ピアノ 騒音 殺人 事件。 ピアノの音でご近所トラブルに発展!ピアノを弾く時に注意すること

【疑問】ピアノ騒音殺人事件の死刑囚、なぜか死刑確定後42年たった現在も死刑執行されてない…: GOSSIP速報

ピアノ 騒音 殺人 事件

ピアノ騒音殺人事件 ピアノ騒音殺人事件 【事件概要】 1974年8月28日、神奈川県平塚市の県営団地で、子供2人を含む一家3人が刺殺されるという事件が起きた。 3日後、逮捕されたのは一家の上の階に住む無職・大浜松三(当時46歳)だった。 階下から聞こえてくる子供のピアノの音に悩まされての犯行だった。 大浜松三 【音の恐怖】 大浜松三は東京・亀戸で生まれた。 家業は書店だった。 小学生時代は成績優秀だったが、旧制中学に入ると怠惰になり、卒業後は親類の工場に勤めていた。 1941年、国鉄国立駅の職員となるが、51年、小額の公金を横領して逃亡。 金がなくなると、ひったくりをやって逮捕され、執行猶予つきの判決を受けた。 その後、転々と職を変え、一時はホームレスに転落したという。 1959年、農家の婿養子となった。 しかし妻が別れた前夫と会っていたのが我慢ならず、まもなく離婚した。 1963年ごろ、八王子市内のアパートに住んでいた時、自宅のステレオの音に苦情を言ってきた隣人と大喧嘩した。 それ以降、騒音に異常反応を示すようになった。 自ら入浴の時にすら音をたてず、妻の入浴時の音も気になるようになった。 彼にとって唯一の趣味であったステレオさえ、ヘッドホンなしでは聴かなくなり、次第に音楽の熱も冷めていった。 彼は騒音に心をとらわれすぎてしまっていた。 その後、よく吠える近所の犬を何匹か殺して、警察に通報されたりした。 【階下のピアノ】 1970年4月、大浜松三夫妻が神奈川県平塚市の県営団地の4階(406号)に引っ越してきた。 この団地は鉄筋4階建て50棟に1323世帯が住んでいた。 大浜は当時、市内の工場の工員で、過去に二度、窃盗容疑で逮捕されたことがあったが、目立たないおとなしい男だった。 ただ、神経質な性格で、特に騒音には敏感であった。 自身もテレビを観る時にはイヤホンを使用していた。 大浜夫妻にやや遅れて、親子4人家族が階下3階(306号)に引っ越してきた。 この家族は賑やかで、父親は日曜大工が趣味だったので、よく工作の音を立てた。 大浜の妻によると、階下でのアルミサッシの開け閉めも5分間に20回も繰り返されることもあったという。 こうして静かな夫婦と騒々しい親子が厚さ12cmの床の上と下で暮らし始めた。 大浜は時々、階下の会社員夫婦に苦情を言いに行ったが、相手は聞き流していた。 1973年秋、階下の3畳間に26万円のピアノが運び込まれた。 小学2年の長女がピアノを習い始めたからである。 本来、ピアノは30畳以上の空間を前提に作られたものだ。 その後、毎日学校が終わる午後3時頃から大浜家にピアノの練習曲が響き始めるようになった。 大浜は階下の会社員宅を訪れて、「親が日曜大工でガタガタさせるから、子供も遠慮しないんだ。 親の教育が悪い」と苦情を言ったが、変人扱いされ、話がこじれただけだった。 またある日には大浜が回覧板を持って行った時、長女が 「おじちゃん、人間生きているんだから、音は出るのよ」 と言ったことがあった。 無論、これは長女の考えた言葉ではなく、彼女の両親が繰り返し言っていたことだった。 1974年4月、当時47歳の大浜は失業しており、夫婦の仲も冷えて、離婚話も出ていた。 不整脈も起こり、先行きの不安に怯えている大浜の心に、ピアノの音が突き刺さってくる。 この頃、大浜は6月分と7月分の家賃を滞納していた。 8月分も払えなければ、団地を出なければならない。 大浜には幻聴もあらわれ始め、「自衛のため」とテレビアンテナの棒に包丁をくくりつけた手製のヤリを作っている。 偏頭痛と耳鳴りが激化し、神経科にも行った。 そして妻は愛想をつかし、東京・青梅市の実家に帰ってしまう。 大浜は階下から日曜大工やピアノの音が響くたび、相模川へ釣りに行くか市立図書館での読書に逃避するようになった。 だが夏休みが始まり、いずれの場所も子供達が占領するようになって、大浜の逃げ場はなくなっていった。 傍には妻もいない。 この頃、大浜は2人の主婦に復讐を企てている。 一人は階下に住む主婦であり、もう一人は10年以上も前に八王子のアパートの隣人で「ステレオの音がうるさい」と9畳を言いに来た主婦だった。 前述した通り、この八王子の一件以来、大浜は音に神経質になりすぎている。 「自分がこれほど苦心努力して周囲に音を漏らさないように神経を使ってきたのに、階下の一家は平気で、しかもおそらく挑発的に音をたてている(ようにしか彼には思えなかった)」 事件の数日前、306号室のドアに「子供が寝ていますので静かにしてください」という張り紙が貼ってあるのを大浜は見かけた。 「なんと自分勝手な!」 