うさぎ くしゃみ。 うさぎのくしゃみ

うさぎのくしゃみ

うさぎ くしゃみ

うさぎがくしゃみを連発して出した場合、どんな病気の疑いがあるの? うさぎがくしゃみを連発して出した場合に疑われる病気は 鼻炎 スナッフル と言う症状です。 「なんだ、ただの鼻炎かぁ」をあなどってはいけません。 この鼻炎 スナッフル はパスツレラ菌と言う細菌に感染して起こる症状で、この症状を放置しておくとどんどん症状が悪化していく事もあり、肺炎にまで悪化する事もあります。 そしてこのパスツレラ菌はやっかいなことに うさぎの鼻水などから人間へ感染する可能性もあるので注意が必要です。 まず、うさぎがくしゃみを連発し始めたらパスツレラ菌に感染しているかもしれないと疑いましょう。 下の動画では何度も連発してくしゃみをしています。 動画のタイトルにはスナッフルと書いてあるので、このような症状が出始めたら気を付けましょう。 うさぎにかかるスナッフルの症状 このパスツレラ菌に感染し、スナッフルの症状を起こしたうさぎには• くしゃみの連発• 鼻水 くしゃみは先ほど説明しましたが、それと同時に鼻水も出てきます。 始めはサラサラで透明な鼻水かもしれませんが、だんだん粘り気が出てきて黄色っぽい鼻水に変わってきます。 そうなるとパスツレラ菌に感染している可能性が高いので必ず病院に連れていきましょう。 できれば初期症状の段階で病院に連れていきたいですね。 スナッフルの症状を見極めるもう一つの方法 スナッフルの症状はくしゃみや鼻水が出ていないかなどを調べるのですが、もう一つチェックできる場所があります。 それは 前足の毛です。 うさぎがスナッフルにかかるとよく顔を洗うしぐさを見せるのですが、鼻水が出ている場合前足に鼻水が付いてガサガサになっていることがあります。 何となくでも「前足の毛が束になっているなぁ」と感じたら鼻水が出ていないかチェックしてみましょう。 スナッフルにかかる原因 うさぎがスナッフルにかかりやすくなる原因は うさぎの免疫力の低下と言われています。 先ほど説明した通りパスツレラ菌の感染によるものです。 実はこのパスツレラ菌は、ほとんどのうさぎの鼻周辺にもともと住み着いている細菌なのです。 免疫力の高い健康的なうさぎはこの細菌に感染しにくいのですが、免疫力が低い不健康なうさぎは特に感染しやすくなっています。 なので、スナッフルの症状にかからないためにはうさぎの免疫力を下げないような対策が必要になってきます。 スナッフルの対策や予防 スナッフルにかかりにくくするためには免疫力を下げないための対策や予防が必要です。 そのためには うさぎにストレスをかけない事がとても重要です。 ストレスを感じたうさぎは免疫力が低下していきますので、細菌に感染しやすくなります。 うさぎがストレスを感じることはさまざまな事があげられますが、いくつか例を挙げると• 騒音がひどい• ケージが極端に狭い• 直射日光に当たる• 気温が高い 低い• すきま風があたる など、これら以外にもうさぎが嫌がりそうなことは極力避けましょう。 その他免疫力を高めるために、栄養バランスの良い食事にすることや、飼育小屋 ケージ を常に清潔に保つこともとても重要です。 スナッフルにかかってしまった場合のケア 残念ながらくしゃみが連発し、鼻水も出ている状態になってしまったら迷わず病院へ連れていきましょう。 そして医師の診断のもと、適切な処置をしてもらうのですが、ご家庭でもしてあげられるケアがあります。 まずは鼻水が出ていたらキレイに拭き取ってあげてください。 あまり力を入れず優しく拭き取ってあげることが大切です。 そして毛に付いた鼻水もできるだけキレイにして清潔を保つように心がけましょう。 その他、部屋を加湿してあげると鼻の通りがよくなるので部屋が乾燥気味であれば加湿して、できるだけケアしてあげましょう。 くしゃみが連発しても病気ではない場合も うさぎがくしゃみを連発しても病気ではないケースもあります。 それは チリやホコリ、牧草の粉が原因でくしゃみをしている場合です。 人間も同じようにホコリっぽい場所に行くとくしゃみが出やすくなりますよね? うさぎもこれに当てはまります。 特に牧草の粉が原因の場合が多いようなので、牧草入れはできるだけ小まめに掃除してあげましょう。 そういった事をサボってしまうと、不衛生な環境になり結局は免疫力の低下につながります。 やはりケージ内は常に清潔に保ちたいですね。 うさぎがくしゃみを連発した時に疑っておきたい病気や対策! まとめ うさぎがくしゃみを連発した場合 パスツレラ菌の感染による鼻炎 スナッフル を疑ってください。 同時に鼻水が出ていないかなどもチェックしましょう。 この病気にかからないためにはうさぎの免疫力を下げない事が大切です。 ストレスがかかる事で免疫力が低下していくので、できるだけ生活環境を良くしてあげてください。 そしてもし細菌に感染した疑いがあるようなら、迷わず病院へ連れていきましょう。 初期対応が遅いと、肺炎など重い病気にかかる可能性もあり、最悪死に至ることもあります。 適切に症状を見極めて、早めに対処するよう心がけましょう。

