新潟 小 2 女児 殺人 事件。 新潟女児殺害事件 逮捕の決め手は特殊なナンバープレートだった

新潟小2女児殺害事件とは

新潟 小 2 女児 殺人 事件

新潟小2女児殺人事件とはどのような事件でしょうか。 まずはこの事件の概要をご紹介します。 2018年5月7日、新潟市の小学2年生・当時7歳の大桃珠生さんが下校途中に誘拐され、首を絞められて殺害されました。 その後、被害者の遺体をJR越後線の線路内に遺棄し、電車に轢かせたとして被害者の近所に住む23歳の会社員、小林遼が逮捕されています。 その事件内容のショッキングさと残虐性からマスコミの取材は過熱を極めました。 マスコミの非常識な取材対応もまた、現在の報道の在り方に警鐘を鳴らすきっかけとなりました。 この新潟小2女児殺人事件が起こったのは2018年5月ということですから、多くの人にとっては記憶に新しい事件ではないでしょうか。 警察は遺体発見後、轢死に見せかけた殺人事件として新潟小2女児殺人事件の捜査を始めました。 下校中の時間帯や事故現場周辺の不審者情報がないか確認したところ、この新潟小2女児殺人事件の容疑者として小林遼の名が浮上したとのことでした。 捜査本部は過去に起こした事件や前科などをもとに、近所に住む小林遼を新潟小2女児殺人事件の容疑者のひとりとして早い段階からマークしていたようです。 新潟小2女児殺人事件当日、小林遼が会社を欠勤していたことも分かりました。 しかし、小林遼には同じような事件の前科があるというだけでなかなか決め手となる証拠がありませんでした。 証拠がないため捜査は難航します。 その後、寄せられていた黒い不審車両の目撃情報と、捜査本部が現場付近を通るタクシーや一般車両に依頼して確認を進めていたドライブレコーダーの映像とが一致し、それが決め手となって不審車両の特定に成功しました。 新潟小2女児殺人事件発生から1週間後の5月14日、捜査本部は近くに住む小林遼を死体遺棄と死体損壊の疑いで逮捕しました。 小林遼は被害者の大桃さんの自宅からわずか100メートルほどの距離に住んでいました。 小林遼には新潟小2女児殺人事件を起こす前にも複数の前科があり、その全てが女児に対するわいせつ事件ということでした。 新潟小2女児殺人事件で小林遼は、事故を装うために遺体を線路に置いたなどの容疑を認めており、その後、車内に被害者を連れ込んで首を絞めて殺害したことも供述し、殺害への関与を認めました。 犯人が捕まったことで近隣住民の不安はおさまりましたが、まさか近所に複数の前科を持つ男・小林遼が普通に暮らしていたなどとは夢にも思わなかったに違いありません。 新潟小2女児殺人事件直後の5月8日、奇妙な投稿がインターネット掲示板「2ちゃんねる」にありました。 2ちゃんねるへの投稿は4行にわたって書かれたもので、何気ない書き込みのようにも思えました。 しかし、頭文字を縦読みすると「犯人はK」というメッセージになり、新潟小2女児殺人事件に関与した犯人にしか分かりえない情報ではと物議を醸しました。 その後も犯人の住所と思われる場所のGoogle Mapが貼られたり、犯人は現場から近い場所に住んでいるなど2ちゃんねる上には新潟小2女児殺人事件の犯人を特定する情報が次々と寄せられました。 犯人が2ちゃんねるに投稿したのか、犯人の知人によるものなのか、ただの偶然なのかなどと様々な憶測が流れましたが、これについての真相は現在も解明されていません。 小林遼は3人兄弟の真ん中で、姉と弟がいました。 姉は20代後半、弟は10代後半のようです。 父親と母親は新潟小2女児殺人事件に関するマスコミの取材を受け、それぞれインタビューに応じています。 弟についても平日の昼間にインタビューを受けていたようなので、小林遼の弟は大学生ぐらいなのではと言われていました。 また、弟とは対照的に、小林遼の姉はマスコミの前に一切姿を現わしませんでした。 年齢的にも社会人ですし、会社に迷惑がかかるから表に出ないようにしていたのか、それとも結婚が決まっていたのかもしれません。 いずれにしてもその後、小林遼は逮捕されていますから、新潟小2女児殺人事件を起こした犯人の兄弟ということで世間の注目を浴びてしまったことは確かです。 小林遼は新潟小2女児殺人事件を起こす前まで、遺体遺棄現場からすぐ近くの実家で暮らしていました。 被害者の女児の自宅からは100メートルほどの場所です。 近所の方のインタビューでは小林遼の両親は、前述のとおり30年以上前からこの場所に住んでいたようです。 長年住んでいる場所なのでご近所付き合いなども多少なりともあったでしょう。 近所に住む男性は、小林遼について数年前まですれ違えば挨拶をしてくれる子だったが、最近あまり見かけなくなったと言っていました。 