進化 エルフ。 【シャドバ】コントロールエルフデッキのカードを1枚ずつ徹底解説!

【シャドウバース】エルフの構築悩んでない?⇨進化軸にしてみたら強い!

進化 エルフ

名称 [ ] 英語では、エルフ(elf)の複数形は、 elfs, あるいは elvesである。 エルフとの関係やエルフの性質をあらわす形容詞に、 elven, elvish, elfin, elfishがある。 現代ファンタジーにおける慣例では、綴りに「v」を含む形容詞 elven, elvishは、人間型のエルフに使われる。 これは時代の北欧神話のエルフ像と一致する。 綴りに「f」を含む形容詞 elfin, elfishは、小柄なエルフに使われる。 これは伝承上のエルフや、期、期のエルフ像と一致する。 欧州各国では以下のように呼ばれる、• ドイツ: Elfen, Elben• イギリス: addler(ただし廃語)• オランダ: Elfen, Alfen, Elven• デンマーク: alfer, elvere, elverfolk、ellefolk、huldrer• ノルウェー: alver, alfer, elvefolk• albhはまた、ラテン語で「白い」を意味する albusや、ポルトガル語や英語のの語源でもある。 伝統的なエルフの特徴 [ ] 北欧神話におけるエルフ [ ] エルフに関する最も古い記述はにある。 最初期のエルフは、で アールヴ( a'lfr、複 a'lfar)と呼ばれた。 同時期の記述は存在しないが、後の民間伝承に登場するアールヴと語源的に結びついた多くの単語の存在は、エルフへの信仰が古代人だけのものではなく、全体で一般的であったことを強く示唆している。 エルフは北欧神話に様々な形で登場する。 現代の私たちが当時のエルフの概念を明確に定義づけることはできないが、当時の人々はエルフを強力で美しい、人間ほどの大きさの存在として理解していたように思われる。 彼らは一般的に先祖崇拝と同様に、豊かさと結びついた半ば神聖な集団として言及される。 エルフの存在は自然の精霊や死者の魂に対する的な信仰と類似していて、ほとんど全て人間の信仰と通じるものがある。 ほぼ間違いなく、ゲルマン民族にとってのエルフとは、・におけるや、におけるやのような存在であったと思われる。 光のエルフの支配者、の。 スノッリは『』において、彼らの違いについて説明している。 「光のエルフ」と呼ばれる人々がそこに住んでいる。 しかし、「闇のエルフ」は地下に住み、外見は彼らと違っているが、中身はもっと違っている。 光のエルフは太陽よりも明るいが、闇のエルフはよりも黒い。 " スノッリの作品の外に北欧神話のエルフの姿を求めるならば、スノッリの作品以前のエルフの存在を証明する証拠は、(吟唱詩)、(古エッダ)、などに見つけられる。 エルフはここで、おそらく「全ての神々」を意味する、「アース神族とエルフ」という慣用句によって、と結び付けられる。 一部の学者は、エルフをと比較したり、あるいはヴァン神族であるとしてきた。 しかし古エッダの『』では、各種族がさまざまな物に付けた名前が紹介されるが、エルフはアース神族ともヴァン神族とも異なる風習を持つ種族として描かれている。 しかし、これは高位の豊穣神であるヴァン神族と、低位の豊穣神であるエルフとの違いを表したものかもしれない。 また古エッダの『』では、ヴァン神族のは光のエルフの故郷である「アルフヘイム」の王であるとされている。 同じく古エッダの『』では、の館で宴会を開かれ、アース神族とエルフの大集団が宴に招ばれている。 ここでフレイの従者とその妻が登場するが、二人が神々の列に加えられていないことと、フレイがアルフヘイムの支配者であることから、この二人がエルフであることが分かる。 一部の研究者はヴァン神族とエルフはの青銅器時代の宗教の神であったが、後に主神の座をアース神族に取って代わられたと推測している。 をはじめ、そのほかの研究者は、ヴァン神族とエルフは一般人のもので、アース神族は僧侶や戦士階級の神であったと主張している。 しかし、「エルフの供儀」について信頼できるさらなる情報はない。 そして後のスカンジナビアの民間伝承も、エルフにもてなしを捧げる伝統を保っている。 これに加えて、『』では、エルフへの捧げものがひどい戦傷を癒すことができると信じられていた様子が描かれている。 彼は立ち上がれるようになるとソルズィスを訪れ、彼女に彼を癒す良い方法を尋ねた。 「丘があります」、と彼女は答えた。 「ここから遠くない、エルフたちが訪れるところが。 