フェイクアダルト。 芸能人フェイクポルノが見れる動画サイトまとめ【DEEPFAKE】

AIで進化する「フェイク動画」と、それに対抗するAIの闘いが始まった(動画あり)

フェイクアダルト

ディープフェイクとは?問題点は? 最近だと様々な物議を醸しているディープフェイクですが、そもそもディープフェイクとはなんなのでしょうか。 ここではディープフェイクについてと、問題点についてそれぞれご紹介します。 ディープフェイクとは ディープフェイクとは、人工知能の「深層学習」とよばれる手法を利用して制作された偽物の写真や動画などのことをいいます。 要するに、人工知能を利用した高品質の合成写真、動画のことです。 2019年にオバマ大統領が「トランプ大統領はクソ野郎だ」と批判するディープフェイクを利用した動画が配信され物議を醸していました。 ディープフェイクは、従来の合成写真、動画とは一線を画しており、素人が閲覧する分には違いに全く気づかないほどの精巧さを兼ね備えています。 そのため、悪質なことに数多く利用されており、法律や規約によって禁止している国やサービスが増えているのが現状です。 ディープフェイクの問題点 技術の進歩を非常に感じるディープフェイクですが、進歩ゆえの問題点もあります。 ディープフェイクは精巧に偽動画や写真を作成可能なため以下のような悪質なことに利用されています。 フェイクポルノ• 政治での印象操作 それぞれ見ていきましょう。 フェイクポルノ ディープフェイクを利用してポルノ映像、写真の制作が盛んに行われています。 フェイクポルノとは、アダルト動画に出演している女性の顔を、有名人やアイドルなどの顔と交換し、あたかも顔を交換した女性が性行為をしているように見える動画です。 実際に2019年のサイバーセキュリティ会社「DeepTrace」の調査によると、ディープフェイク動画の96%はフェイクポルノであると発表されています。 それほどまでに悪質に利用されていることが広がっています。 被害女性側の人権侵害や、脅迫などに利用される危険性もあり、非常に危険性が高い技術です。 政治での印象操作 政治の世界でも印象操作目的でディープフェイクが利用されています。 上記の「ディープフェイクとは」で記載した、オバマ大統領が「トランプ大統領はクソ野郎だ」と批判している動画などが該当します。 また、アフリカのガボンでは閣僚のフェイクポルノ動画が拡散され、クーデター未遂により国の混乱騒動にまで発展したケースも。 発言していない内容をあたかも発言したかのように仕立てたり、ポルノ動画によって印象を操作したり、騒ぎを引き起こしています。 ディープフェイクが閲覧可能なサイトは? 実際にディープフェイクがどのようなものか、見て確認したい方もいらっしゃるでしょう。 しかし、ディープフェイクのサイトは悪質なものが多く頻繁に削除されています。 規制も厳しく、ディープフェイクのサイトをを見つけることは簡単ではありません。 pornhubなどのポルノサイト内やツイッターで検索も可能ですが、全て自己責任で判断して下さい。 ここで紹介するものも然りです。 KPOPDEEPFAKES. NET KPOPDEEPFAKES. NETは、その名の通りKPOPアイドルやスターを中心としたフェイクポルノ動画を集めたサイトです。 KPOPアイドルは世界的にも人気を誇っており、KPOPのジャンルで50億もの売り上げを記録するほどの人気ぶりです。 フェイクポルノの制作が活発な中国ももちろん該当するため、KPOPに焦点を置いたこのようなサイトが制作されたのだと推測できます。 このような動画を制作することはもちろんのこと、フェイクポルノと知っていながら閲覧することも同様に法律に触れる可能性があるので、自己責任で閲覧してください。 動画としては比較的短いものが多く、スマホでの視聴を考えて制作されているサイトです。 手軽に操作可能で、ショートムービープラットフォームで人気を博した「TikTok」のような操作性で動画を閲覧できます。 元アイコラ職人の「フィリップ2世」さんが運営するDeep Fakeサイトです。 広瀬すず、新垣結衣など有名女優の動画が多く、いつサイトが削除されるかわかりません。 もちろん違法ですので、閲覧する際は自己責任で十分に注意を払ってください。 閲覧の際の注意点があるので、紹介いたします。 危ない広告が多く設置されている ディープフェイクサイトは、違法スレスレあるいは違法に該当します。 そのような極めて黒に近い、グレーの手法を用いてアクセス数を稼ぐサイトにはワンクリック詐欺や違法出会い系サイトへの広告が多く出稿されているケースも。 いきなり架空請求の支払いの画面に切り替わったり、違法なサイトへの登録を迫られたり、多様な方法でお金を騙し取ろうとすることがあります。 そのためディープフェイクサイトを閲覧する際は、いつも以上に細心の注意を払うように心がけましょう。 シークレットモードで閲覧をする ディープフェイクサイトを閲覧する際の注意点としてシークレットモードを利用した閲覧をすることも挙げられます。 シークレットモードを利用することで万が一の個人情報の漏洩を防ぐことができるためです。 シークレットモードは、Google Chromeが提供している機能で、閲覧履歴やダウンロード履歴といった個人情報が保存されないモードのことです。 しかし、使用する検索エンジンによって呼び方は異なり、「プライベートブラウズモード」「プライベートブラウジング」「InPrivateブラウズ」などと呼ばれれているので注意しましょう。 まとめ この記事では、ディープフェイクについてご紹介しました。 日々進化しているAIの技術を利用することで、本物と偽物を見分けることが困難な写真や動画が制作されるようになってきました。 実際に人を利用しなくても気軽に動画を作成できるようになることでの動画制作のコスト低減や、かつての偉人の動画内での復活などができるようになり動画制作の幅の広がりが期待できます。 一方、フェイクポルノや政治での印象操作などに悪用され被害を受けるケースもあとを絶ちません。 ディープフェイクに対する規制、法律を厳しく定め、効果的に最新の技術が駆使されるような環境が整うと今後の動向に期待できますね。 この記事が少しでも参考になれば幸いです。

