トワイライト スクール。 トワイライトスクールの運営スタッフ ◎完全週休2日制│残業ほぼなし(913966)(応募資格:教育業界での就業経験をお持ちの方(雇用形態は問いません) ◎… 雇用形態:正社員)|株式会社スターシャル教育研究所の転職・求人情報|エン転職

トワイライトスクール・ルームって?/トワイライトスクールのページ

トワイライト スクール

苗代小学校にはトワイライトスクールがない。 守山区ではうちだけ。 市内全体でも2校のみ。 自分がP会長だった頃も、お母さん達からトワイライトスクールについてよく質問されました。 「隣の学校にはトワイライトスクールがあるのに、うちの学校にはないので、 何とか設置してもらうようPTAから要望してもらえないですか」 うちの学校は、人数も多く空きの教室も無いため、トワイライトスクールを行う事ができない。 一方で小幡小などは人数も少なく、空きもあるのでトワイライトスクールを実施している。 「同じ中学校区でそのようなサービスの差ができるのはどうか?」という意見だった。 また「空きの教室がないというが、学校が終わった後の利用なので、 誰も使っていないからいいのではないか?」ということも言われた。 さらには「人数の関係でトワイライトができないというのなら、 学区再編も含めて要望していくことはできるのか?」といった事も言われた。 普段使っている普通教室を放課後のみ トワイライト教室として利用することはやっていない。 トワイライトに充ててしまうと、他の利用がしにくくなる。 また、トワイライトにはap(アシスタントパートナー)という学区内の協力者も必要なのである。 多くの保護者は、「学童保育」と同じ感覚でトワイライトスクールがあると思っている。 (と思う) 学童保育は「保育」の視点で行うものなので、指導員のスキルもそれなりのものが要求され、 行われる活動内容もそれなりの充実したものが提供される。 ただし、保護者一人あたりの負担額はおよそ1万7千円(月)ほどかかる。 片やトワイライトは保険料の500円のみ負担なので、単純に費用だけみると トワイライトの方に目がいってしまうが、実質的な活動内容には大きな違いがある。 放課後といっても学校ではクラブ活動なんかもあるので、運動場を活用する事は難しい事が多く、 必然的に教室内での遊びになってしまう。 小学校も高学年になると教室内の遊びはすぐに飽きてしまうので、 実質的にトワイライトを利用する年代層は、小学校低学年が多くて部屋遊びが中心というのが実態。 事実私の甥っ子も別の学校で一時トワイライトを利用していたが、運動場も使えず、 あまりのつまらなさにすぐにやめてしまった。 その他、「放課後こどもプラン」のように、文部科学省と厚生労働省が一体となって 連携していくような事業を進めつつあるが、名古屋市ではまだモデル事業として 一部の学校で取り組みを行っている最中で、現在はその効果等について検証中という段階らしい。 とはいえ、松原市政の肝入りで実施された事業。 市長は変わったとはいえ、あと数校で市内全てが整備されるなら整備してしまいたいと 行政側は思っているのは確か。 とにかく、トワイライトの趣旨を十分理解することが先決で、それを踏まえた上で 苗代の現状と照らし合わせ、本当に必要だと皆が判断するなら、 なんとしてでも整備する必要があると思っているが、個人的にはそう思ってはいない。 それよりもうちは普通教室が絶対的に足らない、まずはこっちをきちんと整備すべき。 これについてはまた次回。 (葛).