自宅のすぐ近くの線路に遺体を遺棄した小林遼ですが、自宅と被害者宅、遺体遺棄現場のあまりの近さには驚きを隠せません。 普通は発覚を恐れ、離れた場所に遺棄することを考えるものです。 ましてや小林遼には同じような事件を過去に起こしたという前科もあるのです。 この点から新潟小2女児殺人事件は小林遼の衝動的な欲望で無計画に起こされた事件であったことがみてとれます。 小林遼は会社の同僚や近所の人からの評判は良かったようで、会社での勤務態度も至って真面目であったといいます。 職場の飲み会には必ず参加して同僚とコミュニケーションをとっていたため、小林遼は会社の中で浮いた存在ということもなかったのでしょう。 同僚は小林遼が新潟小2女児殺人事件のような卑劣な犯罪を犯す人間とは微塵も思っていなかったようで、小林遼に裏の顔があるということを周囲の人達は全く知りませんでした。 もちろん、小林遼に前科があったことなど知る人は誰もいません。 新潟小2女児殺人事件の取り調べの中で、小林遼は被害者と面識が無かったと主張しました。 この発言からいえば、新潟小2女児殺人事件はかわいい女児なら誰でも良かったという無差別犯罪であり、自分の欲求が満たせれば大桃珠生さんでなくとも他の女児でも良かったということです。 小林遼は新潟小2女児殺人事件において女児を無差別に狙っており、これには女児への興味や過度のロリコンが影響していました。 同級生の証言によると、小林遼は学生時代からロリコンと呼ばれていたようです。 同時にアニメオタクであるという声も上がっていました。 アニメオタクといっても偏りがあったようでアニメに出てくる美少女のオタクという印象が強かったようです。 新潟小2女児殺人事件では、小林遼が下校途中のかわいい女児を物色している中で不幸にも偶然通りかかった被害者・大桃珠生さんを発見したことが最悪の結果を引き起こしました。 新潟小2女児殺人事件を起こした小林遼の動機はまぎれもなく被害者への性的関心、過度なロリコンによるものでした。 この新潟小2女児殺人事件で被害者を誘拐、殺害し、遺体を遺棄するという残忍な犯行に及んだ小林遼には前科というべき出来事が複数ありました。 新潟小2女児殺人事件を起こす直前、1ヶ月程前に別の女児に対するわいせつ事件を起こし、青少年育成条例法違反で書類送検されています。 このことが原因で、今回の新潟小2女児殺人事件の捜査ではいち早く捜査線上に浮上していました。 それどころか、事件の起こった新潟だけではなく、山形でも児童がらみで摘発を受けていたことが分かっており、一部では女子中学生を連れ回した疑いで書類送検されたとの情報もあります。 複数の犯罪での書類送検はいずれも女児に関する容疑であり、女児に対する異常な関心や性癖が新潟小2女児殺人事件という大事件を起こしてしまった最大の原因でしょう。 小林遼には、新潟小2女児殺人事件を起こす前に複数の事件で書類送検の前科がありました。 それも相手はいずれも女児という点には一貫性があり、これは小林遼がロリコンであるという証拠にほかなりません。 実際に学生時代に同級生からもオタクでロリコンという評判であったことがわかっています。 勤務先の社員旅行では別の社員が連れてきた女児の相手を積極的に行なう姿も目撃されていました。 この時、何も知らない同僚達は、子供が好きなのかなという程度の印象を持っていただけで特別気にしていなかったようです。 しかしその後、新潟小2女児殺人事件直前の小林遼については、女児に対する行動や興味が異常だったと周囲の人は語っています。 女児への興味に歯止めがきかなくなっっていった結末が、この新潟小2女児殺人事件なのです。 新潟小2女児殺人事件の犯人・小林遼は、その後の調べでかなりのアニメオタクだったということが明らかになりました。 学生時代は仲間と集まり、アニメトークを繰り広げる程のオタクだったといいます。 特に漫画やアニメに出てくる美少女好きは強烈で、アニメオタクというよりも「美少女オタク」という表現のほうがより近いようです。 新潟小2女児殺人事件の犯人・小林遼がアニメオタクだったことはマスコミに大々的に報じられました。 猟奇的な犯罪を起こした犯人の趣味がアニメであるとマスコミが一斉に報じたことによって「アニメオタクは犯罪予備軍」などの極論も浮上し、オタクへの風当たりは相当強くなりました。 アニメオタク達からは迫害だという声が上がり、ネット上は一時騒然となりました。 新潟小2女児殺人事件が世間に与えた衝撃は様々な余波を残しました。 小林遼は逮捕後、新潟小2女児殺人事件の犯行動機について車で女児にぶつかったため、パニックになり首を絞めたと供述しました。 