きのこ たけのこ 売上。 【茶番】完全決着してるのになぜ「きのこの山vsたけのこの里 国民総選挙2018」が実施されるのか? 明治にズバっと聞いた

きのこの山とたけのこの里、どちらが優れているの?薬剤師に聞いてみた。

きのこ たけのこ 売上

こんにちは。 ライターの紳さんです。 突然ですが、アナタは「きのこの山」と「たけのこの里」どちらが好きですか? きのこの山 VS たけのこの里 どちらも国民的人気を誇るお菓子ですが、これまでに 「どちらが優れたお菓子か?」というテーマで「きのこ派」と「たけのこ派」に分かれて対立し、終わりのない論争を続けてきました。 俗に 「きのこたけのこ戦争」と呼ばれ、過去に「年間売上数」や「科学的な美味しさの数値」の比較で決着をつけるケースもありましたが、僕はこう考えます。 食べ物に優劣をつけるなら、売上や味なんて決め手にならない。 「摂取物として優れているのはどっち?」 これに尽きるのではないかと。 薬剤師なら決着をつけてくれるはず ということで、 人体と摂取物の関係に詳しそうな方々に来ていただきました。 現役薬剤師の「花田真理」先生。 ご多忙のため、普段ならこのような企画に出演することはあまり無いそうですが、 「たけのこの里」の大ファンということで特別にご協力いただけました。 現役薬学生の「吉田まりみ」さん。 幼少期に病気で入院した経験から薬剤師という職業に憧れを抱き、薬学部への進学を決めたのだとか。 ちなみに、たけのこの里のほうが好きとのことです。 今回、このお二人に「きのこの山」と「たけのこの里」を徹底的に比較し、 専門的知見からどちらのほうが摂取物として優れているかをジャッジしていただきます。 薬剤師専門の転職サイト「」は、 脅威の96. なんといっても、 8,000件以上の求人数は業界でも最大級! 好条件&高収入といった希望に見合う求人を見つけることができる上に、 薬剤師専任のコーディネーターがアナタの強みを活かした理想の転職を全面的にサポートします! 是非、一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

次の

きのこたけのこ戦争とは?ついに終結?国民総選挙の結果は?

きのこ たけのこ 売上

スポンサーリンク きのこの山とは きのこの山とは、株式会社明治が製造・販売しているチョコレートスナック菓子です。 1969年(昭和44年)8月7日に発売されたアポロチョコにヒントを得て、明治に社員がこれに軸を付けたらキノコっぽい、と思ったことから作られたと言われています。 明治アポロチョコ きのこの山は、1970(昭和45年)年から5年間かけて開発されました。 当時はチョコレートと言えば、板チョコで、それ以外の形と言えば、チョコベビーか、ポッキーくらいしかありませんでした。 1966年(昭和40年)発売のポッキー(グリコ)。 当時はチョコレートとスナックを組み合わせたチョコレートスナック菓子がほとんどなかったので、特別な商品として登場しました。 その後、40年以上チョコレートもスナックも改良を続け、現在の形になっています。 たけのこの里とは たけのこの里とは、株式会社明治が製造・販売しているチョコレートスナック菓子。 きのこの山の姉妹品として発売されました。 きのこの山の軸がクラッカーなのに対して、たけのこの里は中身がクッキーです。 スポンサーリンク 外側にチョコレートのコーティングがかかっています。 このチョコレートはミルクチョコレートとビターチョコレートの二層になっています。 どちらが先か きのこの山とたけのこの里では、どちらが先に発売されたのでしょうか。 きのこの山・・・1975年(昭和50年)発売 たけのこの里・・・1979年(昭和54年)発売 きのこの山が先に発売されました。 たけのこの里は、きのこの山の姉妹品と言う立ち位置です。 値段比較 きのこの山とたけのこの里は、通常スーパーでどちらも取り扱われています。 あるスーパーでそれぞれの価格を調べてみました。 きのこの山の価格 きのこの山は税抜きで168円。 30個入ってました。 たけのこの里の価格 たけのこの里の価格も168円 税抜 でした。 たけのこ31個入っていました。 価格的には全く同じなので、有利、不利、は無さそうです。 売上比較 きのこの山もたけのこの里も価格は同じだと分かったので、売り上げを比較してみます。 それぞれの売り上げが分かれば、どちらが人気なのかその時点でわかるのです。 2016年6月18日放送の「ジョブチューン」(TBS系)で株式会社明治の「きのこの山」担当者・山内義教氏と、「たけのこの里」担当者・吉田伊織氏が登場した。 たけのこ担当吉田氏曰く「たけのこの里の方が圧倒的に人気」とのこと。 売上の差も、2倍近くになることがある程だとか。 両方とも同じ価格の商品で、売り上げが2倍違うのだから圧倒的に「たけのこの里」の方が人気と言うのが結論だと言えます。 どちらが人気か 「きのこの山」と「たけのこの里」の人気を色々な角度で分析すると、圧倒的にたけのこの里が人気なのです。 「きのこの山たけのこの里国民総選挙2018」は、たけのこの里の圧勝になると思われます。 あなたはどちらに投票しますか? 商品を買わなくても毎日1票だけなら投票できるようになっています。 投票を試してみてはいかがでしょうか。

