ソフトバンク 5g スマホ。 ソフトバンク5G対応スマホ4機種まとめ|5G基本料金は今なら無料?

ソフトバンクが5Gスマホ発表、AQUOSやOPPOなど4機種 Xperia 1 IIはナシ

ソフトバンク 5g スマホ

5Gでは、これまでの20倍もの高速・大容量通信が可能になると言われており、その特長を生かした使われ方が想定されています。 それは、これまでのスマートフォンの使い方とはどう違うのでしょうか? 5Gに対応したスマートフォンになると何ができるのか、5Gスマホで生活はどう変わっていくのかをご紹介します。 5Gスマホとは 5Gスマホとは「5Gの通信規格に対応し、5G規格の基地局とデータのやりとりができるスマートフォン」のことです。 5G規格の基地局と通信するためには、5Gに対応しているチップセットを搭載していなくてはなりません。 これまでのスマートフォンに搭載しているチップセットでは、4Gまでにしか対応していないためです。 つまり、5Gを利用するためには、5Gに対応するスマートフォンを用意する必要があります。 5Gスマホで実現できること 5Gスマホでは、ビジネスでもプライベートでも、これまでのスマートフォンではできなかったことがいろいろできるようになります。 法人で利用する場合• 3D CADのスムーズな操作 MEC(Multi Access Edge Computing)を活用することで、3D CADの閲覧や編集といったデータ量の大きなファイルの操作もスマートフォンからスムーズに行うことができるようになります。 MECは、ネットワークエッジを利用したコンピューティングです。 ネットワークエッジとは、ネットワークの末端で、よりユーザに近い場所を指します。 ネットワークエッジでデータの処理のような操作を行うことで、クラウドで行うよりも遅延を減らし、リアルタイムな処理が可能です。 その結果、3D CADもスムーズに操作できるのです。 働き方改革の促進 高速・大容量通信を生かした大きなファイルの送信だけでなく、低遅延を生かしたテレビ電話での会議もスムーズに行うことが可能です。 ネットワークを経由した会議でも、大きな不便はありません。 4K・8Kの映像で、細かい図面や動画なども簡単に共有できます。 実際に会わずとも顔を合わせたような打ち合わせが可能となり、リモートワークや在宅勤務、時短勤務の割合が増えて、働き方改革の促進につながると考えられています。 個人で利用する場合• 音楽ライブ 5GスマホをVRゴーグルにセットすることで、遠隔地からVRでライブを視聴することが可能です。 VRで会場のあちこちに視点を切り替え、自宅でも大人数で同時に同じライブを楽しんでいるような、より臨場感にあふれた楽しみ方ができます。 スポーツ観戦 音楽ライブと同じように、スポーツ観戦のスタイルも大きく変わるでしょう。 スタジアムのさまざまな角度からのVR映像に切り替えたり、チームや選手についての情報をARで閲覧したりすることが可能です。 それによって、よりエキサイティングなスポーツ観戦ができます。 VRやARを利用したコンテンツ閲覧 VRやARを利用したコンテンツも、ストレスなく楽しむことができます。 ライブやスポーツ、ゲーム、映像作品などさまざまなものが提供されるでしょう。 5Gの高速・大容量通信と低遅延により、自分の動きと映像にタイムラグを起こりにくくすることが可能です。 このタイムラグをなくすことは、VR酔いを減らすことにもつながります。 混雑した場所でも安定した通信が可能 4Gでは、イベント会場や混雑する観光地など人がたくさんいる場所ではスマートフォンがなかなかつながらないこともありました。 メッセージアプリやメールは通信可能でも、Webページや動画は読み込みに時間がかかり、タイムアウトのエラーが出ることもあったでしょう。 5Gでは、人がたくさんいる場所でもほかの場所と同じようにスムーズにネットワークを使うことができます。 動画のような大容量のコンテンツもストレスなくダウンロード可能です。 クラウドゲーム クラウドベースのゲームもスマートフォンでタイムラグなく楽しむことができます。 クラウドゲームはゲーム機本体が不要で、スマートフォンやタブレット端末、PCなどがあればプレーできるのが大きなメリットです。 通信環境が進化することでどのユーザもストレスなく楽しむことができれば、市場は大きく広がるでしょう。 5Gスマホが使えるエリア 5Gのサービスは2020年3月から開始されましたが、日本全国で同時に提供されるわけではありません。 まずは都市部を中心にスタートし、徐々に全国へと展開される計画となっています。 ソフトバンクは、2021年12月までに人口カバー率90%の達成を目指して5G基地局の整備を進める計画です。 5Gスマホの登場で、生活の中にネットワークが当たり前のように取り入れられていく 5Gスマホでは、4Gまでの機能が大きく拡張されることで、ネットワークをストレスなく使うことができるようになるでしょう。 そこで、これまでに無い製品やサービスが登場することも期待されています。 5Gの普及に合わせて、より快適で便利になる5Gスマホの利用も浸透していくことでしょう。

