中途 採用 面接 自己 紹介。 自己紹介で好印象を!面接対策と回答例【例文付き】| type転職エージェント

転職時の中途採用面接の流れとは。自己紹介の仕方を含めて徹底解説。

中途 採用 面接 自己 紹介

1.自己紹介と自己PRの違い 面接の際、「自己紹介をしてください」と言われるケースと「自己PRをしてください」と言われるケースがあります。 よく似た言葉ではありますが、どちらを言われるかで企業の「聞きたい」と思っていることは異なるので注意が必要です。 「自己紹介」は自分を知ってもらうためのもの 自己紹介とは、あなた自身の所属や人柄などを簡単に伝えるためのもの。 氏名や現職について(会社・部署・職種など)、趣味・特技などを完結にまとめたものが、自己紹介です。 面接官より「簡単に自己紹介をしてください」と言われたときは、1分ほどでこれらの要素を簡潔に伝えるようにしましょう。 「自己PR」は自分の魅力を伝えるためのもの 自己PRとは、あなたの強みや長所について伝え、企業に「採用したい」と思ってもらうためのものです。 具体的には、資質(性格)やスキルなどをアピールします。 これまでの経験を交えて、どんな時にどのようにあなたの強み・長所が発揮されたのかを伝えることで、自分の魅力をアピールしましょう。 2.面接での自己紹介で必ず伝えるべき3つの項目 自己紹介の際は、「氏名」「現職または前職について(社名・所属・職種について)」「締めの言葉(意気込みなど)」の3つのポイントを盛り込むようにします。 現職・前職については、今回希望する仕事において活きるスキル・資格があれば併せて簡単に伝えるようにしましょう。 また、締めの言葉については、どうして今回の仕事・会社に関心を持ったのかを伝えられると、その後の自己PRもしやすいはずです。 ポイントは、あくまでも簡潔にわかりやすく伝えること。 面接の導入として、「もう少し話を聞きたい」と思ってもらえるよう、あえて伝えすぎないことを意識するとよいでしょう。 「自己紹介をお願いします」と質問されたときの答え方 自己紹介を求められる理由 面接で採用担当者は、「求職者が自社で活躍できるか」という点を見極めようとします。 そして、面接会場に入場したタイミングから、見極めは始まっています。 単に名前や生い立ちを話すだけではなく、自分のキャリアやアピールポイントを簡潔に伝えられるようにしましょう。 回答のポイント 伝えるのは要点だけ。 30秒~1分程度にまとめよう。 中途採用の面接における自己紹介は、あなたの「これまでの職務経歴」を簡潔に伝える場です。 遠い過去まで遡ってダラダラ話したり自身の強みや志望動機まで盛り込んだりせず、要点を絞って話すようにしましょう。 また、企業によっては「3分で話してください」と言われる場合もありますので、短いバージョンと長いバージョンを考えておくのも良いでしょう。 表情や話し方の抑揚まで意識しよう。 面接のオープニングとなるのが、自己紹介。 そのため、面接官は内容の濃さよりも、表情や話し方に注目している場合が多いです。 明るい笑顔や強弱をつけた話し方を意識するだけでも、相手はあなたの話を「もっと聞いてみたい」と思うハズ。 目線の配り方など、細かな点まで注意してみてください。 本日はよろしくお願いいたします。 私は5年間、居酒屋チェーンを経営する会社で店長業務に従事してまいりました。 2年前からはエリアマネージャーとなり、特に従業員の満足度の向上に注力してきました。 その結果、全社の2年以内の社員定着率が70%であるのに対し、担当エリア内では98%という成果をあげました。 今回は営業職という異業種へのチャレンジですが、この経験を活かして、御社では顧客満足度の高い営業パーソンとなって売上に貢献していきたいと考えております。 その他、面接でよく聞かれる質問とお手本回答 ここからは、自己紹介以外に面接でよく聞かれる質問と、それに対するお手本回答を解説します。 ぜひ、面接での参考にしてください。 「前職の退職理由は何ですか?」 回答例 売上だけでなく、お客様の満足も追求できる営業になりたかった。 というのが退職の動機です。 しかし、現在の職場は売上重視の考え方が強く、自分の行動が受け入れられない場面もありました。 その点、御社は提案力と対応スピードの速さを強みにお持ちです。 