しかしその後の新潟小2女児殺人事件の取り調べで、遺体には衝突による痕跡はなく、この供述が嘘であったことが分かっています。 小林遼は、新潟小2女児殺人事件は偶発的な事故であると偽装していたのです。 大桃さんの名前について聞かれた際も、事件後の報道で初めて知ったとしていましたが、一部の同級生は以前、小林遼が大桃さんと遊んでいる姿を目撃したことがあると言っています。 真相は定かではありませんが、その後の捜査においても、犯行計画は連休中に練られたものでそれを実行するために仕事を欠勤して犯行に及んだ可能性が高いと捜査関係者はみていたようです。 新潟小2女児殺人事件の犯人・小林遼は両親と姉、弟がいる5人家族でした。 小林遼の逮捕前、父親はマスコミのインタビューを受けていました。 内容は事件当日に不審車両を目撃したかどうかや、家族構成についてなどでした。 まさか自分の息子がこの新潟小2女児殺人事件の犯人とは思いもしなかった様子でマスコミの取材に淡々と応じる姿が印象的でした。 また、その後数日が経ち、小林遼が新潟小2女児殺人事件の容疑者として任意同行された後、小林遼の自宅では母親や弟もマスコミの取材に対応してました。 家族は小林遼は仕事に行っていると答えており、事件へ関与しているとは全く思っていなかった様子でした。 新潟小2女児殺人事件を起こした後、マスコミに対応する家族の姿からは、小林遼が仕事にも行かずにふらふらしていたなんて思いもしていなかったようです。 小林遼は新潟小2女児殺人事件の後から行方不明になっていました。 家族はマスコミの取材に言葉少なではあるものの対応しています。 しかし、小林遼に前科があったことやアニメオタクやロリコンであったことなど家族が全く知らないわけがありません。 新潟小2女児殺人事件以降、行方不明の小林遼の犯行であることを家族が気づいていた可能性は高いです。 この場所には30年以上住んでいた一家ですが、このような事件を起こした犯人の家族となればもうこの場所で暮らしていくことは困難でしょう。 被害者宅とは100メートルの距離しかなく、被害者家族の気持ちを考えれば引越もやむなしといったところでしょう。 一家が現在、どこで生活をしているかは明らかではありません。 どこか別の場所で生活していて、家族はバラバラに分かれて居住している可能性もあります。 新潟小2女児殺人事件を取材していた当時のマスコミについては、被害者家族や近隣住民への配慮が欠けていると非難が殺到しました。 新潟小2女児殺人事件は、被害者が下校途中に自宅までわずか300メートルの場所で行方不明となり、その後、線路内に遺棄されるという残虐でショッキングな事件内容であったことからマスコミの取材合戦が過熱しました。 当初は新潟小2女児殺人事件の犯人を特定する手掛かりも少なく、近隣住民の不安は日に日に高まっていました。 そんな中、女児が電車にはねられた現場が連日テレビに映し出されていたり、被害者宅の前から平然と中継をする番組があったりと被害者家族や近隣住民への配慮のかけらもないマスコミの対応が問題になりました。 新潟小2女児殺人事件で犯人逮捕から数日後、被害者家族はマスコミにコメントを出し、各局の報道番組はこのコメントを取り上げました。 大切な存在である娘を思いがけない形で失った現在、悲しみに暮れている。 犯人が捕まっても娘はもう戻ってこないなど悲痛な思いを吐露する内容でした。 新潟小2女児殺人事件当初は、マスコミの過剰な取材攻撃は犯人家族のみならず被害者家族に対しても同じでした。 コメント末尾には、家族や親族への取材は控えてほしいというマスコミへの苦情もありました。 非常識な取材は被害者家族の心身をさらに追い込みました。 その後、マスコミの取材は次第に沈静化していきました。 現在、被害者家族の生活や近所の様子も日常を取り戻しつつあるといった状況でしょう。 しかし、被害者家族の悲しみは現在も癒えることはありません。 アニメオタクやロリコンに偏見を持つのは決してよい考えではありません。 個人的な趣味や嗜好の範疇の話であれば本来、誰もとやかく言う筋合いなどないはずです。 しかし、その範疇を超えてそれが世の中を震撼させる重大事件を起こした犯人の隠れた素顔であったと知った時、人は拒絶に近い感覚を覚えます。 新潟小2女児殺人事件を起こした犯人・小林遼には女児わいせつ絡みで過去に複数の前科がありました。 これはもうロリコンやオタクという域を超えた性的異常者です。 性犯罪は再犯率が非常に高い犯罪と言われています。 小林遼の複数の前科からも分かるように、異常な性癖を治すことはほぼ無理であると考えるのが妥当でしょう。