大浜は改めて殺害を決意している。 その3日後、復讐のための刺身包丁(刃渡り20. 5cm)を購入した。 【ピアノは鳴り止んだ】 1974年8月28日、その日は朝から蒸し暑かった。 まだ学校は夏休みである。 朝から例によって階下からピアノの音が鳴り始め、大浜は目を覚ました。 いつもは9時頃から鳴り始めるのに、この日はそれより2時間も早く少女は練習をしていた。 大浜の怒りは頂点に達していた。 午前9時20分頃、大浜は階下の主人(当時36歳)が出勤したのと、母親と次女がゴミを出しに降りたのを確認。 刺身包丁を手に取ると、会社員宅に乗りこんでいった。 ピアノを弾いていた長女(8歳)の胸を一刺しし、続いて先にゴミ集積所から帰ってきた次女(4歳)も刺した。 迷惑をかけているんだから スミマセンの一言 位言え。 気分の 問題だ。 来た時(入居時) アイサツにこない し、しかも馬鹿づらして ガンをとばすとは何事だ。 人間、殺人鬼にはなれないものだ マジックを手にとり、襖にそこまで殴り書きにした時、ゴミ出しから母親が戻ってきた。 大浜は母親の胸を刺して殺害した。 襖に書いた言葉は、後で帰ってくるこの家の主人に犯行の理由をわからせるためであったという。 犯行後、バイクとバスを駆使して「死にたい」と思いさまよったが、ついに死にきれず、事件から3日後の31日、平塚署に自首した。 【事件の余波】 この騒音殺人事件のあと、似たような殺人事件が頻発する。 1976年5月2日 鳥取県・鳥取市 「ステレオの音を注意されて」 1977年4月27日 大阪府・大阪市 「子供の走り回る音を叱正されて」 1981年2月26日 東京・目黒区 「老人ホームで同室者のいびきの音を腹を立てて」 1981年9月12日 神奈川県・川崎市 「ステレオの音」 上に挙げた殺人事件は言わば氷山の一角に過ぎず、80年代に入ると、騒音を始めとする近隣トラブルでの暴行・障害・器物破損は年間250件にも達している。 このピアノ事件により、騒音問題が浮き彫りにされた側面もあり、この後、音を抑えることのできるピアノや防音材などの研究がすすめられることになった。 このピアノ事件にいち早く反応したのが「騒音被害者の会」だった。 同会は直後、緊急会議をして大浜支援を決議し、騒音問題に理解のある弁護士をたてる方針を固めた。 しかし大浜には裁判で争う気はすでになく、弁護士推薦を拒否したため、国選弁護人があたることとなった。 この事件について、ほとんどの著名音楽家が沈黙を守るなか作曲家・團伊玖磨はエッセイの中で日本の住宅事情内にピアノを持ち込むことについて「根本的誤り」としたうえで、次のように断じている。 「日本の小さな部屋でピアノを弾いている情景は、正直判りやすく言えば、バスの中で大相撲を、銭湯の浴場でプロ野球を興行しようとする程の無茶で無理なことなのである」 (「アサヒグラフ 74年10月25日号」) 【裁判】 10月28日、横浜地裁小田原支部で初公判。 第7回公判。 大浜の妻が弁護側証人として証言台に立った。 大浜について「怠け者なので離婚しようと、ずっと思っていた」と手厳しい証言をした後、階下のピアノについての証言を始めた。 それによると、ピアノの音は自分(妻)にも度を過ぎて聞こえてきたこと、苦情を言いに行った翌日から朝7時から夜9時の間不規則にピアノ練習が開始されたこと、大浜が帰宅してくると階下で急にピアノが弾かれ始めることがしばしばあったということだった。 ちなみになぜ大浜が帰宅したことが階下にわかるのかということだが、階下の家では1年中玄関のドアを開け放しにしていたからだったという。 第8回公判。 大浜は被害者に対して申し訳ないという気持ちは「ないです」と答え、「死刑になりたくてやった」と主張した。 1975年8月11日、第9回公判。 検察側は死刑を求刑。 大浜も最終陳述で「私としては、死刑台の椅子に座りたい、それだけです」と述べた。 同年10月20日、横浜地裁小田原支部・海老原震一裁判長は求刑通り死刑判決を下した。 この間、騒音に悩む人々の助命嘆願活動も行われたが、大浜は「音の苦痛や無期懲役より、ひと思いに死んだ方がいい」とこれを拒否、控訴する意思も見せなかった。 これに対し、弁護人は被告の意思を無視して控訴の手続きをとった。 1976年5月11日、控訴審が開始されるが、今回もまた大浜は騒音被害者の会の弁護人推薦を断り、国選弁護人がついた。 初公判では弁護人が、精神鑑定を依頼し、中田修氏による鑑定結果が11月25日に高裁へ提出された。 「被告人は本件犯行当時・・・偏執病に罹患しており・・・・妄想に基づいて殺人行為を実行したものである」 「事理弁識能力を欠いており・・・妄想に動機づけられた本件犯行の殺人に関して責任無能力が認められるべき・・・・」 この鑑定により無罪や減刑になる公算も出てきた。 ところが10月5日、大浜は弁護人の知らぬ間に控訴取下げの手続きを済ませた。 なんでも隣の房の水洗便所の音に妄想を抱き始めたのだという。 またしても音が大浜を苦しめ、再び死刑になることを望んだのだという。 弁護士は「この控訴取下げは妄想に基づくものであり、無効である」との申し立てをしたが、77年4月11日、高裁はこの異議申し立て棄却を決定した。 そして最高裁への特別抗告の期限が切れ、大浜の死刑が確定した。 「早く死刑になりたい」という大浜の願いは、今のところかなえられていない。

