製造番号 スマホ。 デバイスのシリアル番号を調べる

携帯識別番号 製造番号 FOMAカードの送信

製造番号 スマホ

この記事の目次• 【iPhone・Android】箱のラベルで確認する方法 もしあなたが、今使っているスマホの箱を持っていれば、確認するのはすごく簡単です。 ほとんどのスマホの箱には、IMEIが書かれたラベルが貼られています。 そこをチェックすれば、 スマホを操作しなくてもすぐに番号がわかります。 それでは、箱のどの辺を見ればいいのか、画像を見ながらチェックしていきましょう! 僕が今持っているのはiPhoneなので、iPhoneの箱を使って説明しますね。 スマホが入っていた箱の側面・裏面をチェックする 基本的に、 箱の側面か裏面のどちらかにラベルが貼られています。 いろいろな番号が書かれているので、すぐにわかるはずです。 iPhoneの場合は、裏面にラベルが貼られています。 ラベルのサンプルはこちら。 この15桁の番号が、IMEI(製造番号)です。 箱をひっくり返してみるだけなので、操作が苦手な方にもおすすめの方法ですね。 iPhoneでIMEIを確認する方法 もし箱を持っていなかったり、捨ててしまったときには設定画面から確認しましょう! iPhone・Androidのどちらでも確認できるので、安心してくださいね。 まずはiPhoneの確認方法から説明していきます。 iPhoneの設定画面でチェックするので、まずは ホーム画面の設定アイコンをタップしましょう。 次に、ちょっとだけ下にスクロールして「一般」という項目をタップします。 次に、一番上にある「情報」という項目をタップします。 いろいろな情報がたくさん並んでいるので、下のほうへスクロールします。 すると「IMEI」という項目があるので、そこをチェックしてください。 15桁の数字が並んでいるはずです。 これがIMEIで、 あなたのiPhoneだけに割り振られた唯一の番号です。 IMEIであなたのiPhoneが特定できてしまうので、 不用意に公開しないようにしてくださいね。 AndroidでIMEIを確認する方法 次は、AndroidのスマホでIMEIを確認する方法です。 僕はAndroidのスマホを持っていないので、今回は家族に貸してもらいました。 ここでは、ZenFoneという機種のメニュー画面で説明しています。 ほとんどのAndroidで似たようなメニュー画面ですが、 微妙に項目名が違ったりします。 例)「端末の状態」が「端末状態」だったりする もし項目名がちょっと違っても、そのまま気にせず進めてみてください。 それでは、まずは設定画面を開くために ホーム画面の設定アイコンをタップしましょう。 次に、下のほうまでスクロールして「端末情報」という項目をタップします。 次に、「端末の状態」という項目をタップします。 次に、「IMEI情報」という項目をタップします。 すると、「IMEI」という項目があるので、その番号をチェックしてください。 「IMEI」には、15桁の番号が表示されています。 このIMEIが、 あなたのスマホだけに割り振られた唯一の番号です。 iPhoneと同じように、この番号であなたの端末が特定できます。 不用意に公開しないように注意してくださいね。 どんなときにIMEIは必要なの? ここまで、どうやってIMEIを確認すればいいのか説明してきました。 では、そのIMEIはどんなときに使うのでしょうか? 実は、IMEIが必要なときって、それほど多くはありません。 基本的には、次の3つのパターンでIMEIが必要になります。 スマホの保証・問い合わせをするとき• 自分でSIMロック解除の手続きをするとき• ネットワーク利用制限の状態を調べるとき 1つずつ、順番に説明していきますね。 【1】スマホの保証・問い合わせをするとき まず1つめは、あなたが使っているスマホの保証や問い合わせのときに必要です。 メーカーに電話で問い合わせするなら、自分でIMEIを調べなければいけません。 ショップなら店員さんが調べてくれるので、自分で調べなくても大丈夫です。 僕もiPhoneの修理保証を受けたときに、メーカーからIMEIを聞かれました。 スマホの保証・問い合わせをするときには、 あらかじめIMEIを確認しておくとスムーズです。 【2】自分でSIMロック解除の手続きをするとき 2つめは、自分でSIMロック解除の手続きをするときに必要です。 なので、スマホの操作に慣れている方はやってみてもいいかもしれません。 