次の

Sci

トワイライト スクール

苗代小学校にはトワイライトスクールがない。 守山区ではうちだけ。 市内全体でも2校のみ。 自分がP会長だった頃も、お母さん達からトワイライトスクールについてよく質問されました。 「隣の学校にはトワイライトスクールがあるのに、うちの学校にはないので、 何とか設置してもらうようPTAから要望してもらえないですか」 うちの学校は、人数も多く空きの教室も無いため、トワイライトスクールを行う事ができない。 一方で小幡小などは人数も少なく、空きもあるのでトワイライトスクールを実施している。 「同じ中学校区でそのようなサービスの差ができるのはどうか?」という意見だった。 また「空きの教室がないというが、学校が終わった後の利用なので、 誰も使っていないからいいのではないか?」ということも言われた。 さらには「人数の関係でトワイライトができないというのなら、 学区再編も含めて要望していくことはできるのか?」といった事も言われた。 普段使っている普通教室を放課後のみ トワイライト教室として利用することはやっていない。 トワイライトに充ててしまうと、他の利用がしにくくなる。 また、トワイライトにはap(アシスタントパートナー)という学区内の協力者も必要なのである。 多くの保護者は、「学童保育」と同じ感覚でトワイライトスクールがあると思っている。 (と思う) 学童保育は「保育」の視点で行うものなので、指導員のスキルもそれなりのものが要求され、 行われる活動内容もそれなりの充実したものが提供される。 ただし、保護者一人あたりの負担額はおよそ1万7千円(月)ほどかかる。 片やトワイライトは保険料の500円のみ負担なので、単純に費用だけみると トワイライトの方に目がいってしまうが、実質的な活動内容には大きな違いがある。 放課後といっても学校ではクラブ活動なんかもあるので、運動場を活用する事は難しい事が多く、 必然的に教室内での遊びになってしまう。 小学校も高学年になると教室内の遊びはすぐに飽きてしまうので、 実質的にトワイライトを利用する年代層は、小学校低学年が多くて部屋遊びが中心というのが実態。 事実私の甥っ子も別の学校で一時トワイライトを利用していたが、運動場も使えず、 あまりのつまらなさにすぐにやめてしまった。 その他、「放課後こどもプラン」のように、文部科学省と厚生労働省が一体となって 連携していくような事業を進めつつあるが、名古屋市ではまだモデル事業として 一部の学校で取り組みを行っている最中で、現在はその効果等について検証中という段階らしい。 とはいえ、松原市政の肝入りで実施された事業。 市長は変わったとはいえ、あと数校で市内全てが整備されるなら整備してしまいたいと 行政側は思っているのは確か。 とにかく、トワイライトの趣旨を十分理解することが先決で、それを踏まえた上で 苗代の現状と照らし合わせ、本当に必要だと皆が判断するなら、 なんとしてでも整備する必要があると思っているが、個人的にはそう思ってはいない。 それよりもうちは普通教室が絶対的に足らない、まずはこっちをきちんと整備すべき。 これについてはまた次回。 (葛).

次の

名古屋のトワイライトの口コミ。学童との違いや料金、お迎え情報など

トワイライト スクール

学童保育 (陽明学童の場合) トワイライトスクール (陽明小学校の場合) 事業名称 放課後児童健全育成事業 トワイライトスクール事業 (放課後学級) 事業所管 国:厚生労働省 市:名古屋市子ども青少年局 国:文部科学省 市:名古屋市教育委員会 事業目的 昼間家庭での保育が困難な児童に対して、生活・学習・遊び等を通じて健全な育成を図る児童福祉事業 放課後等に学校施設を活用して学年の異なる友だちと自由に遊んだり、学んだり、体験活動に参加したり、地域の大人と交流したりすることを通して、子どもたちの自主性や社会性、創造性などを育む事業 運営主体 保護者会、運営委員会 (地域役職者等) (公財)名古屋市教育スポーツ協会 費用 月額20,300円 (2020年4月現在) 年間500円 ( 基本的に保険料のみ) 活動場所 陽明学童の室内外 プールや遠足などのお出かけもあります。 陽明小学校の専用ルームなど 対象児童 留守家庭児童 (求職中、パート、介護中の方なども申し込み可能) 一般児童 指導者 放課後児童支援員 (専門資格) 運営指導者(教職経験者)、地域協力員、体験活動講師 出欠管理 事前の把握に加え、毎日、出欠を管理しています。 連絡がない欠席の場合は保護者に電話連絡をして確認しています。 基本的に出欠管理はないため、当日欠席しても保護者への連絡はありません。 開所時間 ・月~金 : 下校後~19:00 ・土 : 8:00~19:00 ・長期休校期間及び学校の休校日: 8:00~19:00 ・月~金 : 授業終了後~18:00 ・土 : 9:00~18:00 ・長期休校期間及び学校の休校日: 9:00~18:00 子どもの帰宅方法 1年生:原則保護者のお迎え ( 兄姉等と一緒の場合は子どもだけの帰宅も可能) 2年生以上:子どもだけでの帰宅も可。 1年生:原則保護者のお迎え 2年生以上:季節により子どもだけでの帰宅が可能な時間が異なります。 新一年生の受け入れ 4月1日より受け入れ開始。 4月期は指導員が学校までお迎え。 4月1日より受け入れ開始。 授業開始以降の利用を推奨される。

次の