次の

【法廷から】被害者1人の犯行に死刑判決は 新潟女児殺害公判(1/3ページ)

新潟 小 2 女児 殺人 事件

小林遼の家族と両親 この新潟小2殺人事件の犯人である 小林遼は 当時まだ小学2年生でわずか7歳の女児を 殺害後、線路上に遺体を遺棄し 普通列車にはねさせた凶悪犯ですが 彼の家庭環境はどのようなものだったのでしょうか? 彼の家族は 両親の他に 姉と弟がいることも明らかになっており 姉の方は20代後半。 弟は10代後半とのことです。 父親は 彼が逮捕される前の 事件があった翌日に マスコミによるインタビューを受けており その時点では まだ息子が犯人だと思っていないのか 淡々と答えていました。 まさか自分の息子が犯人だとは おそらく思っていなかったのかもしれませんが その後、彼が容疑者として浮上した直後のインタビューには 母親が応じており 息子の居場所や 彼から連絡があったかどうか聞く記者に対して 言葉少なめに 「仕事に行ってると思います」 「いえ」 といった風に返事をしています。 そもそも 小林遼は事件発生の前月4月に 別の女児児童へのわいせつ行為で 書類送検されていますし 事件当日から行方不明で 連絡がとれなくなっていたらしいので 家族も薄々勘付いていたと思います。。。 この一家は30年以上前から この新潟市西区小針上山に 住んでおり 犬を3匹も飼っているそうですが こんなことになってしまった以上 引っ越しは避けられそうにないでしょう。 被害者側にとって 決して許すことができない内容の事件ですし 小林遼は 車で女児とぶつかる事故を起こして パニックになったのが犯行の動機だったと供述していますが 遺体の司法解剖の結果 そのような痕がみられなかったとのことなので この期に及んで このような嘘と思われる供述をしていたり パトカーでの連行時に笑みを浮かべていたりで 世間からの憎しみを 更に増幅させてしまってます。。。 彼のせいで 両親はおろか 20代後半の姉も もしも関係性がバレたら ウワサや誹謗中傷が起きて 職場を辞めざるを得ない状況になるでしょうし 結婚していたら 場合によっては離婚になる可能性も考えられます。 10代後半の弟にしても 出身地と小林という苗字から 関係性を疑われて かなり生きづらい状況になると予想されます、、、 過去に 4人もの幼い女児を手にかけた 連続幼女誘拐殺人事件の犯人 宮崎勤の家族は 父親は飛び降り自殺をし 二人の妹と弟はそれぞれ婚約解消や退職、退学 さらに親戚にまで世間のバッシングは広がり 数人が退職や離婚に至ったそうです。。。 小林家もこのような道を辿るのでしょうか・・・ それに賠償金の問題もあります。 今回は殺人に加えて 電車にはねさせているので かなりの高額になると思われますが しっかり向き合って支払いに応じるのでしょうか? 少年犯罪の加害者家族の8割~9割は 夜逃げ同然に逃げて 賠償金を踏み倒すと言われていますが 今回も同じような手段に出るのでしょうか? 仮に賠償金を踏み倒せたとしても 周囲の人間から完全に縁を切られて 生活が破たんしているケースが多いそうですから どっちにしても 待ち受けているのはかなり困難な現実みたいです。。。 小林遼の家族は悪いのか 新潟小2殺人事件という 凄惨な事件の犯人である 小林遼ですが 彼の家族や両親に罪はあるのでしょうか? 仮に彼が 一人っ子なら親の教育が間違っていたということで 責められるかもしれませんが 長女と次男は犯罪者になっていませんから 一概にそうとは言えないのかもしれません。 デリケートな問題で賛否両論あると思いますが 被害者でもない人間が 執拗に加害者家族を追い詰めるのは 誉められたものじゃないと私は思います。 この家族の今後を考えると 大変だろうとは思いますが 一番辛いのは被害者側ですし 小林遼の人格を形成した責任も 少なからず確実にあるということは忘れないでほしいです。 被害者のご冥福をお祈りいたします。