次の

女性芸能人のフェイクポルノが流行っています【動画アイコラ・Deepfakes・ディープフェイク】

フェイクアダルト

ディープフェイクと呼ばれるこうした映像は、激化するデジタルのフェイク情報競争のなかで最も新しい、そしておそらく最も厄介なものだ。 画像の加工はずっと前から行われてきたし、音声を操作する方法も向上している。 しかしつい最近まで、動画の操作や偽造は大変な作業であり、専門技術と気の遠くなるような根気を必要とした。 だが、機械学習によってこのプロセスがますます容易になり、加速している。 すべての始まりは偽ポルノ動画 17年の終りころ、新しいタイプのポルノ動画が「Reddit」に登場し始めた。 「deepfakes」という名前の、あるRedditユーザーによるものだ。 機械学習を使用してポルノスターの顔と有名人の顔を入れ替える方法を考案したdeepfakesは、ちょっとした騒ぎを引き起こした。 その後、このアルゴリズム「DeepFake」は、ソフトウェア開発プラットフォームの「GitHub」で公表された。 その結果、十分なノウハウと、そこそこのコンピューターをもっている人なら、かなりの質のフェイク映像をつくれるようになった。 それ以来、同じようなフェイク映像や関連ソフトがネットのあちこちで登場している。 そのなかには比較的無害なものもある。 deepfakesによるオリジナルのアルゴリズムから着想を得たあるツールは主に、ニコラス・ケイジの顔を、彼が出演していない映画に挿入することに使用されている。 だが、明らかに有害になりうるものもある。 本物にしか見えないフェイク動画が地政学的緊張を高めたり、動揺を招いたり、犯罪を激化させたり、といった事態につながることは十分に考えられる。 さまざまな組織やメディアで、あるいは政治システムでさえ、信頼は一瞬にして崩れ去る可能性がある。 技術的進化に適切な政策が追いついていないという懸念は、今後も拡大していくはずだ。 フェイクを検知するアルゴリズム 幸いなことに、科学界は対応に乗り出している。 ニューヨーク州立大学オールバニ校の呂思偉(ルー・シウェイ)が率いるチームが、フェイク動画の欠陥を見つけたのだ。 DeepFakeアルゴリズムは、入力された画像から動画をつくり出す。 それなりに正確ではあるが、AIは、人間が自然に発する生理学的信号すべてを完璧に再現することはできない。 そこでこのチームが特に注目したのは「まばたき」だった。 人は通常、2~3秒に1回、自然にまばたきをする。 だが、写真に写っている人は通常、目を閉じていない。 瞬きについてアルゴリズムに学習させたとしても、動画の人物は滅多に瞬きしないことになる。 そこで研究チームは、フェイク動画のなかで瞬きがない箇所を検出するAIアルゴリズムを設計した。 このアルゴリズムは、2つのニューラルネットワークを組み合わせている。 まずは顔を検出し、次に動画の連続画像すべてを並べて、それぞれの目の領域を解析する。 ひとつのネットワークが、その顔の目が閉じているかどうかを判断する。 もう一方は、記憶システムとして機能する。 フレームごとの判断を記憶して、その時間のなかで瞬きが行われたかどうかを見極めるという仕組みだ。 まずはAIに、目が開いている画像と閉じた画像のラベル付きデータセットを学習させた。 学習後のAIをテストするために、独自のDeepFake動画を作成し、わずかな後処理を行って、偽造レヴェルをさらにアップさせた。 結果は素晴らしいものだった。 呂によると、学習させたAIはフェイク動画をすべて特定したという。 後処理として手動で瞬きを追加することは、大した手間ではないと呂は説明する。 BuzzFeedの動画もそうだが、一部のフェイク動画には、実際に瞬きが含まれている。 それでもこの種の戦略は、フェイク動画の作成プロセスを邪魔し、遅らせる方向で働くだろう。 少なくともこのアルゴリズムには、その効果がある。 「いまは、防御の最前線を構築しているところです。 結局これは、フェイク動画をつくる人間と、それを検出する人間との、今後も続く戦いなのです」とリューは言う。 AIとAIが闘う日 広範囲の取り組みに応用できるこの研究は、米国防総省高等研究計画局(DARPA)の支援を受けている。 16年から20年まで続くDARPAの「Media Forensics」プログラムの一環だ。 このプログラムの目標は、音声や動画など、デジタル生成された情報の信憑性と正確性をチェックできるツールを開発することだ。 「フェイクメディアやフェイクニュースの波に反撃できるテクノロジーがあるということを、一般の人々に保証したいと考えています」と呂は述べる。 ニューヨーク市立大学の教授でコンピューターサイエンスを教えているレヴ・マノヴィッチによれば、これはAI同士の競争が激化しているひとつの例でもある。 「コンピューターによるデータ解析で、人には見えないパターンを検出できることはよく知られていますが、ほかのAIが残したパターンはどうなのでしょうか。

