スカイチケット 安い。 スカイチケットは最悪?評判・口コミから航空券が安い理由と安全で人気の秘密が分かった

【2020年】国内線予約は「スカイチケット」が安い!クーポン&事務手数料を無料にする方法

スカイチケット 安い

Contents• スカイチケットの予約方法 【ステップ1】航空券を選ぶ まず、スカイチケットのに飛びましょう。 サイトに飛んだら 出発地・到着地を選び、出発日を選択し「最安値を検索」をクリック。 実は、出発日を選ぶときどの日程が一番安いか 青い文字で表示してくれます。 (超便利!! そのため、 「とにかく安いときに航空券を買いたい!」という方はぜひ活用してみてください! 最安値を検索をクリックしたら、航空券の一覧が表示されます。 価格が安い順に各航空会社の航空券一覧が表示されるので、時間が遅い順、時間が早い順に並び変えることも可能です。 自分が何を優先するかで並び替えてみるのがおすすめ。 もし、間違っていたら削除すればまた選びなおすことが可能です。 そして、選択した航空券を申し込む場合は下の画面に進み申し込み情報を入力します。 「申し込み情報」と「搭乗者情報」を入力するのですが、 名前の欄はカナとローマ字なので漢字ではないので注意しましょう!(漢字で何度もしました) 次に、メールアドレスを入力し「プローモーション・割引情報を受け取る」を希望する人はチェックを入れます。 (いらない人はチェックしなくてOK!) また、会員登録を希望する人は「会員登録をする」にチェックを入れましょう。 ちなみに、会員登録をしておけば次から予約が簡単になるのでおすすめです! 特に、メールアドレスを間違っていると予約完了メールなどが届かなくなるので、 メールアドレスだけは間違えないように入力しましょう! 【ジェットスターの方のみ】 実は、ジェットスターだけオプション選択で預け入れ手荷物と座席指定が選択できます。 「預け入れ手荷物」と 「座席指定」を希望する人は選んでおきましょう。 全て入力し終わったら、申し込み内容を確認しましょう。 そして最後に 「後で決済」か「今すぐクレジット決済」のどちらかを選び、 「申し込み内容を確認へ」をクリック。 万が一、メールアドレスを間違って送られてこない、申し込み番号を忘れてしまった場合はスカイチケットに電話もしくはメールをしましょう。 \格安航空券をいますぐ購入する/ 【ステップ4】支払い方法 スカイチケットの支払いには5種類あり、それぞれ手数料が異なります。 以下の表に、支払い方法と手数料についてまとめてみました。 しかし、銀行振込だと振込手数料だけなので 手数料を安くしたい方は「銀行振込」がおすすめ! 銀行振込は「三菱UFJ銀行」と「ゆうちょ銀行」のみ対応しています。 ただし、ゆうちょ銀行は国内航空券の振込だけなので注意しましょう。 さらに、 「三菱UFJダイレクト」「ゆうちょダイレクト」などのインターネットバンキングを利用すれば振込手数料が無料になるので、手数料を安くしたい方はぜひ活用してみてくださいっ! 【ステップ5】航空券の受け取り方法 各航空会社の「航空券引き換え」「チェックイン」「搭乗手続き」についてまとめました。 それぞれ会社ごとに受け取り方が違うので間違えないように注意してください。 スカイチケットを運営している「アドベンチャー」という会社は2006年に設立し10年以上続いている会社。 また、東証マザーズにも株式を上場しており2017年3月の株式は過去最高でした。 なので、安心してスカイチケットを利用することができます。 スカイチケットはなぜ格安?安い理由は? スカイチケットが格安で買える理由は 株主優待割引を利用しているからです。 スカイチケットは 「株主優待券での購入金額」+「スカイチケットへの手数料」のみなので安く購入することが出来るんです! ANAやJALの株主優待は料金が国内航空券が 50%オフなど強い値引きが魅力。 これは使わないともったいないですよね。 ただ全ての航空券を網羅しているわけではないので、全部が全部安いわけではありません。 それでも様々な航空会社の価格をまとめて検索してくれるので使ってみる価値ありです! 格安航空券を購入するならスカイチケットがおすすめ! 格安航空券を買うならがおすすめ。

