なる言い回しになります。 「ご無理なさらないでください」という表現は「最近いつ会社に来てもお見かけしますが、くれぐれもご無理なさらないでください」といった形で使います。 相手に無理をしないで欲しいと伝えたい時の表現です。 この表現は「秋に入ったとはいえ残暑続く厳しい季節ではございますが、体調はお変わりないでしょうか」といった形で使います。 フォーマルな色の強い表現になります。 「体調はいかがですか」という表現は「忙しい時期ですが体調はいかがですか」といった形で使います。 外部や目上の上司に使うよりもやや砕けた言い回しではあるものの、ビジネス感があり仕事場でしっくりくる表現になります。 「お身体を大切にしてくださいね」という表現は「いつも頑張ってますけど、無理せずお身体を大切にしてくださいね」といった形で使います。 「くださいね」という言い回しが丁寧語でありつつ親しみのある言い回しになります。 「無理はせずお大事にしてください」という表現は「今は無理はせずお大事にしてください。 休む時にはしっかり休んでくださいね」といった形で使います。 ビジネスで使う表現の中でも親しみの強い表現となります。 この表現は「そんな薄着でいつも大丈夫なんですか。 寒さに気をつけてくださいね」といった形で使います。 例文のように相手の状況に応じて使います。 例文は相手が薄着で風邪をひかないか心配している言い回しです。 「日々お体に気をつけてください」という表現は「忙しい日が続きますが日々お体に気をつけてください」といった形で使います。 親しい相手を心配する時に使う表現です。 「ご心配いただきありがとうございます」という表現は「ご心配いただきありがとうございます。 明日には万全の状態で復帰できそうです。 明日からまたよろしくお願いします!」といった形で使います。 他の表現も紹介していきますが「ご心配いただきありがとうございます」という表現は、回復しているニュアンスを伝える場合に使う言い回しになります。 そのため返信例のように、ポジティブなニュアンスの言葉が続いていきます。 体調が回復しきっていない時でも使えますが返信例のような使い方がベターです。 「ご心配をおかけして申し訳ありません」は相手に対して本気で心配をかけている状況で使うことの多い表現で「ご心配いただきありがとうございます」よりも病状や怪我の具合が深刻な場合に使うフレーズになります。 「体調は徐々に回復してきており、今は自分で歩けるようになっています。 ご心配をおかけして申し訳ありません。 一日も早く退院し復帰できるよう頑張ります」といった形で使います。 「ご心配いただきありがとうございます」はポジティブな場合、「ご心配をおかけして申し訳ありません」はネガティブな場合の使用となります。 この表現は相手にこちらの状況を伝えつつも、文章の締めで相手に対し体調を気遣う表現で返答する言い回しで、他の返信例と組み合わせて使うことも可能です。 「ご心配をおかけして申し訳ありません。 徐々にではございますが体調は上向いてきています。 復帰日はまた改めてご報告いたします。 寒さが厳しい季節になりますが、〇〇様こそお体に気をつけてお過ごしください」といった形で使います。 自分自身も体調を気遣ってもらったことに対し同様のニュアンスで返答するパターンです。 ビジネスでの体調を気遣う言葉のレパートリーを増やそう! ビジネスにおいて体調を気遣う場面というのは意外に少なからずあるものです。 そんな時にものの言い方が分からずにそっけない言葉をかけたり、困ったように黙り込んだりしてしまうとビジネスのシーンにおける信頼に関わってきます。 そのため、体調不良の人にしっかり気持ちを伝える言い回しは大切になります。 様々な場面において、状況に合った言い方ができるとビジネスができるイメージと人格者で信頼ができる人物であるイメージを得ることができます。 ここで紹介した体調を気遣うフレーズのレパートリーをしっかり覚えて、ビジネスで信頼の厚い人物になれるよう役立ててくださいね!.

次の

「体調管理も仕事のうち」と言うのなら、会社はその「仕事」をする環境を用意せよ!

