コロナ 騒ぎ すぎ。 新型コロナウイルス感染症は風邪の一種、過剰な反応騒ぎすぎ

新型コロナウイルスはちょっと騒ぎすぎじゃないですか?

コロナ 騒ぎ すぎ

とーーーーってもお久しぶりです。 イクパパLifeです。 昨年ぶりなので、あけましておめでとうですかね。 ブログ100記事目指そう!って躍起になっていたら、なんか一気にやる気が・・・。 今日から不定期ですが、始めていきたいと思います。 世の中 コロナ、コロナで大変だよね。 未知のことに遭遇すると、誰しも怖いものだけど。 でもそれは、 『未知』だからなのでは?知って仕舞えば、さほど怖くはない! 私の周りの医療者も、正直そこまで怖がってはいません。 だって・・・ね。 ちょっとコロナについて、お子さんにもわかるように解説をしていきます。 そもそもコロナウイルスってなんだいな? コロナウイルスは、元々 鳥などがかかるウイルス。 そのため、万が一人がかかっても、そんなに重い病気にはならず、風邪程度で治っていました。 ですが、人の体に感染したウイルスは、 人の体で増えやすいように進化をするのです。 その結果、以前流行った サーズ、マーズのように重い病気へと変わっていきました。 なんでこんなに広がるの? インフルエンザは世界的に有名な、ある意味 ハリウッドスターのようなものです。 それと違いコロナウイルスは、道端で行う 大道芸(パントマイム的な)のようなもの。 人気度が違うので、それほど気にもされていませんでした。 しかしユーチューブなどでいきなり大ヒットしてしまい、事前にグッズの準備や広告の準備が間に合っていないということです。 つまり、昔から知れ渡っていた病気ならば、特効薬や検査薬や準備されていますが、 いきなり現れたウイルスへの対抗手段がないということです。 どんな症状が出るの? 一般的に風邪のような症状ですが、そもそも風邪ってどんな症状? ・咳、鼻水、くしゃみ、喉の痛み、発熱などの呼吸器(口・鼻・喉周り)の症状。 ・熱が出ても息苦しさや強いだるさ(動けないほど)はない。 ・自宅でよく食べ、よく寝ていれば治るもの。 コロナウイルスでは、始めは同じような症状なのですが、熱が下がらず息苦しさが出ます。 肺炎と同じような症状なので、息を吸ったり吐いたりが辛くなるのです。 もしかかったらどうなるの? 今のところ、 子供や健康な大人は重い病気にならないと言われています。 ですが 糖尿病、喘息、心臓病などの持病がある方、免疫を下げる薬を飲んでる方、昔から風邪などにかかりやすい方は重い病気となることがあります。 厚労省からの目安はありますが、自分の日頃の体調と比較して早めの行動をとってください。 特に自宅にお一人でいる方が身近にいたら、気にしてあげてください。 実際は、 対処療法(熱を下げる、点滴をする、呼吸器をつける)になりますが、今新しい特効薬が作られています。 現情報ですと、一般的に使用するには少し怖い薬ですが・・・。 重症化しやすい方や重症化している方には、有難いものになります。 かからない、うつらないためにはどうするの? 今回はウイルスですので、 インフルエンザと同じ対策で大丈夫!マスクに手洗い、よく食べてよく眠ることを徹底しましょう。 マスクは自分のくしゃみ、咳を他人に移さないために使います。 目や鼻からも入ってしまうようなので、マスクをしたからと言って予防にはなりません。 そもそも手すりやドアノブについてるウイルスは、マスクなんて効きませんから。 逆にマスクから花が出ている、マスクの表側を触る、一日同じマスクを使うなどをしているならば、マスクの意味は0。 むしろ マスクにウイルスを集めて、それを体に入れているのと同じです。 使うならば正しく、必要以上の買い溜めはやめましょう。 情報の選択には正しい知識が不可欠 未知のウイルスにメディアでの大騒ぎ、確かに重症になる人はいますが、 必要以上に騒ぐの逆効果。 情報をメディアだけで知ろうとすると、必ず過剰な情報まで入ってきてしまいます。 医療に関連をしていない人は、どこから得たらいいかわからないと思います。 病院やクリニックなど医療機関が出す情報、国が出す情報、メディアが出す情報を聞き比べ、同じようなことがあれば信じましょう。 まだまだ感染者は広がりますが、正しい知識を知り、早めの対応、早めの対策を講じていきましょう。 meditnurse.