次の

うさぎのくしゃみ【5つの原因と予防法】診断表付き|連発やたまにする理由

うさぎ くしゃみ

基本的にどんな動物でもくしゃみはしますし、うさぎも例外ではなくくしゃみをします。 問題なのはそのくしゃみの頻度なのですが、 たまにくしゃみをするくらいなら問題ない可能性が高いです。 たまにと言っても人によって間隔はさまざまですが、1日に数回程度なら問題ないでしょう。 ですが一度に何度も連発してくしゃみをするようでしたら、「 スナッフル」の可能性が疑われます。 次の項目ではその「スナッフル」について説明していきます。 うさぎにかかるスナッフルとは? このうさぎにかかるスナッフルとは、 細菌がうさぎに感染することで起こる風邪のような症状です。 難しい言葉を使うと「副鼻腔炎 ふくびくうえん 」や「気管支炎 きかんしえん 」などといった呼吸に関連する病気に感染することをスナッフルと言います。 このスナッフルにかかった場合の特徴の一つに、くしゃみをすることがあげられます。 たまにくしゃみをするくらいでしたらまだ感染の可能性が低いかもしれませんが、連発してくしゃみが出るようなら要注意です。 下の動画で何度もくしゃみをしていますがとても辛そう・・・ くしゃみ以外の症状は? くしゃみをたまにするくらいでも心配なようでしたら、念のためその他の症状もチェックしておきましょう。 【チェック1:鼻水】 このスナッフルにかかった場合鼻水が大量に出てくることがあります。 鼻水のせいで鼻の周りがびちょびちょになっていないかチェックしておきましょう。 【チェック2:鼻づまり】 鼻水と同時に鼻詰まりも気にしておきましょう。 鼻が詰まっているかどうかは分かりにくいかもしれませんが、うさぎが呼吸するたびに「ズー」とか「ピュー」とか音が鳴るようでしたら鼻が詰まっている可能性があります。 【チェック3:前足の毛の状態】 鼻水が出ている状態でうさぎが顔を洗うように毛づくろいをすると、前足の内側に鼻水が付きます。 前足の内側の毛が塗れていたり、鼻水が乾燥して毛が束になっていないかもチェックしておきましょう。 くしゃみをたまにしかしなくても、これらをチェックして当てはまるものがあれば動物病院に連れ行き、お医者さんに診てもらいましょう。 「たまに」のくしゃみを少しでも減らす方法 「くしゃみはたまにするけれど、どうやら病気ではなさそう」と安心もしていられません。 うさぎを飼っているお部屋の状態によっては症状が悪化していく事も考えられますので、今度は少しでもうさぎのくしゃみを和らげる環境の改善に取り掛かりましょう。 ケージ内やお部屋自体を清潔にする 人間も部屋がホコリっぽいとくしゃみが出やすくなりますよね。 これと同じようにうさぎにも同じことが当てはまります。 うさぎの寝床であるケージは清潔に保つように心がけましょう。 そしてそのケージを置いているお部屋自体も掃除を小まめにしておくことが大切です。 常に清潔に保つことで、たまにするくしゃみもいくらか改善される期待ができます。 乾燥しているなら加湿をする お部屋が乾燥している場合には加湿をするこも大事です。 特に冬場などは乾燥しがちになるので、加湿するなど湿度の管理をしてあげましょう。 最近は夏場でもエアコンによって乾燥しやすくなることも多くなりましたので、夏でもエアコンを使う場合は注意しましょう。 うさぎにとって最適な湿度はいろんな意見がありますが、大体40~60%くらいが最適のようなので、高すぎず低すぎずを心がけてください。 体調管理をしっかりと 体調管理をしっかりすることが最も基本的な事です。 痩せすぎや肥満などによって免疫力が低下していると、たまにだったくしゃみもひどくなる可能性も出てきます。 それだけではなく、さまざまな病気にかかるリスクも出てきますのでバランスのいい栄養管理などおこたらないようにしましょう。 うさぎがくしゃみをたまにするけど大丈夫? まとめ 飼っているうさぎがたまにくしゃみをすることについてご紹介していきました。 くしゃみをたまにするくらいでしたらほとんどの場合問題はないようですが、連発してくしゃみが出るようでしたら感染症など病気の疑いも考えておきましょう。 くしゃみ• 鼻づまり これらの症状がひどいようなら、お医者さんにみてもらいましょう。 病気ではない場合も、予防する意味でうさぎに適した環境づくりが大切です。 うさぎのためにもしっかりとした環境や体調を整えてあげましょう。 ところでたまにしかしないうさぎのくしゃみを見た時、ちょっとだけラッキーと思うのは私だけでしょうか 笑.