次の

スカイチケットの評判口コミ|格安航空券の予約確認や使い方を解説

スカイチケット 安い

スカイチケットだと直前でもANAやJALの公式よりも安く手配できることも 先ほど同じ日程でスカイチケットにて航空券を検索してみると前日の片道航空券でも15,300円でANAとJALの航空券が出てきました。 6,300円の節約となります。 これはかなり大きいです。 会社の経費として使いたいのでマイルではなくお金を支払って航空券を手配したい、そもそもマイルを貯めていない、直前に航空券を手配するようなことが多いなんて人は是非、ANAやJAL以外にもスカイチケットで国内航空券を探してみましょう。 スカイチケットがなぜここまで安い価格を直前でも出せるのかは、実際に航空券を手配する手順でわかりました。 スカイチケットは株主優待割引を利用して自前で株主優待を用意して、それを販売しているのでJALやANAの航空券が安く手配できます。 航空会社の株主優待は金券チケットでも売買されており他人でも使うことを認められています。 スカイチケットで株主優待プランの航空券を予約する場合、利用者は株主優待を自前で用意する必要はないので安心してください。 当日は普通に公式ページと同じように搭乗手続きすれば問題なしです。 株主優待はマイル加算率は若干下がりますが、それでも大幅な割引となるでほぼ誤差の範囲内です。 スカイチケットを使うデメリット 安く国内航空券を買えるスカイチケットですが、デメリットもあります。 ここではデメリットを紹介します。 当日航空券の購入はできない 直前であればやはり当日に航空券を買いたいという人もいると思います。 しかし残念ながらスカイチケットでは当日の航空券を購入できないようです。 少なくても前日の航空券手配が必要となるので、当日に航空券を購入する場合は、素直に航空会社の公式ページで購入しましょう。 クレジットカード・コンビニ払いだと事務手数料が掛かる スカイチケットはクレジットカードやコンビニ払いもできるのですが、事務手数料(1,080円)が掛かります。 もし事務手数料を回避したければこの記事の交換でも説明していますが銀行振込をしましょう。 キャンセルする場合、航空会社公式ページより高い 旅行代理店経由での航空券購入となるので仮にキャンセルする場合は航空会社公式ページよりもキャンセル料金が高くなります。 例えばANAの株主優待利用の旅割などではない普通運賃の航空券の場合だと、航空会社払い戻し手数料(430円)、株主優待券仕入代金(5,400円)、弊社取扱料金(1,080円)が掛かるので結構な出費となります。 なのでもしキャンセルする可能性があるのであれば株主優待を使わないプランで予約される方が良いでしょう。 スカイチケットで手配した航空券はマイルも貯めることができる! スカイチケットでANAやJALを手配するとやは貯まらないんじゃない?と思う人もいるかもしれないですが、ちゃんと貯めれます。 航空券手配の段階ではマイレージ登録はできないですが、当日空港のチェックインカウンターで登録して貯めることができます。 スカイチケットは格安航空会社(LCC)も扱っている スカイチケットはANAやJALなど従来の航空会社だけではなく格安航空会社(LCC)も取り扱っています。 検索してみると「この路線ってLCCも飛んでるんだ!」ということもあるのでまとめて検索できるのは便利です。 スカイマーク、ソラシドエアなどほとんどの航空会社が扱われており、しかも値段もお手頃なものが多いです。 実際にスカイチケットで国内線を手配してみた感想・口コミ 実際に今回は私が大阪から東京まで行く用事があったので国内航空券をスカイチケットで手配してみました。 検索結果では上記のような結果となり、伊丹-羽田は沢山の便があるので一部抜粋です。 私がこの中で良いと思ったフライトはJAL114便です。 上記のように個人情報を入力して今回は時間もななかったのでクレジットカード決済を選びます。 国内旅行傷害保険もおすすめされますが不要を選択しました。 今回は上記の内容で申し込みをします。 最終確認をここでします。 これで申込み完了となります。 スカイチケットは国内レンタカーも取り扱い スカイチケットではレンタカーも予約することができます。 