ノート パソコン キーボード が 反応 しない。 ノートパソコンのキーボードを無効化して外付けキーボードを使う方法

キーボードが反応しない場合の対処方法

ノート パソコン キーボード が 反応 しない

キーボードが物理的に死んだかどうかわからないので、再起動を試し、ドライバの不具合も疑ってWindows 10 Fall Creators Update も当てたりしたが復活せず…。 この場合、ドライバをインストールし直すことで解消することがあります。 Windows10の場合、スタートボタンを右クリックし、デバイスマネージャーを開きます。 表示された中に「キーボード」があるので、文字の左にある>をクリックします。 表示されたメッセージのうち下にある「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」をクリックします。 さらに表示されたメッセージのうち下にある「コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します」をクリックします。 「互換性のあるハードウェアを表示」にチェックを外し、下のリストの中から「標準キーボード」を選択します。 一番下の「次へ」ボタンをクリックすると、ドライバーが更新されるはずです。 その後再起動して完了となります。 キーボードが反応しないのは?キーが故障している 時々キーボードの「Sキー」だけが反応しない。 パソコンに電気が帯電しているせいかもと思って放電してみたら反応した。 — ししく shishiku11 一部のキーが反応しないという現象は、帯電が原因というケースもあります。 デスクトップなら一度電源を落としてから、電源コードを抜き、1分程おいてから再度差し込めば放電完了です。 ノートパソコンなら電源を落としてから電源コードを抜き、さらにバッテリーを外して1分程おいてください。 その後元に戻して完了です。 これだけで直ってしまうことがあるので試す価値はあるでしょう。 また、帯電による不具合は他の箇所でも発生することがあるため、おかしいと思ったら放電してみるということをおすすめします。 テンキーだけ反応しない キーボードで文字は入力できるが、テンキーで数字がはいらないという場合は、NumLockがかかってしまっている可能性が高いです。 テンキー付近にあるNmLkキーを押してみましょう。 ライトがついていれば入力できる仕様ですので、つけた状態で数字を入力できるかどうか確認してください。 お茶やコーヒーをこぼしてしまってキーボードが反応しない! キーの入力が一部反応しないとの事でお預かりし、中を確認したところ何らかの液体が侵水した形跡が・・おそらくキーボードにジュースをこぼしてしまったようです。 交換対応となりました。 電源が入っていると水分がショートを起こすため、すぐに電源を落とします。 デスクトップのキーボードなら外し、縦にして水分を落とします。 ノートパソコンでもすべての接続機器を外してから縦にして水分を落としてみてください。 その後、布などで見える部分の水分をふき取り、できるだけ乾かします(ドライヤーなどの熱は高熱となるため逆効果です。 冷風などで乾かしましょう)。 これはお手上げ... どうしても緊急でログインの必要があるといった場合に救世主となります。 Windows10のログイン画面で出す場合、右下に3つのアイコンがありますが、真ん中の時計のようなアイコンをクリックします。 そこに「スクリーンキーボード」があります。 クリックすれば画面上に表示されて使用できます。 すでにログインした状態の場合は、スタートボタンからアプリの一覧の中に「Windows簡単操作」とあり、その中にスクリーンキーボードがあります。 マウスで操作するのは面倒ですが、緊急時には助かります。 外付けキーボードで対処 デスクトップであれば外付けのキーボードと交換すれば問題ありませんが、ノートパソコンの場合でも可能です。 詳しくは下記の記事で紹介していますのでご覧ください。 修理に出す ノートパソコンで外付けが嫌だという場合、最後の最後はやはり修理でしょう。 ノートパソコンのキーボード修理の相場は6千円~2万5千円と幅があります。 軽症で一部のキーだけ交換できた場合と全部を取り替える場合とで変わってきます。 メーカーの修理が高額でも、修理専門店なら安く済むということもあるため、見積もりを取ってみましょう。 場合によっては新品を買った方がお得ということもあるかもしれません。 まとめ デスクトップの場合はキーボードの交換も簡単なので、それほど深刻になる必要も無さそうですが、ノートパソコンの場合は本体と一体化しているため、キーボードが反応しないと困りますね。 ちょっとしたことで直ってしまう場合もあるので、ぜひ今回の記事を参考に冷静な対処を心がけてください。

次の

キーボードの一部のキーが入力できなくなった!すぐにできる解決法とは? :システムエンジニア 古賀竜一 [マイベストプロ佐賀]