次の

うさぎがくしゃみをするのは病気?アレルギー?原因と症状について

うさぎ くしゃみ

うさぎのくしゃみの原因は5つあります。 スナッフル• パスツレラ感染症• アレルギー• ほこりが鼻に入る• くしゃみの原因が歯の不正咬合の場合も でも、「原因ってどうやって見わけるんだろう」と悩むあなた。 くしゃみにも原因がたくさんあるとわからなくなりますよね。 それでは、原因別にうさぎのくしゃみについてみていきましょう。 スナッフル うさぎによくみられる 鼻風邪の総称を「スナッフル」といいます。 放置していると命に関わる病気なので、注意が必要です。 スナッフルの症状• 透明でサラッとした水溶性の鼻水• 連続するくしゃみ• 目やに が主な症状。 他の病気と同じように、食欲不振や便がいつもと違うようなら注意が必要。 スナッフルの病気のサイン• 前肢の内側や鼻の周辺が鼻水で汚れてガビガビになる 人間と同じように鼻が気になるので前肢で鼻をこすります。 そして、悪化して副鼻腔炎になると、• サラサラの透明だった鼻水がネバりのある膿性の鼻水に変わる 副鼻腔炎の鑑別診断のポイントとして、• スナップリングノイズ(呼吸をするとズーズーという音)が聞こえる 副鼻腔炎を治療せず放置していると、肺炎に進行する場合も。 そして最悪の場合、 呼吸困難により死亡することもあります。 スナッフルの原因は、パスツレラ菌 パスツレラ菌という細菌感染が原因です。 実は パスツレラ菌は、病気になっていないうさぎの鼻腔内にも存在しています。 スナッフルの症状は、ストレスが引き金になって発症すると考えれられています。 スナッフルは動物病院でどのような治療をするか 対処療法をおこないます。 スナッフル初期や進行して悪化しているなど症状によって違います。 抗生剤による治療• 免疫力を回復させる 免疫力を回復させるには、ストレスのかからない生活環境がポイント! スナッフルの予防と注意点 ストレスのかからない生活環境にしてあげましょう。 こまめに空気の入れ替え 太陽の殺菌作用を得るために日向ぼっこができるとなおよしでしょう。 多頭飼いしている飼い主さんは覚えておいてください。 スナッフルは感染します。 スナッフルになったうさぎは、別の部屋で飼うようにして、他のうさぎと触れ合わないようにしてください。 また人にも感染することもあります。 小さい子供• 老人 は免疫力が弱いので、家族にかからないように うさぎを触ったら、手洗いや消毒をおこないましょう。 パスツレラ感染症 パスツレラ感染症は、その名の通りパスツレラ菌によって引き起こされる感染症です。 スナッフルの原因にもなります。 連続するくしゃみ• 鼻水の初期症状• 目やに• 鼻の周りの炎症• 呼吸が苦しそうにぜーぜーする などの重い症状まであります。 アレルギーによるうさぎのくしゃみ アレルギーは、• 不衛生な環境• ほこり• ハウスダストの多い環境 にいたりすると引き起こされたり、もともとのうさぎさんの体質によって引き起こされます。 ほこりによるうさぎのくしゃみ ほこりやごみ、チモシーの粉が鼻に入るとくしゃみをすることがあります。 うさぎのくしゃみの原因別チェックシート 1. スナッフル 2. パスツレラ感染症• くしゃみをしているか• 鼻水が出ているか• ゼーゼーズーズーと苦しそうな呼吸をしているか• 目やにが出ているか• 涙目になっていないか• 鼻の周りがかさぶたのように炎症が起こっていないか• 食欲が落ちていないか ゼーゼー、ズーズーしはじめる前に病院へ向かいましょう。 早めの治療が肝心です。 アレルギー アレルギーに関しては、獣医師さんの受診のもと、正確な検査をされることをおすすめします。 スナッフルなのか、アレルギーなのかわからない場合は、獣医師さんにまず診てもらいましょう。 ほこりが鼻に入る• ほこりやチモシーが多い環境に置かれていないか• 一時的なものであるか、ずっと続いているか• 鼻水は出ていないか 鼻水は出ていない、たまにくしゃみをするといった一時的なものでしたらほこりやチモシーが鼻に入ったのでしょう。 鼻水やくしゃみが続いていたらスナッフルやパスツレラ感染症を疑ってください。 パスツレラ感染症は人獣共通感染症なので人にも感染します パスツレラ感染症は 人獣共通感染症(じんじゅうきょうつうかんせんしょう)としての感染症でもあります。 