次の

ディープフェイクとは?偽動画の例や仕組み・作り方・危険性などをまとめて紹介

フェイクアダルト

女性芸能人の フェイクポルノが流行っていますね。 ディープフェイク(deepfake)という技術を使って、AVの動画をアイコラのように交換することが可能になっています。 いわゆる 動画アイコラ。 ディープフェイク(deepfake)は「深層学習(deep learning)」と「偽物(fake)」を組み合わせた混成語(かばん語)で、人工知能にもとづく人物画像合成の技術を指す。 AIによる機械学習で自然に女性芸能人のエロ動画を作成できちゃうってことです。 海外ではハリウッド女優のフェイクポルノが流行りすぎて、法規制されました。 日本でもそのうち規制がはいるのかもしれません。 それほどクオリティの高い動画が作れる時代になっているんです。 アメリカ・バージニア州は、合意に反したディープフェイクの画像や映像の配布に対して刑事罰を科すことを、新たに法律に追加しました。 これは、相手の同意なしに裸の画像や性的な画像を配布することについて定めた「Class 1 misdemeanor クラス1軽犯罪 」の法律を修正したもの。 修正後の法律には「偽って作られた映像あるいは静止画」という言葉が加えられています。 この法律の対象はディープフェイクに限らず、Photoshopなどのソフトウェアを使った偽造画像・映像も含まれる可能性があり、違反者には最高12カ月の懲役と2500ドル 約27万円 の罰金が科せられることになります。 ガッキーや石原さとみのエロ動画が手に入るんだから、興奮度はマックス。 なかにはかなりの精度のものが存在します。 日本人のフェイクポルノ動画を置いてあるサイトはたくさんありますけど、安全性やクオリティの面からおすすめできるのは 「DFIDOL(Deepfakes Of Gorgeous Face)」くらいかな。 そのほかの無料フェイクポルノサイトは、ほとんどが超危険レベルなサイトですね。 とはいっても、DFIDOLにもとうぜんリスクはあるので、自己責任でお願いします。 石原さとみ・ガッキー・橋本奈々未などのフェイクポルノあり。 石原さとみの手コキは抜けた。 ガッキーは表情がリアルなんだけどおっぱいが小さすぎる。 Keep2Share. cc の有料会員になるとダウンロードできるらしいけど、わたしはためしていません。 安全性もわかりません。 海外のディープフェイクサイトでは「」が有名ですね。 ではかなりよくできているフェイクポルノが売られていて評判になっています。 いくつか買ってみたけど、たしかによくできている。 テレビドラマを同時再生しながら楽しむと没入感すごいです。 たんたかたっていう人の作品がすごい。 サンプルを見るとすごさがわかると思います。 下記は実際にわたしが購入してよくできているなと思ったものです。 エロの申し子のもなかなかいい。 これは素材の選びかたが秀逸。 公開されている画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。 使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処または削除いたします。 また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他いかなる損害に関して一切当サイトは、責任を負いません。 当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。 また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や画像などの著作権所有者様からの削除依頼はご連絡下さい。 ただちに対処いたします。 info uraa. net.

次の