次の

#きのこたけのこ国民総選挙、データ分析勝手にやったら意外な結末になった

きのこ たけのこ 売上

きのこ派VSたけのこ派、それぞれの魅力とは? 直接対決の前に、まずはきのこ派・たけのこ派両者に、「きのこの山」「たけのこの里」の魅力について存分に語ってもらいましょう。 きのこ派の意見 きのこの山はチョコレート部分(傘)と、ビスケット部分(柄)が分かれていますよね。 きのこ派としては、 チョコレートとビスケットが分かれているからこそ、食べやすいという意見が多く見られました。 確かにチョコレートを直に手で触ると体温で溶けてしまうので、食べ辛くなります。 でもビスケット部分を手に持てば直接チョコレート部分を触らずに済むので、美味しく頂くことができますよね。 また、 たけのこの里と比べるとチョコレートがふんだんに使われているのも、きのこ派になった要因となっているようです。 他にも「たけのこの方は貧乏臭い」や、「きのこの方がサクサクして美味しい」という意見もありました。 たけのこ派の意見 たけのこの里は、チョコレート部分とビスケット部分が一緒になっていますよね。 チョコレートとビスケットの割合が絶妙なバランスで保たれており、サクサクとした食感が実現されています。 ビスケットとチョコレートのコラボレーションによりサクサク感が生まれ、とても美味しいという意見が多くみられました。 またチョコレートが被さっている部分にあるビスケットがしっとりしており、この食感がクセになっているという方もいらっしゃいますよね。 きのこの山は効率よく食べられるという意見に対して、たけのこの里は 食感が楽しめることで支持を集めているようです。 スポンサーリンク 白黒はっきりつけよう!売上対決 「きのこの山」と「たけのこの里」、売上の面に関してはかなり拮抗しているかと思っている人も多いのではないでしょうか? しかし、 売上データだけを見てみると「たけのこの里」が圧勝で、「きのこの山」は残念ながら負けてしまっています。 今まで、テレビやスーパーなどでも「きのこの山」と「たけのこの里」の対決を実施したものは、すべて「たけのこの里」の圧勝となっています。 年齢別に見てみると、 「きのこの山」は若い人よりも中高年の方に人気のようです。 「たけのこの里」は男性よりも女性に人気があるということも分かりました。 つまりお菓子を一番食べているであろう、 若い人の女性の心を掴んでいる「たけのこの里」が売り上げでも圧倒的な勝利を収めることができたといえるでしょう。 中身勝負!カロリーはどちらが低い? 売上勝負では「たけのこの里」に軍配が上がりましたが、幾ら売上が高くとも中身が伴っていなければ意味がありません。 そこで両者を比べて、カロリーが高いのはどちらの方か検証してみたいと思います。 内容量• きのこの山 : 82g• たけのこの里 : 77g カロリー• きのこの山 : 459kcal• たけのこの里 : 427kcal 内容量とカロリーは「きのこの山」の方が多く、「たけのこの里」の方が少ないという結果となりました。 食べたいのならば「きのこの山」、健康のことを考えるのならば「たけのこの里」の方が良いということになりますね。 ちなみに、1gあたりの両者のカロリーを比較すると、• きのこの山 : 約5. 6 kcal• たけのこの里 : 約5. 5 kcal となっています。 微々たるものの、ここでも「たけのこの里」が勝利してしまいましたね。 まとめ 今回の結果からすれば、人気の上では「たけのこ派」の方が圧倒的に勝利していることが分かりました。 しかし、「きのこ派」も負けてはいません。 やはり、中高年からは「きのこの山」の支持率が高いというのは本当といえるでしょう。 年齢別に売り上げの統計をとれば、もしかすると「きのこの山」が勝利している年齢層もあるかもしれません。 今後も、たけのこの里が圧勝し続けるのか、それともきのこの山が秘策を編み出し逆転するのか? 両者の戦いはまだまだ続きそうです。

次の