犬 の ウンチ トイレ に 流す。 犬のウンチはトイレに流してはいけないの?|犬の総合情報サイト ペットスマイルニュースforワンちゃん

ここが変だよ、日本の散歩!|docdog(ドックドッグ)

犬 の ウンチ トイレ に 流す

ハウス• オスワリ• コイ などのコマンドと呼ばれるものがあります。 これらは犬と人が安全に暮していくのに重要なものばかりです。 トイレのしつけをすることでその犬を理解して、これらの項目をしつけていく「下地」となる部分になるわけです。 犬にとっても飼い主さんにとってもトイレのしつけは学びとなる難しいものなわけなのです。 こう言われると 「え~っ!」と思われる飼い主さんもいらっしゃるでしょうが、愛犬が好きなら問題ないですよ。 なぜならその犬がどんな性格でどんな性質かを知っていくことは何より楽しいですし、愛犬のことを知る喜びもありますよね。 では、まず犬にトイレのしつけをしなかった場合に起こる困りことが3つあるのでご説明します。 不衛生になる• 住まいを痛める、または住まいを無くす• お出かけに連れて行けなくなる これから犬を飼おうと思っている方は 「そんなこともあるんだ」と驚かれることもあります。 犬を飼っている方は改めて考えることもなかなかないでしょうから、その必要性を再認識してみましょう。 不衛生になる 犬に決まった場所で排泄させて、飼い主が処理するということができなければまず不衛生な環境になってしまいます。 それに今は室内飼いが多くなりましたよね。 外飼いの犬でも排泄物をそのままにしてあれば不衛生ですし、場合によっては苦情になることもあるのです。 それが室内飼いである場合、トイレのしつけができていないともっと大きな問題となってしまいます。 賃貸である場合は修繕費として金額を請求されることもありますし、近隣からの苦情が多ければ立ち退きになることもあります。 家が傷む、近隣からの苦情から通報される 犬が標識に犬がおしっこをかけ続けたことで根元が腐り、標識が倒れて通行人が怪我をするという事故が発生してニュースになっているのをご覧になった愛犬家の方も多いですよね。 犬が散歩中に「マーキング」することで起きた事故です。 「マーキング」とは犬が本能的に行う行動で、縄張りを守るために自分の存在を他の犬に誇示するための行動です。 これはオス犬だけの行動ではなく、メスもまた発情期が来ると同じようにマーキングをします。 室内飼いでトイレのしつけをしなかった場合、犬は部屋のあちこちで排泄してしまいます。 家具が傷むことはもちろん、家電にかかれば漏電して火災になるおそれあります。 また排泄物が家の畳みや木材などに染み込むと腐ってしまうこともあります。 基礎となる部分や家を支える柱の根元にしていれば家自体の強度に関わることです。 においがすれば近所からの苦情にもなりますし、そこで近隣トラブルになる場合もあります。 また、そういった近隣の方が保健所や生活衛生課などに通報されることがあります。 そうすると行政の方が注意喚起や改善を求めて何度も家に来ることがあるのです。 旅行などで泊まる場合に困る 旅行などに犬を連れて行かれる飼い主さんが増えましたよね。 ペットと泊まれるペンションや旅館なども増えましたし、人気があります。 そういった場所に犬を連れて行く場合には必ずトイレのしつけは必要になります。 出先でも飼い主の指示で排泄を促すことができるといろいろと便利です。 高速のサービスエリアでも車の室内でもペットシーツですることを覚えていれば場所を選ばずに排泄させることができます。 飼い主さんが犬に指示して排泄するしつけができていると 「我慢していないかな?」などと心配する必要がなく、飼い主さんも安心してお出かけを満喫できますよね。 犬がうんちをする場所の正しいしつけ方 トイレのしつけは大きい場所のトイレから最終的にして欲しいサイズまで小さくすると成功率が高いです。 「ここならどこでもいいよ」というサークルなどで囲った広い場所を用意します。 そして少しずつ小さくしていくのです。 そこで犬の排泄のタイミングと合図となる犬のしぐさを知っておくと良いですよね。 トイレの設置する場所や気を付けた方が良いポイント、しておいた方が良いしつけについてもご説明していきますね。 人があまり出入りしない落ち着く場所 ドア付近など人がよく出入りするような場所では犬が落ち着けません。 部屋の端など人の動きが気にならない場所にトイレを設置します。 特にうんちは落ち着かない場所では嫌がる犬が多いです。 うんちだけは場所が定まらないという場合はこの点を確認してみましょう。 