次の

ピアノ騒音殺人事件とは【大濱松三】

ピアノ 騒音 殺人 事件

1974年(昭和49年)8月28日、その日は朝から蒸し暑かった。 神奈川県平塚市の団地の3階の奥村宅から、いつものようにピアノの音が聞こえ始めた。 「少しくらい遠慮すればいいものを、わざとやっていやがる!」 気温が高くなるにつれ、その音は奥村宅の真上の4階に住む大浜松三(当時46歳)の異常に高ぶった神経をイラつかせた。 午前9時20分ころ、奥村家の主人(当時36歳)が出勤し、妻の八重子(33歳)がゴミ袋を持って玄関から出た。 それを見ていた大浜は刺身包丁を手に取ると、その奥村宅に走り込んだ。 ピアノを弾いていた長女のまゆみちゃん(8歳)の胸をひと突きして死亡させ、続いて傍らにいた次女の洋子ちゃん(4歳)を刺して死亡させたあと、マジックで襖に乱暴になぐり書きした。 2人の子どもを刺しても、大浜の興奮はおさまらなかった。 本当に憎いと思っていたのは母親の八重子であった。 <迷惑をかけているんだから、すみませんのひと言くらい言え。 気分の問題だ。 大体、来た時も挨拶にこないし、しかもバカヅラしてガンをとばすとは何事だ。 人間、殺人鬼にはなれないものだ・・・> そこまで書いたとき、八重子が戻ってきた。 洗濯機のスイッチを押し、それから子ども部屋の隣りの居間に入ってきた。 大浜は居間に飛び込むと、ためらわずに八重子の胸を狙って刺身包丁を突き刺し死亡させた。 1928年(昭和3年)、大浜松三は東京都江東区亀戸で生まれた。 3男3女の三男だった。 家業は書店であった。 小学校時代は成績優秀で、ずっと級長だったが、3年生のとき、近所の吃音(きつおん)の子と遊んでいるうち、自分も吃音するようになって悩んだ。 旧制中学に入り、国語の授業で指されて教科書を読んだが、上手く読めず屈辱的な体験をして、劣等感を抱いて学習意欲を失い、怠惰になり、みるみる成績が落ちた。 卒業して疎開先の山梨県で敗戦を迎えた。 その後は親類の車体組み立て工場に勤めていた。 この頃、吃音はいっそうひどくなって職場ではちょっとしたことで腹を立てた。 また、家庭では兄たちと毎日ケンカして、近所の人と顔を合わせても、目をそらして口をきかなかった。 1948年(昭和23年)、国鉄(現・JR)中央線の東京都国立(くにたち)駅の職員になった。 IQは109あって「頭の良い男」と見られていた。 1951年(昭和26年)、競輪に熱中した挙句、小額の公金を横領して逃げ、金がなくなると、ひったくりをやって逮捕され、懲役1年・執行猶予3年の判決を受けて、国鉄を解雇された。 その後、旋盤工場に就職したものの長続きせず、自宅でぶらぶら過ごしていた。 1955年(昭和30年)、家出して、1年ほど東京都港区新橋でホームレスとして過ごした。 1956年(昭和31年)、亀戸の自宅に戻り、再び旋盤工として働き始めるが、工場を次々と替った。 吃音のため先輩に嫌われ、仕事を教えてもらえず、勤労意欲を失ったという。 1959年(昭和34年)、農家の婿養子になったが、妻が別れた前夫と密会しているのが気に入らず、まもなく離婚した。 その後、八王子へ移り、アパート住まいを始めて、日野市の自動車工場で働いた。 アパートの住人はほとんどが夫婦者で小さい子供が多い。 しかし、大浜は隣人たちと挨拶を交わさず、子供に声をかけることもなく「気難しい変わり者」と見られていた。 1963年(昭和38年)ごろ、大浜の身に異変が起きた。 自動車工場は二交替勤務で、夜勤のとき昼間アパートで寝ていると、原因不明の「ドカーン」という音がする。 これが数日続いて眠れなくなった。 これは、近所のガラス戸の開閉音が爆弾の炸裂音のように聞こえていたようだ。 大浜はこの音を聞くと、脳が破壊されるような気がするという。 同じアパートの夫婦者に、ステレオの音が大きいと苦情を言って大喧嘩したこともあった。 それ以降、騒音に異常反応を示すようになった。 アパートの子供たちの遊び声がうるさいと叱りつけたり、よく吠える近所の犬を何匹か殺して、警察に通報されたりした。 1964年(昭和39年)7月、大浜はアパートを出て転職した。 1965年(昭和40年)、知人の紹介で結婚した。 妻は明るい性格で気立てが良かったが、大浜は相変わらず気難しく無口で、妻に対して暴力をふるった。 やがて、仕事を辞めて自宅でぶらぶらし始めた。 