ご 芳名。 芳名録・芳名帳について

展覧会を観に行った際の記名帳について、ご教示ください。また、展覧会...

ご 芳名

ご芳名 読み: ごほうめい 意味:相手の名前。 「ご芳名」は、 「相手の名前」を意味する敬語表現であり、招待状やゲストカードなどでよく使用されます。 「ご芳名」のそばに自分の名前を記入しますが、返信の際には「ご芳」の部分を消して送るのが一般的なマナーです。 1-1.「ご芳名」の読み方は「ごほうめい」 「ご芳名」は 「ごほうめい」と読み、「ご+芳名」で成り立っています。 「ご」と「芳名」はどちらも敬語表現のため、「二重敬語」と思われがちですが、一般的に使用される使い方ですので間違いではありません。 また、「芳名」には古語として「名声・よい評判」の意味がありますが、現代では「相手の名前」で使用されることが多いです。• 1-2.「ご芳」を消す理由:自分に使うのは間違い 「ご芳名」は、相手に敬意を表す際に使う言葉であり、 自分に対して使うのは間違いです。 そのため、招待状・ゲストカードなどに記名し、 そのまま返信する際には必ず「ご芳」の部分を消す必要があります。 ただし、式場の受付の際に記名するご芳名帳に対しては、名前・住所・メッセージを書くだけで。 2.「ご芳名」の消し方・返信マナー 「ご芳名」は冠婚葬祭・ビジネスシーンともに使われる言葉のため、 間違うと取り返しのつかないことになります。 「ご芳名」の他にも消さなければならない誤用表現がありますので、この機会に消し方・返信マナーを覚えましょう。 「ご芳名」の消し方・返信マナーを、の3つに分けて説明していきます。 2-1.自分に対する「ご芳」を消す 招待状・ゲストカードに記載された「ご芳名」は、返信の際に 「ご芳」の部分を消す必要があります。 消し方は、曲がらないようように定規・物差しなどを用いて、「 ご芳」の上に縦書きなら縦に、横書きなら横に二重線を引くのがマナーです。 黒く塗りつぶしたり、修正ペンやテープをつかったり、斜線を引くのは間違いですので、注意してください。 2-2.住所・宛名の「ご」「様」「貴」を消す 招待状・ゲストカードに記載された住所・宛名は、返信の際に 「ご」「」 「貴」 の部分を消す必要があります。 「ご芳名」と同様に、「ご住所」「(自分の名前)様」「貴(自分の名前)」の部分をそのまま返信するのはマナー違反ですので、しっかり 二重線で消しましょう。 また、送り返す際の相手の敬称は「宛」「行」ではなく、以下のように書き直してください。 2-3.出席・欠席の「ご」を消す 招待状・ゲストカードに記載された出席・欠席の欄は、 返信の際に「ご」の部分を消す必要があります。 「ご芳名」と同様に、「ご出席・ご欠席」と表記されている部分は、 二重線でしっかり消しましょう。 出席・欠席の欄は、主に丸で囲む・チェック欄にチェックするの2通りあり、どちらも見落としがちなポイントですので気を付けてください。 3.「ご芳名」のシーン別の使い方・書き方 「ご芳名」は消すのが常識ですが、 招待状・ゲストカードを受け取った際のマナーは他にもあります。 シーン別にポイントを紹介しますので、ぜひこの機会に確認しましょう。 「ご芳名」の使い方・書き方について、以下の3つに分けて説明していきます。 「ご芳名」の「ご芳」を消すこと。 「行・宛」を「様」と書き直すこと。 お祝いのメッセージを添えること。 また、上級者のテクニックとして、 「寿消し(ことぶきけし)」と呼ばれる書き方があります。 「寿消し」の場合は「行・宛」を二重線で修正する代わりに、上に「寿」を書いて修正することで、相手によりおめでたい気持ちを伝えることができるのです。 3-3.「葬儀」で使用する場合 「葬儀」では、 受付が参列者の確認のために、ご芳名帳・ご芳名カードを準備しています。 そのため、名前を記帳する際に「ご芳名」の「ご芳」を消すのが一般的なマナーです。 ただし、ご芳名の欄が個別に準備されておらず、列で準備されている場合は消さなくてもよいとされています。 4.「ご芳名」の関連語と例文 「ご芳名」は、 フォーマルな場所でしか使われないため、なかなか覚えるのが難しいですよね。 そんな時は、関連語と一緒に覚えておくことで、意味や使い方を思い出しやすくなりますよ。 「ご芳名」の関連語は、以下の3つです。 「メール」の場合、「ご芳名」を「氏名」「名前」に書き換える。 「アンケート」の場合、「ご」や「ご芳」を消す。 電子メール・アンケートにおいても、 「ご芳」を消すのがマナーです。 電子メール・アンケートでも二重線を引くことは可能ですが、あえて使用することはなく、「氏名」「名前」に書き換えることが多いです。 二重線は、あくまで紙媒体の際に使用するマナーですので、電子媒体で使用するのは控えましょう。 まとめ 「ご芳名」は、 「相手の名前」を意味する敬語表現です。 そのため、自分自身に使うのは誤りであり、招待状の返信の際には「ご芳」を「消す」のが社会人の常識とされています。 ビジネスシーンから冠婚葬祭まで、あらゆる場面で「ご芳名」は使用されるので、しっかりマナーを身につけましょう。•