今からコルマクが殺した雄牛をもって、その血で丘を赤く染め、その肉でエルフのために宴をひらくのです。 "A hill there is," answered she, "not far away from here, where elves have their haunt. Then thou wilt be healed. スカンジナビアのエルフは、人間ほどの大きさであった。 『』や、『』で、「妖精の王」と呼ばれている鍛冶師ヴェルンドなど、名声ある男性は死後エルフの列に加えられることがあった。 古代の北欧の人々は、エルフと人間との混血も可能だと信じていた。 『』では、デンマーク王ヘルギは彼が出会った中で最も美しい女性であるシルクをまとったエルフと出会う。 彼は彼女を強姦し、娘のが生まれた。 スクルドはの殺害者と結婚する。 であったスクルドはに通じており、そのため戦場では無敵であった。 かの女の兵士が倒れても、かの女はかれらを立ち上がらせ、戦い続けさせることができた。 かの女に勝つには、かの女がエルフなどの兵士を呼び出す前に、かの女を捕らえるしかなかった。 もう一つの例には、母親が人間の女王であったがある。 『』によると、ホグニの父は、エルフのアドリアン王であった。 (ただし、『シドレクス・サガ』の原点のほとんどはドイツ語資料である。 ) 『』と『』では、現在のと一致するアルフヘイムを支配した王統について説明している。 彼らにはエルフの血が混ざっていたため、他の男たちよりも美しいといわれていた。 "アルフ王によって支配されたその地はアルフヘイムと呼ばれ、これの子供たちはエルフの親戚であった。 かれらは他の人々よりも美しかった……。 " 彼らの最後の王の名は、ガンドアールヴといった。 ノルウェーでの呼び名alvは、本当の民間伝承ではあまり使われず、使われるときは huldrefolk や vetter の同義語として使われる。 デンマークとスウェーデンでは、エルフとヴェッテルとは別の存在として登場する。 アンデルセンはまた、『妖精の丘』 The Elfin Hill で elvereについて書いている。 この物語のエルフは、デンマークの伝統的な民間伝承に似て、丘や岩場に住む美しい女性であり、男たちを死ぬまで躍らせることができる。 かの女たちはノルウェーとスウェーデンの huldra のように、前から見ると美しいが、背中から見ると木の洞のような姿をしている。 英国の民間伝承には小さく翼のないエルフも登場する。 と同一視されているエルフを、ノルウェーでは nisse 、スウェーデンでは tomte と呼んでいる。 北欧神話型のエルフは主に女性として、丘や石の塚に住むものとして、民間伝承にその姿を残している。 彼らは長命で、この上なく気楽に暮らしていた。 このエルフは例によって金髪で白い装いをしているが、スカンジナビアの民間伝承に登場する存在のほとんどがそうであるように、気分を損ねると手に負えなくなる。 物語において、彼らはしばしば病気の精霊の役割を演じる。 これはふいごを使った強力なお返しのひと吹きで治すことができる。 誰であれエルフの粉引き場に供物(できればバター)を捧げれば、エルフをなだめることができた。 彼らが踊ったあとには円状の何かができた。 エルフの輪()は一般的に小さいキノコの輪()でできていたが、別種のものもあった(や他の植物や、そのように見えて広がったなど。 また、森に自生するキノコは当時のスカンジナビア半島やロシアなど北方の貧しい農民にとっては、に代わる食感と源である旨味を持った貴重な食材であった)。 それは踏みならされた草が円を描く場所。 エルフたちがここで踊ったのだ。 Tisaren湖 のほとりで、わたしはそれを見た。 それは危険であり、そこに踏み進むか、そこにあるものを取り壊せば、病を得る。 中世後期のについての歌では、エルフの女王が彼を踊りに誘うが、彼はこれを断る。 オーラフはエルフの女王と踊ったら何が起こるか知っており、また彼は自分の結婚式のために家路に就いていたからである。 女王は贈り物を申し出るが、オーラフはこれも辞退する。 女王は踊らないのなら殺す、と彼を脅す。 しかしオーラフは馬で駆け去り、女王の差し向けた病で死ぬ。 彼の花嫁も絶望のため息絶える。 エルフは美しく若いとは限らない。 かの女は老女であるとされ、その外見から人々はかの女が地下の住民の一人だと見抜いた。 ドイツのエルフ [ ] の民間伝承では、エルフは人々や家畜に病気を引き起こしたり、悪夢を見せたりする、ひと癖あるいたずら者だとされる。 