そして、雀の鳴き声が気になり始めると、木によじ登ってビニールテープを「雀よけ」と称して張り巡らした。 1967年(昭和42年)、大浜は八王子市内の会社に就職し、夫婦は寮に移った。 ここでしばらく小康状態は保つものの、やがて、隣人の話し声がうるさいと抗議し始め、口論が続いて退職した。 1970年(昭和45年)4月、大浜と妻が神奈川県平塚市田村の県営横内団地34号棟の4階に入居した。 大浜はテレビを見ているときはイヤホンを使っていた。 6月、大浜家に続いて、奥村家の親子4人が階下に入居してきた。 その日に、さっそく棚を取り付けるため、ハンマーでがんがんやり始めた。 静かな夫婦と騒々しい親子が、厚さ12センチの床の上と下で暮らし始めた。 階下の亭主は腕っぷしの強そうな男で、女房は外ですれ違っても、挨拶するどころか、「フンッ」といった顔つきで大浜を見たりした。 大浜は階下の物音は戸の開閉まで気にしながら、抗議に行ったことはない。 むしろ、自室の物音が階下の一家を刺激して報復を招いていると考えた。 だから、妻に口やかましく注意し、部屋には厚いマットを敷いて、忍び足で歩いた。 にもかかわらず、階下では日曜大工の音が激しくなった。 大浜は日曜はトラブルを避けるため、自分の方が朝から外出した。 1973年(昭和48年)夏ころから、この横内団地で、ピアノやエレクトロンなどの楽器騒音が問題化した。 幼稚園や小学校へ通う子のいる家庭で、競い合うようにしてピアノなどを買うようになり、部屋を飾るのが流行しはじめ、団地の近くに音楽教室ができたりした。 だが、団地の自治会活動が活発なお陰で、すぐにこのことが議題のひとつに取り上げられ、音量を絞ったり、練習は昼間だけに限るなど、自粛の約束をつくったりした。 でも、全ての人がこの約束を守っていたわけではなかった。 11月、階下の奥村家にピアノが運び込まれた。 小学2年の長女がピアノを習い始めたからである。 その後、毎日、練習曲が響き始めた。 大浜は、その頃、失業しており、妻は愛想を尽かして実家に帰っていた。 階下で、ピアノの練習が始まると、図書館に行って本を読んで一日を過ごしたり、釣りに行って退屈をまぎらわせていた。 「自分だけがなぜこんなに悩まなければならないのか? 自分はもう生きていけない。 自殺するかもしれない。 自分はもう死んでもいいけれど、自分をこれほどまでに苦しめた2人の女だけは生かしておけない」 大浜は仕返しをすることを決意し、刺身包丁を買ってきた。 1974年(昭和49年)8月28日、事件が起こる。 1974年10月28日の初公判で、大濱被告は殺人行為こそ認めたが、被害者一家との感情の対立が書かれていないと不服を示した。 弁護人も、大濱被告は1970年頃から憎しみを持つようになっていたが、本年7月頃から被害者宅の前を通る度に身の危険を感じ、被害者にやられるのなら先にやってしまおうという気持ちになった。 また重傷を負わせるつもりであり、死ぬかどうかは決行してみての結果であると考えていた、と述べた。 1975年2月24日の第4回公判では、犯行直後に平塚警察署の依頼で大濱被告の部屋の騒音を計測した市職員が証人として出廷。 1回目は午後2時から測定したが、周囲の暗騒音の中央値が44ホンであり、階下で弾くピアノの音を測定できなかった。 2回目は午前7時30分から測定したが、窓を開けた状態でも上限値44ホン(中央値40ホン)であった。 1971年5月に閣議決定された「騒音に関わる環境基準」では、住宅地において昼間50ホン以下、朝夕45ホン以下、夜40ホン以下であるため、階下のピアノの音は環境基準値以内であったことが証明された。 ただし、このときピアノを弾いた時間は約15分ぐらいで、しかも弾いたのは平塚警察署の男の人であった。 また、この測定方法は神奈川県公害防止条例に基づくものであるが、条例では40ないし45ホンの場合に人体に対する影響は「睡眠がさまたげられる、病気のとき寝ていられない」と書かれていた。 3月17日の第5回公判で、大濱被告を精神鑑定した医師が出廷。 大濱被告は精神病症状は見られず、知能も普通であり、責任能力はある。 しかし、道徳感情が鈍麻した精神病質に該当すると述べた。 4月14日の第6回公判では、被害者の夫と兄が証言台に立ち、死刑判決を求めた。 5月12日の第7回公判では、「騒音被害者の会」代表が弁護側証人として出廷。 大濱被告への同情論が圧倒的であると述べた。 なお会が集めた嘆願書は地裁へ提出される予定であったが、大濱被告は辞退している。 同日の公判では大濱被告の元妻(事件後に離婚)が出廷。 大濱被告が音に対して異常に神経質であったことや怠け者であったことなどを述べたが、同時に階下の音は度が過ぎている、被告が帰ってきたところを狙ってピアノが鳴り出すことがしばしばあったと証言した。 6月2日の本人尋問で、大濱被告は今までの「かっとしてやった。 被害者の夫に襲われるかもしれないと思って予防のつもりでやった。 