根曲がり竹 茹で方。 姫竹(根曲がり竹)の食べ方、栄養について

姫竹(ヒメタケ)/根曲がり竹(ネマガリタケ)の保存方法と料理:旬の野菜百科

根曲がり竹 茹で方

Contents• タケノコ山の現状 わたしたちがいつも行くその山は、この数年、根曲竹がかなり混み合って茂っています。 そうなると年配の人はなかなか山に入れなくなるので、タケノコも成長し放題。 さらに混んで生えてくるという悪循環なわけですね。 わたしたちにとってもかなり難所。 交差して生えている竹をかきわけながら山を登り、タケノコを見つけたらしゃがんで採る。 立ち上がるとまた竹が行く手を阻むので力づくでかき分けて進む。 ・・・という、体力勝負の登山です。 でも人が入りにくいところほど、太くていいのが採れるので、頑張りどころなんですよね。 この時期、山で会うのは60代かな?と思われる人たちばかり。 山で会って会話すると「売るんですか?」と聞かれたりします。 道の駅などの販売所に卸してお小遣い稼ぎする人も多いようなんですが、うちではみんな大好きなので自家消費用です。 でも今年はやや早かったのか、山の裾にはほとんどタケノコが見つかりませんでした。 採りやすいところは先に山に入った人に収穫されてしまっている可能性もあります。 山の高いところで日当たりがややある箇所まで登ると、固まって生えているところが見つかりました。 積もった落ち葉に埋もれて隠れていることもあるのですが、どんなところに生えているかがわかれば、目が慣れてきて次から次へ見つけられるようになるというところが面白い。 熊には会いたくない けれどやはり怖いのは熊! 山には当然ですがいろいろな野生動物が住んでいます。 かじられたタケノコが散らばっていたり、コロコロの糞もたくさん落ちていたりします。 鹿?ウサギ? そして強烈な犬のような獣臭がする場所もあります。 洗っていない野良犬のようなにおい。 これってクマの臭いなのかも。 近くにいたりして! 何度も行った山でも、油断してはいけないと自覚する瞬間です。 リュックには鈴をつけておきますし、必ず一緒に行った人と声を掛け合いながら進むようにします。 夢中になるとつい黙々と採ってしまいがちですが、独りにならないようにしないとダメですね。 根曲がりタケノコは皮ごと茹でるといい さて、夫婦で大きなリュックに満杯に採ってきたタケノコ。 売れるほど採ったと思っても、皮をむいたら3分の1になっちゃうんですね。 それが分かっているので、必死でできるだけたくさん採るわけです。 帰ってきたらすぐ、大鍋にお湯を沸かします。 皮ごと投入して、10分ほど茹でます。 冷めたら皮むきです。 先端にはさみを斜めに入れて切り落とし、その先から刃先をまっすぐ入れると十二単のように重なった皮が一気にはがせます。 はさみを使わない場合は、下から一枚ずつ剥いていくことになります。 保存方法は3種類 数日中に食べる分は水に漬けておく 茹でて皮むきしたものは、水に漬けて冷やしておくと3日くらいは持ちます。 おすそ分け分はこの方法で持っていくと、すぐ食べられるので喜ばれます。 長期保存は真空瓶詰めに 自宅の分は瓶詰めにします。 瓶に詰めてから、軽くふたをしめて鍋の中でぐらぐら、30分以上煮ます。 これで中身が殺菌され、腐敗しにくくなります。 お湯から出してふたを閉めなおし、逆さにして冷まします。 冷めたらふたがへこんでいるはず。 へこんでいないものは失敗なので開けて食べてしまったほうがいいですね。 塩漬けも簡単だけど・・・ 今回は一部をペットボトルで塩漬けしてみました。 10%濃度の塩水を入れるだけでいいはずなのですが、数日後に膨らんできました。 ガス発生のようです。 不安になり、1週間くらいで塩抜きして食べてしまいました。 瓶詰め保存、失敗の原因と反省 瓶詰めのほうは、作ってすぐはわからなかったけれど脱気に失敗したものが1つありました。 数日後に確認したら中身が濁ってきているものがあったのです。 慌てて開けてみると、ちょっと臭い・・・。 例えるなら、シナチクの濃い匂い。 度々チェックして、中が濁っていないか、気泡が出ていないか、ふたが膨らんできていないかなど見ていれば早めに気づくと思います。 やはり果実のジャムのように酸味や糖分が高いものなら腐敗しにくいけど、山菜は悪くなりやすいのですよね。 瓶詰めもできれば冷蔵庫で保管したほうが安心です。 また、空き瓶の殺菌が不十分だったり、タケノコの根元の土が残っていたりすると脱気できていても中で腐敗しやすいので注意です。 保存瓶は何回も使えますが、蓋はできれば毎回新品に替えるのがおすすめです。 ホームセンターで蓋だけ売られています。 根曲がりタケノコ美味しい食べ方 当日は茹でる前の状態で皮のままグリルするのが最高です。 ちょうど友人たちとバーべーキューの予定が入っていたので、網の上で焼きました。 自宅では、魚焼きのグリルで皮が焦げるまで焼けばOK。 バーベキューの後ももう一度家でグリルして食べちゃいました。 これはマヨネーズがとてもよく合います。 タケノコは採ってから時間がたつほど渋みが出てくるので、このように生から調理するのは当日か、次の日くらいまでしか美味しくできません。 それから茹でたものをさっと揚げて天ぷらに。 天ぷらは定番ですね。 安定の美味しさ。 瓶詰めから出したものは、炒め物や煮物に入れて年中楽しめます。 特に青椒肉絲は激うまです。 根曲がりタケノコは細いので、普通のタケノコのように細切りにする必要はなく、斜め切りで調理します。 しゃきしゃきした歯触りがたまりませんね。