場所をコロコロ変えない 先ほど落ち着かない場所に設置してしまった場合には場所を変えるとご説明したのですが、設置した場所を 「やっぱりこっちがいいかな」「でもこっちの方がいいかも」とコロコロ場所を変えると犬か失敗する要因になります。 犬がせっかく覚えはじめた時に変えることで、また最初からやり直しになってしまうことがあります。 移動する場合は吟味して最小限にします。 トイレを覚えてからでしたら移動も大丈夫です。 部屋の模様替えは犬がトイレを覚えてから行いましょう。 排泄のタイミング 犬が排泄をしたくなるタイミングがあるのでご紹介します。 しつける前に覚えておきましょう。 そわそわと落ち着かなく歩きまわる• においを嗅ぎまわる• クンクンと鳴く 犬に排泄を促す言葉を教える 先ほど出先で犬に排泄を促せると良いですとご説明しましたが、やり方としては「声掛け」です。 排泄タイムには犬にわかりやすい言葉で排泄を促すのです。 「ワンツー」や「チッチ」など犬が聞き取りやすく、覚えやすい言葉で教えます。 そして、トイレに入れて尿と便の両方排泄するまで待ちましょう。 トイレを済ませたら片付けながら犬をほめます。 排泄の言葉を覚えさせることで、この言葉を言われると 「安心して排泄できる」そして 「飼い主さんにほめてもらえる」という認識をもたせることが重要です。 犬のしつけはタイミングが重要 犬は叱られていることやほめられていることが明確でないと関連付けがうまくできず、誤解した解釈になってしまうことがあります。 では、ここで飼い主さんに問題です。 犬がトイレに入っておしっこをします。 どのタイミングでほめたら良いでしょうか? 答えは 「おしっこをし始めた時」です。 犬がトイレでおしっこをし始めた時に「えらいね」「いい子だね」と高い声で静かにほめます。 そして、終わって犬が立ち上がった時に声も大きく出して、手を叩いたりオーバーリアクションで盛大にほめます。 うんちをした時も同様です。 世界中で一番いい子くらいの気持ちでほめてあげてくださいね。 においを残さない 失敗してしまった時にお掃除しますが、これが不完全だと失敗を繰り返す原因になってしまうことがあります。 しっかり拭き取って消臭を行いましょう。 洗える物であれば洗濯してしまうと良いです。 しつけが入るまでパズルのようにはめておく、部分的に外れるカーペットなど使うと便利ですよ。 やってはいけない犬のトイレのしつけ方 「ちゃんとやってるんだけど、トイレをなかなか覚えてくれない」と嘆く飼い主さん、それは飼い主さんのちょっとの間違いで犬が「誤解」している場合があります。 その誤解がとければ愛犬も「おトイレ上手」になってくれますよ。 犬にトイレのしつけをする際にはやってはいけないしつけ方がいくつかあるのです。 ではなぜそのやり方をしてはいけないのかを含めて対処までご説明していきましょう。 排泄場所を間違えても叱らない 犬が排泄場所を失敗しても飼い主さんは叱ってはいけません。 うんちを失敗した時に犬を叱ると犬が勘違いしてしまうことがあるのです。 叱ることで犬は 「うんちをしたら怒られた」と思い、飼い主さんから見えないカーテンの裏やテーブルの下などで排泄するようになってしまうことがあります。 食糞症 うんちに場所を間違えた時に犬を叱ってしつけた場合、証拠を消すためにうんちを食べてしまうことがあるのです。 これは「食糞症」といって本能的にもすることがあるのですが、その場合は犬が自分の匂いを消す行動です。 先ほどマーキングと言って犬が 「自分のにおいをつける行動」をご説明しましたが、 本能的にする場合は「自分のにおいを消す行動」ということです。 例えば子犬の時は好奇心から興味本位で食べてしまったり、口に入れて食べられるものか判断するという習性があり、またそういう時期なので食糞をすることがあります。 この行動は人と暮らしていくうちに「必要がない」とわかると自然にしなくなっていくのですが、犬がうんちをして繰り返し叱られて「食糞」が始まった場合は犬の自然な行動ではありませんので飼い主さんが改善をしていかなければなかなか治りません。 楽天的な犬は叱られていると思っていないことがある 犬の性格によってはこんな勘違いをすることがあります。 楽天的な犬は排泄を間違った場所でした時に叱った場合、飼い主に叱られていると思わず「話しかけられてる」または「構ってもらっている」と勘違いしてしまいます。 叱っているのに犬がはしゃいでいるようでしたらこんな勘違いからなのです。 