ネットワーク 設定 を リセット。 ホームユニットの設定を初期化するには?

ホームユニットの設定を初期化するには?

ネットワーク 設定 を リセット

「ホームネットワーク」アプリケーションを使用して初期化する方法と、ホームユニットから初期化する 方法があります。 「ホームネットワーク」アプリケーションのホーム画面で、 [設定] をタップする。 [初期化] をタップする。 初期化方法を選択する。 ・ [すべての設定を初期化] : スマートフォンの登録、ネットワーク設定、ホームユニットの設定を 初期化します。 ・ [ホームユニットの設定を初期化] : スマートフォンの登録、ホームユニットの設定を初期化します。 ・ [ネットワークの設定を初期化] : ネットワーク設定のみを初期化します。 画面の表示に従って初期設定を行う。 ホームユニットからACアダプターを抜く。 ホームユニットの [Wi-Fi設定] [ ] [ ] ボタンを同時に押したまま、ACアダプターをホーム ユニットに接続する。 ホームユニットのランプが黄色に点灯したら、ボタンから指を離す。 ・ ホームユニットのランプが緑色と黄色に点滅した場合は、最初からやり直してください。 ホームユニットのランプが緑色に点灯するまで待つ。 (約2分) 5. ホームユニットのランプが緑色に点灯したら、 [Wi-Fi設定] ボタンを押したままにする。 ホームユニットのランプが緑色に点滅したら、 [Wi-Fi設定] ボタンから指を離す。 ホームユニットのランプが赤色に点灯するまで待つ。 ・ 赤色に点灯したら、ホームユニットの初期化は完了です。 ホームユニットからACアダプターを抜き、接続する。 ・ ホームユニットが再起動されます。 機器の登録情報を削除するには、手順7. のあと、ホームユニットのランプが黄色に 点灯するまで [ ] ボタンを長押ししてください。

次の

iPhoneの「ネットワーク設定のリセット」を行うと、SIMロックを解除...