自分の場合、「航空券はスカイチケット、レンタカーは楽天トラベル」なんて予約の仕方をすることが多いのですが、これだと現地についてから「あれ?レンタカーはどこで予約したっけ?」なんてこともよくあります。 こうならないためにもできるだけスカイチケットだけで予約できるのは楽ですよね。 会員情報も流用できますし領収書の管理も楽になります。 スカイチケットは海外航空券や海外ホテルもオトクな値段で扱っている スカイチケットは国内航空券だけではなく海外航空券の販売をしています。 例えば上はタイ・バンコクからマレーシア・クアラルンプールまでの片道航空券ですが、スカイチケットでそれなりに安い航空券を買うこともできます。 海外航空券については上記ページに詳しく記載しています。 海外の航空会社だとまた再度、情報を英語で入力して会員登録ということにあるので、それを日本語で日本円で決済できてしまうのはありがたいですね。 また海外ホテルも取り扱っています。 急な海外出張のときなどにもスカイチケットでまとめて管理できるのはありがたいですね。 クーポン・プロモーションコードは存在するのか? スカイチケットの購入券を購入するときに「クーポン入力」という画面がでてきます。 当然クーポンやプロモーションコードがあるのであれば使って少しでも安く手配したいですよね。 ただ残念ながらスカイチケットは過去にはあまりクーポンコードをユーザに配布ということはしてないようです。 今後、クーポンが配布されるとなれば以下の方法でありそうです。 iPhone、Andoidのskyticketアプリでクーポンを配布 スカイチケットはアプリがあります。 もしかしたら今後はこのアプリ限定でクーポン配布なんてことをする可能性もあります。 Twitter、Facebookページでクーポンを配布 スカイチケットは各SNSもやっており、Twitter、Facebookなどを常時更新しています。 なのでこれらのフォローしておけばクーポンが貰える可能性もあります。 エクスペディアはよくクーポンをTwitter限定で配布しています。 skyticketプレミアムで配布 スカイチケットにはという月額500円でお得にホテルやレストランなどが予約できるサービスがあります。 ここでスカイチケットのクーポンも配布される可能性はありますね。 クレジットカード決済も対応。 ただし事務手数料1,080円が掛かる スカイチケットはクレジットカードにも対応しており、VISA、マスターカード、JCB、アメックス、ダイナースに対応しています。 アメックス、ダイナースでも対応しているのは嬉しいですね。 自分も普段はアメックスをメインカードにしているので助かります。 ただクレジットカードでの決済は事務手数料1,080円が発生します。 銀行振込だと事務手数料(1,080円)が無料に! もし事務手数料を支払いたくない!という人は銀行振込がおすすめです。 取扱銀行:三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行 スカイチケットは上記の銀行に対応しており、事務手数料はかかりません。 など振込手数料が無料の銀行を使えばクレジットカードで払うよりもお得です。 領収書も日本語・日本円で貰える 法人や個人事業主で気になるのが領収書をちゃんと発行してくれるか?という点だと思いますが、スカイチケットはネットで簡単に領収書の発行ができます。 しかも日本語も英語も対応です。 領収書は上記のようなPDFファイルとなります。 ポイントサイトのハピタスを経由させるとお得に 手間は掛かりますが、スカイチケットを予約するときにポイントサイトのハピタスを経由させると購入金額の1. (2018年4月現在) ハピタスの登録をしてない人は上記の記事から登録をすれば1,530円分のポイントが貰えます! まとめ 普段、あまり直前に国内航空券を手配することがないので、スカイチケットの存在を今回始めて知りました。 こういった旅行会社は航空会社の公式ページの値段に+3,000円などで手配して割高なイメージでしたが、株主優待券などを活用して航空会社の公式ページよりも安く販売しているとわかり、驚きました。 今後も直前で手配するようなことがあればスカイチケットを利用していこうと思います。

