ヤマダ ストアー オンライン。 恵方巻きの大量生産「もうやめに」 発信したスーパーの思いを聞いた

朝霧店 オープン第三弾チラシ

ヤマダ ストアー オンライン

目 次• 兵庫県明石市の朝霧にヤマダストアーの新店舗がOPEN! ヤマダストアーは兵庫県(姫路・高砂・加古川)に約7店舗を展開して、最高品質の自然食品・オーガニック製品を中心に、こだわり商品の販売を行っておられるスーパーマーケットです。 近年では、食品の廃棄問題にも積極的に取り組み、恵方巻の大量廃棄を抑えるため「もうやめよう」と宣言したチラシの話が有名です。 この方針が数多くのメディアで取り上げられ話題になった会社です。 三喜屋のおかき・あられ・せんべいもございます。 お菓子コーナーには『素材・食感・風味を楽しむ』三喜屋のおかき・あられ・せんべいの販売コーナーもございます。 取り扱い店限定の商品から人気の「海苔巻おかき、丹波黒豆おかき、お好みえびせん」など。 ぜひ、明石近郊にお住いの方にも お好みの一品を見つけて頂ければ幸いです。 ヤマダストアーのその他の店舗でのご案内 ヤマダストアーでは、その他の店舗でもお取り扱いを頂いております。 姫路市内にあるおすすめの店舗をご紹介しております。 ぜひ、お近くにお店がございましたらご利用ください。 詳しくは、下記の関連記事にてご覧ください。

次の

朝霧店 オープン第三弾チラシ

ヤマダ ストアー オンライン

目 次• 兵庫県明石市の朝霧にヤマダストアーの新店舗がOPEN! ヤマダストアーは兵庫県(姫路・高砂・加古川)に約7店舗を展開して、最高品質の自然食品・オーガニック製品を中心に、こだわり商品の販売を行っておられるスーパーマーケットです。 近年では、食品の廃棄問題にも積極的に取り組み、恵方巻の大量廃棄を抑えるため「もうやめよう」と宣言したチラシの話が有名です。 この方針が数多くのメディアで取り上げられ話題になった会社です。 三喜屋のおかき・あられ・せんべいもございます。 お菓子コーナーには『素材・食感・風味を楽しむ』三喜屋のおかき・あられ・せんべいの販売コーナーもございます。 取り扱い店限定の商品から人気の「海苔巻おかき、丹波黒豆おかき、お好みえびせん」など。 ぜひ、明石近郊にお住いの方にも お好みの一品を見つけて頂ければ幸いです。 ヤマダストアーのその他の店舗でのご案内 ヤマダストアーでは、その他の店舗でもお取り扱いを頂いております。 姫路市内にあるおすすめの店舗をご紹介しております。 ぜひ、お近くにお店がございましたらご利用ください。 詳しくは、下記の関連記事にてご覧ください。

次の

ヤマダストアーのぼっかけ入りねぎ焼|ヤマダストアーオンライン

ヤマダ ストアー オンライン

2月3日の節分、コンビニやスーパー、百貨店などで大量に販売された恵方巻き。 同日の夕方、百貨店の地下食品売り場に立ち寄ったところ、和洋中、どんなジャンルの総菜店でも、色とりどりの恵方巻が並んでいた。 しかし、節分が終わると大量廃棄も話題になる。 そんな流れに一石を投じたのが、兵庫県姫路市を中心に展開するスーパー、ヤマダストアーの折り込みチラシだ。 同社は2月1日、恵方巻きなどの特売情報を掲載したチラシの中に、「もうやめにしよう」と銘打ったメッセージを掲載。 大量廃棄が出ないように、前年実績に基づいて恵方巻きを作ることを宣言した。 このチラシに、SNSなどで共感の声が上がっている。 同社に、メッセージに込めた思いを聞いた。 恵方巻きを前年実績で作ることを宣言したヤマダストアーの2月1日のチラシ(出典:ヤマダストアーのFacebookページ) 6店舗で売り切った チラシでは、「売上至上主義、成長しなきゃ企業じゃない。 そうかもしれないけど、何か最近違和感を感じます。 」と、問題意識を投げかけている。 海産資源が減っていることを踏まえ、売れ残りがないように恵方巻きを作ることを宣言。 「売れ行きに応じて数を増やすことを今年は致しませんので、欠品の場合はご容赦くださいませ」と伝えている。 ヤマダストアーは、経営において重視することの1つに「地球環境の保全」を掲げ、持続可能な店舗運営を目指している。 近年の恵方巻き商戦の盛り上がりに対して、「過熱していると思っていた。 止めたくても止められない流れになっている」と感じていたという。 今年は社内で議論した結果、必要でない量は作らないことを決めた。 以前から需要に応じた販売を目指しているが、恵方巻きに関してチラシでメッセージを発信したのは初めて。 「売り切れてしまうと苦情をいただくこともあったため、チラシを打って発信した」という。 当日は全8店舗のうち2店舗では「多少の廃棄が出た」ものの、他の6店舗は完売。 前年並みの実績だった。 チラシによる発信はSNSで広まり、「感心した」「頑張れ」「こんな企業がもっと増えればいいのに」といった意見が見られた。 また、同社の本部にも電話で意見が寄せられ、「お褒めの言葉をいただいた」という。 「消費者の方が潜在的に持っていた不満や、『違うのでは?』という気持ちが顕在化するきっかけになったのでは」と担当者は話す。 関連記事• 百貨店やスーパーで強気の価格設定をした恵方巻が売れている。 背景にある消費者の心理とは?• 日本酒「獺祭」の蔵元、旭酒造が「高く買わないでください」と呼びかける新聞広告を掲載。 広告に込めた思いを聞いた。 全国各地の食材を取り扱うインターネット通販サイト「うまいもんドットコム」「築地市場ドットコム」などを運営する食文化。 取締役の井上真一さんは、産地で眠っている青果や水産物などを掘り起こし、ヒット商品を生み出してきた。 「土用の丑の日」と言えば、昔から「うなぎ」と決まっているのだが、ここ数年、コンビニ業界では違う風が吹いているようだ。 それは……。 ココイチのビーフカツ横流し問題を受け、食品廃棄に関するニュースが増えてきたように思う。 毎日のように食品を廃棄しているコンビニ関係者にとっても気になるところだろう。 今回は、コンビニの食品廃棄の現状とその問題点について考察したい。

次の