ちょっと難しそうかな?と感じたら、無理せずにショップに頼むようにしましょう。 ショップでSIMロック解除してもらうなら、IMEIは調べなくてもOKです。 手数料は3,000円かかりますが、店員さんにすべておまかせできます。 SIMロック解除の方法は、以下の記事でもっとくわしく説明しています。 興味がある方は、チェックしてみてくださいね。 ネットワーク利用制限とは? スマホを分割払いで購入したときに、ネットワーク利用制限の仮状態になります。 あなた自身がスマホを購入して、しっかり支払いを続けていれば気にしなくてOKです。 ネットワーク利用制限は、どんなときに注意すればいいの? 中古のスマホを購入するときなど、利用制限には注意したほうがいいですね。 もし前のユーザーが支払いをしないまま放置していたら、制限される可能性が高いです。 制限されてしまうと、インターネットなどのデータ通信がほぼできなくなります。 また、一度制限されてしまったら二度と解除することはできません。 僕の個人的な意見としては、 できるだけ中古スマホはやめておいたほうがいいと思います。 確かに安いかもしれませんが、トラブルの原因がかなり多いです。 【まとめ】必要なときにIMEIを確認できればOK IMEIは、すべての人が知っておく必要はありません。 あなたがやりたい手続きに必要なときだけ、IMEIをチェックすれば大丈夫です。 最後に紹介した3つの手続きのうち、1つでも当てはまりそうなら知っておいて損はありません。 スマホの保証・問い合わせ• 自分でSIMロック解除の手続き• ネットワーク利用制限の状態チェック あなたの希望や目的にあわせて、IMEIを調べるようにするのがベストではないでしょうか? IMEIと格安SIMってなにか関係はあるの? IMEI(製造番号)は、格安SIMを使うときになにか関係はあるのでしょうか? 実は、 IMEIと格安SIMにはなにも関係はありません。 ここまでの説明を見てわかってもらえたとおり、格安SIMの乗り換えにIMEIは不要です。 格安SIMって難しい単語がおおくて、どうすればいいのかわからなくなりませんか? 難しく感じる理由は、 いろいろな情報がバラバラになっているからです。 そこで、格安SIMへ乗り換える条件・方法をすべてひとまとめにした記事を書きました。 必要なことだけをぎゅぎゅっと凝縮して、誰にでもわかりやすく説明しています。 わかりやすく、使いやすい• コミュニティが活発で、たくさんの人が満足している• 10分かけ放題が使える• 家族みんなでまとめて使える• 4種類のデータシェアを無料で使える 使いやすくて、コミュニティも活発 マイネオは、プランがシンプルでとても使いやすい格安SIMです。 わかりやすい画像つきマニュアルがもらえるので、初めての方でも安心です。 専用のコミュニティもとても活発で、 たくさんの人が満足して使っているのがわかります。 顧客満足度No1も達成したので、人気がある格安SIMなのは間違いありません。 10分かけ放題が使える 10分かけ放題があるので、たくさん電話をしたい方にも向いています。 料金と通話時間のバランスが良くて、コストパフォーマンスのいいかけ放題です。 誰とでも何度でも電話できるので、通話する回数が多ければ多いほどお得に使えるでしょう! 家族みんなでまとめて使える マイネオには家族割があるので、家族で使いたい方にも便利です。 同じ名義で5つまで複数回線を持つことができるし、別名義で契約するのもOKです。 別名義で契約したとしても、家族割はちゃんと適用できます。 家族みんなで使いたいときにも、マイネオなら柔軟に対応できるでしょう。 4種類のデータシェアを無料で使える マイネオでは、4種類のデータシェアをすべて無料で使うことができます。 誰でも好きな人にパケットをプレゼントしたり、グループに登録してシェアする方法もあります。 家族でも友達でもシェアできるので、かなり制限は少ないといえます。 さらにフリータンクを利用すれば、ほかのユーザーが貯めたパケットをもらうことができます。 1ヶ月で最大1,000MBまでもらうことができるので、容量が足りないときも安心です。 あなたがパケットを余らせたときは、フリータンクに貯めることもできます。 コミュニティの人たちみんなで助け合えるのが、マイネオの大きな特徴ですね! 最後まで答えていただき、ありがとうございました! あなたの希望に合わせて選ぶなら、楽天モバイルがおすすめです! 