次の

ソフトバンク5G対応スマホ4機種まとめ|5G基本料金は今なら無料?

ソフトバンク 5g スマホ

MVNO(格安SIM)による取り扱いも今のところありません。 またメーカー直販のSIMロックフリーモデルとして、ファーウェイ・ジャパンの「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」が発売済みです。 カメラに特化したフラッグシップモデルですが、Googleの各種アプリがインストールされておらず、Google Play Storeも利用できないため一般的なAndroidアプリがインストールできないスマホです。 MNPなど通信事業者の乗り換えの手間や、現在使っているアプリやサービスの移行を考えると、現時点で5Gスマホに買い替えやすいのは3キャリアでAndroidスマホを利用しているユーザーといえるでしょう。 「5Gスマホ」購入ポイント:エリアは限定的でもスペックの高さが魅力 各社の5G対応エリアはまだまだ限定的で、人口密集地の一部で使えるという段階です。 5Gサービスの恩恵をフルに受けられるのは、エリアが充実する数年以上先になると予測されています。 しかし 5Gスマホは新サービスに対応する機種だけに、機能や性能が高いハイスペックモデルが多く、5G以外の見どころが多いのも魅力です。 全国でほぼカバーされた4Gも最新の高速仕様をサポートしたり、カメラや処理能力、内蔵メモリ、Wi-Fiなど、この先長く使える要素を持ち合わせたりしています。 先行投資として5G対応スマホを購入する選択肢もあるでしょう。 「5Gスマホ」購入ポイント:端末価格や月額料金など気になるコストは? 5Gスマホはハイスペックモデルが多いこともあり、支払総額が10万円から13万円台半ば(税込、以下同)という高額な機種がほとんどです。 買いやすい価格帯のモデルも一部ありますが、今のところ選択はわずか。 ただし、夏ごろの発売を控えている機種がいくつかあるため、そのタイミングまで待つのも手でしょう。 大手キャリアは高額なスマホ購入の負担感を軽くできるよう、それぞれで購入プログラムを用意しています。 分割払いと一定期間後の買い替え(端末の回収込み)が必要ですが、条件を満たせば月々の負担額を低くおさえて最新スマホを購入できます。 また月々の料金プランは、各社とも5G用の専用料金を契約します。 基本的に従来の4G向けプランから月額で500〜1000円ほど高く設定されていますが、サービス開始キャンペーンやエリアの狭さを理由にした無料措置もあり、極端なコストアップにはならないでしょう。 いずれも高速・大容量という5Gサービスを生かせるよう、使い放題やそれに近い大容量のデータ通信量に対応しているのが特徴。 もちろん、Wi-Fiを活用してあまりモバイルデータ通信を使わないユーザーに合わせて、月1GBから設定できるプランもあります。 またauは動画配信サービス「Netflix」が付いたプランを用意。 ソフトバンクも「YouTube」や「Amazon Prime Video」のデータ通信容量をカウントしない仕組みを用意しています。 「5Gスマホ」おすすめモデル3選 3キャリアが取り扱う「AQUOS R5G」 シャープの「AQUOS R5G」は、ドコモ、au、ソフトバンクの3社がそろって取り扱っている5Gスマホです。 支払総額は11万台前半から12万円台後半です。 「AQUOS R5G」のソフトバンク向けモデル 高速通信を生かすためかビジュアル関連のスペックが充実しています。 ディスプレイは大画面の約6. さらに、8Kの静止画や動画を撮影できる超広角カメラ、広角カメラ、光学2倍ズーム対応の望遠カメラ、背景ボカシ用のToFカメラセンサーを備えています。 プロセッサーはSnapdragon 865、メインメモリは12GB、内蔵ストレージは256GBと処理能力もハイスペック。 最大1TBのmicroSDXCメモリーカードを搭載することもできます。 防水・防塵(じん)やおサイフケータイにも対応しています。 大画面だけどスリム、高解像度カメラも特徴の「Galaxy S20 5G」 サムスン電子の「Galaxy S20 5G」は、NTTドコモとauが販売する5Gスマホです。 端末価格の総額は10万〜13万円台です。 「Galaxy S20 5G」のドコモ向けモデル 搭載する6. 2型有機ELディスプイは、120Hzのリフレッシュレートで表示が非常に滑らか。 ディスプレイの縁を細くするベゼルレスデザインが進化し、大画面でありながら幅69ミリというスリムさも魅力です。 カメラは1200万画素の超広角と広角、なんと6400万画素の望遠というトリプル構成です。 プロセッサーはSnapdragon 865で、メインメモリは12GB、内蔵ストレージは128GB。 最大1TBのmicroSDXCメモリーカードを搭載することもできます。 防水やおサイフケータイにも対応しています。 ソニーのフラッグシップモデル「Xperia 1 II」 ドコモとauが取り扱う「Xperia 1 II(マークツー)」は、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の5G対応フラッグシップモデル。 auは5月22日の発売で、総額は13万3600円。 ドコモは5月下旬の販売開始を予定しています。