御社であれば、自身が目指す「売上と顧客満足を両立できる営業」を実現できると考えております。 ポイント 前職の批判は厳禁。 前向きな話し方で、正直な気持ちを伝えよう。 中途採用の面接において非常によく聞かれるのがこの「退職理由」。 面接官は、退職理由は前向きなものばかりではないことをもちろん理解しています。 そのため、回答の際は「環境のせいにしていないこと」「仕事に前向きに取り組める人間であること」が伝わるような話方を心がけましょう。 そのためには、うそをついたり前職を批判したりせず、正直な気持ちを前向きに伝えることが大切です。 というのも、たとえば前職でマイナスに感じていたポイントが次の企業にも当てはまってしまうと、面接官は「うちもすぐに辞めてしまうのでは?」と不安に感じてしまうからです。 退職理由は次の企業に当てはまらず、かつ志望動機を満たせるものであるほど「うちの考え方を理解している」「活躍してくれそうだ」といった評価を受けやすいでしょう。 学生からご年配の方までさまざまな年代のお客様と接する中で、相手に合わせたコミュニケーションの取り方や提案ができる力を身につけました。 この力を活かして店舗の売上に貢献するため、特に売り場作りでは常連のお客様に声をかけ、商品の並び方の感想やどんなアイテムがあったら嬉しいかなどを調査。 自身のこの取り組みをもとに「お客様アンケートの実施」を会社に提案し、採用していただきました。 その結果、年間売り上げ前年比120%を達成し、社内で表彰していただくこともできました。 今回は商品企画という初めての職種へのチャレンジですが、前職で培った消費者のニーズを汲み取り形にしていく力は、十分に活かせると考えています。 具体的な数字を用いるとなお良し。 職歴について話す際は、その環境の中で「あなたはどう考え、どう行動を起こし、どんな成果を上げたのか」を必ず盛り込むようにしてください。 また、その行動によって「売上が10%アップした」「全社員の残業時間を月20時間削減できた」など、数字を用いることで具体性もアップします。 自分の成果を伝えるだけでは、「この人は自分の能力ばかりアピールしている」という印象を受けてしまいかねません。 そのため、その経験を「今後どう活かしていけるのか」まできちんと伝えるようにしましょう。 そうすることによって、企業側もあなたの活躍する姿をイメージしやすくなります。 「当社を志望した理由を教えてください」 回答例 大学時代に環境学を専攻しており、当時から貴社の環境ビジネスに魅力を感じておりました。 御社は顧客満足を重視する風土だと伺いましたので、貢献できると考えております。 海外向けの営業は未経験ですが、大学時代に1年間バックパッカーの経験があり、海外を飛び回るフットワークの軽さや交渉力、思考力は十分備えていると自負しております。 ポイント 会社の方針と自分のやりたいことをマッチさせよう。 志望理由を通して、企業はあなたの「志望度や熱意の高さ」の他に、「社風や方針に合うかどうか」を見極めたいと考えています。 そのため、志望理由では応募企業が大切にしている考えや今後の展開と、自分の強みや目標などをリンクさせて話をしましょう。 そうすることで、面接官にも「この人はうちに合いそうだ」「長期的に活躍できそうだ」という印象を持ってもらえやすいです。 自身の体験エピソードを盛り込むと、オリジナルの志望理由に。 志望理由を述べる際には、なぜそう考えたのかという「根拠」が重要なポイントとなります。 「~だと思うから」といった個人的な主張だけではやはり信憑性は低く思われてしまいがち。 そのため、自身の体験を根拠として交えることによって、より志望理由に現実味やオリジナリティを出すようにしましょう。 「あなたにとって仕事とはどんな存在ですか」 回答例 自分が成長するために必要な場所だと考えます。 例えば、現職の接客においても、入社時はなかなか自分に自身が持てず上手くいかないことも多くありましたが、お客さまの様子やなにげない会話から相手が求めるものを探り、自信をもって伝えることで、「あなただから買いたい」と言ってもらえたことがありました。 単に求められることだけではなく、自分だからこそ提供できる価値を考え、行動し続けることで、社会人としても人としても成長していけると考えます。 貴社においても、この考え方は忘れずに、日々の仕事にあたりたいです。