次の

根曲がり竹(姫竹)の日持ちは?保存方法や冷凍保存のコツも紹介

根曲がり竹 茹で方

姫竹 根曲がり竹 の常温保存の際の保存期間 10ヵ月ほど保存ができます。 食べるときは炒めるなどして火を通せば、アルコールは飛びます。 姫竹 根曲がり竹 の常温保存の際の栄養素は? たけのこには食物繊維が多く含まれます。 便秘を予防するのはもちろん、コレステロールの吸収を抑え、体外に排出する働きがあります。 食物繊維は保存によって減ることはありません。 姫竹 根曲がり竹 を冷蔵保存する方法 長期保存なら下処理したあと瓶に詰めて保存する方法、数日のうちに食べるなら茹でて水に浸けておく方法があります。 瓶詰は常温保存もできますが、家庭で作ったものは冷蔵庫で保存したほうが安心です。 ジャムのように高い糖度がないので、どうしても悪くなりやすいためです。 姫竹 根曲がり竹 の冷蔵保存法 瓶詰にする場合、まず瓶を消毒する必要があります。 瓶の消毒方法は以下の通りです。 姫竹 根曲がり竹 の冷蔵保存の際の保存期間 水に浸したものは1日ごとに水を替えて、3~4日で使い切りましょう。 瓶詰にしたものは瓶を開けなければ半年ほど保存できますが、開けてしまったら保存はききませんので、3~4日の間に使い切るようにしてください。 姫竹 根曲がり竹 の冷蔵保存の際の栄養素は? 姫竹にはカリウムやビタミンB群なども含まれますが、これらは水溶性のため下処理の際に流れ出してしまい、多少減ってしまうと考えられます。 姫竹をはじめとする山菜には、冬の間に溜め込んだものを排出してくれる効果があるといわれます。 瓶詰にして真空状態にすれば、大きく栄養素が変わることはありませんが、水に浸けただけのものはできるだけ早く食べたほうが、山菜のデトックス効果が高いと考えられます。 姫竹 根曲がり竹 を冷凍保存する方法 姫竹を冷凍すると香りが失われ、独自の食感がなくなるためあまりおすすめはしません。 どうしても冷凍したい場合は、カットして薄く味をつけて煮汁ごと冷凍しましょう。 そのまま冷凍してしまうと繊維が壊れ、水が出てスカスカの状態になってしまいます。 姫竹 根曲がり竹 の冷凍保存法• 冷凍するときにはなるべく薄く平らにする• アルミのトレイにのせると早く冷えやすい• 冷凍室を強に設定するとなおよし 味は薄めにつけると使い回しが利きます。 姫竹 根曲がり竹 の冷凍保存の際の保存期間 1か月を目安に使い切りましょう。 姫竹 根曲がり竹 の冷凍保存の際の栄養素は? 冷凍によって大きく栄養素が変わることはありませんが、シャキシャキとした食感はなくなります。 姫竹 根曲がり竹 を冷凍したあとの解凍方法 袋ごと水につけるか、鍋に移して加熱して解凍します。 スポンサードリンク 姫竹 根曲がり竹 を干す保存方法 姫竹は干して保存することもできます。 姫竹の香りや食感は変化してしまいますが、保存は長くすることができます。 姫竹 根曲がり竹 の干す保存法• 姫竹 根曲がり竹 の干す保存の際の保存期間 乾き具合によって保存期間は変化します。 カラカラに乾いていれば常温でももちますが、冷蔵庫で保存したほうがカビの心配がありません。 乾燥剤を一緒に入れて保存袋で密閉し、冷蔵庫に入れて半年を目安に使い切りましょう。 姫竹 根曲がり竹 を干した後の戻し方 軽く洗って一晩水に浸けて戻します。 姫竹 根曲がり竹 を干す保存の際の栄養素は? たけのこと同様にカリウム、ビタミンB群、食物繊維などが凝縮され、栄養価が上がると考えられます。 姫竹 根曲がり竹 のカット(切った)後の日持ちする保存方法は? 姫竹 根曲がり竹 の保存方法 使いかけ 姫竹はそのままだと保存できないので、その日のうちにすべて下処理をしてしまいましょう。 