体調を崩す 仕事

【要注意】精神障害が仕事で体調不良のリスクにつながる考え方3つ 精神障害は、体調不良のリスクが高い 体調を崩し、離職してしまうリスクが高い ひとえに精神障害といっても、様々な症状があります。 主に ・うつ病(関連記事は) ・双極性障害(関連記事は) ・不安障害(関連記事は) ・パニック障害(関連記事は) これらのほかにも様々な症状があり、併発しているケースもあります(症状の種類に関しては、を参考にしてください)。 このように数多くの種類が存在する精神障害ですが、共通していえることは「体調不良になるリスクが高い」ことではないでしょうか。 参考: 参考: 精神障害の影響で、体調不良に苦しんだ 筆者もまた、過去にうつ病を経験しています。 また、強い不安の影響でパニック障害の症状に苦しんだこともあるのです。 今回は、筆者の経験も踏まえながら ・不調を招きやすい考え方とは、どのようなものか ・不調のサインを知るにはどうすればよいのか ・職場にはどのように伝えればよいか この3点を中心にお伝えしていきます。 【精神障害】体調不良のリスクにつながる考え方 「取り戻す」考え方 この 「取り戻す」という考え方には、以下のようなケースが考えられます。 ・これまで社会で活躍できなかった分を「取り戻す」 ・サポートしてくれている分を「取り戻す」 ・再就職後、周囲からの評価を「取り戻す」 このように、純粋に目の前の仕事に向き合う以外に抱え込むケースがあるのです。 このうちの一つとは限らず、複数を抱えているケースもあります。 この意識は就職当初、「やる気・意欲」として良いモチベーションになるときもあるでしょう。 しかし 「何を基準に取り戻せたのか」明確に知ることができるケースは少ないです。 そのため、 何としてでも取り戻そうとエスカレートしてしまうリスクがあります。 そうしてどんなに頑張っても失った(と感じている)ものを取り戻せない…こう感じた瞬間に体調を崩してしまうのです。 「申し訳ない」という考え方 上の「取り戻す」にも関係してきますが、「 申し訳ない」という言葉をよく使うことがある場合は、 常に心に負担がかかっている状態かも知れません。 『 自分が障害を持っているから』ということのみで、どことなく申し訳なさを感じていませんか?「 迷惑をかけていて、申し訳ない」このような意識が強すぎるあまり、休まないといけないときでも無理をして仕事をしてしまうことにもなりかねません。 「 この程度の症状で休むなんて申し訳ない」「 この程度のことで『できない』と言うなんて申し訳ない」このように、 「申し訳ない」という言葉を自分の内外に向け続けることで負担がかかってしまうことがあるのです。 もしこのような「申し訳ない」という意識に悩んでいたら、こちらの記事「」を参考にして、少しずつ無理をせず自分と向き合えるように心がけてみましょう。 参考: 「自分なんてどうなってもいい」という考え方 中には、 自分自身を否定的に見てしまっていることがあるかもしれません。 このような状況で仕事に向き合うと、以下のようなケースにつながることがあります。 ・自分なんてどうなってもいいから、この会社のために全力を尽くしたい ・自分なんてどうなってもいいから、体調を崩してでも成果に貢献したい ・自分なんてどうなってもいいから、無理をしてでも不名誉を解消したい ちなみに最後の「不名誉」に関しては事実でなく、本人の経験や先入観から思い込んでいるケースが多いです。 これも「取り戻す」考え方につながってきますが、 「無理をして、はじめて許される存在」と決めつけてしまうリスクを持っていることがあるのです。 このような「自分自身を否定的に見てしまう」ことで悩んでいたら、こちらの記事「」をチェックして、意識を変えるきっかけをつかんでいきましょう。 仕事に対する「依存」が、体調不良のリスクを大きくする 筆者もまた、上記の考え方をほぼ全て経験してきました。 ひどいときは敢えて自分にひどい言葉を浴びせて、危機的な状態に追い込んでパフォーマンスを上げることもしました。 確かにその方法で成果は上がりました。 しかし、そうして仕事をしていることで幸せであったかというと、そうはなりませんでした。 上記のように、「取り戻せた」「名誉回復できた」と実感できるものが見つからなかったのです。 それもそのはず、仕事を行う目的は「企業」や「企業で働くスキル」を成長させるためです。 自分の人生で抱えている問題解決のために、仕事があるわけではありません。 もちろん、仕事を進めていく上でやりがいや学びはあるでしょう。 しかし、はじめからその「見返り」を期待して仕事をする「依存」ほど、負担をかけ続けるものはないのではないでしょうか。 不調のサインに気づくには? 体調を崩し長期的に仕事ができない状態を予防するには、早めに不調のサインに気づくことが重要です。 もし今不調のサインが分からないというのであれば、以下の項目を意識してみてください。 ・ストレスになるもの、ストレスになる言い方や態度 ・『仕事OKの時』、『注意した方が良い時』、『体調を崩した時』にそれぞれどうなるか 過去の状況を振り返って、職場に伝えられるように考えてみましょう。 振り返りの中で疲れてしまう、ストレスを感じてしまうことがあれば、支援機関や医療機関の方と相談しながら行っていくと良いでしょう。 参考: 不調のサインなど、職場に伝えるには? 自分一人では、不調のサインに気づきにくいかもしれません。 そのようなときのために職場にも特徴や状態を伝えておくことで、リスクを減らすことにもつながります。 ポイントとしては ・どのようなときに体調を崩すか ・体調を崩したきっかけとなるエピソード ・体調不良が進むと、どんな症状が現れるか ・体調不良かなと感じたら、どんな対処をしてもらいたいか ・不調を感じた時に、どんな行動や対処をするか これらについて職場の上司などに伝えておくようにしましょう。 下記の参考リンクのように、職場側もどんなことで不調になるのか分からず、迷っていることが多いのです。 そのために、あなたからも特徴や状態を発信していく必要があるのではないでしょうか。 参考: まとめ いかがでしたでしょうか。 このように一見「使命感」や「責任感」とも誤解しやすい考え方が、心身に負担をかけていることが多いのです。 さらには周囲の考え方ともずれやすいリスクもあり、対人関係でのすれ違いを生むことにもつながりやすいです。 上記の考え方をしやすい分、現在行っていることが何のためになるんだろう…そう不安を感じるかもしれません。 しかし働き続けている限り、あなたは必要な存在なのです。 ですから負い目を感じる必要はありません。 目の前の課題に向けて仕事を行う。 これに集中できることこそ、心を軽くする働き方なのではないでしょうか。 【筆者紹介】 Salad編集部員。 1980年生まれの男性。 ASD 自閉症スペクトラム の診断を受けており、過去にうつ病を発症した経験がある。 現在はストレスの原因を知り、テレワーク業務のある仕事に転職している。

次の