ミスティ 愛 の 真実 あらすじ。 ミスティ愛の真実╱韓国ドラマキャスト・最終回感想・視聴率!キムナムジュ

ミスティ愛の真実╱韓国ドラマキャスト・最終回感想・視聴率!キムナムジュ

ミスティ 愛 の 真実 あらすじ

テオクは、事件当日何も聞こえていなかったと話す。 ケビンと話をした際、感情に任せてした行動により殺人をしてしまうのだった。 テオクはその後、ケビンの車で走ると一緒に死のうとしていた。 しかし、テオクは死ぬ事が出来ず、ケビンが自殺をしたように工作したのだった。 ヘランは本当の事を言ってくれなかったテオクにショックを受けると、涙を流す。 そして、なぜ自分を殺さなかったのかと泣きながら話すと、テオクを残しその場を去って行く。 テオクはそんなヘランを引き止めることが出来ず、立ち尽くすのだった。 ヘランは家を出ると、車の中で一人泣き崩れる。 一方、ウンジュはパソコンを眺めると思い出したくないことがあり捨ててしまう。 ヘランはソンイの病室からでると、ウンジュに出会う。 2人は病室の前で話をしていると、ウンジュは来週いなくなる事を伝える。 今回のことはヘランのせいだった事と、今は幸せなのか確認するウンジュに、二度と会わないと冷たく伝えて去って行く。 ギュソクはテレビ局に行き、自分の部屋に入るとスタジオに誰かがいる事を確認する。 そこに行くと、ヘランが一人スタジオで酒を飲んでいた。 ギュソクはヘランを心配するのだが、理由を言わず涙を流すだけであった。

次の

ミスティ~愛の真実~

ミスティ 愛 の 真実 あらすじ

スポンサーリンク ミスティ愛の真実【韓国ドラマ】キャスティング秘話 監督の話によると 「作家とミーティングしたときに、キャスティング第一候補としてキムナムジュ・チジニが挙がった。 二人の意見が一致するのはとても珍しいこと。 二人を選んだ理由は二人以外に考えられない部分が多かったから。 二人のために書いたような台本だった。 台本を読んだときにぱっとイメージが浮かんだのが二人だった。 」 とのことで、オファーしたところ二人とも快諾の返事が来たんだそうです。 キムナムジュインタビュー キムナムジュさんは6年ぶりのドラマ出演。 前作「棚ぼたのあなた」のとき、小学校1年生だったお子さんは現在中学生となりました。 台本を先に呼んだご主人は 「ついにお前が出るドラマが来たね」 と積極的に勧めてくれたそうです。 本作に出演を決めた理由として 「自分も不遇の少女時代だった。 若い頃はお金を稼ぐために、前だけを見て必死で走ってきた。 主人公のコヘランは過去の自分のようだった」 とご自身の境遇と似ていて共感したことが大きな決め手だったと語っています。 また 「もし断ってこの役が他の女優さんに渡ってしまったら絶対に後悔する」 と思ったとのこと。 それだけに作品にかける思いは強かったようで、ご家庭でも子供より仕事優先で(もう中学生だけにそれほど手はかかりませんが)部屋に閉じこもって台本に集中して役作りに励んだそうです。 シャープなコヘラン役を演じるため7㎏も減量した結果、顔にしわが増えてしまったとのこと。 6年ぶりのドラマ出演でも以前と変わらぬ美貌だと評価されましたが、ご本人はメイクさんや撮影スタッフのおかげだと謙遜していました。 チジニインタビュー キムナムジュさんとの共演について 「以前カメオ出演した作品で少し共演したことはあった。 いつか共演の機会はあるだろうと思いながらなかなかなく、ついにそういうときが来た。 」 と語り、実際撮影してみて 「キムナムジュさんは周囲の方々にいいエネルギーを与える人。 自分も現場の雰囲気をよくしようと気を遣う方だが、キムナムジュさんも同様でとても気が合った。 キャストたちの演技力の高さ、多彩な助演たちも素敵だった。 作品性と商業性の両方を追求する韓国ドラマの明るい未来が見えた気がした。 ・余韻が残る作品。 最も優れた作品というのは視聴者に複数の解釈と余韻を残すようなものだと思う。 ミスティはまさにそういうドラマだった。 と高評価が多い一方で結末に不満を持つ人の書き込みが目立ちました ・結末に納得がいかない。 これまでのキャストの熱演がもったいないと思うほど残念。

次の

韓国ドラマ

ミスティ 愛 の 真実 あらすじ

スポンサーリンク ミスティ愛の真実【韓国ドラマ】キャスティング秘話 監督の話によると 「作家とミーティングしたときに、キャスティング第一候補としてキムナムジュ・チジニが挙がった。 二人の意見が一致するのはとても珍しいこと。 二人を選んだ理由は二人以外に考えられない部分が多かったから。 二人のために書いたような台本だった。 台本を読んだときにぱっとイメージが浮かんだのが二人だった。 」 とのことで、オファーしたところ二人とも快諾の返事が来たんだそうです。 キムナムジュインタビュー キムナムジュさんは6年ぶりのドラマ出演。 前作「棚ぼたのあなた」のとき、小学校1年生だったお子さんは現在中学生となりました。 台本を先に呼んだご主人は 「ついにお前が出るドラマが来たね」 と積極的に勧めてくれたそうです。 本作に出演を決めた理由として 「自分も不遇の少女時代だった。 若い頃はお金を稼ぐために、前だけを見て必死で走ってきた。 主人公のコヘランは過去の自分のようだった」 とご自身の境遇と似ていて共感したことが大きな決め手だったと語っています。 また 「もし断ってこの役が他の女優さんに渡ってしまったら絶対に後悔する」 と思ったとのこと。 それだけに作品にかける思いは強かったようで、ご家庭でも子供より仕事優先で(もう中学生だけにそれほど手はかかりませんが)部屋に閉じこもって台本に集中して役作りに励んだそうです。 シャープなコヘラン役を演じるため7㎏も減量した結果、顔にしわが増えてしまったとのこと。 6年ぶりのドラマ出演でも以前と変わらぬ美貌だと評価されましたが、ご本人はメイクさんや撮影スタッフのおかげだと謙遜していました。 チジニインタビュー キムナムジュさんとの共演について 「以前カメオ出演した作品で少し共演したことはあった。 いつか共演の機会はあるだろうと思いながらなかなかなく、ついにそういうときが来た。 」 と語り、実際撮影してみて 「キムナムジュさんは周囲の方々にいいエネルギーを与える人。 自分も現場の雰囲気をよくしようと気を遣う方だが、キムナムジュさんも同様でとても気が合った。 キャストたちの演技力の高さ、多彩な助演たちも素敵だった。 作品性と商業性の両方を追求する韓国ドラマの明るい未来が見えた気がした。 ・余韻が残る作品。 最も優れた作品というのは視聴者に複数の解釈と余韻を残すようなものだと思う。 ミスティはまさにそういうドラマだった。 と高評価が多い一方で結末に不満を持つ人の書き込みが目立ちました ・結末に納得がいかない。 これまでのキャストの熱演がもったいないと思うほど残念。

次の