ソト なん j。 DeNAソト獲得時のなんJ民の反応をごらんください :非常識@なんJ

トッタフリ・ポト

ソト なん j

開幕時の打順について「いろいろ試してきたが、今日の並びが基本のラインアップになってくると思います」と明言した。 入れ替えながら試行錯誤してきた部分がついに固まった。 2番に2年連続本塁打王のソト、3番にオープン戦で12球団最多タイの4本塁打を放ち、再開後の練習試合9戦で3発を放った新助っ人を配する構えだ。 指揮官は「(積極的な)ソトは四球を選ぶタイプではないが、オースティンは選球眼もいい。 仮に1、2番でツーアウトになっても、オースティンが出塁する確率が高いから(4番)佐野で点を取ることが可能になる」とプランを描いた。 1番梶谷が好調を維持し、佐野も尻上がりに調子を上げる。 さらに5番ロペス、6番には宮崎が控える充実ぶり。 DeNAの超強力打線が、セ界のライバルたちの脅威となりそうだ。 NPBとKBOで注目すべき選手をピックアップし、その中でDeNAのネフタリ・ソト内野手の名前が挙げられている。 2018年からDeNAに加入したソトは1年目にいきなり41本塁打を放って本塁打王を獲得。 昨季も43本塁打で2年連続の本塁打王になっただけでなく、108打点で打点王にも輝き2冠を手にしていた。 2018年シーズンの途中に2年契約を結んでおり、今季がその最終年となる。 「トレード・ルーマーズ」の記事では「今季終了後のオフシーズンのFAを見据えると、ネフタリ・ソトは覚えておくべき名前かもしれない。 この打撃面での成績と守備の万能性をもってすれば、彼ならオフシーズンにMLB球団から注目を浴びることになり得るだろう」と指摘。 オフのマーケットで注目株になる可能性があるとしている。 コメント数:• カテゴリ:• by De速.