姫竹 根曲がり竹 の長持ちさせる保存方法 下処理後に瓶詰にして加熱殺菌処理し、真空状態にして保存します。 姫竹 根曲がり竹 を瓶詰する保存方法 姫竹を茹でて皮をむき、煮沸消毒した瓶に隙間なく詰めて水または塩水を入れ、瓶を脱気して真空にします。 脱気のやり方ですが、深い鍋に姫竹と水を入れた瓶を立て、蓋を軽く閉めて、瓶の8分目まで鍋に水を入れて強火にかけます。 沸騰したら20分、そのまま加熱します。 ミトンなどを使って蓋をしっかり閉め、再度20分加熱します。 瓶を取り出し、逆さまにしてそのまま冷まします。 蓋が少しへこんでいれば、脱気ができています。 姫竹 根曲がり竹 の丸ごと保存 姫竹は採取したその瞬間からどんどん劣化が進みます。 アクがでてえぐみが強くなり、硬くなっていきます。 丸ごとでも保存するのは難しいです。 姫竹 根曲がり竹 の保存容器や保存袋 瓶詰の瓶は耐熱のものを使います。 消毒の時に蓋が変形してしまったり、瓶詰を開けるときに蓋に穴をあけたりしてしまったら、蓋だけ売っていますので取り替えましょう。 姫竹 根曲がり竹 の皮の剥き方(下処理)• 塩を入れた湯で7~10分茹でる• 冷水にとる• 根元の硬い部分を切り落とす 姫竹は皮付きのまま茹でたほうが、香りがなくならず皮もむきやすくなるのでお勧めです。 1か所皮をそいだ後に茹でて、冷水にとって皮をむきます。 茹でてから一晩水に浸けておくとわずかなアクも取り除かれます。 姫竹 根曲がり竹 の土付き(泥付き)の保存方法 姫竹は泥付きの状態でも保存がききませんので、すぐに下処理をしましょう。 土や泥はしっかりと落とさないと、雑菌が入って腐敗する原因になりますので根元の硬い部分とともに切り落とし、良く洗いましょう。 たけのこの保存方法やあく抜きの方法はこちらでもご紹介しています。 姫竹 根曲がり竹 の見分け方と選び方 瓶詰にした姫竹が悪くなった場合の見分け方をお伝えします。 腐っている場合の見分け方 腐り具合は以下に当てはまると危険です。 水が濁っていない• 瓶に詰めた時と状態が変わらない 姫竹 根曲がり竹 の旬 5月初旬から6月下旬にかけて採取されます。 姫竹 根曲がり竹 について 姫竹は竹ではなく、千島笹(チシマザサ)という笹の若芽です。 山陰、信越、東北地方、北海道が主な産地で、雪国でタケノコというと姫竹のことを指します。 地域によって姫竹、根曲がり竹、月山竹などと呼ばれます。 根曲がり竹と呼ばれるのは、若芽が出るときはまだ雪が多く、雪の重みで根元が曲がることからそう呼ばれます。 インターネットでも採れたてが販売されており、たけのこのようなアクがないので手軽に食べることができます。 スポンサードリンク 姫竹 根曲がり竹 の保存食と常備菜人気簡単レシピの作り方 姫竹 根曲がり竹 の保存食の種類• 漬け物• 炒め物 姫竹 根曲がり竹 の保存食レシピの簡単作り方と保存期間 信州ではおなじみの食べ方です。 冷蔵庫で1~2日保存できます。 姫竹 根曲がり竹 の常備食人気レシピの作り方と保存期間 冷蔵庫で3~4日保存できます。 姫竹 根曲がり竹 の漬物・酢漬けの作り方の保存食レシピと保存期間 下処理済みの姫竹を使います。 冷蔵庫で1週間保存できます。 姫竹 根曲がり竹 の保存食冷凍レシピ 1食ずつラップに包み、冷凍で2週間保存できます。 姫竹 根曲がり竹 の長期保存できる日持ちレシピ 冷蔵庫で1週間保存できます。 姫竹 根曲がり竹 のお弁当のおかず 冷蔵庫で1~2日保存できます。 姫竹 根曲がり竹 の保存食筋トレ 冷蔵庫で2~3日保存できます。 まとめ スーパーでは姫竹の水煮パックが売られていますが、生の姫竹の味や香りにはかないません。 生の姫竹が手に入ったら、きちんと保存してその味と食感を長く楽しんでくださいね。