次の

堀江貴文氏、日本国内のコロナ反応に「騒ぎすぎ」→甘く考えすぎ

コロナ 騒ぎ すぎ

2019年10月以降の累計で2600万人を越え死者数は1万4000人に達した。 インフルエンザの致死率は0. 0538%だ。 6%やMERSの34. 4%と比較して致死率が低いといってもインフルエンザの0. 0538%よりはずっと高い。 13 台湾初の医学博士となった杜氏の父、杜聡明博士を尊敬する日本在住の台湾人医師、林建良氏が次のように答えた。 「新型コロナウイルスが季節性インフルエンザと明らかに異なる点は肺に体液が一気に充満して肺が溺れたような状態となって死に至ることだ」 「それから肺だけなくほぼ全ての臓器にウイルスが入り込む可能性があること」 「SARS(重症急性呼吸器症候群)のようにウイルスが消えるかどうかは現時点で誰にも分からない」 「ウイルスの抗体ができてもエイズのように体内から消えない可能性もある」 ともかく 「死のウイルス」 には厳重警戒すべきだ。 武漢新型コロナウイルスは人が生活していく中で手を使うこと(接触感染)と言葉を話すこと(飛沫感染)この2つがメインでどっちも感染経路として大きい。 人間の行動そのものが感染経路になるのが武漢新型コロナウイルスの大きな特徴で非常に防ぎにくいウイルス。 今はまだ治療薬があるわけでもないしワクチンもない。 できることは手指衛生とかマスクとか換気とかそういう一般的な対策が凄く大事である。 武漢新型コロナウイルスは軽症な場合があり得るというのは感染性というところではちょっと質が悪い。 クルーズ船でのケースでは元気に自分で歩いて搬送車両に乗られた方でもその搬送の数時間の間に急変してもっと高次の病院に転院しなければならないということがあって急変するらしいということは情報として持っていないわけではなかったですけどこんなに目の前で起きるとは思わなかったのでかなりビックリしました。 軽症の患者が急変するある要因に気づくことになった。 全員の肺を詳細に調べるためCT検査を行ったところ症状のない人や軽い症状の人でもおよそ半数に肺炎の所見が見られた。 CT写真では正常な肺は普通黒く写るが両方の肺にうっすら白く写っている所があってここがいわゆる肺炎の所見です。 けれども全くご本人さんは症状がないという状況でした。 症状の無い人に出る肺炎という意味で 「サイレント肺炎」 と呼ばれている。 自覚症状がないまま肺で炎症が進行するというサイレント肺炎、あるケースでは当初入院時熱は37度程度で自覚症状がなかったがCT検査では肺炎の影が見られそして入院から4日後人工呼吸器が必要になるほど悪化した。 自衛隊中央病院の症例(3月24日報告書)では入院時無症状41%、軽症39%、重症19%だったが次第に症状が悪化する人が増え重症患者は19%から27%にまで増えた。 サイレント肺炎が起きる仕組みは感染すると肺に到達したウイルスが増殖するが上気道でウイルスが増殖しなければ咳などはほとんど出ない。 肺炎も初めは範囲が狭く炎症も軽いため症状に現れない。 しかしサイレント肺炎は気付かないうちに進行、自覚症状が出た時には重度の肺炎となっていて急速に悪化したように見える。 肺のダメージがゆっくり進行すると自覚症状として感じにくいということがある。 悪くなっているのに気付かなくて全身管理の介入が少し遅れるとそのせいでひょっとしたら助けられたはずの人が助けられないということが起きているかもしれない。 無症状感染者の部屋からもウイルスが出ており無症状だからといってその患者からあまりウイルスが出ていないというわけではなくて可能性として接触感染の危険は無症状の人からも有症状の人と同じようなリスクがある。 ウイルスの感染力はどのくらい持続するのか。 プリンストン大学の研究チームでは武漢新型コロナウイルスを様々な物質の表面に付着させどのくらいの時間感染力が保たれるか実験した。 その結果ステンレスの表面では3日間感染力が持続、プラスチックでも感染力は3日間持続した。 これはインフルエンザウイルスと比べると1. 5倍の長さだ。 最も危険なのは最初の2~3時間でその後は次第に感染力が減る。 危険がなくなったと思ったら大間違いだ。 最初に大量のウイルスがあればその分だけ感染力が残る。 3 21:40 新型コロナウイルスの患者が重症化するメカニズムが最近の研究で明らかになってきた。 生命を脅かす重い肺炎は自分を守るはずの免疫が過剰に働くことで起きている可能性が判明した。 ウイルスは全身の臓器に侵入してさまざまな症状を引き起こすとみられ、詳しく解明できれば治療法の開発につながると期待される。 「肺炎を起こしても軽い症状で治る場合もあるが重篤化する人もいる」 「病気の仕組みがよく分かっておらずどの人が重くなるか見極められない」 愛知医科大の森島恒雄客員教授(感染症内科学)は治療の難しさをこう話す。 悪化する場合は非常に急激で人工呼吸器や人工心肺装置(ECMO)がこれほど高い比率で必要になる病気はないという。 なぜ致死的な肺炎に至るのか。 量子科学技術研究開発機構理事長で免疫学が専門の平野俊夫氏らは免疫がウイルスを打ち負かそうとするあまり過剰に働きいわば暴走して炎症が広がり重篤化する可能性を突き止めた。 免疫の働きを高める 「インターロイキン(IL)6」 というタンパク質が体内で過剰に分泌されると免疫細胞はウイルスに感染した細胞だけでなく正常な細胞も攻撃してしまう。 死亡した患者はIL6の血中濃度が顕著に上昇していたとの報告もあり重篤化の一因として指標に使える可能性がある。 感染初期は免疫力を高める必要があるが重篤化すると逆に免疫を抑える治療が必要になるとみられる。 そこで有望視されるのが中外製薬のIL6阻害薬 「アクテムラ」 だ。 関節リウマチなどに使う薬で同社は新型コロナ向けに治験を行う。 平野氏は 「新型コロナは免疫の暴走を抑えられれば怖くない病気だと思う」 「治験が効果的に進むことを期待している」 と話す。 新型コロナは呼吸器だけでなく全身にさまざまな症状が現れる特徴がある。 ウイルスが細胞に侵入する際の足掛かりとなる 「受容体」 というタンパク質が全身の臓器にあるためだ。 ウイルスの表面にはスパイク状の突起がある。 鍵と鍵穴の関係のようにこれが細胞の受容体とぴったり合うとウイルスは侵入して増殖しその臓器に炎症などが起きて病気になる。 鍵穴となる受容体はウイルスの種類によって異なり新型コロナは 「アンジオテンシン変換酵素(ACE 2」 という物質だ。 国立感染症研究所の元室長でコロナウイルスに詳しい田口文広氏は 「この受容体は呼吸器や鼻腔、口腔、腸管などいろいろな臓器の細胞に存在する」 と指摘する。 新型コロナは嗅覚や味覚の異常を訴える患者が多いことが注目されているがこれは鼻や口の中の細胞が感染して破壊されるためとみられている。 この受容体は血管の内皮細胞にもありそこで炎症が起きると血栓ができて脳梗塞など重篤な合併症につながるケースが報告されている。