その場合の対処は犬がトイレを失敗しても大騒ぎしないこと、そして近づいてきた犬を振り払ったりすることも誤解するのでしないことです。 犬は 「トイレ以外の場所で排泄すると構ってくれる」「遊んでくれる」と勘違いすると、わざとトイレを失敗するようになってしまうことがあるのです。 片付けする飼い主に犬がはしゃいで寄って来ても反応せず、黙って片付けましょう。 トイレの催促の言葉は統一する 安心してトイレをするようになるのでトイレの催促の言葉を覚えてもらうことが必要とご説明しましたが、トイレの催促の言葉は家族で統一しておきましょう。 その家庭でお使いになりやすい犬にわかりやすい言葉であれば良いですが、お父さんが「うんち」でお子さんが「シーシー」、お母さんが「ワンツー」などバラバラに教えてしまうと犬が混乱します。 犬 を飼う時にはトイレを催促する言葉も家族会議で決めておくと良いですね。 タイミングを外したほめ方 先ほどご説明したようにトイレのほめるタイミングは 「おしっこをし始めた時」ですが、このタイミングを飼い主さんが意外と外してしまっている場合が多いので理由も含めてご説明しましょう。 まず「トイレに入った段階」でほめると飼い主に「構ってあげるよ」と言われたと勘違いして、犬がトイレをしないで出てきてしまったりして、結果的にはトイレを失敗することがあるのでタイミングとしては早いのです。 次に「おしっこが終わって出てきた段階」だと犬は「トイレから出てきたことをほめられた」と勘違いしてしまうことになるので、「トイレができた」ことを伝えるタイミングにはならず、せっかく覚えるチャンスを逃すことになりタイミングとしては遅いのです。 犬はその瞬間にほめることが重要なのですよ。 犬がうんちだけ外してしまう原因と対処法 「おしっこはトイレでするんですが、うんちは違う所でしちゃうんです」というご相談は意外と多いです。 おしっこよりうんちをしている時間が長いため、失敗している瞬間を見付けることが多く、飼い主さんが叱ったり声を上げて騒いだりしたことが原因のことが多いです。 その場合の対処は先ほどご説明した通り、慌てず騒がず淡々と片付けましょう。 しかし、その他にもうんちだけトイレでしてくれない理由がいくつかあります。 では、その対処法も合わせてご紹介していきましょう。 トイレと寝床が近い場合 犬をケージ飼いしている場合、寝る場所とトイレが近いことが原因でうんちを外してしまう場合があります。 犬は寝る場所は清潔にしておく習性があるので、トイレは遠くで済ませたいのです。 ケージの大きさをもう少し広いスペースを確保する、またはトイレは別の場所に設置するなどの工夫をすることで改善される場合があるのです。 きれい好きな場合 トイレで先に尿をした場合、その場所は汚れているので嫌がる犬もいます。 においを嗅いで他の場所を探してするようでしたら、この可能性があります。 その場合はペットシーツをまめに交換することはもちろんですが、ペットシーツを大きいサイズに変えてトイレの大きさを広くしてあげることで改善することがあるのです。 ペットシーツの質を良い物にするとにおいが抑えられ、尿をした後のペットシーツで足が濡れることを嫌う犬はペットシーツを変えることで改善する場合があるのです。 トイレから犬を出すのが早い場合 ご飯を食べた後の排泄タイムの時は特にうんちをしやすいタイミングです。 犬をトイレに入れて尿をしただけで犬を出してしまうと、うんちだけ外でしてしまう習慣をつけてしまうことになります。 食事後の排泄タイムはうんちとおしっこの両方が済んでから犬を出すようにしましょう。 今回紹介したうんちのしつけ方意外にも、犬のトイレのしつけ方について、『 』の記事でも詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 高額治療費がかかる前に! 家族同然のペットが今は健康でも怪我や病気は突然やってきます。 人間と同じような保険がないペットに、病気の治療を行うと驚くような請求になる事も多くあります。 何かの病気にかかることは少なくありませんよね。 その時に最善の手術・治療を受けれる用意をしておくのも飼い主の大事な役割です。 長く一緒に生活できるように、治療の選択肢を増やすためにもペット保険を考えるのは重要です。 すぐには入らなくても、保険の内容がどんなものがあるのかくらいは知っておきましょう。 ペット保険の中で、 契約者数が多いPS保険は6年連続顧客満足度1位です。 まずは無料の資料請求から、アナタやペットに合った保険を考えてみることから始めましょう。 飼い主の為はもちろん、愛する家族の選択肢を増やすために。