被害者には申し訳ないと思う」と述べてきた供述を翻し、「死刑になりたいからやった。 事件を起こしたことに悔いはない」と述べた。 8月11日の第9回公判における論告求刑で検察側は、「事件は計画的犯罪であり、殺害方法は残虐。 ピアノの音が不快であるという犯行の動機に酌量の余地はない。 極悪非道の犯罪であり、極刑をもって挑む以外にはない」と述べた。 同日の最終弁論で弁護側は「被告は犯行当時精神病質の程度が特に重く、心神耗弱だった。 被告は音に対する特殊な恐怖心、憎悪感情を持ち、これに対して復讐の念に燃える殺人行為に及んだものである。 正常心理学の範囲内では了解不可能な精神異常者であったと認められる」と述べた。 また弁護側は「音の量より性質が問題であり、音に対する反応は個人差が大きい」などとした学者の見解を紹介した。 最終陳述で大濱被告は「私としては、死刑台の椅子に座りたい。 それだけです」とだけ述べた。 判決で裁判長は「事件は被害社宅からのピアノの音、日曜大工もしくはベランダのサッシ戸の音などに端を発したものであるが、ピアノの音は睡眠を妨げられ、病気の人は寝ていられないという程度の音である。 被害者方と被告との間に意志の疎通があれば十分犯行は防止得た。 ただ被告は自らの取った態度を考えずに被害者たちだけを責め、報復として犯行を用意周到に計画。 罪のない幼女2人まで刃物で突き刺し、しかも1名については手応えがないとさらしで首を絞めるなど残虐。 法廷でも己の犯した罪に悔悟の情を示していない」として死刑を言い渡した。 大濱被告は控訴を望んでいなかったが、第一審の弁護人が控訴した。 ただし、大濱被告は1976年2月9日、24日、3月1日、3日付けの4度に渡って自ら書いた控訴趣意書約80枚を提出。 控訴趣意書では、「死刑になりたかった」という公判での証言を翻し、「被害者の夫に襲われると思ったから先にやった」という警察などで述べた供述に戻っている。 また一審で行われた精神鑑定に不満を持ち、再鑑定の希望を述べた。 控訴審では新たな国選弁護人が精神鑑定を請求。 4月27日、高裁は採用した。 5月6日、東京拘置所に移っていた大濱被告は「隣房の水洗便所の音がうるさい」とに控訴取下書を提出。 しかしすぐに取り下げた。 鑑定人は「被告の知能は平均をこえるにもかかわらず、客観的な事実の認知には著しい欠陥があり、過敏、小心で猜疑心が強く、容易に独断的嗜好、判断に走りやすい傾向がある。 被告は本件犯行当時、パラノイアに罹患しており、妄想に基づいて殺人行為を実行したものである」と結論づけた。 また「妄想に動機づけられた本件犯行の殺人に関しては、責任無能力が認められるべき」という参考意見を記した。 しかし鑑定書の完成(11月25日)前の10月5日、大濱被告は控訴取下書を提出。 取下書の書類を要求した職員に「精神鑑定をされているから無期懲役になるだろう。 刑務所で一生を送るのはごめんだ。 死刑は怖いが、早く死にたい」と述べている。 隣房からの水洗便所の音がうるさいと再三訴え、10月1日には空いている隣の房へ移っていた。 10月9日、弁護人は東京高裁に「取下書は正常な精神状態で書かれたか疑問があるので身長に取り扱うべき」という上申書を提出した。 11月30日、東京高裁の裁判長は職権で鑑定人の尋問を行った。 鑑定人は、正常な面と妄想する面を併せ持つパラノイア状態は続いているが控訴取下書は正常な面で書かれており、有効であると述べた。 12月16日、裁判長は大濱被告の控訴取下申立は有効であるとの決定を下した。 12月20日、弁護人は異議申立書を提出。 東京高裁は1977年2月9日、鑑定人と大濱被告に対する尋問が行われた。 4月11日、裁判長は異議申立を棄却。 大濱被告は特別抗告をしなかったため、4月16日に一審死刑判決が確定した。 上に挙げた殺人事件は言わば氷山の一角に過ぎず、80年代に入ると、騒音を始めとする近隣トラブルでの暴行・障害・器物破損は年間250件にも達している。 このピアノ事件により、騒音問題が浮き彫りにされた側面もあり、この後、音を抑えることのできるピアノや防音材などの研究がすすめられることになった。 このピアノ事件にいち早く反応したのが「騒音被害者の会」だった。 同会は直後、緊急会議をして大浜支援を決議し、騒音問題に理解のある弁護士をたてる方針を固めた。 しかし大浜には裁判で争う気はすでになく、弁護士推薦を拒否したため、国選弁護人があたることとなった。 この事件について、ほとんどの著名音楽家が沈黙を守るなか作曲家・團伊玖磨はエッセイの中で日本の住宅事情内にピアノを持ち込むことについて「根本的誤り」としたうえで、次のように断じている。 「日本の小さな部屋でピアノを弾いている情景は、正直判りやすく言えば、バスの中で大相撲を、銭湯の浴場でプロ野球を興行しようとする程の無茶で無理なことなのである」.