ネットワーク 設定 を リセット

iPhoneを使用していてネットワークの調子がおかしくなったことはありませんか? 特に設定をいじったわけでもなく、普段通りに使用していても不具合が生じ、思いのままに使えなくなってしまいます。 そんな時の対処法として挙げられるのが、 「ネットワーク設定」のリセット機能です。 この機能は、iPhoneで使用しているネットワーク通信やWi-Fiを初期化し、新たに再設定を行い改良する機能です。 再設定を行うため、安易に行うことはオススメしませんがiPhoneを使用していくためには必要な機能と言えます。 この記事では、ネットワーク設定のリセット方法とリセット後の再設定について紹介・解説していきます。 iPhoneの調子がおかしくなった際に、参考にしてみてください!• インターネット共有の設定• 使用していたWi-Fiのパスワード• モバイルデータ通信(APN)の設定• VPNの設定• Bluetoothの登録記録• ペアリング情報記録 これらの項目をそれぞれ解説していきましょう。 インターネット共有の設定 iPhoneには、インターネット共有機能があります。 この機能は、使用しているiPhoneのLTEやWi-Fi接続を利用して、パソコンやタブレット・端末などの各デバイスと共有することができる機能です。 Wi-FiやBluetooth、USB経由を使用し接続する仕様になっているインターネット共有機能が初期化されます。 ですので、自動接続できていたものが一時的にできなくなります。 リセット後は、改めて登録しなおす必要がありますので、リセットを行う前に接続に必要な情報を把握しておきましょう。 Wi-Fiルーターの場合:本機の裏面に記載あり• 付属のセットアップカード・マニュアルで確認• 同じWi-Fiネットワークを使用しているデバイスで確認する• ポケットWi-Fiの場合:設定からパスワードを確認• 使用しているWi-Fiメーカーのブラウザから確認 モバイルデータ通信(APN)の設定 画像引用元: モバイルデータ通信とは、キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)の回線を使用して、インターネット接続する通信のことを言います。 モバイルデータ通信の設定で1番重要になってくるのは、APN(Access Point Name)の設定になります。 このAPNは、ネットワークへ接続する際にどの回線を使用するかの窓口にあたります。 ドコモ・ソフトバンク・auのiPhoneは、各回線のAPNが搭載されていますので、リセットをしても何も問題はありません。 ですが、格安SIMのiPhoneについては回線が様々ですので、リセットをした際は改めて設定する必要があります。 また格安SIMのAPNは、直接書き換えることができません。 VPNの設定 VPN(Virtual Private Network)とは、大切なデータを盗聴・改ざんされないよう擬似的に回線を作成し、安全性を高める機能です。 作成をしている場合、リセット後にアプリなどからVPNを登録する必要があります。 Bluetoothの登録記録 画像引用元: ネットワーク設定を初期化した場合、イヤホン・ヘッドホン・スピーカーなどのBluetooth接続していたデバイスのBluetooth登録記録も初期化されます。 ですので、デバイスの電源を入れただけで自動接続できていたものが一時的にできなくなってしまいます。 頻繁にBluetooth対応のデバイスを使用する方、または使用中である方はリセットのタイミングを考えましょう。 リセット後、新たに登録しなおせば自動接続は可能になりますので安心してください。 圏外や通信の乱れなどの不具合を改善できる• Wi-Fi接続が安定しない・接続できない状態を改善できる• モバイルデータ通信が安定しない場合、リセットすることで改善できる 主なメリットは、 通信状態を改善させるということです! 長く使用していると通信が乱れて安定しなかったり、接続ができなくなってしまうケースがあります。 そんな時にネットワーク設定のリセットをし再登録をすることで、今までの不具合を解消することができるのです! ですが、前述しましたが安易にネットワーク設定のリセットを行なってしまうと各設定の再登録をしなくてはいけません。 以下のような状態になってしまった場合にネットワーク設定のリセットをオススメします。 ネットワーク設定をリセットする手順について ここからは、ネットワーク設定の初期化手順について紹介・解説していきます。 とても簡単に行うことができるので、覚えておいて損はないでしょう。 では、早速みていきましょう。 6赤字でネットワーク設定をリセットと表示されるのでタップ ネットワーク設定のリセットが完了すると自動的に再起動されますので、起動しましたら各設定の再登録を行いましょう。 指定のWi-Fiのみをリセットし改善する方法 次に紹介するのは、Wi-Fi接続が安定しない・接続できない場合の解消法についてです。 この解消法はネットワーク設定の初期化(リセット)ではなく、指定のWi-Fi回線のみを初期化し改善する方法になります。 指定のWi-Fiのみをリセットし、通信状況を改善する手順は以下のようなります。 Wi-Fiのみに不具合がある場合は、手順に沿って試してみましょう。 指定のWi-Fiのみをリセットし改善する手順 1iPhoneの設定を開く 2設定からWi-Fiを選択 3不具合が生じているWi-Fiの赤枠で囲われているアイコンをタップ 4青文字で表記されている「このネットワーク設定を削除」をタップ 5すると、以下のポップが表示されますので削除を選択 削除が完了すると、指定のWi-Fiは自動接続されなくなります。 これで削除できたことになります。 削除をしたら指定のWi-Fiを選択し、Wi-Fiパスワードを入力します。 すると、今まで同様にWi-Fiの自動接続ができるようになり、通信も改善されます。 この方法で改善されない場合は、Wi-Fi本体の故障などの不具合が生じていると言っていいでしょう。 その際は、メーカーに問い合わせすることをオススメします。 ネットワーク設定のリセットは最終手段として行う 今回、ネットワーク設定のリセットについて紹介・解説していきました。 ネットワーク設定をリセットすると以下のような項目が初期化され、それぞれの再登録が必要になってきます。 インターネット共有の設定:共有させるデバイスに認識させる作業が必要• 使用していたWi-Fiのパスワード:Wi-Fiのパスワードの入力が必要• モバイルデータ通信(APN)の設定:3大キャリアのiPhoneであれば不要• VPNの設定:VPNを作成している人に限り再登録が必要• Bluetoothの登録記録:イヤホンなどのBluetooth対応デバイスに認識させる作業が必要• ペアリング情報記録:パソコン・タブレット・端末同士で認識させる作業が必要 これらの項目(機能)を使用している場合はネットワーク設定をリセット後、再登録が必要になります。 ですが、リセットすることで通信状況が改善される可能性があります。 今後、iPhoneの調子が悪くなってしまうことも考慮し、ネットワーク設定のリセット内容を把握しておきましょう。 また、必要になってしまう必要事項(パスワードなど)も控えておくように努めましょう。