次の

新潟小2女児殺害事件

新潟 小 2 女児 殺人 事件

集団ストーカーが代名詞の団体は全員が集団ストーカーです。 よくマスクを着用します。 日本でよくマスクが売れるのはこの団体が箱買いしているからです。 )こいつらモラルがないから。 情報漏えいおかまいなしだよ。 職場にこいつらがいたら、気をつけてね。 集団ストーカー被害者は全国に数万人います。 集団ストーカーは被害者が死ぬまで続けます。 なぜなら、集団ストーカーは加害者団体の宣伝だそうです。 ご近所に住んでいます(集団ストーカーの一員です。 )盗聴を続けています。 長年) 違法電波でネットの遮断を行い 記録あるから)。 (長年)PCに不正に侵入しようとしています。 (長年)(邪魔をしようとしているのは、スピードでわかるんだよ) 違法電波で家電を使用できなくしようとしています。 長年)通称殺人通りに暴走車を今までに数万台は走らせています。 長年)(おまえらの仲間が暴力団に依頼したこと、 世間でばればれになっているんだが? 殺人未遂で逮捕される可能性のある人物です。 ) なんでここの会員が全員正体を隠しているのか?正解は、全員が暴力団関係者だからです。 おい、そんなに日本人が憎いのかよ!もしくは出が悪いんだな!集団ストーカーいい宣伝になるな! 毎回お金が、団体からもらえるんだってな! 同級生と遊ぶために空き家についていったんじゃなくて、さらわれる段階で首を絞めて気絶ないし死亡。 平均体重2、30キロ程度の年齢だから出会い頭に首を絞めて声を出せなくして車に引きずり込むなんて馴れてれば恐らく数秒~十数秒で出来る。 ご遺体を持って彷徨く訳にもいかないから空き家へって所だろう。 あとから口を塞いだのは気がついたか蘇生したか念のためだろう。 生物として気持ちが悪いから遺棄した可能性もあったけど、傷が少ないらしいランドセルは投げ入れてないようだし。 ご遺体は偽装工作するために線路に水平にご丁寧に置いたことから結構衝動的ではない振り切れた悪性を感じる。 冗談抜きで前にあったのは犠牲者かもしれないな。 倒錯しているとはいえ対象に思いを向ける程度なら例え誤魔化すためであっても生物の遺体を運ぶとか触るとか多分無理やで。 変質者とこれの犯人は一年前から四回という周期的に見ても同じじゃない気さえする。

次の