コレクター ブースター。 マジック:ザ・ギャザリング 基本セット2021 コレクター・ブースター 日本語版 12パック入りBOX

『ラヴニカの献身』にて、コモンを封入しない「コレクター・ブースターパック」をテスト販売

コレクター ブースター

『コレクター・ブースター』問題 『テーロス還魂記』が発売し、多くの方がパックを剥いていると思います。 当サイトでも色々と開封記事をアップしていますが、記事ネタのために『テーロス還魂記:コレクター・ブースターパック』を剥いていたところ、いくつか気になるポイントがあったので開封記事をアップする前に、先にこちらの記事を書くことにしました。 Twitterなどでも話題に挙がっていますが、要は コレクター・ブースターの仕様の違いや封入カードの状態の悪さ(初期傷など)についてです。 「コレクター・ブースター」とは、通常の一般パックとは異なり、よりコレクター向けに特化した高級版パックです。 Foilカードが多く封入されていたり、ここでしか入手できないデザインのカードが入っていたりと、特別なカードを集める楽しみにスポットを当てています。 商品名からもわかるように、「競技としてのマジック」を重視するプレイヤーではなく、Foiler(フォイラー)などのコレクターがターゲットの商品です。 しかしながら、『エルドレインの王権』のときにも記事にしていたように、 コレクター向けの商品でありながらコレクターの頭を悩ませる問題もあります。 今回はその辺りを掘り下げていきます。 以下の過去記事を合わせて読んでいただければ幸いです。 「MADE IN JAPAN」と「MADE IN USA」 まずは結論から言ってしまうと、今回の『テーロス還魂記』のパックから調べたところ、 通常の日本語版ブースターパックはMADE IN JAPAN、 コレクター・ブースター日本語版はMADE IN USAでした。 これにより、『エルドレインの王権』で発生していた「同じ日本語版のカードでも、2種類の仕様の異なるカードが存在してしまう」という問題が生じてしまっています。 左:通常の日本語版Foil 右:コレクター・ブースターの日本語版Foil まずは上記の写真を見比べてみてください。 向かって左が通常の日本語版Foil、右がコレクター・ブースターの日本語版Foilです。 写真では全く伝わらないものもあるのですが、大きく分けて4つの違いがあります。 どちらも向かって右側がコレクター・ブースター日本語版のFoilです。 『エルドレインの王権』時と同じ問題で、(インクの違いによるものなのか?) コレクター・ブースターのFoilはブラックライトを当てた際に枠部分が緑がかった色に光ります。 同じ「日本語版Foil」としてくくられてしまいますが、これだけの違いがあると「別物」と捉えざるを得ないコレクターの方も多いのではないでしょうか。 光沢や手触りなど写真ではお伝え出来ない要素が多いですが、触ってみると一発でわかるレベルです。 ある程度触っている方であれば、Foilの束を渡されても仕分けできると思います。 デッキで使う4枚のFoilの仕様をしっかり揃えておきたいプレイヤーの方は注意が必要です。 この点に関しては店頭での購入が一番安心ですね。 通常の日本語版ブースターパックと比較して上記のようにギチギチ状態で封入されているのも気になりますが、 カード枠の「白欠け」が非常に多いのは残念でした。 私が購入した2箱分では特に上面と底面の2面がひどく、指で触って段差がわかるレベルまでダメージを受けているものも。 あとは Foil表面に見られる擦り傷のようなラインです。 中にはコモン・アンコモン枠が全滅してしまっているパックも。 幸いにも私の箱ではレア以上のFoilでは見られませんでしたが、せっかく当てた高額レアカードがズタズタだったら…と考えるとぞっとします。 エンチャントに触ることができ、しかもインスタントタイミングで撃てるという黒単フリーク垂涎モノのニューカマー。 狙っていたコモンFoilだっただけにがっかりでした。 重ねてみるとどのカードは同じぐらいの高さにラインが入っているので、印刷機のローラーとかが関係してるんですかね。 単純に傷が入って汚くなったというだけなので、エラーカードと呼べるわけでもなく。 印刷した国によってカードの仕様が異なるというのも困りますが、通常パックからのFoilとコレクター・ブースターからのFoil、収集対象が倍になったと考えれば(個人的には)まだ許せます。 ただし、曲がりなりにもコレクター向けの商品なので、 封入されているカードの初期傷が多いというのは致命的な問題です。 メインとするターゲット層が最も気にするポイントですし、次の『イコリア:巨獣の棲処』でもコレクター・ブースター商法を続けるのであれば、ここは早急に改善していただきたいところです。

