オレ が 私 に なる まで。 『オレが私になるまで(2)』元少年の少女の成長に考えられさせる漫画(ネタバレ含む感想)

[B!] オレが私になるまで 第8話

オレ が 私 に なる まで

ある日、男の子が朝起きたら女の子になってしまいました。 すぐ戻ると思いきや、どうやらその様子はありません。 変化する自分のココロと周囲との認識のズレに戸惑いながら、すこしずつ成長していく物語です。 KADOKAWA - 『オレが私になるまで』より 見所 女の子となった主人公 主人公のアキラは小学二年生のやんちゃな男の子。 注意されても耳を貸さずスカート捲りをしたりと何かと女の子と対立していたアキラですが、突然とある病気に襲われます。 漫画『オレが私になるまで』1巻より 異性となった男子への恐怖、男子だった時に酷いことをしてしまった後悔から、 女子と仲良くできるのかという不安や周囲の態度に対する悩み。 様々なことに悩み苦しみながらも徐々に女の子としての自分を受け入れ成長していく主人公の心の内がとても丁寧に描かれていてグッと引き込まれます。 まとめ・感想 画力はそこまでではないですが、心理描写がとにかくすごい! 主人公の心に寄り添った丁寧な描写に、今までにないくらい感情移入させられました。 そして、女の子になってからできた初めての同性の友達に支えられ、徐々に変化を受け入れていく展開にも心を多いに揺り動かされました。 読めば読むほどTS作品としての完成度の高さに驚かされる名作だと思います。

次の

オレが私になるまでのあらすじが面白い?ニコニコやpixivで人気

オレ が 私 に なる まで

Sponsored Link 『オレが私になるまで』は今までやんちゃで女の子にいたずらして喜んでた小学生アキラが ある日、突発性性転換症候群という原因不明の病気になり女の子になってしまうという漫画。 ニコニコ漫画やピクシブでも話題になっている作品で単行本発売で人気上昇中! そんな作品について紹介したいと思います。 『オレが私になるまで』ってどんな作品? 佐藤はつきによる漫画作品。 作者がPixivで発表していた作品をComicWalkerとニコニコ静画で連載開始。 小学生の藤宮明(ふじみやあきら)が突発性性転換症候群という原因不明の病気で女性になってしまう。 治る見込みはないと言われ、女性として成長していく姿を描いている。 漫画としては女子高生になるまでとされている。 TS(性転換)の漫画も多いですが、突然男子から女子になってからの成長過程がとても繊細に描かれています。 Sponsored Link オレが私になるまでのあらすじが面白い? 絶対にありえない設定で、面白い。 面白いだけでなく、切なくて胸を締め付けられるような部分もあります。 やんちゃな小学生の男の子だった 藤宮明(ふじみやあきら)が突然男の子から女の子になり、治療法もない。 小学校では男子にからかわれ、今までからかっていた女子からも冷たい視線を向けられ、居場所を失うアキラ。 保護者からはこの病気が感染するのではないかと言われ肩身の狭い思いをする母親。 母親と共に、母の実家に引っ越すことになる。 そこの小学校では女の子として転校。 担任の先生や保健の先生たちは事情を知っていて、悩みがあればフォローしてくれる。 アキラ自身は以前の小学校の出来事が頭をよぎり、クラスでも緊張気味。 女子に男の子みたいと言われ、委縮するアキラ。 そんなところに「いじめるなーー」と声をかけてきてくれたクラスメイトの 渡井瑠海(わたいるみ)。 「こんなに可愛い子が男の子なわけないじゃん!」と言い切り、アキラに対して優しく接してくれる。 二人は同じ中学に進学。 思春期ならではの悩みや女子ならではの友達関係に神経をとがらせることになるアキラ。 そんなアキラも徐々に女の子としての自分を受け入れるようになっていく。 心理描写も細かく描かれていて続きが気になる作品。 ニコニコやpixivで人気 ニコニコ静画(マンガ)やpixivでも人気! ニコニコのコメントは悪口になったり、コメントを否定して喧嘩になったりスゴイ。

次の

【オレが私になるまで】女の子になってしまった主人公の心理描写が丁寧に描かれた名作【漫画紹介】

オレ が 私 に なる まで

ある日、男の子が朝起きたら女の子になってしまいました。 すぐ戻ると思いきや、どうやらその様子はありません。 変化する自分のココロと周囲との認識のズレに戸惑いながら、すこしずつ成長していく物語です。 KADOKAWA - 『オレが私になるまで』より 見所 女の子となった主人公 主人公のアキラは小学二年生のやんちゃな男の子。 注意されても耳を貸さずスカート捲りをしたりと何かと女の子と対立していたアキラですが、突然とある病気に襲われます。 漫画『オレが私になるまで』1巻より 異性となった男子への恐怖、男子だった時に酷いことをしてしまった後悔から、 女子と仲良くできるのかという不安や周囲の態度に対する悩み。 様々なことに悩み苦しみながらも徐々に女の子としての自分を受け入れ成長していく主人公の心の内がとても丁寧に描かれていてグッと引き込まれます。 まとめ・感想 画力はそこまでではないですが、心理描写がとにかくすごい! 主人公の心に寄り添った丁寧な描写に、今までにないくらい感情移入させられました。 そして、女の子になってからできた初めての同性の友達に支えられ、徐々に変化を受け入れていく展開にも心を多いに揺り動かされました。 読めば読むほどTS作品としての完成度の高さに驚かされる名作だと思います。

次の