次の

【面接対策】好印象を与える「自己紹介」とは(回答例あり)

中途 採用 面接 自己 紹介

コンテンツ目次• 【簡潔でありつつも具体的で「詳細を聞きたい」と面接官が思える回答を目指す】 まとまりを欠いた長々しい回答は、要点が伝わりにくいだけでなく、場合によっては途中で遮られてしまうことも。 簡潔かつ具体的にまとめることを心がけましょう。 面接官が「もっと詳細を聞きたい」と思えるような職務経歴を語れれば、あなたのプレゼンテーション能力もアピールできます。 【実績や成果は社内や業界的にどのような評価を得られるものなのかということを念頭に置く】 とくに転職回数が多い場合や職務経歴が長い場合は、応募企業や応募職種で活かせるキャリアに絞って、これまでの経験と実績を伝えるようにします。 就職活動の時は、これからの可能性をアピールできれば十分でしたが、転職時の面接では、より具体的に説得力のあるプレゼンテーションが求められます。 数字も交えて簡潔に、伝えたいポイントに絞った回答を準備しましょう。 【職務経歴書の内容にプラスして言える情報を盛り込む】 面接官は、職務経歴書に書かれている内容を事前に把握しています。 そのため、職務経歴書の内容をただなぞっているだけの回答では、相手の興味を引くことは難しくなります。 業務内容や経験、成果を中心に、伝えたい部分は掘り下げて、それ以外の部分は簡潔にまとめる。 メリハリを効かせて、転職への意欲が伝わる回答を用意しましょう。 【「自己紹介をしてください」と言われたときの職務経歴のまとめ方】 自己紹介は1分以内(文字数300文字程度)にまとめるのが鉄則です。 「挨拶+職務経歴の概要+経験に基づく強み+志望動機+挨拶」の流れに添って、評価される自己PRに仕上げましょう。 性格や特技など、これ以外の要素を入れると要点がつかみにくい自己紹介になってしまいます。 職務経歴の部分も概略にとどめて、冗長にならないように注意します。 【「職務経歴を教えてください」と言われたときのまとめ方】 「どのような規模・職種・立場・役割で、どんな実績や成果を出したのか」時系列順に伝えていきます。 企業側が求める人物像とマッチする内容は掘り下げて、キーワードとなる具体的なエピソード、実績(数字)、成果を織り交ぜながら、客観的な視点に立った説得力のあるプレゼンテーションに仕上げましょう。 <関連記事>• 【「自己紹介をしてください」と言われたときの回答例】(1) 〇〇と申します。 本日はお時間をいただきありがとうございます。 前職では、家電メーカーの商品統括部でマーケティング職を6年間経験しました。 おもにキャンペーンの企画やウェブ広告のディレクションに携わるなかで、昨年の販促キャンペーンでは前年比150%の売上を達成し、社内表彰の機会にも恵まれました。 わたしの強みは、前職で培ったウェブマーケティングのスキルと顧客のニーズを見逃さない気づく力だと思っています。 今後は、幅広い業種のマーケティングにチャレンジしていきたいと思い、巧みなデジタルマーケティングで他社との差別化に成功している御社に応募させていただきました。 本日はどうぞよろしくお願いいたします。 本日はお時間をいただき、ありがとうございました。 以来7年間に渡って経理と営業部門を経験し、とくに営業では、通算4年間、医療機関へのルートセールスをメインに、自社の製品紹介や、プロモーション、キャンペーンの企画と提案を行ってきました。 