ドイツ語での「悪夢( Albtraum)」には、「エルフの夢」という意味がある。 より古風な言い方、 Albdruckには、「エルフの重圧」という意味がある。 これは、エルフが夢を見ている人の頭の上に座ることが、悪夢の原因だと考えられていたためである。 ドイツのエルフ信仰のこの面は、スカンジナビアのに対する信仰に一致するものである。 それはまたとに関する信仰とも似ている。 ドイツの叙事詩『』では、ドワーフのアルベリッヒ( Alberich)が重要な役割を演じる。 アルベリッヒを字義通りに訳せば、「エルフ-王」となる。 このようなエルフとドワーフの混同は、『』ですでに見られる。 アルベリッヒの名は、フランスの武勲詩に登場する妖精王 Alberonを通じて、英語名 Oberon となった。 オベロンはの『』に登場するエルフとの王である。 かれの詩は、が翻訳したデンマークの民間物語、『魔王の娘』をもとにしている。 ドイツとの民間伝承に登場する魔王は、ののように死の前兆として現れるが、バンシーとは異なり、死にそうな人物の前にだけ現れる。 魔王の姿と表情から、どのような死が訪れるのかが分かる。 魔王が苦しげな表情をしていれば、それを見た人は苦痛に満ちた死を迎え、魔王が安らかな表情をしていれば、穏やかな死を迎える。 かれらの仕事に小さな服で報いなければかれらは姿を消し、報いればとても喜ぶ。 英国のエルフ [ ] の、『からかわれる可哀そうな小鳥』 Poor little birdie teased イギリス民間伝承後期の、森に住む小人としてのエルフ。 この語は、古英語詩の『』と『』に登場する、魅力的で美しい女性に使われている。 エルフは美しく潜在的に親切な存在であると、歴史を通して英語を話す社会のある階層には考えられてきたが、例えば『』の第112行にあるように、アングロサクソンの資料はエルフと悪霊の同盟についても証言している。 「エルフの一撃(またはエルフの太矢、エルフの矢、エルフの矢傷)」 elf-shot という言葉は、スコットランドや北イングランドで見られる慣用句である。 これは病気や傷害が妖精によって引き起こされるという信仰に由来する。 16世紀の最後の四半世紀の頃の原稿に、「エルフが起こす激痛」という意味で初めてあらわれた。 これは後の17世紀のスコットランドでは、新石器時代のの矢じりを意味するものとされた。 この矢じりは古代人が癒しの儀式の際に使ったものだが、17世紀の人々は、魔女やエルフが人や家畜を傷つけるために使ったと信じた。 エルフの茶目っ気がもたらす髪のもつれは「エルフロック」 elflock と呼ばれた。 突然の麻痺は「エルフの一突き」 elf stroke と呼ばれた。 このような表現は、 ()が書いたの頌歌にも現れる。 みじめな経験から群集はみな知っている、 いかに宿命とともに飛び、かれらの「エルフの一撃の矢」を放つかを、 病んだ雌羊が夏の糧をあきらめた時、 大地に引き伸ばされ、心臓を打たれた牝牛が横たわる時。 There every herd by sad experience knows, How winged with fate their elf-shot arrows fly; When the sick ewe her summer-food foregoes, Or stretched on earth, the heart-smit heifers lie. エルフはイングランドやスコットランド起源のに多く登場する。 民話と同様に、その多くは「エルフェイム」 Elphame や「エルフランド」 Elfland (いずれも北欧神話でいうアルフヘイムのこと)への旅についての内容を含んでいる。 エルフェイムやエルフランドは薄気味悪く不快な場所として描かれている。 バラッド『詩人トマス』 Thomas the Rhymer に登場する、エルフェイムの女王のように、エルフは時おり好ましい描かれる。 しかし『の物語』 Tale of Childe Rowland や、『イザベルと妖精の騎士』 Lady Isabel and the Elf-Knight のエルフのように、エルフはしばしば強姦や殺人を好む腹黒い性格だとされる。 『イザベルと妖精の騎士』のエルフは、イザベルを殺すためにさらう。 ほとんどの場合バラッドに登場するエルフは男性である。 一般的に知られているエルフの女性は、『詩人トマス』や『エルフランドの女王の乳母』 The Queen of Elfland's Nourice に登場する、エルフランドの女王ただ一人である。 