【楽天モバイル】ポイントがどんどん貯まってお得! 楽天モバイルの特徴をまとめると、こんな感じです。 楽天ポイントが毎月もらえる• 楽天市場で買い物をしたとき、ポイントが+1倍になる• 5分かけ放題がある• かけ放題とデータ通信のセットプランがある 楽天ポイントがどんどん貯まる! 楽天モバイルでは、月々の支払い100円につき1ポイントがもらえます。 いつもどおり使っているだけでポイントが貯まるので、とてもお得な格安SIMです。 また、楽天市場でお買い物をするときにも、ポイントが+1倍になります。 楽天市場にはいろいろな商品があるので、ポイントの使いみちにも困りません。 日本最大級のECモールである楽天だからこそ、お得に使えるのが嬉しいですね! 格安SIMのシェアNo1という実績も、楽天ポイントのメリットが大きいからだと思います。 5分かけ放題とデータ通信のセットプランが便利 楽天モバイルには、5分かけ放題とデータ通信のセットプランがあります。 「スーパーホーダイ」というプランで、電話とデータ通信をバランスよく使うことができます。 5分かけ放題は、オプションで選ぶことも可能です。 データ通信をそこまで使わない方は、オプションのほうがいいかもしれません。 誰とでも何度でも電話できるので、通話する回数が多いほどメリットは大きくなります。 「スーパーホーダイ」では、データ容量がなくなっても最大1Mbpsの速度で通信できます。 ほかのプランと比べると、 約5倍の速度が出るということになります。 データ容量をすぐ使い切ってしまう方でも、安心して使えるプランですね! 最後まで答えていただき、ありがとうございました! あなたの希望に合わせて選ぶなら、LINEモバイルがおすすめです! 【LINEモバイル】SNSがカウントフリー!音楽聴き放題もあり LINEモバイルの特徴をまとめると、こんな感じです。 SNSのデータ通信が使い放題になる• LINEアプリの年齢認証ができる• 音楽聴き放題を利用できる• 月額基本料が初月無料 SNSのデータ通信が使い放題になる LINEモバイルの大きな特徴は、いろいろなSNSが使い放題になることです。 対象サービスは、 LINE・Twitter・Facebook・Instagramです。 人気のサービスばかりなので、あなたも使ったことがあるのではないでしょうか? ここでいう使い放題とは、いわゆるカウントフリーと同じです。 対応したSNSのデータ通信が、カウントされなくなります。 どれだけSNSに画像・動画をアップロードしても、 あなたのデータ容量は減らなくなります。 ダウンロードもカウントされないので、よくSNSを見ている方にもお得な機能です。 しかもLINEモバイルなら、LINEアプリの年齢認証ができます。 年齢認証ができると、ID検索を使えるようになります。 年齢認証に対応している格安SIMは、実はほとんどありません。 なので、LINEモバイルは貴重な選択肢といえるでしょう。 音楽聴き放題を利用できる SNSだけでなく、音楽聴き放題を利用することもできます。 プランによって有り無しを選べるので、あなたの希望に合わせて選んでみてはどうでしょうか? 音楽聴き放題を利用すれば、 提供されている楽曲をすべて聴くことができます。 よく音楽を楽しんでいる方ほどお得なので、気になる方は検討してみるといいかもしれません。 月額基本料が初月無料 使い始めるときに嬉しいのが、初月無料で利用できることです。 LINEモバイルのプラン料金の幅は、月額500~3,520円くらいです。 もし最高値のプランを使ったとすれば、 3,520円も割引きされます。 あとから無料でプラン変更もできるので、まずはお試しとして使うこともできますね! 最後まで答えていただき、ありがとうございました! あなたの希望に合わせて選ぶなら、BIGLOBEモバイルがおすすめです! 【BIGLOBEモバイル】動画サイトが見放題!エンタメを楽しめる BIGLOBEモバイルの特徴をまとめると、こんな感じです。 動画・音楽サイトのデータ通信が使い放題になる• 家族みんなで使える• セット購入できるスマホの種類が多い 動画・音楽サイトのデータ通信が使い放題になる BIGLOBEモバイルの最大の特徴といえば、エンタメフリー・オプションです。 このオプションでは、動画・音楽サイトのデータ通信が使い放題になります。 使い放題とは、いわゆるカウントフリーと同じです。 対象サービスなら、 どれだけ通信してもデータ容量が減らなくなります。 