また2015年からはチーム責任者として、5名のマネジメントを任されています。 私の強みは、営業活動の中で身につけた、顧客のニーズを確実に拾う傾聴力と競合他社に負けない提案力です。 この2つの強みを活かしてこまめな提案も心がけた結果、2015年には対年間目標比で150%の業績を達成することができました。 これからは自社製品だけでなく、もっと幅広い選択肢を顧客に提案できる仕事がしたいと思い御社に応募いたしました。 本日は、どうぞよろしくお願いいたします。 営業部門では飲食店のニーズに合わせて新規メニューの提案までを一体で行うソリューション営業で、2015年には対前年比120%の売上を達成することができました。 顧客の課題解決を目指す営業アプローチには自信があり、やりがいも感じています。 顧客とのパートナーシップを大切にする御社でなら、必ず私の営業経験を生かして業績アップに貢献できると考えています。 本日はどうぞよろしくお願い致します。 「職務経歴を教えてください」(2) 広告代理店で3年間会計事務を担当したのち、2社目の自動車部品メーカーでは5年間営業事務職として、おもに見積書や発注書、検収書の入力業務や伝票の作成などを行ってきました。 2015年には簿記1級を、昨年にはマイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取得し、総合職のアシスタントとして、日々正確でスピーディーな事務処理能力を磨いています。 これまでの営業事務の経験を活かして、ぜひ御社の成長に貢献したいと考えております。 本日はどうぞよろしくお願い致します。 <関連記事>• NG回答を避けて印象アップを狙いましょう。 ・今までの職種を羅列するだけで詳細が分からない 職務経歴を問うことで面接官が知ろうとしているのは、あなたのキャリアだけではありません。 面接官は、あなたがこれまでのキャリアを通してどんな強みを獲得しているのか、もっと言えば企業の業績アップに貢献できる人物なのか知りたいと考えています。 そのため職務経歴を語る場合には、アピールポイントに絞ってわかりやすく転職への意欲を伝える必要があるわけです。 ・情報を盛り込みすぎていて伝わりづらい 意欲を伝えたいと気負って情報を盛り込みすぎてしまうのもかえって逆効果。 要点がぼやけて、印象に残らない回答になってしまいます。 ピントを絞った簡潔な回答で、プレゼンテーション能力もアピールしていきましょう。 ・職務経歴書を読むだけで伝わる内容(重複する内容) 面接官は、職務経歴書の内容を事前に把握しています。 限られた面接時間の中で、すでに伝えている情報を繰り返すのはもったいない話ですね。 職務経歴を語る時は、職務経歴書の情報を膨らませて、あるいは職務経歴書にはない情報を盛り込んで、面接官の興味を引くプレゼンに仕上げましょう。 ・実績についての客観性、具体性に欠ける 職務経歴に限らず、面接での回答は「具体的かつ簡潔に」が基本です。 抽象的な表現は要点を伝わりにくくするので使用せず、数字を織り込むことで、簡潔でも説得力のある回答を目指しましょう。 自己分析や履歴書の書き方、面接対策など、ハタラクティブでは、あなたの転職を専門のアドバイザーがしっかりサポートいたします。 転職に関するあらゆるお悩みに対応していますので、あなたの希望や適性に合った転職活動が始められます。 まずはお気軽にご相談ください。