次の

【予約販売】MTG 基本セット2021 コレクター・ブースターパック

コレクター ブースター

2パック目開封結果 伝説たちの秘本 ¥1,400 ロークスワイン城(拡張) ¥1,500 野生語りの帰還(通常Foil) ¥200 合計金額:¥3,100 あれ?ハズレパックじゃんとおもいましたが、パック代は超えています。 「伝説たちの秘本」がブロール版限定カードなので地味に高いです。 3パック目開封結果 黒槍の模範(拡張) ¥1,200 メア湖の海蛇(通常Foil) ¥200 合計金額:¥1,400 ノーコメントで・・・ 4パック目開封結果 恋煩いの野獣(ショーケース枠) ¥400 大食いトロール ¥800 メア湖の海蛇(拡張) ¥800 評判高い挑戦者(通常Foil) ¥400 合計金額:¥2,400 完全にハズレパックですが、パック代ととんとんくらいです。 「恋煩いの野獣」のショーケース枠は嬉しいですね!綺麗。 これはもっと値段が上がっても良いと思っています。 7パック目開封結果 恋煩いの野獣(ショーケース枠) ¥400 厚かましい借り手(ショーケース枠) ¥5,000 秘儀の印鑑 ¥5,000 荒くれたちの笑い声(拡張) ¥1,000 砕骨の巨人(ショーケースFoil) ¥2,000 合計金額:¥13,400 爆アドパック!! 「荒くれたちの笑い声」が、また出てるけど・・・ 「秘儀の印鑑」はコモンなのにめちゃくちゃ高いです! ブロール版で日本語は、これにしか出ないカードなのでプレミアが付いています。 8パック目開封結果 氷の女王(ショーケースFoil) ¥500 動かすフェアリー(ショーケースFoil) ¥300 作業場の古老 ¥700 めでたしめでたし(拡張) ¥800 ロークスワインの元首、アヤーラ(拡張Foil) ¥4,500 合計金額:¥6,800 「氷の女王」や「動かすフェアリー」のショーケースFoilは、イラストアドが高いので値段が高いですね。 普通に強いカードなので、さらに今後上がるかもしれません。 強いカードなのは間違いないので、他のバージョンも値上がりして(希望) 9パック目開封結果 アッシュベイルの英雄、グウィン卿 ¥3,500 アーデンベイル城(拡張) ¥1,700 熱烈な勇者(拡張Foil) ¥4,000 合計金額:¥9,200 ブロール版日本語レアカード強い!高額ですね!! 何気に「熱烈な勇者」が、熱烈な値段だったので嬉しいです。 10パック目開封結果 勇敢な者の鎚鉾 ¥2,500 僻境への脱出(拡張) ¥1,000 屋敷の踊り(拡張Foil) ¥4,500 合計金額:¥8,000 拡張アートFoilになると結構高くなりますね。 値段だけ見るとアドが凄い! 11パック目開封結果 僻境生まれの保護者(拡張) ¥1,400 ギャレンブルク城(通常Foil) ¥800 合計金額:¥2,200 1パック代!! 12パック目開封結果(ラスト) 騎士の突撃 ¥3,500 アイレンクラッグの妙技(拡張) ¥1,000 立派な騎士(通常Foil) ¥400 合計金額:¥4,900 ラストパック!!これはこれでブロール版に助けられましたね。 騎士の突撃!ライオン可愛い。 出なくてもこの価格になるなんて。 願いのフェイ(ショーケース枠) ¥600 願いのフェイ(ショーケース枠Foil) ¥2,000 恋煩いの野獣(ショーケース枠) ¥400 砕骨の巨人(ショーケース枠) ¥800 残忍な騎士(ショーケース枠) ¥1,700 伝承の語り部、チュレイン ¥4,000 煌めくドラゴン ¥4,000 秘儀の印鑑 ¥5,000 トリックスター、オーコ ¥500 ロークスワインの元首、アヤーラ(拡張Foil ¥4,500 探索する獣(拡張) ¥7,000 厚かましい借り手(ショーケース枠Foil) ¥24,000 合計金額:¥54,500• エルドレインの王権:コレクター・ブースターパックのBOX開封してみた(まとめ) 本記事では、「エルドレインの王権」コレクター・ブースターパックのBOX開封結果を書かせて頂きました。 2BOX開けた感触としては、「あれ?これダメなBOXなんじゃね?」と思っても後から価格を調べたら「え?結構値段するじゃん」みたいな感じでした。 結果だけ見ると、剥き得!だと思います。 「厚かましい借り手」のショーケース枠Foilのように1枚でもドカンと当たりカードが出ると、確実にBOX購入金額は取り返せるBOXなのかなと感じました。 実際、高額なBOXなので慎重に考えて購入をおすすめしたいです。 当たる確率は高いですが、もちろんホントに塩BOXも存在するので気を付けて下さい。 そして、最後に一つだけ!! 「PWカードが出てない!!!(オコ)」.