対象サービスをすべてまとめると、こんな感じです。 YouTube• YouTube Kids• Abema TV• Apple Music• Google Play Music• Spotify• AWA• radiko. Amazon Music• U-NEXT 使い放題の注意点 使い放題になるのは、データ通信だけです。 有料の課金コンテンツは、別途支払いが必要です。 例)Abema TVのプレミアム会員、Apple Musicのコンテンツ課金など 大人気のYouTubeやAbemaTVも対象なので、好きなだけ動画を楽しむことができます。 動画をたくさん見ていると、 月に10GB以上も消費してしまうこともよくあります。 使い放題オプションなら、YouTubeをいくら見たとしてもデータ容量は減りません。 動画をがっつり見たい方も、これなら安心して使えますね! たくさん見る人ほどお得になるので、ぜひ活用したいところです。 家族みんなで使える BIGLOBEモバイルでは、1つのプランに複数のSIMカードを追加できます。 シェアSIMというオプションで、1つのプランのデータ容量を共有して利用します。 契約するのは1人だけでいいので、 お父さんやお母さんの名義だけで使うことができます。 お子さんのSIMカードを追加してあげれば、みんなで使うことができますよ。 5枚までSIMカードを増やすことができるので、最大5人で1つのプランを共有できます。 セット購入できるスマホの種類が多い BIGLOBEモバイルには、かなり豊富な種類のスマホが用意されています。 高級モデルからお手軽価格のスマホまで、幅広いラインナップが揃っています。 新しいスマホで使いたいときにも、 好みに合わせて自由に選ぶことができるでしょう。 分割払いにも対応しているので、最初の負担をグッと減らすことができます。 最後まで答えていただき、ありがとうございました! あなたの希望に合わせて選ぶなら、Y! mobile(ワイモバイル)がおすすめです! 【Y! mobile ワイモバイル 】無制限かけ放題と高速データ通信! ワイモバイルの特徴をまとめると、こんな感じです。 無制限のかけ放題がある• データ通信が高速• Yahoo! ショッピング、LOHACOでポイントが貯まる 無制限のかけ放題がある ワイモバイルには、無制限のかけ放題があります。 誰とでも、何度でも、何時間でも通話できるのが大きな特徴です。 無制限のかけ放題は、格安SIMのなかでは ワイモバイルだけにしかありません。 なので、とても貴重な選択肢といえるでしょう。 かけ放題の料金はすこしだけ高めですが、何時間でも通話し放題のメリットは大きいでしょう。 長時間の電話をたくさんする方ほど、お得に使えるサービスですよ! データ通信が高速 ワイモバイルは、格安SIMのなかでも特に高速なデータ通信ができます。 ソフトバンク回線ならワイモバイル、au回線ならUQモバイルといった感じです。 どちらも同じくらい速いので、お好きな方を選ぶのがいいと思います。 快適にインターネットができるのはもちろん、動画もサクサク再生できますよ。 Yahoo! ショッピング、LOHACOでポイントが貯まる ワイモバイルのスマホなら、 Yahoo! ショッピング、LOHACOのポイントがいつでも5倍です。 とても有名な通販サイトなので、あなたも利用したことがあるかもしれません。 Yahoo! ショッピングは、楽天市場のようにたくさんの商品が販売されています。 LOHACOでは、食料品・生活用品などを中心として販売されています。 どちらもうまく活用すれば、いろいろな種類の商品をお得に買うことができるでしょう! 【注意点】「スマホプランS/M/L」には2年縛りあり ワイモバイルの注意点として、2年縛りがあります。 最後まで答えていただき、ありがとうございました! あなたの希望に合わせて選ぶなら、OCNモバイルONEがおすすめです! 【OCNモバイルONE】2種類のかけ放題がある!セットもお得 OCNモバイルONEの特徴をまとめると、こんな感じです。 2種類のかけ放題から選べる• 家族みんなで使える 2種類のかけ放題から選べる OCNモバイルONEには、10分かけ放題とトップ3かけ放題があります。 トップ3かけ放題では、その月で通話料が高かった上位3番号の通話料が0円になります。 たくさんかける番号が3つまで無料になるので、特定の人によく電話する場合におすすめです。 