次の

ピアノ騒音殺人事件とは【大濱松三】

ピアノ 騒音 殺人 事件

1974年(昭和49年)8月28日、その日は朝から蒸し暑かった。 神奈川県平塚市の団地の3階の奥村宅から、いつものようにピアノの音が聞こえ始めた。 「少しくらい遠慮すればいいものを、わざとやっていやがる!」 気温が高くなるにつれ、その音は奥村宅の真上の4階に住む大浜松三(当時46歳)の異常に高ぶった神経をイラつかせた。 午前9時20分ころ、奥村家の主人(当時36歳)が出勤し、妻の八重子(33歳)がゴミ袋を持って玄関から出た。 それを見ていた大浜は刺身包丁を手に取ると、その奥村宅に走り込んだ。 ピアノを弾いていた長女のまゆみちゃん(8歳)の胸をひと突きして死亡させ、続いて傍らにいた次女の洋子ちゃん(4歳)を刺して死亡させたあと、マジックで襖に乱暴になぐり書きした。 2人の子どもを刺しても、大浜の興奮はおさまらなかった。 本当に憎いと思っていたのは母親の八重子であった。 <迷惑をかけているんだから、すみませんのひと言くらい言え。 気分の問題だ。 大体、来た時も挨拶にこないし、しかもバカヅラしてガンをとばすとは何事だ。 人間、殺人鬼にはなれないものだ・・・> そこまで書いたとき、八重子が戻ってきた。 洗濯機のスイッチを押し、それから子ども部屋の隣りの居間に入ってきた。 大浜は居間に飛び込むと、ためらわずに八重子の胸を狙って刺身包丁を突き刺し死亡させた。 1928年(昭和3年)、大浜松三は東京都江東区亀戸で生まれた。 3男3女の三男だった。 家業は書店であった。 小学校時代は成績優秀で、ずっと級長だったが、3年生のとき、近所の吃音(きつおん)の子と遊んでいるうち、自分も吃音するようになって悩んだ。 旧制中学に入り、国語の授業で指されて教科書を読んだが、上手く読めず屈辱的な体験をして、劣等感を抱いて学習意欲を失い、怠惰になり、みるみる成績が落ちた。 卒業して疎開先の山梨県で敗戦を迎えた。 その後は親類の車体組み立て工場に勤めていた。 この頃、吃音はいっそうひどくなって職場ではちょっとしたことで腹を立てた。 また、家庭では兄たちと毎日ケンカして、近所の人と顔を合わせても、目をそらして口をきかなかった。 1948年(昭和23年)、国鉄(現・JR)中央線の東京都国立(くにたち)駅の職員になった。 IQは109あって「頭の良い男」と見られていた。 1951年(昭和26年)、競輪に熱中した挙句、小額の公金を横領して逃げ、金がなくなると、ひったくりをやって逮捕され、懲役1年・執行猶予3年の判決を受けて、国鉄を解雇された。 その後、旋盤工場に就職したものの長続きせず、自宅でぶらぶら過ごしていた。 1955年(昭和30年)、家出して、1年ほど東京都港区新橋でホームレスとして過ごした。 1956年(昭和31年)、亀戸の自宅に戻り、再び旋盤工として働き始めるが、工場を次々と替った。 吃音のため先輩に嫌われ、仕事を教えてもらえず、勤労意欲を失ったという。 1959年(昭和34年)、農家の婿養子になったが、妻が別れた前夫と密会しているのが気に入らず、まもなく離婚した。 その後、八王子へ移り、アパート住まいを始めて、日野市の自動車工場で働いた。 アパートの住人はほとんどが夫婦者で小さい子供が多い。 しかし、大浜は隣人たちと挨拶を交わさず、子供に声をかけることもなく「気難しい変わり者」と見られていた。 1963年(昭和38年)ごろ、大浜の身に異変が起きた。 自動車工場は二交替勤務で、夜勤のとき昼間アパートで寝ていると、原因不明の「ドカーン」という音がする。 これが数日続いて眠れなくなった。 これは、近所のガラス戸の開閉音が爆弾の炸裂音のように聞こえていたようだ。 大浜はこの音を聞くと、脳が破壊されるような気がするという。 同じアパートの夫婦者に、ステレオの音が大きいと苦情を言って大喧嘩したこともあった。 それ以降、騒音に異常反応を示すようになった。 アパートの子供たちの遊び声がうるさいと叱りつけたり、よく吠える近所の犬を何匹か殺して、警察に通報されたりした。 1964年(昭和39年)7月、大浜はアパートを出て転職した。 1965年(昭和40年)、知人の紹介で結婚した。 妻は明るい性格で気立てが良かったが、大浜は相変わらず気難しく無口で、妻に対して暴力をふるった。 やがて、仕事を辞めて自宅でぶらぶらし始めた。 そして、雀の鳴き声が気になり始めると、木によじ登ってビニールテープを「雀よけ」と称して張り巡らした。 1967年(昭和42年)、大浜は八王子市内の会社に就職し、夫婦は寮に移った。 ここでしばらく小康状態は保つものの、やがて、隣人の話し声がうるさいと抗議し始め、口論が続いて退職した。 