次の

ご芳名の意味とは?ご芳名とは何か、解説いたします|終活ねっと

ご 芳名

「ご芳名」と「ご署名」には違いがあるので、言い間違いをしないように気を付けることが大切です。 「署名」の読みは「しょめい」で英語表記は、「sign(サイン)」です。 署名は、自己の氏名を自署することや、また自署したものになります。 自署とは、自分で自分の氏名を書き記すことです。 氏名は姓名とも言われます。 「姓」は上の名の苗字のことです。 「名」は下の名の名前のことです。 署名をする機会は多いですね、例えばクレジットカードの利用時などです。 署名と記名との違いを知っていることは大切です。 記名は、署名以外の方法で書類等に氏名・名称を記すことになります。 記名が必要とされているのみの場合は自署を必要としません。 記名は自署の必要はありませんが、署名は自署の必要があります。 次に、ご芳名とご署名の違い・法律上の署名行為・署名と印章などの紹介をします。 芳名 ご芳名とご署名の違いが分かるために、「芳名」の概要を紹介します。 「芳名」の読みは「ほうめい」です。 「芳名」は、相手の名前のことを指す言葉になります。 「芳名」には名声という意味もあります。 「芳名」に、ていねいさや敬意を表す接頭辞の「ご」を付けた言葉が「ご芳名」になります。 結婚式やお葬式の受付で名前と住所を書くときに「芳名」の言葉を目にします。 「芳名帳」や名前を記入する欄に、「ご芳名」と記載されている招待状などを見たことがある人も多いのではないでしょうか。 「芳」という文字は、他人に関するものや事への敬称として使われています。 「ご芳名はかねてより伺っております」などの場合、相手に対する敬意を含んだ言葉の「ご芳名」を「ご尊名」と言い換えることもできます。 言葉自体に相手を敬う意味合いが含まれている「芳名」に、重ねて「ご」を付けると二重敬語になってしまいます。 「ご芳名」は、二重敬語に当たる言葉になるので、正確には誤った言い回しになりますが、すでに広く一般化している言葉として通用しています。 正確には「芳名」が正しいですが、現代ではかえって不躾(ぶしつけ)に受け取られてしまうので注意が必要ですね。 招待状で自分自身の名前を書くところに記されている「ご芳名」は、相手が受取人の名前に対して使っているものです。 招待状を返送するとき「ご芳名」をそのままにしておくと、自分自身に対して敬語を使うことになってしまうので注意してください。 法律上の署名行為 ご芳名は相手に対する敬意を含んだ言葉で、ご署名は自己の氏名を自署することの違いがあります。 署名は通例、意思表示があったことを示すものとされています。 日本の法律上は、署名とは自署を指しますが、自署に代えて記名押印が求められることが多くあります。 商法32条では、商法上の署名は記名押印で代えることができることを規定しています。 記名押印とは、氏名・名称を記してから併せて印章を捺印することです。 記名は、手書きに限らずゴム印や印刷等でも構いません。 署名と捺印の両方が必要とされる場合には、署名を記名押印で代えることができない場合です。 署名と印章 ご芳名とご署名には違いがあるので注意してください。 署名と印章は、自己同一性を証明するものとして古来広く使用されてきています。 日本では、律令制度の確立以降は印章が重視されていましたが、時代の経過とともに簡便な署名が通用するようになりました。 中世以降は花押が全盛になります。 明治時代以降は、印章が非常に重視されるようになりました。 刑法においては、「印章又は署名」・「印章若しくは署名」等のように同列に扱われています。 日本の法律では、署名や印章の偽造等は犯罪になります。

次の

芳名録・芳名帳について

ご 芳名

A ベストアンサー #1です。 あえて使い分けをしようとするならば、 ・「氏名」の方は、申し込む側がそれを必要としている場合に、申し込まれる側がその手段を提供する際に使用する。 ・「名前(またはお名前)」の方は、申し込まれる側が多くの申し込みが集まることを希望している際に使用する。 と言えるかもしれません。 例えば官公庁などのページで、申請手続関係のフォームであれば「氏名」、意見要望募集のためのフォームであれば「お名前」というふうになると思います。 ホームページの場合、多くの人に見てもらい利用してもらうという立場なので「名前」を使うということなのではないでしょうか。 あとはイメージ的に「氏名」は堅く「名前」は柔らかい感じがしますので、ページの性格によって使い分けなければならない場合もあるかもしれません。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。 A ベストアンサー No. 4再補足します。 各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。 各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。 または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。 フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の 使い方といえるでしょう。 以上がコメントです。 結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、 関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。 個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか 「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは 「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。 個人的こだわりです。 A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」...

次の