次の

根曲がり竹をご存知でしょうか?

根曲がり竹 茹で方

姫竹(根曲がり竹)とは 姫竹とは「竹」と書きますが、竹ではないので筍でもありません。 姫竹はチシマザサ(千島笹)という 笹の若芽です。 イネ科ササ属の山菜で、学名はSasa kurilensisと表記されます。 地表の近くで稈(かん・イネ科植物の茎 に見られる節と節の間が中空の茎)が弓上に曲がっていることで「根曲がり竹」とも呼ばれています。 昔から手軽に採取できる美味しい山菜として親しまれています。 春の味覚として楽しむゴロンとした厚みのある孟宗竹の筍と比べると、1~2cmくらいの太さの細くて小さいものですが、香りがよく、アクも少なく、食感がよいと好まれています。 チシマザサは大型の笹ですが、笹と言っても笹自体、竹と近い種であることや、味も筍に近いことから筍の一種として扱われていることがほとんどです。 皮は緑で根の方は薄い赤紫色をしています。 皮を剥くと黄緑色をしています。 細長い形状の筍であるハチク(淡竹)とよく似ていて、食べ方もハチクと同じような食べ方で料理されます。 姫竹を根曲がり竹と呼ぶわけ 姫竹とは山陰地方でよく呼ばれている呼び名ですが、信州から東北地方に行くと根曲がり竹とよばれます。 そう呼ばれるわけは、根曲がり竹と呼ぶ地方は、冬に雪が多く、チシマザサの若芽が芽を出し始める頃は、まだ雪が積もっていることがあり、雪の中から出てきた芽は、雪の重みで根元が曲がっているものが多いことから、この地方の人たちは姫竹のことを根曲がり竹と呼ばれるようになったそうです。 姫竹(根曲がり竹)の旬 姫竹(根曲がり竹)の美味しい旬の時期は5~6月です。 主な産地は、山陰や上信越地方、東北地方、北海道などです。 地方によって芽を出す時期や採取できる時期が違いますが、おおよそ5月初旬か収穫され始め、遅くても6月の初旬には収穫されます。 収穫される期間は短く、また芽を出すと成長が早くて1~2日でかなり大きくなってしまうので、美味しい時期を逃してしまうこともあります。 笹やぶの根元にはえるので、姫竹狩りをするのなら笹の葉を探し根元をよく探りましょう。 大きく成長したものは硬くて食べられません。 食べられるのは、まだ葉が開いていない新葉です。 青みを増さない白味かかったものが柔らかい姫竹(根曲がり竹)です。 姫竹(根曲がり竹)の保存方法 姫竹(根曲がり竹)は筍と同じで、収穫後時間が経過するごとに、どんどん風味が薄れ、アクも強くなってしまいます。 ですから収穫もしくは購入後はその日のうちに調理してしまうことがおすすめです。 すぐに食べない場合はできるだけ早く下茹でしましょう。 姫竹(根曲がり竹)は茹でずに保存することはできません。 姫竹(根曲がり竹)の下茹では筍とちがい簡単 姫竹(根曲がり竹)を保存する場合は下茹でしますが、アクがあると言っても筍のような強いアクではないので、糠や米をといだ水などを使わなくてかまいません。 普通に茹でるだけで大丈夫です。 茹でたら皮を剥き、水に浸した状態で蓋をして冷蔵庫で保存します。 水はこまめに変えるようにしてください。 この状態で3日くらいは保存可能です。 もう少し長く保存させたい場合は水煮の状態で密封できる瓶などの容器に移し、電子レンジで沸騰させるか、あるいは沸騰した湯に瓶を首まで浸して煮沸した状態にすると、過熱殺菌処理をした状態になり、長く保存することができます。 それでも保存時間は2週間くらいです。 