次の

犬のウンチはトイレに流して大丈夫?

犬 の ウンチ トイレ に 流す

今まで、何気なくビニール袋に入れてゴミ箱に捨てていませんでしたか。 愛犬のウンチの処理を具体的に考えたことはありますか。 犬に関わる苦情の中で、一番良く耳にするのは、何と言っても糞尿問題です。 糞尿問題を少しでも減らすため、家にウンチを持ち帰ってもらう様、アドバイス等を行っていますが、ゴミ?となるウンチを如何に環境にやさしく人に迷惑を掛けないように還元していかなければならないのかも考える必要がある時期に来た様に思います。 厚生労働省の統計発表によると、平成13年度の犬の登録数は5. 939. 595頭もおり、未登録の犬を足すと約1. 000万頭近くになると言われています。 それだけの犬たちが毎日排出するウンチの量は大変な量となります。 「愛犬のウンチは家に持って帰りましょう。 」とパンフレット等には書かれておりますが、 その後の処理についてはふれられておらず、各家庭での判断に委ねられおそらく燃えるゴミで捨てられている事でしょう。 そこで、まず兵庫県下の各市では犬のウンチの処理についてどの様な見解をお持ちなのか、各市のゴミ処理関係の課及び動物業務に携わる課に電話聞き取り等にて調べてみる事にしました。 聞き取り結果は以下の通りです。 電話の調査にて今回感じた事は、同じ市内であっても部署により違う見解を出されている市もあれば、具体案を示してくださった市もありましたが、全体的にはウンチはトイレ 下水処理 に流し、それを拾ったビニール袋やティッシュ等は燃えるゴミで出して欲しいという事でした。 しかし、散歩で拾うウンチについては、拾う場所によっては、土や砂・落ち葉などがウンチに付着してしまいます。 そのウンチをそのままトイレに流してしまうと、トイレが詰まってしまう可能性があります。 そこで、念の為ある市の下水関係の方に電話をしてお話を伺ったところ「ウンチは、どんなウンチであっても絶対に流さないで、燃えるゴミで捨てて頂かないと困ります。 下水等も、都市計画で処理できる範囲があり、犬のウンチまで流されたら困ります。 」とおっしゃられていました。 各部署によって、見解が違うと市民も戸惑ってしまいますので、出来れば、行政サイドで見解を統一して頂ければと思います。 また、犬を飼っている私達も、この機会に一度ウンチの処理の方法について考えてみませんか。 例えば、庭付きの家にお住まいの方は、ウンチのリサイクルと言うことで堆肥化してみるのも1つの方法だと思います。 以前Knotsが2000年3月~5月に運営を行った、神戸21世紀・復興記念事業「」では、実験的に入場犬たちのに挑戦してみました。 参加して下さった皆さんは快く協力をして下さり、結果2ヵ月後にはウンチの臭いも無く、とてもさらさらとした良い土が出来上がりました。 この方法は自然に優しく、自宅でウンチが処理できリサイクル出来ます。 ご参考までに、その堆肥化の方法をご紹介致しましょう。 紙やナイロン袋を使って拾った場合は、ウンチのみを穴に入れ、紙等は燃えるゴミで捨てて下さい。 以上、これを繰り返します。 1. 30㎝掘った穴にわらを敷く。 2. 少し土を撒いてウンチを置く。 3. 500倍に薄めたEM希釈液をジョウロでウンチにかける。 EM液は細菌群ですので、水道水にカルキ抜きを入れ、カルキを抜いた水で希釈して下さい。 4. 希釈液を掛けた上にぬかを撒きます。 5. そして又土をかぶせます。 6. 雨の日は水が入りにくいように穴をカバーします。 消臭効果もありますので、尿臭等の気になる部分にも使えます。 EMとは、Effective Microorganisms の略で有用微生物群の事をいい、光合成細菌・乳酸菌・酵母菌・有用放線菌などを含みます。 実際にこの事業が終了した後も、Knotsメンバーは自宅の方で試みており、花壇等の花の良い肥料になっております。 堆肥化の環境が整っている方は一度お試し頂けたらと思います。 また、集合住宅等でそのような環境に無い場合は、愛犬と暮す中で自分に出来るちょっとした地球に優しい事を提案して頂ければと思います。 環境破壊やオゾン層の問題・温暖化現象が深刻になりつつある今、愛犬家としても考えられる事を実行していきませんか。 皆さんは、愛犬のウンチをどの様に処理されていますか。 燃えるゴミとして出す、水洗トイレに流す、以外の何か良い方法をご存知でしたら、是非教えて下さい。 お待ち致しております。 (e-mail ).