次の

【ドコモ・au・ソフトバンク】5G対応スマホのおすすめはどれ? 価格・特徴・スペックを比較

ソフトバンク 5g スマホ

NTTドコモ、au(KDDIと沖縄セルラー電話)、そしてソフトバンクが5G(第5世代移動通信システム)の商用サービスを開始しました。 「契約変更にはいくら掛かるのか?」「今使っているSIMカードはどうなるのか?」「5Gサービスに不満がある場合に4G契約に戻せるのか?」……疑問は尽きないと思います。 (記事中の料金や手数料は全て税別です。 ドコモ MNP(番号ポータビリティー)を含む新規契約と契約変更は3000円、機種変更は2000円です。 なお、 ドコモオンラインショップで端末購入と同時に手続きをする場合は手数料を無料としていますが、お客さまの契約状況によってはオンラインショップにおいて手続きできない場合もあります()。 KDDI MNPを含む新規契約と契約変更は3000円、機種変更は2000円です。 ソフトバンク いずれの場合も3000円です。 戻す上で制約事項もあれば教えてください。 ドコモ 5G契約をXi(LTE)契約に戻すことは可能です。 その際に事務手数料がかかります。 ただし、 Xi用のプランのうち、受け付けを終了したものには戻せません。 また、5G端末ではXi契約とひも付いたSIMカードを使えないため、端末もXi対応のものに戻す必要があります。 KDDI 4G LTE契約には戻せます。 その際に事務手数料がかかります。 新規受け付けを終了をしているので、3Gには戻せません。 5G端末では4G LTE契約のSIMカードは使えませんので気を付けてください。 ソフトバンク 3Gや4G LTE契約に戻す場合は、機種変更(契約変更)の手続きが必要です。 その際に事務手数料がかかります。 できる場合はどこで買えますか。 ドコモ ドコモショップ、量販店、オンラインショップでご購入いただけます。 ただし、オンラインショップで購入する場合は、「」への加入をお願いしています。 KDDI オンラインショップを除くau取扱店でお求めいただけます。 ソフトバンク オンラインショップを除くソフトバンク取扱店で購入できます。 弊社の5Gサービスを利用する場合は「5G基本料」への加入が必要です。 ドコモオンラインショップでは、端末を購入する際に「新規契約」「36回払い」を選択すると、端末単品で購入するためのリンクが表示される。 ドコモ ご使用中のSIMカードが、バージョン4以降の「ドコモnanoUIMカード」であれば、交換せずに5Gサービス用のSIMカードとして継続利用できます。 (筆者注:バージョン4は「赤色」、バージョン5は「桃色」、最新のバージョン6は「青色」をしている) KDDI 5G契約への変更に伴い交換が必要です。 (筆者注:用いるUIMカード自体は、従来の3G非対応4G LTE契約と同じ「au Nano IC Card 04 LE」である) ソフトバンク 3G契約からの変更の場合は交換が必要です。 4G LTE契約からの変更の場合は、手持ちのUSIMカードをそのまま使えます。 (筆者注:現時点では、4G LTEサービスと同様に 機種によって用いるUSIMカードが異なるため、同一のUSIMカードを用いることが前提となる)(参考リンク/) ソフトバンクのみ、機種ごとに対応するSIMカードが異なる状況が続いている。 