冷蔵にしても、過熱殺菌処理をした状態で保存したものにしても、保存期間はあくまでも目安ですので、記載の期間でも味や香りに変化のある時は破棄してください。 冷凍保存をする場合 冷凍保存する場合は、筍と同じように一度茹でてから冷凍します。 ただし、冷凍したものは風味も食感もかなり落ちてしまいます。 できないことはありませんがおすすめはできません。 姫竹(根曲がり竹)の食べ方 姫竹(根曲がり竹)の収穫したての新鮮なものは、筍と違いアクが少ないので、茹でずに生のまま揚げ物や天ぷらにして食べるのがおすすめです。 天ぷらにする場合は縦に反割りにして使います。 そうしないと油の中で破裂してしまう場合があるからです。 そのほか味噌汁や煮物、炊き込みご飯などはポピュラーな食べ方です。 基本的には筍の料理と同じように料理して食べます。 信州や東北地方では缶詰のサバの水煮を使い、姫竹(根曲がり竹)をみそ仕立てにした汁物が郷土料理として紹介されています。 姫竹(根曲がり竹)の炭火焼き 収穫したての新鮮なものは、筍と違いアクも少ないので、皮つきのままで七輪やグリルで素焼きして食べます。 素焼きした姫竹(根曲がり竹)は皮を剥き味噌や醤油で食べますが、香りがたち、柔らかくて甘みがありとても美味しいです。 姫竹(根曲がり竹)のホイル焼き 姫竹(根曲がり竹)は細いのでホイルにくるんで焼くと、その分水分を閉じ込めることができ、ぱさぱさにならずに焼くことができます。 新鮮な生の姫竹(根曲がり竹)のホイル焼きは、とうもろこしを焼いたような味がするそうです。 ホイルの中に水とお酒を少々加えて焼くと酒蒸しになります。 どちらも焼きあがったものに、塩を振って食べると甘味が増し美味しいです。 姫竹(根曲がり竹)の栄養について 笹の種類の中でも葉を美味しく食べることができるチシマザサの若芽である姫竹(根曲がり竹)の栄養成分は、食物繊維ビタミンB、C、K、葉酸などのビタミン類、カルシウムやカリウムなどのミネラル類、多糖類が含まれています。 笹は胃腸を整え、傷の治りを高める効果があるので、野生の様々な動物も笹をよく食べ効果にあやかろうとします。 スタミナをつけるのにも効果的な栄養成分が含まれているようです。 春が旬の姫竹 根曲がり竹 には、タラの芽のように春に季節の山菜が持ち合わす苦味があります。 これは体をデトックスしてくれる効果があるのです。 山菜として楽しむ姫竹(根曲がり竹)には、その季に必要な栄養成分をたくさん含んでおり効果に期待されます。 笹でも筍と同様に成分表示されることもある 日本では竹と笹の区別を一般的には、「大きく成長するのが竹、小さいのは笹」とか、「茎を利用するのが竹、葉を利用するのが笹」というように、竹と笹をはっきり線引きして区別しないことがほとんどです。 たとえば竹は北海道などの寒冷地には生えません。 それゆえ孟宗竹のような筍は生えません。 北海道でいうタケノコ狩りとは、チシマザサの若芽である姫竹(根曲がり竹)のことをいいます。 竹と笹の大きな線引きがないので、書物によっては筍の栄養成分が姫竹(根曲がり竹)として記載されている場合もあります。 姫竹(根曲がり竹)! 新鮮のうちに美味しく食べよう 笹の葉である姫竹(根曲がり竹)は生での貯蔵が難しいため、採ったらすぐに調理するのがおすすめです。 筍よりアクが少ない分、茹でずに生のまま調理できます。 若芽はすぐに大きくなってしまいます。 美味しく食べられる期間の短いので、旬の時期を見逃さず、春の味を存分に楽しんでください。

次の