『エルフランドの女王の乳母』では、女王の赤子に授乳させるために女性がさらわれるが、赤子が乳離れをすれば家に帰れるだろう、との約束を得る。 どの事例においても英国のエルフはやのような特徴を持っていない。 近世のイングランドの民話では、エルフは小さく悪戯好きで、見つけにくい存在として描かれている。 かれらは邪悪ではないが、人をいらだたせたり、邪魔したりする。 透明であるとされることもある。 このような伝承によって、エルフは事実上、イングランド先住民の神話に起源を持つ、フェアリーの同義語となった。 引き続き、「エルフ」の名は「フェアリー」と同様に、や、やスコットランドのなどの、自然の精霊を表す総称になった。 現在の一般的な民話では、これらの妖精やそのヨーロッパの親戚たちがはっきりと区別されることはない。 文学からの影響は、エルフの概念をその神話的起源から遠ざけるのに重要な役割を果たした。 の劇作家は、エルフを小柄であると想像した。 かれは明らかにエルフとフェアリーを同族として考えていた。 『』では、エルフたちは昆虫ほどの大きさとされている。 一方は『』 The Faerie Queene で、人間型のエルフを採用している。 シェイクスピアとの影響は、とても小さな存在に対して、「エルフ」と「フェアリー」を使用するという基準を作った。 ビクトリア朝期の文学では、エルフはとがった耳を持ち、ストッキングキャップをかぶった小さな男女として挿絵に描かれている。 が挿絵を描いた、にが書いた妖精物語『いないいない王女』 Princess Nobody では、エルフが赤いストッキングキャップをかぶった小人である一方で、フェアリーは蝶の翅を持った小人として描かれている。 の『』はこの時代の例外で、人間型のエルフが登場する。 「バックソーンの誓い」 the Buckthorn vows という伝説では、バックソーン(クロウメモドキ属の植物)を円形に撒いて、満月の夜に環の中で踊ると、エルフが現れるとされる。 踊り手はエルフが逃げ出す前に挨拶して「とまれ、願いをかなえよ!」と言わなければならない。 するとエルフが一つ望みをかなえてくれるという。 現代のエルフ [ ] 現代ファンタジーのエルフ [ ] ハイファンタジーにおけるエルフの描写の一例 の小説『』は現代におけるエルフのイメージに影響を与えた。 トールキンの小説において、「エルフ」は妖精の総称ではなく、半神的な特徴を持つひとつの種族の名称である。 『指輪物語』に登場するエルフは身体能力が高く、知識に富み、魔法を使う。 人間ほどの背丈で、長く尖った耳をしている。 トールキンは、ホビットの耳はエルフのように尖らせてほしいなどと手紙に書き、その意を汲んだイラストレーターらがエルフの耳を尖っているように描写した。 エルフは一般に、不死もしくは非常に長い寿命を持ち、事故に遭ったり殺害されたりしない限り、数百年から数千年生きるとされている。 ただし、徐々に活力がなくなるなど、「枯れていく定め」にあることは確かなようだ。 ハーフエルフ [ ] エルフを扱った作品の中には、人間とのであるハーフエルフが登場するものもある。 多くの場合、ハーフエルフは人間とエルフ双方の特徴を受け継いでおり、人間とエルフの双方から差別的な扱いを受けることがしばしばある。 エルフと人間とのはいくつかのにも描かれるモチーフであるが、今日のハーフエルフの原型は『指輪物語』での設定に多くを負っている。 同作のは種族として固定されたものではなく、彼らはエルフと人間のいずれの運命を選ぶかの選択を行い、エルフの運命を選んだものは不死性を得たという設定である。 日本の創作物におけるエルフ [ ] エルフ耳の一例 日本では、古来より超常的存在の主役は妖怪や神であり、西洋的な妖精のイメージはなかなか定着しなかったものの、1978年のアニメ映画版『』を機に日本でもファンタジーの要素が流行の兆しを見せ、「エルフ」や「オーク」といった言葉が徐々に認知されるようになっていった。 その影響から、欧米の文学や民間伝承などに登場する妖精の総称としてのエルフ像よりむしろ、同作で描かれるような固有の種族としてのイメージが日本におけるエルフのステレオタイプとなった。 後に様々な改変を経て、エルフ像の特徴に差異が見られるようになったため、エルフと一口に言っても定義することが困難になっている [ ]。 