仁王2 攻撃反映 武。 【仁王2】大太刀装備 驚異の攻撃力2500⤴︎剛武99火力ブッパマン近接最大火力が、、!「30秒で読めます」

仁王攻略 最強武家は「藤堂」!!HP+2500!!攻撃力+10%!!おすすめ家紋の加護、体力への反映(剛)、大鎧で近接攻撃ダメージ、勢力戦

仁王2 攻撃反映 武

もくじ• 09現在、最注目の武家だ。 ステータス「剛」にある程度ふるだけで、HPがあほみたいに上がる。 しかもどんどん成長していく。 楯無などの大鎧を装備中に、お手軽に近接攻撃ダメージまでアップするので、使わない手はないだろう。 これがどれだけ大きいかは言うまでもない。 ちなみに、個人順位はかなり低かったので、仕合やまれびとで協力プレイなど、マルチプレイをして武功を稼いで、藤堂家に貢献すれば、さらに早く成長させる事ができる。 (まだあるかも) 「大鎧」系統の防具はどれ? 武家「藤堂」の効果"大鎧系統の防具を装備中に近接攻撃ダメージ"の 大鎧に、東国や西国無双、過ぎたるものの鎧が入るのか調べてみた。 楯無、過ぎたるものの鎧、東国無双、勇武無双は近接攻撃のダメージが上がっていた。 「大鎧」系統の防具という事が分かった。 その他のおすすめ武家(アップデート1. 今日はあと1本記事上げる予定です。

次の

『仁王2』みんなどの武器の組み合わせでやるの?参考にしたいから教えて!

仁王2 攻撃反映 武

複数の武器を使うよりも1つの武器に特化させた方が結果として早く強くなるのでおすすめです。 守護霊の加護は気にしない 守護霊を憑けるとステータスに応じてボーナスが発生しますが、ボーナスを発動させるために無理やりステータスを上げる必要はありません。 六道輪廻の書でステータスの振り直しができる ステータスの振り直しには「六道輪廻の書」が必要です。 「六道輪廻の書」はステージのクリア報酬やなどで入手できます。 武器スキルポイントや陰陽術ポイントの増やし方 武器ごとの武技を覚えたり陰陽術や忍術を覚えるのに必要な スキルポイントは、その武器や術を使用し続けることで入手できます。 スキルポイントの振り直しは、修練場でいつでも行うことができます。 基本性能が高かったり特殊能力がついている防具ほど必要ステータスが高いので、防具に合わせて少しずつ成長させておきましょう。 武器種に関わらず「体」と「心」を10まで上げる 「体」はHPに大きく影響し、「心」は気力に大きく影響します。 どちらのステータスも レベル5から10までの上昇値がとんでもなく大きいので、どんな武器を装備するにしても優先的に10まで上げましょう。 準備ができたら武器に合わせて上げる 「防具に必要なステータスの確保」「体と心を10まで上げる」の2つが完了したら、今度は武器種に合わせてステータスを上げていきましょう。 使用する武器の「攻撃力への反映」がもっとも大きいステータスに特化させれば効率よく火力を上げることができます。 反映はAが最も大きくB,C,Dとなるにつれて小さくなっていく。 ステータス効率で考えたら、忍術を使いたいなら「鎖鎌」一択、陰陽術を使いたいなら「大鎌」一択です。 防具のステータスのチェックも忘れずに 防具の必要ステータスは、防具の種類によって変わるので、防具のステータスも常にチェックしておきましょう。 防具の必要ステータスの確保が最優先なのは序盤の育成方法と変わりません。 武器種に関わらず勇や剛も上げていく 気力回復速度にかかわる「勇」や、装備重量にかかわる「剛」もある程度上げておくのがおすすめです。 「勇」は上昇効率が良い10まで、「剛」は敏捷B以上を確保できるように上げましょう。 終盤おすすめのステ振り論.

次の

【仁王2】おすすめの武器【最強武器ランキング】

仁王2 攻撃反映 武

<近接武器 影響する能力値 > 刀 心 攻守のバランスに優れた武器。 初心者向きで、カウンター武技も豊富。 二刀 技 短刀のためリーチが短いが手数が多く、ガード能力にも優れる。 槍 体 リーチが長い武器。 突きの遠距離攻撃と払いの広範囲攻撃が強力。 斧 剛 鈍重だが一撃に優れた武器。 ガードされても敵の気力を削りやすい。 鎖鎌 忍 鎖分銅でのリーチの攻撃と、鎌での近距離攻撃を使い分けられる。 大太刀 武 巨大な太刀の長いリーチと攻撃力の高さが特徴。 敵の気力を削りやすい。 旋棍 勇 リーチが短いが威力や手数に優れた武器。 ただし攻撃範囲は狭め。 手斧 影響する能力値:技 手斧二振りを両手に持って戦う武器。 一撃の威力こそ低めだが、手数と機動力に優れており初心者にも扱いやすい。 構えによる立ち回りの変化も比較的シンプルだ。 気付かれていない敵へのけん制などに活用したい。 薙刀鎌 影響する能力値:呪 薙刀と鎌の特徴を合わせ持った、リーチと攻撃範囲に優れる武器。 大鎌を振り上げて戦う上段、薙刀で広範囲を斬り払う中段、大鎌を折りたたんで素早い近距離戦を仕掛ける下段と、構えで大きく戦い方が異なるのが特徴だ。 中段の薙刀による攻撃はリーチや攻撃範囲に優れており扱いやすい。 集団に囲まれたときや素早い敵を相手にするときに役立つ。

次の