1970年(昭和45年)4月、大浜と妻が神奈川県平塚市田村の県営横内団地34号棟の4階に入居した。 大浜はテレビを見ているときはイヤホンを使っていた。 6月、大浜家に続いて、奥村家の親子4人が階下に入居してきた。 その日に、さっそく棚を取り付けるため、ハンマーでがんがんやり始めた。 静かな夫婦と騒々しい親子が、厚さ12センチの床の上と下で暮らし始めた。 階下の亭主は腕っぷしの強そうな男で、女房は外ですれ違っても、挨拶するどころか、「フンッ」といった顔つきで大浜を見たりした。 大浜は階下の物音は戸の開閉まで気にしながら、抗議に行ったことはない。 むしろ、自室の物音が階下の一家を刺激して報復を招いていると考えた。 だから、妻に口やかましく注意し、部屋には厚いマットを敷いて、忍び足で歩いた。 にもかかわらず、階下では日曜大工の音が激しくなった。 大浜は日曜はトラブルを避けるため、自分の方が朝から外出した。 1973年(昭和48年)夏ころから、この横内団地で、ピアノやエレクトロンなどの楽器騒音が問題化した。 幼稚園や小学校へ通う子のいる家庭で、競い合うようにしてピアノなどを買うようになり、部屋を飾るのが流行しはじめ、団地の近くに音楽教室ができたりした。 だが、団地の自治会活動が活発なお陰で、すぐにこのことが議題のひとつに取り上げられ、音量を絞ったり、練習は昼間だけに限るなど、自粛の約束をつくったりした。 でも、全ての人がこの約束を守っていたわけではなかった。 11月、階下の奥村家にピアノが運び込まれた。 小学2年の長女がピアノを習い始めたからである。 その後、毎日、練習曲が響き始めた。 大浜は、その頃、失業しており、妻は愛想を尽かして実家に帰っていた。 階下で、ピアノの練習が始まると、図書館に行って本を読んで一日を過ごしたり、釣りに行って退屈をまぎらわせていた。 「自分だけがなぜこんなに悩まなければならないのか? 自分はもう生きていけない。 自殺するかもしれない。 自分はもう死んでもいいけれど、自分をこれほどまでに苦しめた2人の女だけは生かしておけない」 大浜は仕返しをすることを決意し、刺身包丁を買ってきた。 1974年(昭和49年)8月28日、事件が起こる。 1974年10月28日の初公判で、大濱被告は殺人行為こそ認めたが、被害者一家との感情の対立が書かれていないと不服を示した。 弁護人も、大濱被告は1970年頃から憎しみを持つようになっていたが、本年7月頃から被害者宅の前を通る度に身の危険を感じ、被害者にやられるのなら先にやってしまおうという気持ちになった。 また重傷を負わせるつもりであり、死ぬかどうかは決行してみての結果であると考えていた、と述べた。 1975年2月24日の第4回公判では、犯行直後に平塚警察署の依頼で大濱被告の部屋の騒音を計測した市職員が証人として出廷。 1回目は午後2時から測定したが、周囲の暗騒音の中央値が44ホンであり、階下で弾くピアノの音を測定できなかった。 2回目は午前7時30分から測定したが、窓を開けた状態でも上限値44ホン(中央値40ホン)であった。 1971年5月に閣議決定された「騒音に関わる環境基準」では、住宅地において昼間50ホン以下、朝夕45ホン以下、夜40ホン以下であるため、階下のピアノの音は環境基準値以内であったことが証明された。 ただし、このときピアノを弾いた時間は約15分ぐらいで、しかも弾いたのは平塚警察署の男の人であった。 また、この測定方法は神奈川県公害防止条例に基づくものであるが、条例では40ないし45ホンの場合に人体に対する影響は「睡眠がさまたげられる、病気のとき寝ていられない」と書かれていた。 3月17日の第5回公判で、大濱被告を精神鑑定した医師が出廷。 大濱被告は精神病症状は見られず、知能も普通であり、責任能力はある。 しかし、道徳感情が鈍麻した精神病質に該当すると述べた。 4月14日の第6回公判では、被害者の夫と兄が証言台に立ち、死刑判決を求めた。 5月12日の第7回公判では、「騒音被害者の会」代表が弁護側証人として出廷。 大濱被告への同情論が圧倒的であると述べた。 なお会が集めた嘆願書は地裁へ提出される予定であったが、大濱被告は辞退している。 同日の公判では大濱被告の元妻(事件後に離婚)が出廷。 大濱被告が音に対して異常に神経質であったことや怠け者であったことなどを述べたが、同時に階下の音は度が過ぎている、被告が帰ってきたところを狙ってピアノが鳴り出すことがしばしばあったと証言した。 6月2日の本人尋問で、大濱被告は今までの「かっとしてやった。 被害者の夫に襲われるかもしれないと思って予防のつもりでやった。 被害者には申し訳ないと思う」と述べてきた供述を翻し、「死刑になりたいからやった。 事件を起こしたことに悔いはない」と述べた。 