あなたの希望に合わせて、2種類のかけ放題を比較してみてはどうでしょうか? OCNモバイルONEの便利なところは、10分かけ放題・トップ3かけ放題をセットにできる点です。 かけ放題ダブルというセットで、料金も大幅に割引きされます。 どちらかのかけ放題を選ぶこともできますが、セットで利用したほうがずっとお得です。 10分までなら何回でも電話できるし、10分以上の通話も3番号までなら無料になります。 使いやすさがグッと広がるので、たくさん電話するならぜひ活用したいところですね! 家族みんなで使える 容量シェアを使えば、最大5枚までのSIMカードでデータ容量を共有できます。 たとえば、家族みんなで使いたいとき、複数の端末で使いたいときに便利です。 1つのプランをみんなで共有できるので、ひとまとめに管理できるのが良いところですね! 名義人は代表者1人だけでOKなので、手続きも簡単です。 お父さんやお母さんが名義人になれば、小さなお子さんも安心して使うことができます。 最後まで答えていただき、ありがとうございました! あなたの希望に合わせて選ぶなら、UQモバイルがおすすめです! 【UQモバイル】au回線で高速なデータ通信ができる! UQモバイルの特徴をまとめると、こんな感じです。 データ通信が高速• 5分かけ放題・無料通話を選べる データ通信が高速 UQモバイルは、格安SIMのなかでも特に高速なデータ通信ができます。 au回線ならUQモバイル、ソフトバンク回線ならワイモバイルといった感じです。 どちらも同じくらい速いので、お好きな方を選ぶのがいいと思います。 快適にインターネットができるのはもちろん、動画もサクサク再生できますよ。 5分かけ放題・無料通話を選べる UQモバイルでは、5分かけ放題と無料通話のどちらかを選ぶことができます。 無料通話は、プランによって最大60~180分まで通話できます。 かけ放題ではないので、その月の無料通話を使い切ったあとは通話料がかかります。 電話する回数は少ないけど通話時間が長ければ、無料通話プランのほうが使いやすいでしょう。 5分かけ放題と無料通話のプラン料金は同じなので、使い方に合わせて選んでみてはどうでしょうか? 【注意点】「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」には2年縛りあり UQモバイルの注意点として、2年縛りがあります。 最後まで答えていただき、ありがとうございました! あなたの希望に合わせて選ぶなら、IIJmioがおすすめです! 【IIJmio(みおふぉん)】たくさんのSIMカードを追加できる! IIJmio(みおふぉん)の特徴をまとめると、こんな感じです。 家族みんなで使える• データ通信の大容量オプションがある• セット購入できる端末の種類が多い 家族みんなで使える IIJmioでは、1つのプランで複数のSIMカードを使うことができます。 音声通話SIMは5枚まで、データ通信SIMも含めると最大10枚まで発行できます。 これだけの枚数が使えるので、たくさんの人数でも余裕を持って使うことができるでしょう! プランは1つだけので、名義人も1人でOKです。 SIMカードを追加すれば、お子さんもすぐにスマホを使うことができます。 スマホに使ったり、タブレットやモバイルルーターに使うことも可能です。 いろいろな用途で使いたいときにも、プランを1つに絞れるので管理がしやすくなります。 みんなで使うときも1人で使うときも、IIJmioなら柔軟に対応できると思います。 データ通信の大容量オプションがある たくさんのSIMカードを追加したときに嬉しいのが、大容量オプションです。 IIJmioには、 20GB・30GBのデータ容量オプションが用意されています。 必要に応じて、このオプションを追加することもできます。 両方のオプションを組み合わせれば、なんと50GBも増やすことが可能です。 ほかの格安SIMよりも圧倒的に大容量なので、たくさん使いたい方も安心です。 人数が増えたとしても、データ容量が少なくて困ることもなくなるでしょう。 セット購入できる端末の種類が多い IIJmioには、幅広いラインナップの端末があります。 高級モデルからお手軽価格のスマホまで、 好みに合わせて自由に選ぶことができます。 スマホだけでなく、タブレット・モバイルルーターもセット購入が可能です。 分割払いにも対応しているので、最初の負担をグッと減らすことができるでしょう。 公式で用意してある端末なので、安心して使うことができます。