さらに、悪魔のモチーフである尖った耳を持つ妖精の容姿が描かれた海外のゲームや、ペーパーバック小説のイラストを通じて「エルフの耳は長いもの」というイメージが日本人の間に定着し、日本製のゲームや小説などには耳の長いエルフの絵柄が頻繁に登場するようになった。 テレビゲームでは1987年9月に発売された版の『』を皮切りに、『』などのファンタジーなどでの登場が続き、特にそのイメージに強固な影響を与えた代表例として、1988年刊行の小説『』に登場するディードリットのキャラクターデザインが挙げられる。 『ロードス島戦記』の長い耳のエルフのモチーフは、1982年の映画『』だと語られている。 しかし、エルフのイメージは必ずしも耳が尖っていると決まっているわけではなく、本来的にはそのような認識は誤りである。 桐島カブキが執筆した『』の連載「あなたにも出来るファンタジーRPG設定資料作成マニュアル」でのジョーク的記事では、「エルフは生物学的、社会学的、民俗学的に見てただの猿にすぎない」ということを4ページにわたって解説している。 記事によるとエルフが人間から見て美しく見えるのは、単にチャーム(魅了)によるに過ぎないらしい。 クリスマスのエルフ [ ] 現代の、、における民間伝承では、の助手としてエルフが登場する。 このエルフは緑色の服を着て、尖った耳と長い鼻を持つ。 想像上の彼らはサンタクロースの工場でのプレゼントになるおもちゃを作り、包装している。 アイスランドのエルフ [ ] でのエルフは、目撃したという人々によると、人間に似ているが、やや小型の外観で、素朴で普段は穏やかな生き物であるとされる。 には、妖精遺産保護法が成立しており、エルフに関係すると言われている岩などが保護指定されている。 には、エルフの家とされる巨大な岩を道路工事に伴って移動させたところ、多くの技術的困難に直面することになった。 また近くの道路工事では、「エルフの岩」とされている岩石を誤って土壌に埋めてしまったところ、道路は冠水したり、負傷する人が出たり、周囲で重機の故障が相次いだ。 そのためアイスランド道路管理局はこの岩の原状復帰を決め、掘り出し作業と洗浄作業が行われた。 アイスランドでは、エルフたちは日々の生活の一部と考えられており、エルフに配慮するために工事が変更になったり、エルフによる警告を信じる漁師が出漁を見合わせるようなことがある エルフの登場するおとぎ話 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 通例、伝承の中のエルフは体のどこかに人間と見分けがつく箇所があるとされるが、たとえばデンマークの伝説では背中にくぼみがあるといわれていたり、スコットランドでは牛のような長い尻尾があるなど、その特徴は様々である(篠崎 2000, p. 健部 2008, p. 出典 [ ]• Hall, Alaric Timothy Peter. 2004. University of Glasgow. 56-57. Hall 2004, pp. 31-35• Chapter 7. Hall 2004, pp. 37-46• Hall 2004, pp. 43-46• Hall 2004, p. Old Norse original:. Chapter 22. Old Norse original:. Chapter 1. A more summary description in English is provided by Keightley, Thomas 1870. , esp. chapter. Keightley, Thomas 1870. provides two translated versions of the song: and. Svenska folksagor. 1984. 158• Hall 2004, pp 125-26• Hall 2004, esp. 212-16• Hall 2004, pp. 81-92• Hall 2004, esp. 56-66• Hall 2004, pp. 71-76, et passim• ()編著 『妖精事典』 平野敬一、、三宅忠明、吉田新一 共訳、冨山房、1992年、43、140-141頁。 Hall, Alaric. 2005. 'Getting Shot of Elves: Healing, Witchcraft and Fairies in the Scottish Witchcraft Trials', , 116 2005 , 19-36. Collins, Willam. 1775. 