8月11日の第9回公判における論告求刑で検察側は、「事件は計画的犯罪であり、殺害方法は残虐。 ピアノの音が不快であるという犯行の動機に酌量の余地はない。 極悪非道の犯罪であり、極刑をもって挑む以外にはない」と述べた。 同日の最終弁論で弁護側は「被告は犯行当時精神病質の程度が特に重く、心神耗弱だった。 被告は音に対する特殊な恐怖心、憎悪感情を持ち、これに対して復讐の念に燃える殺人行為に及んだものである。 正常心理学の範囲内では了解不可能な精神異常者であったと認められる」と述べた。 また弁護側は「音の量より性質が問題であり、音に対する反応は個人差が大きい」などとした学者の見解を紹介した。 最終陳述で大濱被告は「私としては、死刑台の椅子に座りたい。 それだけです」とだけ述べた。 判決で裁判長は「事件は被害社宅からのピアノの音、日曜大工もしくはベランダのサッシ戸の音などに端を発したものであるが、ピアノの音は睡眠を妨げられ、病気の人は寝ていられないという程度の音である。 被害者方と被告との間に意志の疎通があれば十分犯行は防止得た。 ただ被告は自らの取った態度を考えずに被害者たちだけを責め、報復として犯行を用意周到に計画。 罪のない幼女2人まで刃物で突き刺し、しかも1名については手応えがないとさらしで首を絞めるなど残虐。 法廷でも己の犯した罪に悔悟の情を示していない」として死刑を言い渡した。 大濱被告は控訴を望んでいなかったが、第一審の弁護人が控訴した。 ただし、大濱被告は1976年2月9日、24日、3月1日、3日付けの4度に渡って自ら書いた控訴趣意書約80枚を提出。 控訴趣意書では、「死刑になりたかった」という公判での証言を翻し、「被害者の夫に襲われると思ったから先にやった」という警察などで述べた供述に戻っている。 また一審で行われた精神鑑定に不満を持ち、再鑑定の希望を述べた。 控訴審では新たな国選弁護人が精神鑑定を請求。 4月27日、高裁は採用した。 5月6日、東京拘置所に移っていた大濱被告は「隣房の水洗便所の音がうるさい」とに控訴取下書を提出。 しかしすぐに取り下げた。 鑑定人は「被告の知能は平均をこえるにもかかわらず、客観的な事実の認知には著しい欠陥があり、過敏、小心で猜疑心が強く、容易に独断的嗜好、判断に走りやすい傾向がある。 被告は本件犯行当時、パラノイアに罹患しており、妄想に基づいて殺人行為を実行したものである」と結論づけた。 また「妄想に動機づけられた本件犯行の殺人に関しては、責任無能力が認められるべき」という参考意見を記した。 しかし鑑定書の完成(11月25日)前の10月5日、大濱被告は控訴取下書を提出。 取下書の書類を要求した職員に「精神鑑定をされているから無期懲役になるだろう。 刑務所で一生を送るのはごめんだ。 死刑は怖いが、早く死にたい」と述べている。 隣房からの水洗便所の音がうるさいと再三訴え、10月1日には空いている隣の房へ移っていた。 10月9日、弁護人は東京高裁に「取下書は正常な精神状態で書かれたか疑問があるので身長に取り扱うべき」という上申書を提出した。 11月30日、東京高裁の裁判長は職権で鑑定人の尋問を行った。 鑑定人は、正常な面と妄想する面を併せ持つパラノイア状態は続いているが控訴取下書は正常な面で書かれており、有効であると述べた。 12月16日、裁判長は大濱被告の控訴取下申立は有効であるとの決定を下した。 12月20日、弁護人は異議申立書を提出。 東京高裁は1977年2月9日、鑑定人と大濱被告に対する尋問が行われた。 4月11日、裁判長は異議申立を棄却。 大濱被告は特別抗告をしなかったため、4月16日に一審死刑判決が確定した。 上に挙げた殺人事件は言わば氷山の一角に過ぎず、80年代に入ると、騒音を始めとする近隣トラブルでの暴行・障害・器物破損は年間250件にも達している。 このピアノ事件により、騒音問題が浮き彫りにされた側面もあり、この後、音を抑えることのできるピアノや防音材などの研究がすすめられることになった。 このピアノ事件にいち早く反応したのが「騒音被害者の会」だった。 同会は直後、緊急会議をして大浜支援を決議し、騒音問題に理解のある弁護士をたてる方針を固めた。 しかし大浜には裁判で争う気はすでになく、弁護士推薦を拒否したため、国選弁護人があたることとなった。 この事件について、ほとんどの著名音楽家が沈黙を守るなか作曲家・團伊玖磨はエッセイの中で日本の住宅事情内にピアノを持ち込むことについて「根本的誤り」としたうえで、次のように断じている。 「日本の小さな部屋でピアノを弾いている情景は、正直判りやすく言えば、バスの中で大相撲を、銭湯の浴場でプロ野球を興行しようとする程の無茶で無理なことなのである」.

次の