次の

『ダブルマスターズ』:コレクター・ブースターに代わる『VIP版』の仕様が公開に。33+2枚入り。

コレクター ブースター

この項目には発売予定の新製品、提供開始前の新サービスなどに関する記述があります。 M:TG Wikiは ニュース速報でも宣伝サイトでもありません。 性急な編集をせずに正確な記述を心がけてください。 また、特に重要と思われることについては への投稿も検討してください。 7月3日発売予定。 [] 概要 復活してから3弾目、通算20番目の基本セット。 、に注目したセットとなっており、彼に関係した多くのキャラクターが新たな・として登場している。 またおよび限定のではあるが、でテフェリーの時空間を操る魔法を表していたが20年以上ぶりにに再登場した。 テフェリー以外のもテーマとなっており、各のプレインズウォーカーに対応して背景設定や機能が関連しているプレインズウォーカーのテーマ呪文がからまでの垂直として存在する。 それらは・カードにもなっており、今セットではメインセットのプレインズウォーカー・カードは通常版、枠無しプレインズウォーカー版、ショーケース版の3種類のバリエーションが存在する。 テフェリーのみ彼の時を操る魔法を表現するために魔法の波紋状の模様が異なる4種類のが存在し、ショーケース版もそれに対応しているため計9種類のバリエーションが存在する。 新たな用語として、のが制定された。 これまで「からカードをN枚に置く」と書かれてきたは、「カードをN枚切削する」という書式に改められる。 で初登場した同じを揃えることでされるの、の新規カードが登場。 も再登場し、同時にメカニズムに引き上げられた。 それ以外の落葉樹メカニズムとして、や、が登場している。 として、今までとして表現されてきたがに改められた。 それに伴い基本セット2020は犬とに着目したセットになっている。 シーズン中に加盟店舗で犬派か猫派の投票することができ、で選んだ側のイラストのが獲得できるコードが配布される企画が行われる (なぜか犬側は3種類中2種類がであるとで、実際に犬・カードなのはのみ)。 ののには、基本土地かのいずれかが封入される()。 特殊セットの とは同時に開発され多くのカードを共有している。 発売も同日になる予定だったがによる影響でJumpstartの発売は7月17日に延期された。 初心者導入用として、に代わってが新規プレイヤーに無料で配布される。 内容は固定で、基本セット2021以外のカードも入っている。 同様に入門者向け製品としてが同日発売される。 構築済デッキ2つと、同じ内容がMtG:Arenaで入手できるコードが友人と共有できるよう2つ入った製品。 [] 番外カード や別イラスト、特殊なのカードはが275番以降の番外カードとなっている。 275~277 魔法の波紋状の模様が違う時の支配者、テフェリー。 278 加盟店舗でブースターボックスを早期購入したプレイヤーに配布されるプレミアム版。 非プレミアム版はコレクターブースターから入手できる。 プレミアム版はBOX購入特典としてのみ入手できる。 279~284 カードの縁まで通常版とは異なるが描かれたプレインズウォーカー・カード。 コレクターブースターに封入されるが、通常のブースターパックからも非プレミアム版、プレミアム版共に一定の確率で入手できる。 285~313 セット毎に固有のデザインとなる特別なカード枠。 基本セット2021では6人のプレインズウォーカー 時の支配者、テフェリーは通常版と同じく4種類のイラストが存在する と、プレインズウォーカーと関連したカードの垂直及びに存在する。 のデザインはシリーズと同じく各プレインズウォーカー毎にそのプレインズウォーカーの装束やキーアイテムをあしらったデザインとなっている。 イラストは通常版と同じ。 コレクターブースターに封入されるが、通常のブースターパックからも非プレミアム版、プレミアム版共に一定の確率で入手できる。 