次の

【新型コロナウイルス】騒ぎすぎ?注意すべき?国民の本音をアンケート調査!

コロナ 騒ぎ すぎ

の影響で、そしがやの通っている大学院の卒業式も入学式も中止になりました。 多くの大学も同じような措置を取っているようです。 ですから、去年までよく見かけた袴姿の女子学生の姿もめったに見かけません。 このままだと4月以降の授業の開始もだいぶ遅れるのではないかと想像しています。 そんな中、外出せず、ずっと自宅にいるようになったので、これまでよりテレビを視聴する機会が多くなりました。 テレビのワイドショーでは、やはり新型コロナに関連したものが増えたようです。 そのようなテレビ番組を見ているといろいろなコメンテイターが登場しますが、の脅威をあおりすぎではないかと思われるものもあります。 冷静な議論が必要ではないかというのが率直な感想です。 そんな番組の中では、がレギュラーの番組が冷静な対応を呼びかけるものだったので、それについての記事を紹介したいと思います。 関連の報道が続く中、10日放送の『の 講座』(系)では、氏によるワイドショー批判が行われた。 今回、TV報道はどのような役割を担ったのだろうか。 10日放送のこの番組は、見ていました。 途中から新型コロナ関係の内容になったのですが、説得力のある内容でした。 林氏は「テレビ観てるとねぇ、素人がネットで聞きかじった情報であーだこーだ言って、あの時間みんなムダなんですよ。 の専門の方の意見だけが聞きたい」と言っている。 のこのコメントは、印象に残っています。 そしがやの気持ちを代弁してくれていると感じました。 テレビには、の専門家でもない人間がしたり顔でコメントをしているものもありますが、ちょっと社会をあおりすぎではないかと思えます。 林氏はの専門家である堀賢教授に「昨年のインフルエンザの死者数と比較したとき、はそれほど恐ろしいのか?」と質問。 さらに、「ここまでいろんな経済活動を止めてまで恐れなければならない病気なのか」との問いに、堀教授は「日本においてはそれほど怖くないというのは正しい」と回答した。 つまり「致死率がそれほど高くないので、世界的に流行してきている風邪のようなもの」であると。 昨年、日本では、インフルエンザで3000人ほどが死亡していますが、今回の新型コロナほどの騒ぎにはなっていません。 それを考えると堀教授が述べているように今回は、かなり恐れすぎともいえると感じました。 林氏はインフルと比較しており、なおかつ経済的リスクにも視野が及んでいるのだ。 新型コロナそのものにおける最大の危機は「」にあることがイタリアなどの事例で明らかになっている。 検査を促すことはまさしくにつながりかねない。 経済的リスクも含めあらゆる観点て、冷静さを促すのがマスメディアの使命だろう。 それを「正しく恐れる」という有名なフレーズが表すのであり、連日のワイドショーによって不安を煽るTV報道は最も足を引っ張ったといえる。 ワイドショーにあおられずに「正しく恐れる」ということが今まさに求められていることでしょう。 しばらくこの状態は、続くと予想されます。 テレビ番組によっては、不安になることもあるでしょうが、冷静に過ごしたいものです。 今までもこのようなの脅威は、何度もありましたが、人類はいずれも乗り越えてきたのですから。 関連記事 sosigayax.

次の