川崎洋・長尾輝彦編 『現代イギリス読本』 丸善、2012年、第5章 イギリス現代文学I、59-60頁(筆者:板倉宏予)。 『季刊コミッカーズ』1999年7月号 出渕裕のインタビュー• 月刊『RPGマガジン』第2号(1990年5月号)。 健部 2008, p. 篠崎 2000, p. 篠崎 2000, p. 金光 2007, p. 55 参考文献 [ ]• Anderson, H. 1842. Danish original:. Anderson, H. 1845. Danish original:. Coghlan, Ronan. 2002. Handbook of Fairies. Lang, Andrew. 1884. 監修 『妖精事典 異世界からの来訪者』 、2000年。 健部伸明 監修『知っておきたい伝説の魔族・妖族・神族』西東社、2008年。 金光仁三郎 監修『知っておきたい伝説の英雄とモンスター』西東社、2007年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

ろーて自然進化エルフめも

進化 エルフ

リノセウスでOTK(ワンターンキル)• Xは「自分がこのバトル中に(このカードを含めず)プレイした豪風のリノセウスの枚数」である。 Xが5以上なら、 疾走を持つ。 このデッキのリーサルウェポンは 「豪風のリノセウス」。 以下の点を意識しましょう。 リノセウス召喚• 機械樹の番人(リノ戻す)• リノセウス召喚&進化• ターン終了(リノ手札へ) このような流れでプレイする機会が非常に多いので、覚えておきましょう! ロングゲームを支えるカード! 無窮の輝石・カーバンクル カード 効果 無窮の輝石・カーバンクル 【アクセラレート:2】 カードを1枚引く。 カーバンクルの煌めき1枚をデッキに加える。 自分のPPを2回復。 カーバンクルの煌めき 【スペル】• 自分のリーダーを1回復。 自分のEPを1回復。 カードを1枚引く。 カーバンクルが果たす役割は多岐にわたります。 リーダーの回復• EPの回復• デッキの回復• PPの回復• 手札の補充 EP・ライフ・デッキ・手札を潤してくれるため、 試合が長引いても戦えるようになります。 まさにこのデッキの「心臓」です。 EPの回復は終盤になればなるほど威力を発揮しますね。 リノセウスに進化をきることで、また手札に帰ってきてくれるのもポイントです。 後攻4ターン目に進化して最優先でプレイしたいカードとなります! 不殺の円陣 カード 効果 不殺の円陣 【アミュレット】 カウントダウン:1 このアミュレットが場にある限り、自分のリーダーへの6以上のダメージは5になる。 ファンファーレ:カードを2枚引く。 「不殺の円陣」の役割は以下の通りです。 相手のリーサルを防ぐ• 手札補充 例えば敵のリノ連打、育ちきったギンセツなどの ダメージを5にまで落としてくれます。 1ターン生き延びれるかどうかで勝率が大きく異なるため、非常に重要なカードです。 手札補充にもなるので、序盤に重なってしまってもプレイしやすいのがいいですね。 プライマルギガントの運用方法は以下の通りです。 序盤の事故を回避• 終盤で引いてもユニオンバーストが強い• アマツエルフを偽装できる コッコロは2コストで1枚ドローできるため、序盤の 手札事故に対して有効的なカードです。 いわゆる右手力に自信のない方には特におすすめですね! また、 序盤だけでなく終盤になってもユニオンバースト効果でコスト以上の活躍を見込めます。 間違いなく3枚積みされるカードですね。 ちょっとした違いかもしれませんが、2ターン目コッコロという情報だけだと相手からしたらアマツエルフなのかコントロールエルフなのか分かりません。 その後、このフォロワーを手札に戻す。 ファンファーレ:このターン中に(このカードを含めず)カードを4枚以上プレイしていたなら、ランダムな相手のフォロワー1体に4ダメージ。 デッキから任意のタイミングで引き込める• 潜伏・選択不可フォロワーも除去可能 アクティブエルフ・メイの最も魅力的な点は、 潜伏・選択フォロワーに対しても除去が可能となっているところです。 対空射撃では倒せない敵を倒してくれます。 ただし、与えるダメージ先が 完全にランダムなので、対象フォロワーが複数いる場合には注意が必要ですね。 ダメージはフォロワー1体ずつランダムに決まる。 「純真なる弓使い・リノ」の特徴は以下の通りです。 