パスツレラ感染症にかかった場合、• うさぎと密な接触をさけ距離をとる• ケージやトイレなども清潔に保つ 上記のふたつをまず心がけましょう。 まず、 くしゃみをしている、鼻水が出ているなどの症状があったらすぐに病院に連れていってください。 人にとってはなんてことないくしゃみですが、うさぎにとっては命にかかわることもあります。 「あれ、おかしいな?」と思ったら早めの診察を受けましょう。 そしてもうひとつ大事なのは、 うさぎさんにとってのストレスを軽減させることです。 ストレスは、• 環境的要因• 物理的要因• 精神的要因 などさまざまです。 室温は暑すぎないか、寒すぎないかをチェックしましょう。 大きな音がするところにはなるべくケージを置かない、飼育環境が変動しないよう、安定した環境で過ごせるようにするなどのうさぎさんへの配慮をしましょう。 関連記事 うさぎのくしゃみを予防する5つのルール うさぎさんのくしゃみは、日ごろのケアで予防することができます。 かわいいわが子のために、しっかり対策をとりましょう。 ケージを清潔に保つ まず、スナッフルの原因の多くとなるパスツレラ菌に感染しないために、ケージ内を毎日清潔に保ちましょう。 トイレはこまめに交換する• お皿も洗う• お水は毎日交換する 少しずつの積み重ねがスナッフルの予防となります。 水の飲み位置に気を付ける 私の体験談として、うさぎが水を飲んだ後にくしゃみをすることがたびたびありました。 獣医さんに話を聞いたところ、 「水や異物がつっかかるとくしゃみをすることがある」とのことでした。 水の飲み位置がよくなかったのが、つっかかっていた原因でした。 あなたのうさぎさんも水を飲みづらそうにしていませんか? つっかからないためにも、給水器の位置に気を付けてみましょう。 器官に入ると、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)になる可能性もあります。 水を飲んだ後にくしゃみをしていないか、よく観察してみましょう。 チモシーの粉をよくふるう うさぎさんも、チモシーの粉が鼻に入ったらくしゃみをします。 チモシーをあげる前に、粉をよくふるっておきましょう。 粉をふるうのは面倒というかたもいると思います。 そういう場合、粉を事前にふるってあるチモシーもあります。 「チモシーを食べているとくしゃみをよくしているな」、といううさぎさんでしたら、そちらを購入することをおすすめします。 ハウスダスト、ダニを増やさないようにする くしゃみの原因がアレルギーの場合、ハウスダストやダニを増やさないために、うさぎのケージ以外にも部屋全体をこまめに掃除しましょう。 掃除機をかける• 布団はひんぱんに干す などの対策をとるだけでも、ハウスダストやダニの増えかたは違いますよ。 毎日うさぎさんの体調チェックをする 毎日うさぎさんを気にかけ、体調チェックをすることで症状が重くなる前に病院に連れていくことができます。 私が普段おこなっている、うさぎに対しての体調チェックをご紹介します。 歯は伸びすぎていないか(不正咬合の予防)• しっかりとチモシー、ペレットを食べているか(食欲はあるか)• 水は飲んでいるか、または飲みすぎていないか• 変な歩きかたをしていないか• 毛並みはぼさぼさしていないか、毛づくろいはできているか• 鼻水は出ているか、くしゃみ、変な呼吸をしていないか• 体を丸めてじっとうずくまっていないか とくに、4と7はくしゃみと関係ないんじゃないの? と思うかもしれません。 実は私のうさぎは、 パスツレラ菌による斜頸(首が傾いて目がぐるぐるすること)が起こったことがあります。 そのとき、 変な歩きかたをしていたり、うずくまっていたりしました。 パスツレラ菌はくしゃみや鼻水のほかに、斜頸などの症状も引き起こす可能性や、おなかの調子をくずしたりもします。 日頃からくしゃみだけでなく、さまざまな視点からうさぎさんの体調をチェックしましょう。 免疫力が弱るとスナッフルだけでなく、いろいろな体調不良の兆しが見られます。 毎日細かくチェックすることが大事ですよ。 まとめ 今回はうさぎのくしゃみについてご紹介しました。 かわいいうさぎさんは、平気そうに見えて実は具合を悪いのを必死に隠す動物でもあります。 毎日細かくうさぎさんを見てあげることで、うさぎさんが具合悪くなるのを防ぐことができます。 「あれ、おかしいな?」と思う症状があったら、すぐに動物病院に連れていって診てもらってくださいね。

次の