次の

犬のウンチは流す?捨てる?正しい処理方法とは

犬 の ウンチ トイレ に 流す

もくじ• 犬の散歩の時のうんちは【うんちとり】でキャッチ! お散歩のときにうんちは草むらにすることが多いです。 草むらにしたうんちはとっても取りにくいですね。 道路にしてもやわらかいうんちだとくっついてしまってきれいにするのも大変。 そんなときはうんちとりでキャッチしちゃいましょう。 うんちとりの作り方 作り方と言ってもとっても簡単! 100円ショップで売っている取っ手付きの網、または子供用のお砂遊び用スコップにビニールをかぶせるだけ! 草むらにしそうになったらサッと差し出してキャッチすれば、草がからみついて取りにくいなんてこともありませんね。 うんちをキャッチした後は、袋を外して捨てればうんちとりも汚れません。 安くて便利なのでおすすめです。 試してみてくださいね。 市販のうんち取りキャッチャー Amazonなどでもうんち取りキャッチャーは販売されていました。 手作りよりは値段は高くなりますが利用してもいいですね。 犬のフン取り器 エコキャッチャー \画像タップで購入できます/ キャッチしやすく使い勝手がいいと好評です。 3年保証付きでマグネットが外れてしまっても無償で交換してもらえます。 モンブラン わんわんエチケット \画像タップで購入できます/ 柄も枠もしっかりとしています。 長さも調節できて拾ったうんちもずり落ちることがないと好評です。 犬の散歩 おしっこの処理 おしっこも処理するのがマナーです。 地面や排水溝にオシッコをした場合は、水や消臭スプレーをかけて流すようにしましょう。 ただし、おしっこの量が多かったり、水分を吸収しないコンクリートなどの上でした場合は、トイレシーツで吸収することをおすすめします。 また、 他人の家の門や壁におしっこをかけるのは条例違反にあたるので気を付けましょう。 散歩中のおしっこは何で流す? 散歩中におしっこをした場合は、カンファペットをかけると消臭効果ばっちりで臭いで迷惑をかけずに済みます。 カンファペットは舐めても安心ですので、 後からきた犬が舐めてしまっても問題なし! カンファペットがない場合には、木酢液も効果的です。 原液を50~200倍に薄めて使うのでとても経済的。 散歩のときにはスプレーボトルに入れていけばOK! \画像タップで購入できます/ 若干木酢液の臭いもしますが、消臭効果はバッチリです。 犬の散歩のときのうんちの正しい捨て方 犬と散歩すると必ずといっていいくらいうんちをします。 愛犬のうんちは拾って持ち帰るのが飼い主の義務です。 拾ったうんちはどのようにして処理していますか?正しい捨て方にもマナーが問われますね。 ただ拾えばOKではなく 正しく捨てる事が重要です。 間違ってもその場に放置して帰ってしまうなんてことがないようにしましょう。 愛犬のウンチを飼い主が責任をもって処理することは公衆のルールです。 うんちを放置すると罰金を課す自治体もあります。 自宅のトイレに流す 自宅でウンチを捨てる際に、もっとも簡単にできるのが トイレに流す方法です。 ただし、水に溶けない紙で砂利などが付着した状態で流すと、つまりや故障の原因となりますので注意しましょう。 トイレットペーパーでぐるぐる巻きにしても詰まることがあるので、最小限の量を流すようにしましょう。 また、自治体によっては水質汚染の問題などでトイレに流すのを禁じている地域もあるようです。 生ゴミとしてゴミ収集日に出すことを推奨しているところもあるので、まずは 自治体に正しい捨て方を確認しておくと安心ですね。 コンビニや公園のゴミ箱に捨てるのはNG! 公園やコンビニのゴミ箱に捨てるのもマナー違反です。 悪臭などの原因となるため、必ず自宅まで持ち帰るようにしましょう。 帰宅までにニオイが気になる場合は防臭ポーチや袋が便利ですね。 \画像タップで購入できます/ 3. 土に埋める 自宅の庭に埋めるのは問題ありませんが、 公園などの公共の場所や他人の土地に埋めるのはNG! ゴミの不法投棄とみなされます。 燃えるゴミに捨てる 自治体によっては生ごみとして捨てることができる場合もありますが、悪臭問題などで禁止している所が多いです。 住んでいる地域のルールに従うようにしましょう。 フン処理機の活用 最近では環境に優しい フン処理機の活用が、新たな処理用として注目されています。 \画像タップで購入できます/ 犬の散歩のうんちとおしっこの処理【まとめ】 犬の散歩中のうんちは、手作りうんちとりでキャッチすると楽ちんです。 拾ったうんちは必ずお家に持って帰りましょう。 おしっこを処理しない人が多いですが消臭スプレーなどできちんと処理しましょう。

次の