盤面を一掃できるパワーをもっている• 潜伏・選択不可に対応可能• 自身のリノセウスを巻き込まないように注意 アリアの旋風は、 敵の盤面を一掃できるだけのパワーを持っているカードです。 ただし、自分のフォロワーに対してもダメージが飛んでしまうため、カードをプレイする順番には気を付けましょう! リノと同様に、 クオンやギンセツの横展開に対して発動していく使い方が強力です。 プレイ回数を稼げるカード! ナチュラル・マナ カード 効果 ナチュラル・マナ 【スペル】 ナテラの大樹1枚を手札に加える。 5ターン目かそれ以降なら、自分のPPを1回復。 10ターン目かそれ以降なら、カードを2枚引く。 「ナチュラル・マナ」の特徴は以下の通りです。 カード1枚でプレイ枚数を2進められる。 入手したナテラの大樹を抱えておくことで、好きなときに0コストでプレイ枚数を進められる。 リーダーを2回復できる 荒野の休息は非常に優秀なカードです。 これ1枚で プレイ枚数を2進められるのは非常に大きいのはもちろんのこと、 0コストのカードを抱えておく選択肢があるのが魅力ですね。 このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、さらにフェアリー1枚を手札に加える。

次の

俺のエルフが、チート魔術師で美少女で、そして元男な件について。

進化 エルフ

どこまで話したか。 話が逸れてすまない。 なにせ回想録なんて初めて書くから要領がわからない。 まあ、最初で最後の取り組みだろうから、大目に見てほしい。 この頃になると、アキリヤも野宿や粗末な宿屋での生活になれて、苦手だった裁縫もできるようになった。 元々手先が器用だったんだろう。 触らせてくれと頼んでみたが、「お前は乱暴者だからダメだ」と頑として断られた。 そんなことはないと抗弁すると、「胸に手を当てて考えてみろ」と言われたので彼女の胸に手を置いて目を閉じてみたが、顔面に引っかき傷を負うだけで「相変わらず柔らかい」という以外に何もわからなかった。 ガクセイフクを触らせたがらなかった本当の理由は後になってわかるのだが、その時は理不尽だと悄気げたものだ。 そんな絶世の美少女と猿以下グール未満のどこ行くともない二人旅に変化をもたらしたのは、気紛れに寄った怪しげな露店でアキリヤにせがまれて買った魔導書だった。 すでに難解な文書も読めるようになっていたアキリヤは、自らのエルフ特有の神和性を戦いに利用できないかと安宿の暖炉で魔導書片手に魔法の練習を始めたのだ。 その成長速度は豊かな胸と同じくらい早かった。 あっという間に五大元素の精霊と意思疎通を確立すると、今度は応用を考え始めた。 火の精霊と風の精霊、大地の精霊、空の精霊、水の精霊等などを同時に使役し、カガク反応(何度説明されても難しすぎて理解できないので諦めた)を再現できないか……とかなんとかブツブツ呟きながら、手元を精霊の光でキラキラと輝かせながら実験していた。 彼女がいた元の世界では妖精を介して魔法を使わずとも人工的に色々なことが出来たらしい。 熱があり、ジュウリョク(これも理解を諦めた)がある同じ環境なら、同じことが再現出来るかもしれないというのだ。 よくわからないが、人の手だけで全て賄える世界というのも味気無いものだと俺は鼻を鳴らした。 その味気無い世界の恐るべき片鱗を知ったのは、安宿の屋根が大爆発で吹っ飛んでからだった。 実験の成功を喜んで「エウレーカ!エウレーカ!」と奇天烈な雄叫びをあげる少女の腰に手を回し荷物のように抱えると、俺は大急ぎでその場を立ち去った。 ただでさえ脱走兵という後ろ暗い事情があるのに、放火魔として指名手配されてはたまらない。 あの後、安宿がどうなったかは知らない。 値段に質が伴ってない貧相な安宿だったとはいえ、屋根を丸ごと失うほどの悪徳ではなかった。 だが宿屋の主人がアキリヤの風呂を覗こうとしたことを考えれば、どっこいどっこいだろう。 屋根を失うくらい価値のあるものを垣間見れたんだ。 アキリヤの魔法はとんでもない威力だった。 ただの火炎魔法のはずなのに、彼女が応用を効かせて発展させると激しい爆発を伴うようになった。 まるで火山噴火のようだった。 「複数の精霊を掛け合わせて効果を増大させる魔法は今までも存在したけど、理屈ではなく経験則で導き出されただけであって、論理的かつカガク的に手法を確立していけば何でも出来るようになる」とかなんとか。 全部彼女の受け売りだ。 自分で書いていてもほとんどわからないから、後で俺に質問しても無駄だ。 俺には子守唄にしかならない。 そんな強力な武器を手にした彼女の喜びようは、それもまた凄かった。 