314~319 基本セット2021では、プレインズウォーカー・カード以外にも通常版とは異なるイラストが縁まで描かれた拡張アート仕様カードが存在する。 、、、、、の6枚が選ばれており、耕作は通常版と違いのがレアの金色になっている。 コレクターブースターに封入されるが、通常のブースターパックからも非プレミアム版、プレミアム版共に一定の確率で入手できる。 340~391 イラストが両端の枠まで拡大されたカード。 枠無し拡張アートでもショーケースでもないすべての・に存在する。 非プレミアム版、プレミアム版ともにコレクター・ブースターでしか入手できない。 バンドルプロモ 392 通常版とは異なるのプレミアム版。 からのみ入手でき、非プレミアム版は存在しない。 WPNプロモ 393~397 イラストは通常版と同じだが枠がダークフレームのカード。 基本セット2021シーズンのからのみ入手できる。 プレミアム版はプレミアムプロモパックからのみ入手できる。 [] 事前情報 に引き続き、のBlog「」で収録の事前情報が公開された。 新録カード• カード• による戦のイベントが行われる。 2019新型コロナウイルスによる経済的影響から店舗を支援するため、通常のプレリリース・イベントと異なり開催回数の制限が無く開催期間が一週間に延長されている。 2020年7月3日~5日に行われる。 シールド戦のイベントが行われる。 [] 製品ラインナップ 15枚+入りの基本製品。 加盟店舗で36パック入りのブースターボックスを早期購入すると、が配布される。 主にやプレミアム・カードが封入された向けのブースターパック。 プレミアム版のいずれかののか枠無し拡張アート1枚• プレミアム版のかのショーケース、アンコモンの枠無し拡張アートの中から1枚• かのショーケース、レアか神話レアの枠無し拡張アートの中から1枚• コモンかアンコモンのショーケース、アンコモンの枠無し拡張アートの中からいずれか2枚• プレミアム版のレアか神話レアの通常のカード、レアか神話レアの拡張アートの中から2枚• レアか神話レアの拡張アート1枚• ショーケース版1枚• プレミアム版アンコモン1枚• プレミアム版コモンか基本土地 非ショーケース• プレミアム版 以下の内容が封入された大型商品• プレミアム版基本土地20枚• 基本土地20枚• 通常版とは異なるのプレミアム版。 大型スピンダウン• 早見表カード2枚• ストレージボックスとして使用できる外箱 [] 構築済みデッキ1つとブースターパック1つ、MtG:Arenaで同じ内容が入手できるコードが入った入門者用製品。 [] パッケージ・イラスト いずれもカードには使用されていない販促用アート ブースターパック• コレクターブースター• [] 主な開発スタッフ• リーダー• リーダー その他のスタッフについてはクレジット を参照。 [] 公式特集ページ [] 製品情報• マジック日本公式サイト• マジック米国公式サイト日本語版• マジック米国公式サイト日本語版• マジック米国公式サイト日本語版• 2020年6月5日• 2020年6月5日• 2020年6月16日• 2020年6月23日 [] 開発コラム - によるコラム。 2020年6月8日• 2020年6月15日• 2020年6月22日 その他。 2020年6月5日• 2020年6月9日• 2020年6月10日• 2020年6月11日 [] 背景設定• 2020年6月8日• 2020年6月12日• 2020年6月16日 [] 広報• 2020年6月2日 - プレビュースケジュール• マジック日本公式サイト 2020年6月10日• 2020年6月9日• 2020年6月22日 [] 動画 マジック:ザ・ギャザリングYoutube公式チャンネル• - プレビュー開始を記念したバラエティ番組 [] 脚注• 2020年6月9日• 2020年6月1日• 2020年5月18日• [] 参考• Wisdom Guild• - - -• - - - 基本セット2021• 基本セット2021.

次の