次の

スカイチケットで格安航空券が購入できる理由

スカイチケット 安い

全日空(ANA)• 日本航空(JAL)• スカイマーク skymark• LCC各社(ピーチ航空、バニラエア、ジェットスター、春秋航空日本) などの格安航空券の最安値と時刻表を一括で比較して、予約可能な旅行サイトです。 一発で検索が終わりますし、最安値がすぐ分かるので、とても使いやすい航空券予約サイトです。 国内線航空券の直前予約は基本通常価格ですが、スカイチケットを使うと料金を安く抑えることができるのも特徴ですね。 スカイチケットのデメリット スカイチケットで国内航空券を予約するデメリットを紹介します。 ここらへんは 「」で詳しく解説しています。 キャンセル料が航空会社公式ページより高い スカイチケット経由になるので、公式サイトで航空券を予約するよりもキャンセル料が高くなってしまいます。 航空券の予約は計画的にする方が大半だと思うので、ここらへんは気にしなくて大丈夫かと。 スカイチケットは直前でも安く予約できる【株主優待割引】 スカイチケットを使用してみてわかったのですが、スカイチケットは予約時に株主優待割引を利用することで航空券を安くできています。 スカイチケット側が株主優待券を調達し、それを適用しての価格で販売しているので、予約時に株主優待券を持っている必要はありません。 そのまま予約するだけで、株主優待券を用いた割引となるので手軽ですね。 スカイチケットは予約できる航空会社が豊富 日本航空(JAL) 全日空(ANA)スカイマーク(skymark) ピーチ(APJ) ジェットスター(JJP) バニラエア(VNL)春秋航空日本(SJO) フジドリーム(FDA)エアドゥ(ADO) オリエンタル(ORC)スターフライヤー(SFJ) 天草エアライン(AHX)ソラシドエア(SNJ) アイベックス(IBX) 上記の日本の代表的な航空会社のみならず、LCCまで合計14社もの最安値を検索することが可能です。 わざわざホームページを横断して検索する必要がないので、とてもお手軽ですよ。 スカイチケットで予約した航空券でもANAマイルやJALマイルが貯まる スカイチケットで予約したANAやJALの航空券でも、ANAマイルやJALマイルが貯まります。 マイルのため方は簡単で、当日チェックインのときにカウンターでマイレージ番号の登録をすればOK。 スカイチケットは当日予約も可能 当日予約も可能で、出発日の3時間前までなら予約が可能です。 出発の2時間前までの入金確認が必要になるので、注意してください。 スカイチケットのクーポン・プロモーション情報 スカイチケットで航空券を購入するときに、クーポンを入力する欄があります。 クーポンがあれば是非使って安く予約をしたいところですが、スカイチケットでは過去にもあまりクーポンの発行をしていません。 というのも、予約するときには既に割引の金額で航空券を予約できるので、クーポンもあまりないようです。 最初から最安値が提示されているので、分かりやすくありがたいですね。 とは言えクーポンはあれば使いたいので、今後配布されそうな方法にアンテナを張っておくのも良いかもですね。 スカイチケットアプリでクーポン配布【iPhone Android】 iPhoneやAndroid対応のスカイチケットアプリにて、クーポンを配布する可能性があります。 無料なので、ダウンロードしておいて損はないですよ。 スカイチケットの公式SNSでクーポン配布【Twitter Facebook】 スカイチケットは公式SNSをやっており、TwitterやFacebookなどを更新しています。 これらのアカウントをフォローしておけば、もしクーポンが配布されたときにはもらえる可能性があります。 セール情報などをよくSNSで発信しているので、フォローしておくのがおすすめ。 スカイチケットはskyticketプレミアムというお得な有料会員制度あり スカイチケットには、skyticketプレミアムという月額500円 税抜 の有料会員制度があります。 は、人気のホテル、レストラン、映画館、テーマパーク、レジャー施設を優待価格でお得に利用することができます。 会員料金は初月無料でして、入会月中に退会すれば会員料金がかからないので、登録して安くなるか見極めてから継続するか決めるといいですね。 スカイチケットのその他のサービス スカイチケットは国内線航空券の予約以外には、その他サービスがたくさんあるので、ここでまとめます。 スカイチケットは海外航空券も予約できる スカイチケットは、国内航空券のみならず海外航空券の最安値も検索し予約することができます。 お得なキャンペーンを随時開催しているので、格安で海外航空券が予約可能です。 スカイチケットは国内レンタカーも予約できる スカイチケットでは国内のレンタカーも予約することができますよ。 スカイチケットで国内の航空券とレンタカーを予約できるので、予約の管理が楽でいいですね。 格安で予約できる時があるので、レンタカーも借りる予定のある人は、検索してみてください。 スカイチケットは高速バスも予約できる スカイチケットでは高速バスも予約することができます。 高速バスは、東京・名古屋・大阪をはじめ東北から九州まで、日本各地に広がるバス会社の路線から、格安高速バス価格が検索可能ですよ。 しかも、人気のバス会社や、女性専用・シートタイプ・トイレ付など車両設備の絞り込み検索により、目当てのバスを簡単に比較し予約することができます。 あなたの希望にあった高速バスをお得な値段で探してみましょう。 スカイチケットはホテルも予約できる スカイチケットでは国内・海外のホテルも予約することができます。 国内航空券も海外航空券も、LCCも格安プライスで同時に予約できますし、セットでお得になる場合もあるので要チェックですよ。 もちろんホテル単体予約でも値段が安いことが多いので、とてもお得に予約ができます。 スカイチケットはフェリーも予約できる スカイチケットでは、日本全国のフェリー30社以上の船旅を予約することができます。 日本全国のフェリー会社と提携し、お得な割引プランやスカイチケット限定プランなどの予約ができるので、とてもお得ですよ 会員登録が不要で船旅の詳細を見れるので、興味がある人は見てみてください。 一歩進んだ旅行をしてみてはどうでしょうか。 スカイチケットは国内航空券が格安で予約可能です というわけで本記事は、「スカイチケット skyticket は国内線航空券が安い【株主優待割引】」について書いてきました。 旅行日や出張日の直前で国内航空券を手配するなら、絶対にスカイチケットからの予約が安くておすすめです。 これからも急な旅行や、思い立った旅行などの際に積極的に利用していきます!.

次の