自分の知識をひけらかしたかったわけでも、俺に嫉妬していたわけでもない。 俺に護られるだけの立場から、俺と肩を並べる立場になれたからだ。 「お前の負担になりたくない。 戦うお前の背中を護れるようになりたいんだ」 と胸を張ってみせたが、俺の腕を枕にして起伏を帯びた裸体を晒したままでは説得力はなかったし、胸を張った拍子に漣のようにふるふると震えた双球に目を奪われて半分以上聞き流してしまった。 それに、俺はアキリヤを負担になんて思ってもいなかった。 そう自負できるだけの修羅場を潜ってきたし、後ろに護る女がいるのは自分がおとぎ話の英雄になった気がして子供じみた快感も覚えていた。 だから、アキリヤが俺の背中を脱することに一抹の寂しさを感じたのも事実だ。 特に、ある一件で彼女の名声が世に知れ渡ってからは俺のほうがオマケになってしまい、立場が逆転したようになってさらに寂しくなった。 魔族の襲撃から人間の村を救ったエルフ族の美少女の噂は、国中に広まった。 もちろん俺も必死こいて戦ったのだが、噂話というものは尾ひれがついたかと思えばエラが取れたりする。 そういうものだと今では納得している。 「人間を嫌っているはずのエルフが、見ず知らずの人間たちを助けた。 彼女は最強の魔術師だ、救世主だ、人間とエルフとの架け橋だ」などと持て囃されていたのだという。 アキリヤは前の世界では人間だったから、当然のように人間を助けたし、分け隔てなく接したが、互いに嫌い合っているこちらの世界ではそれが大層珍しく映ったのだ。 助けを請いに来た人々からその噂を耳にしたアキリヤは、薪を焚べられたように熱意を燃焼させた。 威力を倍増させ、調整できるようにし、詠唱時間を可能な限り短縮し、様々な付加効果を加え……。 かくいう俺も同じくらいの負け嫌いなタチだから、彼女に負けじと一人で名を上げてやろうと、こっそりアキリヤを宿屋に置いて単独で暴れ小竜退治をしてみたこともある。 まさか二匹出てくるとは思わなかった。 二匹とも倒したものの危うく死にかけて、宿に帰ると彼女に本気で怒られた。 正直、あの時のアキリヤの剣幕は竜より怖かった。 火を吹くかと思ったほどだ。 彼女には内緒だぞ。 アキリヤの魔法は、その威力に比例して行使に時間を要した。 水の妖精と火の妖精を使役してサンソだかスイソだか目に見えない何かを取り出させて、それを風の精霊に包ませて圧縮させ、その間に片手では大地の精霊に尖った鉱石を集めさせて混ぜ込んで、空の妖精に敵まで運ばせて、火の精霊に引っ叩かせる。 アクビして背伸びしてもまだお釣りが来るくらいの準備の間、彼女を護ったり、敵の足止めや誘導を担うのは俺だった。 俺たちの息はピッタリだった。 二人ならどんな相手にも負けないと思えるくらい俺たちは強くなっていた。 立ち上がれば家も踏み潰せそうな岩石竜退治に挑んだ時は、アキリヤの魔法が強すぎて森の一部ごと吹き飛ばすことになったが、二人して煤まみれになるくらいですんだ。 軍隊ですら尻尾を巻いて逃げ出す岩石竜をたった二人で倒すなんて、聞いたことが無い。 俺は悦に浸って、毎日が楽しかった。 でも、アキリヤは、そうではなかった。 岩石竜を倒した帰り道、俺はなんとなく、「なあ、元の世界に帰りたいか?」と問い掛けた。 竜の牙片手に有頂天になっていた俺は、当然、「いいや、今が楽しい!」と即答を貰えると高をくくっていた。 俺と同じように、互いを相棒と信頼して、今に満足していると都合よく思い込んでいた。 「……うん、そうだな」 その表情に影が差したように見えたのは、沈みゆく夕日のせいではなかった。 未練がないわけがない。 彼女は学生だったと言った。 その日暮らしの俺とは違い、きっと何かを目指して勉強していたに違いない。 夢が、未来があったに違いない。 俺は、彼女が違う世界から 飛ばされて ・・・・・ きたことを忘れてしまっていた。 望んで俺の前に現れてくれたわけじゃない。 前の世界の残り香である黒衣を大事に身に付けているのがその証左だ。 討伐を報告しに村に帰るまでの間、二人とも口を開くことはなく、葉擦れと虫の音色の中を静かに歩いた。 月明かりが雲に遮られる度、次の瞬間には彼女は消えているのではないかとたまらなく不安になった。 アキリヤの心の半分はまだ前の世界を向いていた。 ある日唐突に神さまがやってきて「前の世界に帰してやる」と機会を与えたら、彼女はどちらを選ぶのだろう。 前の世界と こちらの世界 俺 のどちらを選ぶのだろう。 そう考えると不安は薄れることはなく、彼女をより一層激しく抱いても消えてくれることはなかった。

次の