ポリアミノ プロピル ビグアニド。 パラベンやフェノキシに変わる【万能】防腐剤はコレ!

エリエール 除菌できるアルコールタオル ウイルス除去用 携帯用|ウエットティシュー|商品情報|エリエール|大王製紙

ポリアミノ プロピル ビグアニド

COSMOCIL CQってどんな製品? COSMOCIL CQは、コンタクトレンズの洗浄液などに使用されている防腐剤の ポリアミノプロピルビグアナイドを20%含む水溶液です。 ポリアミノプロピルビグアナイドは、 さまざまな菌に対して効果を発揮する防腐剤です。 乳化系でも防腐力が低下しないためどんな剤型でも使用でき、さらに、 パラベン類と比較して低濃度で効果を発揮します。 また、パラベン類やフェノキシエタノールと比べ、塗布したときの【ピリピリ】や【ヒリヒリ】といった 感覚的な刺激が少ないため、 敏感肌用やベビー用など低刺激コンセプトの製品に最適です。 ( スティンギング試験で確認済み) 化粧品だけでなく、 薬用化粧品(部外品)にも使える優れた防腐剤です。 COSMOCIL CQの特徴を3つのPOINTにまとめました。 他の防腐剤との違いは? COSMOCIL CQは、さまざまな菌に対して有効で、緑膿菌にも効果があります。 また、水に非常に溶けやすいため、油相に分配されることがありません。 そのため、乳化系でも防腐効果が低減しない防腐剤です。 (油相に分配されると水相での濃度が低下し防腐効果が弱まります) さらに、さまざまな安全性評価により、 実用濃度で安全であることを確認しています。

次の

Cosmocil CQ(

ポリアミノ プロピル ビグアニド

強力 30秒でほとんどの細菌やウイルスを除菌する即効性があり、その安全性は各国で証明・認定済みです。 ノロノットは、これまでの除菌とはまったく異なる発想で除菌します。 これまでの除菌剤は、化学的作用だけで除菌していましたが、ノロノットは、これに物理的作用をプラスしました。 みなさん経験されているように、ラップはガラス食器にはぴったりと張り付きやすいものです。 これと同じように、ノロノットは界面張力を利用して、微生物に吸着し伸縮圧力をかけて微生物を破壊します。 さらに化学的作用もパワーアップしました。 特許技術によりこれまでよく知られている安全な成分を最も効果的に結合し強力な除菌力を生みだしました。 これらが相乗的に作用するから、強力な除菌効果が発揮されるのです。 アルコール製剤では除菌できないエンベローブ(殻)を持たないウイルスまでも30秒で除菌します。 ノロノットは、科学的作用に物理的作用をプラスしたことにより、カビ・酵母~細菌~エンベローブを持たないウイルスまで、種類を問わず除菌することが可能となりました。 安心・安全 吸気毒性はなく有毒ガスも発生しません。 塩素系不使用の為皮膚はもちろん金属・ゴム・生地などの素材劣化もなく、 アルコール不使用なので火気のある場所での使用やアルコールアレルギーにも安心です。 ノロノットの配合成分は、これまで食品衛生分野の除菌、ヘアケア製品、コンタクトレンズ洗浄液において長年繁用され、世界の主要な監督・検査機関によりその安全性が証明・認可されている成分を配合しています。 水中で0. 1%未満に薄まり24時間以上浸されると、分解され生分解することができるように設計されて特許を取得した成分です。 人間やペットや植物には無害、皮膚を刺激せず、中性で、有毒ガスを発生することもなく安心して使えます。 但し、誤飲防止のため苦味をつけています。 持続 アルコールや塩素系の消毒液は、乾燥するとその効果が著しく低下しますが、ノロノットは乾燥後も目に見えないミクロのバリアを形成し、 一般環境で24時間から数日間バリア効果を持続します。 (使用条件により異なります。 食品衛生分野においても長年繁用されています。 他国ではプールの消毒剤としても使用されています。 その撥水性を生かしてヘアコンディショナーやヘアシャンプーなどのヘアケア製品に繁用されています。 消泡成分で、消化管内容物中に発生した気泡の分離を促すことを目的として、胃薬に配合されています。 また、バイオトロールは最も厳しいテスト方法であるBS:EN 1276規格、BS:EN 13697規格、BS:EN 650規格、BS:EN 14476規格などにより試験されています。 REACH(Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals) 化学物質の登録・評価・認可に関する欧州連合の規制 BPR(Biocidal Products Regulation) 欧州連合における殺生物性製品規制 EPA(Biocidal Products Regulation) アメリカ合衆国環境保護庁 市民の健康保護と自然環境の保護を目的とするアメリカ合衆国の行政機関 FDA(Food and Drug Administration) アメリカ食品医薬品局 食品や医薬品、さらに化粧品、医療機器、動物薬、玩具など、消費者が日常生活で接する機会のある製品について、その許可や 違反品の取り締まりなどの行政を専門的に行うアメリカ合衆国の政府機関 ノロノット 商品ラインナップ 濡れてはいけないものを除き、全てのものに使用できます。 ノロノットは、次亜塩素酸ナトリウム製剤やアルコール製剤を一切使用していませんので、無臭で、次亜塩素酸ナトリウム製剤のように、衣類・敷物の脱色や金属を腐食させたり、アルコール製剤のように、ゴム、樹脂製品などの変質・変色や金属(特にアルミニウム)を腐食させたりしません。 (ノロノットのご購入は画像をクリックして下さい。

次の

ビグアニド

ポリアミノ プロピル ビグアニド

Key: XNCOSPRUTUOJCJ-UHFFFAOYSA-N 特性 C 2H 7N 5 101. ビグアニド(Biguanide:英語風に ビグアナイドともいう)はを含む。 2分子が窒素原子1個を共有して連なった構造をもつ。 無色の固体で水に溶けて高塩基性を示す。 水溶液はゆっくりと加水分解してアンモニアと尿素を生成する。 またそのも一般にビグアニドと呼ばれ、これには次のように抗薬()のほか、や・が含まれる。 特にビグアニド系抗糖尿病薬をビグアナイドと呼ぶことが多い。 抗糖尿病薬:• () ビグアニド系抗糖尿病薬 [ ] ビグアナイド系糖尿病薬 識別 中東原産ののガレガ( Galega officinalis )は古くから民間薬として糖尿病に用いられたが、1920年代にこれからグアニジン誘導体が見出され、動物試験でこれらがを下げることが見出された。 毒性の低い化合物が糖尿病に適用されたが、の発見により下火となり、1950年代に2型糖尿病治療用に復活した。 初めフェンホルミンが使われたが、これは重大な副作用であるのため使われなくなった。 代わってブホルミン、さらにメトホルミンが用いられるようになったが、これらについても乳酸アシドーシスへの注意が必要である。 ビグアニド系はインスリン分泌の促進を介する系などの血糖降下薬と異なり、1型・2型糖尿病ともに有効である。 メトホルミン、ブホルミンも稀ではあるが、乳酸アシドーシスを起こす可能性があるので、腎障害・肝障害の患者への使用は禁忌である。 側鎖の脂溶性が高い程、乳酸アシドーシスの危険性は高くなる。 出典 [ ] [].

次の