次の

スマホのIMEI(製造番号)を確認する方法【iPhone・Android】

製造番号 スマホ

このようにAndroidではあまり登場するシーンの少ない情報ですが、いざ必要となった際に備え調べ方を知っておくと便利です。 そこで本記事では、Androidのシリアル番号や製造番号を調べる方法を紹介します。 「Androidの画面操作ができない」・「手元にAndroidがない」など、様々なケースを想定した調査方法も記載しているので、ぜひご覧あれ。 Xperia Z1のバーコード例。 梱包箱を残しておけば、将来的にAndroidを売却(下取り)する際に高値で売ることもできるためオススメですが、もし箱が邪魔になっているならバーコードシールだけでも残しておくと製造番号(IMEI)をすぐ確認できて便利ではないでしょうか。 参考:Googleアカウント管理ページでは確認できない もしスマートフォン本体も梱包箱も手元にない場合、残念ながら遠隔で製造番号(IMEI)を確認する手段はありません。 iOSでは遠隔で確認する手段として「」サイトよりアカウントと紐づくデバイスのシリアル番号や製造番号(IMEI)を表示できますが、Androidで同機能となる「」ページ上ではこれら情報は確認できませんでした。 Googleの公式ページやその他ネット上の情報でも他に有効な手段はなかったため、Androidにおいて製造番号(IMEI)を確認するには、必ずスマートフォン本体か梱包箱どちらかが手元にある必要があるようです。 参考 参考:「ネットワーク利用制限」確認で使用する Androidへ個別に与えられる「シリアル番号」や「製造番号」は、端末の個別識別が必要なサービスを利用する際に登場します。 具体的に活用するケースとして、携帯キャリアの「 ネットワーク利用制限」があります。 「ネットワーク利用制限」とは、例えば携帯ショップで購入したスマートフォンが盗難に遭ったり、端末代金が未納だったりする場合に、携帯キャリア側から当該端末に対し強制的にかけられる、通信機能の制限を指しています。 ここで携帯キャリア側が対象の端末を識別する際に用いられるのが「製造番号(IMEI)」で、各携帯キャリアごと用意される専用サイトでIMEIを入力するだけで、「ネットワーク利用制限」がかかっているか確認ができます。 サイト サイト サイト ドコモの「」の例。 本件は中古の携帯電話を購入する際に問題になることが多く、フリマアプリやネットオークションで見知らぬ第三者から購入した端末に実は「ネットワーク利用制限」がかかっており、使用することができなかったトラブルが散見されます。 そのためインターネット上で中古の携帯電話を購入する際は、まず(できれば写真付きで)IMEI(製造番号)情報を教えてもらい、上記サイトで「ネットワーク利用制限」の対象となっていないかチェックをオススメします。 また逆のケースで、自分の携帯電話を売却する際は、事前に「ネットワーク利用制限」の有無を確認してから出品するようにしましょう。 〆:IMEIを確認する手段を把握しておこう 以上、 Androidのシリアル番号や製造番号を調べる方法! Androidの場合、シリアル番号や製造番号(IMEI)あまり触れる機会のない情報ですが、ネットオークションをよく利用するなら、これら情報を調べる方法と「ネットワーク利用制限」のリスクは知っておくべきでしょう。 ぜひ、ご参考あれ。

次の

自分のスマホの製造番号(IMEI)やシリアル番号を確認したい!調べ方は?【Android&iPhone】

製造番号 スマホ

これは International Mobile Equipment Identity(インターナショナル・モバイル・エクイップメント・アイデンティティ)のイニシャルで、全ての携帯電話に付けられた 世界共通の個体識別番号です。 基本的に15桁の数字になっているはずです。 もちろんiPhoneにもあります。 参照: 余談ですがこの画面にある「稼働時間」から、「最後に端末の電源を入れてからどれだけ経ったか」がわかります。 「白ロム」が販売される経緯として、ある端末を買った人が使わなくなった等の理由からショップに売却することがあるのですが、その際、 引き取った端末に盗難届が出ていて利用を一時停止されていたとしたら、中古で買い取っても使えません。 まず滅多にないことだとは思いますが、盗みとって即座に売りに来た場合、ショップが買い取った時点ではまだ使えていた等の理由によって、ショップから何も知らずに買い取った人にのみ不利益が発生することがあります。 また盗難だけに限らず、前の所有者が料金を未納だったりして端末が利用停止状態にあった場合も使うことはできません。 ショップを通す場合は予めチェックをしていてくれることもありますが、例えばオークションサイト等でスマホを買うする場合は不安ですよね。 そういう時は買う前にその端末のIMEIをキャリアに照合しましょう。 白ロムを買う時はくれぐれもご注意ください。 ちなみにこうなった状態の端末を「赤ロム」といいます。 参照: 良心的な中古ショップの場合、万が一購入後に赤ロム化した場合には保証を行ってくれることもあるようです。 このへんも「白ロム選び」の重要な基準になってくるのです。

次の