ドコモ 原則として動作確認などをしていないため、弊社では一切の動作を保証しかねます。 利用できる場合でも、通信速度が低下したり、通話や通信ができなくなったり、端末の挙動がおかしくなったりすることがあります。 利用される場合は、お客さまの責任においてご利用ください。 (筆者注:ドコモのには5G契約におけるXi端末の動作可否情報は掲載されているが、動作を保証する目的ではない) KDDI ご利用いただけません。 ソフトバンク 3G端末ではご利用いただけませんが、4G LTE端末ではそのまま使えます。 ドコモ 原則として動作確認などをしていないため、弊社では一切の動作を保証しかねます。 利用できる場合でも、通信速度が低下したり、通話や通信ができなくなったり、端末の挙動がおかしくなったりすることがあります。 利用される場合は、お客さまの責任においてご利用ください。 KDDI ご利用いただけません。 ソフトバンク 3G契約のUSIMカードはご利用いただけません。 4G LTE契約のUSIMカードについてはそのまま使うことが可能で、「5G基本料」に加入(契約変更)すると5Gネットワークもつかめるようになります。 ドコモ Xiエリアも含めると、5GサービスのエリアはFOMA(3G)相当に広がっています。 5G端末のお使いのお客さまには、Xiと5Gネットワークを通して快適な(通信)環境を提供してまいります。 (筆者注:ドコモの5G端末のうち、詳細スペックが掲載されている端末では「5G契約でご利用の場合、 国内3G通信は2020年5月下旬以降ご利用いただけなくなります」という注釈が付いている) KDDI より高速で使い勝手のよい4G LTEネットワークをご利用いただけるため、(国内での)3G通信はご利用いただけません。 なお、au VoLTE対応の4G LTE端末も、(国内での)3G通信には非対応です。 ソフトバンク 現時点では可能ですが、今後については未定です。 ドコモ 5G端末として利用できることが確認できれば可能です。 ただし、他社の発売した5G端末については原則として動作確認などをしていないため、弊社では一切の動作を保証しかねます。 お客さまの責任においてご利用ください。 KDDI 契約すること自体は可能です。 ただし、LTE対応のSIMフリー端末を持ち込まれた場合と同様に、弊社では自社で販売した端末以外での動作は保証しておりません。 ソフトバンク 可能です。 使う端末が5Gに対応していることを自己申告していただければ、5G基本料(5Gプラン)に加入いただけます。 関連記事• 最近、「5G」という言葉をよく耳にする。 今までの携帯電話と何が違うのか。 歴史を振り返りつつ解説する。 【追記】• auが3月26日に5G通信サービスを開始する。 OPPO(オッポ)やXiaomi(シャオミ)のスマートフォンが注目を集めがちだが、見るべきポイントは他にもある。 この記事では、報道関係者向けに行われた発表内容に関する質疑応答をまとめる。 NTTドコモが3月25日に5G通信サービスを開始する。 それに先だって、3月18日に報道関係者が担当者に質問する機会が設けられた。 この記事では、筆者が参加した回次の主なやりとりを紹介する。 3月27日にソフトバンクの5G通信サービスが始まる。 その発表に合わせて、ソフトバンクの担当役員を囲むグループインタビューが行われた。 関連リンク•

次の