ノート パソコン キーボード が 反応 しない

順調に作業を進めていたのに突然パソコンの文字が打てなくなってしまった!こういう時に限って、終わらせないといけない作業があったりするんですよね。 こういうときのほとんどが キーボードにロックが掛かっている状態です。 この状態を「 キーロック」といいます。 NumLockやCapsLock、ScrollLockとは? それぞれの読み方は、 NumLock(ナムロック) CapsLock(キャプスロック) ScrollLock(スクロールロック) となります。 最近のキーボードには押しているボタンのランプが付いていて「どれ押したっけ?」が少なくなりました。 NumLockはテンキーのオンオフを切り替えるボタンです。 テンキーを押したくない時に押しておくといいですね。 CapsLockはアルファベットを大文字で入力する為のボタンです。 Shiftボタンをいちいち押さなくても大文字入力がキープできますよ!オンオフの切り替えはCapsLock+Shiftでできます。 CapsLockだけ押しても切り替えられないので使う時は注意しましょう。 最後にScrollLockはexcel等の表計算ソフトで使うことが多いソフトです。 これを押すと矢印で移動する時、枠ではなく表だけスクロールします。 通常では使うことが少ないのですが表計算ソフトをはじめに押すことで機能を使えるソフトもくあるんですって。 キーボードロック、パソコンが打てないときに解除方法 キーボードが反応しなくなり、普通の作業だけでなく検索やSNSで助けを求めることもできなくなってしまいます。 さて、キーロックにも種類がありまして、 「NumLock」や「CapsLock」というボタンを押して一時的にキーボードの動作を受け付けなくする機能があります。 どちらもキーボードに付けられているボタンでNumLockは数字があるキーの上にCapsLockは左シフトキーの上にあります。 この近くにあるボタンの入力ができないようにロックをかけることができるボタンがNumLockやCapsLockなんですね。 NumLockはテンキーの入力ができないように、CapsLockはシフトキーを押しっぱなしの状態にしてくれる機能があります。 自然と間違ってしまう原因 そのためCapsLockを間違って押してしまうとローマ字入力では大文字がひらがな入力ではカタカナが!とよくある状態になってしまうんです。 この機能を逆に使えば大文字いちいち変えるのめんどくさい、カタカナに変えるのめんどくさい・・・なんて人でも、楽に作業ができます。 通常ではほとんど使わない機能なので解除方法も忘れてしまいがちですが、上手に使いこなすことができるならば初心者も面倒な作業も卒業です。 ちなみにどれも試したけどダメと言う場合は、キーボード自体に問題があることがあります。 ホコリや接続を確認してくださいね。 ここからはキーボードトラブル解決方法についてもう少し詳しく見てみましょう! ノートパソコンのキーボードが打てないときは? デスクトップパソコンであればさきほどのキーの確認や接続の確認、ワイヤレスキーボードの電池と対応方法がいくつもあります。 でもノートパソコンとなると話が変わります。 当然キーボードと画面が一つにまとまってるわけですからパソコン一台の危機に直結します。 まずは冷静になって入力できるキーがあるかどうか確認します。 全部から入力できない場合は、パソコン本体が一部のキーからのみ入力できないのであればキー自体の故障等の原因が考えられます。 メーカーや販売店のサポートセンターへの持ち込みを考えましょう。 パソコン初心者さんが対応できるキーボードが打てない時のトラブルは全部で3つ。 1) まずタスクトレイ(パソコン画面右下)に「あ」と書いてあるかどうか見てみましょう。 間違ってクリックやボタンを押してしまいAなどの日本語以外入力になっていませんか? こんな時は「あ」と表示されるまでクリックして、使う入力を戻せば完了です。 2) 次は、先程も挙げたNumLockやCapsLockを確認してみましょう。 知らないうちに押していることも多いのでこれが一番、原因として考えられます。 思わぬ方法で押していることもあるので、騙されたと思って一度はチェックするのがオススメのチェックですよ! 3) 最後はこれ。 ウイルスに感染している可能性もあります。 思わぬクリックで思わぬウィルスに感染なんてイマドキは珍しくありません。 キーボード入力に以上が出る可能性はそれほど多くないのですがウイルス駆除ソフトを使ってチェックしてみましょう。 これでダメだった場合はハードディスク初期化を検討することになります。 まとめ キーボードロックは厄介ではありますし、誤作動とパニックの原因にもなります。 しかし機能を覚えて上手に使うことで入力や作業が非常に楽になることもあります。 特に便利な機能に変わることもあるので上手に付き合っていきたいですね! 人気記事ランキング!• 5,678件のビュー• 1,057件のビュー• 611件のビュー• 415件のビュー• 340件のビュー 最近の投稿• 最近のコメント• に さ より• に 鎚球人 より アーカイブ• カテゴリー• サイト情報.