次の

クリーンブートで起動する方法

ネットワーク 設定 を リセット

iPhoneを使用していてネットワークの調子がおかしくなったことはありませんか? 特に設定をいじったわけでもなく、普段通りに使用していても不具合が生じ、思いのままに使えなくなってしまいます。 そんな時の対処法として挙げられるのが、 「ネットワーク設定」のリセット機能です。 この機能は、iPhoneで使用しているネットワーク通信やWi-Fiを初期化し、新たに再設定を行い改良する機能です。 再設定を行うため、安易に行うことはオススメしませんがiPhoneを使用していくためには必要な機能と言えます。 この記事では、ネットワーク設定のリセット方法とリセット後の再設定について紹介・解説していきます。 iPhoneの調子がおかしくなった際に、参考にしてみてください!• インターネット共有の設定• 使用していたWi-Fiのパスワード• モバイルデータ通信(APN)の設定• VPNの設定• Bluetoothの登録記録• ペアリング情報記録 これらの項目をそれぞれ解説していきましょう。 インターネット共有の設定 iPhoneには、インターネット共有機能があります。 この機能は、使用しているiPhoneのLTEやWi-Fi接続を利用して、パソコンやタブレット・端末などの各デバイスと共有することができる機能です。 Wi-FiやBluetooth、USB経由を使用し接続する仕様になっているインターネット共有機能が初期化されます。 ですので、自動接続できていたものが一時的にできなくなります。 リセット後は、改めて登録しなおす必要がありますので、リセットを行う前に接続に必要な情報を把握しておきましょう。 Wi-Fiルーターの場合:本機の裏面に記載あり• 付属のセットアップカード・マニュアルで確認• 同じWi-Fiネットワークを使用しているデバイスで確認する• ポケットWi-Fiの場合:設定からパスワードを確認• 使用しているWi-Fiメーカーのブラウザから確認 モバイルデータ通信(APN)の設定 画像引用元: モバイルデータ通信とは、キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)の回線を使用して、インターネット接続する通信のことを言います。 モバイルデータ通信の設定で1番重要になってくるのは、APN(Access Point Name)の設定になります。 このAPNは、ネットワークへ接続する際にどの回線を使用するかの窓口にあたります。 ドコモ・ソフトバンク・auのiPhoneは、各回線のAPNが搭載されていますので、リセットをしても何も問題はありません。 ですが、格安SIMのiPhoneについては回線が様々ですので、リセットをした際は改めて設定する必要があります。 また格安SIMのAPNは、直接書き換えることができません。 VPNの設定 VPN(Virtual Private Network)とは、大切なデータを盗聴・改ざんされないよう擬似的に回線を作成し、安全性を高める機能です。 作成をしている場合、リセット後にアプリなどからVPNを登録する必要があります。 Bluetoothの登録記録 画像引用元: ネットワーク設定を初期化した場合、イヤホン・ヘッドホン・スピーカーなどのBluetooth接続していたデバイスのBluetooth登録記録も初期化されます。 ですので、デバイスの電源を入れただけで自動接続できていたものが一時的にできなくなってしまいます。 頻繁にBluetooth対応のデバイスを使用する方、または使用中である方はリセットのタイミングを考えましょう。 リセット後、新たに登録しなおせば自動接続は可能になりますので安心してください。 圏外や通信の乱れなどの不具合を改善できる• Wi-Fi接続が安定しない・接続できない状態を改善できる• モバイルデータ通信が安定しない場合、リセットすることで改善できる 主なメリットは、 通信状態を改善させるということです! 長く使用していると通信が乱れて安定しなかったり、接続ができなくなってしまうケースがあります。 そんな時にネットワーク設定のリセットをし再登録をすることで、今までの不具合を解消することができるのです! ですが、前述しましたが安易にネットワーク設定のリセットを行なってしまうと各設定の再登録をしなくてはいけません。 以下のような状態になってしまった場合にネットワーク設定のリセットをオススメします。 ネットワーク設定をリセットする手順について ここからは、ネットワーク設定の初期化手順について紹介・解説していきます。 とても簡単に行うことができるので、覚えておいて損はないでしょう。 では、早速みていきましょう。 6赤字でネットワーク設定をリセットと表示されるのでタップ ネットワーク設定のリセットが完了すると自動的に再起動されますので、起動しましたら各設定の再登録を行いましょう。 指定のWi-Fiのみをリセットし改善する方法 次に紹介するのは、Wi-Fi接続が安定しない・接続できない場合の解消法についてです。 この解消法はネットワーク設定の初期化(リセット)ではなく、指定のWi-Fi回線のみを初期化し改善する方法になります。 指定のWi-Fiのみをリセットし、通信状況を改善する手順は以下のようなります。 Wi-Fiのみに不具合がある場合は、手順に沿って試してみましょう。 指定のWi-Fiのみをリセットし改善する手順 1iPhoneの設定を開く 2設定からWi-Fiを選択 3不具合が生じているWi-Fiの赤枠で囲われているアイコンをタップ 4青文字で表記されている「このネットワーク設定を削除」をタップ 5すると、以下のポップが表示されますので削除を選択 削除が完了すると、指定のWi-Fiは自動接続されなくなります。 これで削除できたことになります。 削除をしたら指定のWi-Fiを選択し、Wi-Fiパスワードを入力します。 すると、今まで同様にWi-Fiの自動接続ができるようになり、通信も改善されます。 この方法で改善されない場合は、Wi-Fi本体の故障などの不具合が生じていると言っていいでしょう。 その際は、メーカーに問い合わせすることをオススメします。 ネットワーク設定のリセットは最終手段として行う 今回、ネットワーク設定のリセットについて紹介・解説していきました。 ネットワーク設定をリセットすると以下のような項目が初期化され、それぞれの再登録が必要になってきます。 インターネット共有の設定:共有させるデバイスに認識させる作業が必要• 使用していたWi-Fiのパスワード:Wi-Fiのパスワードの入力が必要• モバイルデータ通信(APN)の設定:3大キャリアのiPhoneであれば不要• VPNの設定:VPNを作成している人に限り再登録が必要• Bluetoothの登録記録:イヤホンなどのBluetooth対応デバイスに認識させる作業が必要• ペアリング情報記録:パソコン・タブレット・端末同士で認識させる作業が必要 これらの項目(機能)を使用している場合はネットワーク設定をリセット後、再登録が必要になります。 ですが、リセットすることで通信状況が改善される可能性があります。 今後、iPhoneの調子が悪くなってしまうことも考慮し、ネットワーク設定のリセット内容を把握しておきましょう。 また、必要になってしまう必要事項(パスワードなど)も控えておくように努めましょう。

次の