次の

【対策】集団面接(グループ面接)の質問例文集!マナーと 自己紹介のコツ│ジョブシフト

中途 採用 面接 自己 紹介

採用(求人)においては、ほぼ100%、何らかの面接が行なわれます。 履歴書や職務経歴書といった書類上だけではわからない「その人の人物、人となりや人柄の一面」を見るためのものです。 社員、アルバイト、パートなどいずれの職種でも行なわれ、合否を決める際に重要な役割を担います。 面接は、グループ面接と個人面接とに分けられます。 (一次選考、二次選考など、数次にわたる選考が行なわれるような場合には)グループ面接は初期の専攻に近い部分で実施され、最終選考に近いものは、個人面接である場合が大半です。 また、グループ面接に関しては実施されない場合もあります。 面接試験の種類 1.グループ面接 ・同時に数人の面接試験を行ないます。 応募者数人に対し、面接官も数人で実施します。 ・選考の初期段階(例えば一次選考など)で実施されることが多い面接です。 こうした場合には人数を絞ることを目的にしている可能性が高いものです。 面接官に好印象を持ってもらうこと及び印象に残ることが大切です。 ・アルバイトやパートの面接では、グループ面接を実施する企業は少ないようです。 2.個人面接 ・応募者(求職者)1名に対し、面接官1名〜数名で面接を実施します。 ・選考の終盤(例えば最終選考など)で実施されることが多い面接です。 場合によってはグループ面接を行なわず個人面接だけという場合もあります。 積極性や熱意をアピールすることが大切です。 ・アルバイトやパートの面接では、一対一の個人面接が多いようです。 長くなり過ぎないように簡潔に述べる。 面接の冒頭などで良く行なわれる自己紹介です。 「簡単に」と言われた場合には、本格的な面接試験に入る前に、あなたの氏名や履歴書の内容を簡単にチェックすることを目的としています。 ポイントをのがさず、かつ、あまり長くなり過ぎないようにします。 面接官から「自己紹介を」と限定された場合には、自己PRは控えめにします。 新卒・学生 就職・就活での自己紹介 内容 (1)名前 (2)大学名、短大名、専門学校名、高校名 (3)学部専攻、専門分野、卒業論文のテーマ、部活動、ゼミなど (4)特技、趣味など (5)応募動機 (6)その他…自己PR 説明 ・学生の場合、自己紹介で話す内容の優先順位は、 (1)名前、 (2)学校名、 (3)専攻、専門、学んでいること、身につけていること、打ち込んでいること、卒論のテーマなど の順です。 (4) 特技や趣味は必須ではありませんが、この部分が面接官の印象に残る話題となるケースもあり、短いコメントで語れるのであれば軽く触れても良いでしょう。 (5)応募動機については、面接の質問の中で出てくる可能性が高いので短い自己紹介の際に述べる必要はありません。 また、同様に(6)の自己PRも、控えめにします。 文例1 B. 社会人 再就職・転職での自己紹介 内容 (1)名前 (2)最終学歴(=具体的な大学名学部名、短大名学部名、専門学校名、高校名) (3)職歴と各職場で経験した業務など (4)特技、趣味など (5)応募動機 (6)その他…自己PR 説明 ・社会人の場合、自己紹介で話す内容の優先順位は、 (1)名前 (2)出身校名と専攻 (3)職歴と各職場で経験した業務などの順です。 特に必要なのは(3)の職歴および各職場で経験してきた業務を述べることですが、面接の質問の中で詳しく聞かれるため、簡単に触れる程度で良いでしょう。 (4) 特技や趣味は必須ではありません。 (5)応募動機については、面接の質問の中で出てくる可能性が高いので短い自己紹介の際にで述べる必要はありません。 また、同様に(6)の自己PRも、控えめにします。 緊張すると頭の中が真っ白になってしまうという方は、入室と体質のマナーについて一度練習をしておくと良いでしょう。 教室や自宅でも練習できます。 控え室に待機し名前を呼ばれたら、きちんと返事をして立ち上がるようにします。 返事の際にはきちんと聞こえるように声を出します。 入室と退室の面接マナー [入室] (1)入室の際にはノックを3回(または4回)します。 2回はトイレなどで行なう空室チェックのノックとされます) (2) 中から「どうぞ」と声がかかってから「失礼します」とドアをあけます。 (3)ドアを開けたらおじぎをして中に入ります。 一歩進んで氏名を名乗り、一礼します。 椅子の近くに行くように案内されます。 (4)椅子の横で立ち止まり、一礼します。 「どうぞ」あるいは「着席してください」と言われてから着席します。 [面接試験が終わったら] (1)終了と言われたら、着席の状態で「ありがとうございました」と声に出して挨拶し、一礼します。 丁寧におじぎをしてください。 (そのあと、グループ面接の場合にはケースバイケースですが、立ち上がってからもう一度椅子のところで一礼することもあります。 ) (2)退室する前にドアの前で立ち止まり、身体の向きを変えて面接官に「失礼します」と一礼します。 (3)ドアを開けて、身体が外に出たら、軽く礼をしてドアをしめます。

次の