次の

ノートパソコンで、文字が勝手に連打されます。キーボード故障以外のケ

ノート パソコン キーボード が 反応 しない

Contents• キーボードに飲み物をこぼした場合 コンピュータは水分に弱い。 もし飲み物をこぼした直後であれば、すぐに電源を切りバッテリーを外して PC を縦にして水分をふき取り、乾かそう。 既にこぼした後で時間が経ってしまいキーボードが動かないのであれば、諦めて修理に出すか外付けキーボードを購入したほうが良さそうだ。 キーボードを放電してみる あるキーが突如使えなくなったり復活したりを繰り返すような場合には、キーボードに帯電して正常に反応しなくなっている可能性がある。 このような場合には一度電源を切り、バッテリーを外して一分程放置してみよう。 帯電している場合にはこのように放電する事で直ることが多い。 キーボードを掃除してみる ゴミやホコリなどが原因でキーボードが反応しなくなる場合もある。 ノートパソコンのキーボードはデスクトップのものと違い取り外しができないため、掃除は困難だ。 ノートパソコンのキーボードを掃除するには電源を落として PC 本体を逆さにして軽くたたいてみよう。 また、その状態でキーを軽く叩くとホコリやゴミなどを取る事ができる。 また、エアダスターなどの道具を利用することでもゴミやホコリを取り除くことができる。 キーボードの NumLock が有効になっていないか確認する キーボードのキー自体は反応するけど表示とは違った文字が入力される場合には Num Lock が有効になっていないか確認してみよう。 特に JKL が 123 と、uio が 567 と入力されてしまう場合には Num Lock が有効になっている可能性が高い。 ノートパソコンのキーボードにはこのような Num Lk もしくは Num Lock と書かれたキーがあることが多い。 また、PC によってはキーボードの上部などに Num Lock と書かれた LED があるかもしれない。 LED が光っている、もしくは表示と違うキーが入力されている場合には Num Lock キーを押してみよう。 マウスキー機能が有効になっていないか確認する Windows には「マウスキー」と呼ばれるテンキーを利用してマウスカーソルを動かす機能が用意されている。 特にノートパソコンでは NumLock と同時に有効になっていると一部のキーが動いてないように見えてしまう。 あまり無いケースだが念のため確認してみよう。 マウスキー機能が有効かどうかは Windows 10 のスタートメニューより「設定」を開き、「簡単操作」から「マウス」を選択しよう。 そうすると「マウスをキーパッドで操作する」という項目がある。 この項目が無効になっているかを確認してみよう。 キーボードが他のアプリで動作するか確認する ある特定のアプリケーションでのみキーボードが動作しないという場合もある。 現在利用中もしくは、起動中のアプリを終了させて正常に動作するかを確認してみよう。 キーボードのドライバーを更新する キーボードなどのハードウェアを PC から利用するには「ドライバ」と呼ばれるソフトウェアが必要となる。 このドライバが正常に読み込めてないとキーボードを利用する事ができない。 キーボードが正常に読み込めているかを確認するには Windows マークを右クリックして「デバイスマネージャー」を起動しよう。 このようにアイコンに警告マークが出ていた場合、キーボードが正常に読み込まれていない。 この場合はデバイスマネージャーの一覧にあるキーボードを右クリックして「ドライバーの更新」を選択してみよう。 また、Windows にインストールした何等かのアプリケーションによりドライバの読み込みが失敗している可能性もある。 その場合にはセーフモードでの起動や再起動なども試してみよう。 再起動する Windows で発生した不具合は再起動するだけで直る事もある。 よくわからなかったらとりあえず再起動してみるのは悪くない。 セーフモードで起動する 再起動するだけで直らなければセーフモードで起動してみよう。 セーフモードの起動方法はパソコンのメーカーや機種によって異なるのでここでは解説しないが、 もしセーフモードで起動してキーボードが正常に動くのであれば、インストールしたソフトウェア等が原因である可能性が高い。 その場合は直近でインストールしたソフト等をアンインストールしてみよう。 それでも動かない場合には これらの事を行ってもキーボードが動かない場合にはキーボード本体が故障している可能性が高い。 この状態でも PC でも動かすにはスクリーンキーボードを利用しよう。 スクリーンキーボードについては以下の記事を参照してほしい。 また、キーボードが故障している場合には修理に出す・もしくは外付けキーボードを購入する事で解決できる。 ノートパソコンのキーボードを修理する場合、おおよそ1万円程度かかる。 外付けキーボードであれば安いものなら1000円前後で購入できる。

次の