次の

DeNAソト獲得時のなんJ民の反応をごらんください :非常識@なんJ

ソト なん j

経歴 [ ] レッズ時代 [ ] の3巡目(全体109位)でから指名され、プロ入り。 契約後、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・レッズでプロデビュー。 40試合に出場して打率. 303・2本塁打・28打点・2盗塁の成績を残した。 はのルーキー級 ()とA級でプレーし、2球団合計で67試合に出場して打率. 340・11本塁打・47打点・2盗塁の成績を残した。 248・11本塁打・57打点・1盗塁の成績を残した。 268・21本塁打・73打点の成績を残した。 はAA級とAAA級でプレーし、2球団合計で106試合に出場して打率. 278・31本塁打・80打点・1盗塁の成績を残した。 11月18日には入りした。 はAAA級ルイビルでプレーし、122試合に出場して打率. 245・14本塁打・59打点・2盗塁の成績を残した。 は開幕からAAA級ルイビルでプレーし、5月18日にメジャー初昇格した。 同日の戦でメジャーデビュー。 この年メジャーでは13試合に出場するも、13打席で無安打だった。 は21試合に出場して打率. 100・1打点の成績を残した。 オフの10月28日に40人枠を外れる形でAAA級ルイビルへ配属された後、11月3日にとなり、12月8日にマイナー契約で再契約した。 ホワイトソックス傘下時代 [ ] 3月23日に金銭で、へ移籍した。 この年は傘下のAAA級でプレーし、53試合に出場して打率. 246・2本塁打・24打点の成績を残した。 オフの11月6日にFAとなった。 ナショナルズ傘下時代 [ ] 2月8日にとマイナー契約を結んだ。 この年は傘下のAA級とAAA級でプレーし、2球団合計で122試合に出場して打率. 274・10本塁打・62打点・2盗塁の成績を残した。 もAA級ハリスバーグとAAA級シラキュースでプレーし、2球団合計で135試合に出場して打率. 311・24本塁打・82打点の成績を残した。 シーズン終了後の11月6日にFAとなった。 契約期間中の10月31日から11月1日までは、日本国内での入団テストに参加した。 DeNA時代 [ ] 11月10日に、横浜DeNAベイスターズへの入団が発表された。 前述した入団テストの結果を受けての1年契約で、背番号は 99。 には ソトを使用する。 DeNAでは、この年に在籍していた6人の外国人選手のうち、進出に貢献したと3名の投手(、、)が揃って残留。 11月10日には、ソトに加えて、をのから獲得することも発表した。 このため、一軍の公式戦で同時に登録できる選手数が4名に限られるを、上記の5選手と争った。 には、春季キャンプから、本職の内野に加えて外野の守備を練習。 キャンプの終了後には、一軍監督のから「野手」に選ばれた。 では、15試合の出場で2本の本塁打を放つとともに、NPB全球団の到達者では7番目(チームではに次いで2番目)に高い打率. 313を記録。 ロペス、パットン、バリオスと並んで、一軍公式戦の開幕登録メンバーへ名を連ねた。 しかし、との開幕戦(3月30日)の試合前練習で右ふくらはぎの違和感を訴えた ため、開幕戦への出場を見送った末に翌付で出場選手登録を抹消された。 抹消後は、外野手として公式戦6試合に出場すると、打率. 450、3本塁打を記録。 一軍の打線が打撃不振に陥っていたこと も背景に、5月6日付でウィーランドに代わって再登録を果たすと、同日の対戦で「2番・」としてスタメンで一軍公式戦へ初めて出場した。 この試合では、1回裏無死1塁で迎えた初打席でからの適時二塁打によって初安打・初打点、3番打者・の適時打で初得点を相次いでマーク。 3回裏の第2打席では、野上亮磨から来日初本塁打を記録した。 さらに、5月13日の対ヤクルト戦(いずれも)まで、4試合連続で複数の安打を放った。 DeNAの外国人選手が、一軍公式戦のデビューから4試合連続で複数安打を記録した事例は、横浜大洋ホエールズ時代のにが達成して以来30年振りである。 その後のでは、ロペスの戦線離脱を背景に、の一角に抜擢。 序盤の7試合で24打席連続ノーヒットに陥ったものの、6月7日の対戦で一軍公式戦初の3番打者に起用されたところ、7回裏の第4打席で満塁本塁打を放った。 7月22日の対戦(いずれも横浜)以降は、マイナーリーグ時代にもあまり経験がないとしてのスタメン起用が増加。 9月・10月には、3度のマルチ本塁打を含む14本塁打を記録するなど打撃が好調で、のも受賞した。 さらに9月には、翌からの2年契約で球団と合意した ほか、セ・リーグのに到達。 一軍公式戦全体では、107試合の出場で、打率. 310、95打点という好成績を残した。 本塁打については、7月4日時点でリーグトップの筒香(当時19本)から12本差を付けられていたにもかかわらず、8月以降21本を量産した末に、通算41本塁打でリーグのタイトルを獲得。 セ・リーグの公式戦において、4月終了時点で本塁打を1本も放っていなかった選手や、レギュラーシーズン中に本塁打数がリーグトップのチームメイトから12本差を付けられていた選手が、シーズン本塁打王の獲得へ至った事例はいずれも初めてであった。 また、内野手登録にもかかわらず出場試合の大半(76試合)で外野を守ったこと から、セ・リーグの外野手部門でに選ばれた。 には、前年に叶わなかったレギュラーシーズン開幕戦の出場をスタメンで果たす と、4月28日の対巨人戦(東京ドーム)でNPB一軍公式戦通算50本塁打をマーク。 達成するまでの出場試合数は130試合で、右打者としてはNPB最速、左打者を含めてもの110試合に次ぐスピード記録であった。 9月10日から横浜で催された同カードの3連戦では、11日の第2戦で来日後初の1試合3本塁打を記録する と、12日の第3戦第1打席でソロ本塁打を放ったことによって、シーズンの本塁打数が40本に到達。 DeNAの選手が入団1年目から2年連続でシーズン40本塁打を記録した事例は「横浜ベイスターズ」時代の・にが達成して以来2人目であった。 レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦141試合に出場。 打率は. 269と前年を下回ったものの、チームの2年振り進出へ大きく貢献するとともに、通算43本塁打で2年連続の本塁打王、108打点で初めてのタイトルを獲得した。 また、ロペスも31本塁打を放ったため、DeNAおよび前身球団では初めて、2人の外国人選手による2年連続シーズン30本塁打が実現。 さらに、巨人戦だけで13本塁打を放ったことによって、セ・リーグの同カードにおけるシーズン最多本塁打のチーム個人記録を更新した。 前年と同様に出場試合の大半(98試合)で右翼手に起用されたこと から、前年に続いてセ・リーグの外野手部門でベストナインに選出。 この年で2年契約の1年目を満了したが、シーズン終了後の11月18日には、翌の契約で合意したことが球団から発表された。 選手としての特徴 [ ] 右後ろに構えたバットを上下に揺らすコンパクトなフォームから広角に強打を放つスラッガーであり、初球から積極的に打ちに行くスタイルで、持ち前のパワーを生かした長打率が非常に高い。 DeNA入団1年目の2018年には、セ・リーグ公式戦143試合中107試合の出場ながら、本塁打(41本)と長打率(. 644)でリーグ1位をマーク。 シーズン中にマルチ本塁打を8度記録するほど固め打ちが得意な 一方で、セ・リーグ球団の本拠地での低い(本塁打の出にくい)とで合わせて12本塁打を放つなど、広い球場ほど長打を量産しやすい傾向が見られる。 本来のポジションは一塁手やであるが、DeNA1年目の2018年には、チーム事情に応じてとしての一面も発揮。 本職の一塁に加えて、アメリカ球界時代にはほとんど経験のなかった右翼や二塁の守備にも就きながら、上記の長打力を発揮した。 人物 [ ] プエルトリコ代表時代のチームメイトで、2012年から4年間ヤクルトに在籍していたから来日前に日本の情報を入手するなど、研究熱心な一面を持つ。 DeNA2年目の2019年には、春季キャンプへの参加で来日する直前(1月中旬)に、自身と同じプエルトリコの出身で3歳年下の女性と結婚。 同国内で挙げた結婚式の直後には、ウェディングドレスに身をまとった妻とのキスシーンを映した画像を、に設けた自身のアカウントで公開した。 とは、遠縁の間柄に当たる(ソトの妹の夫がバルガスの妻の弟)。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 13 13 12 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6 1. 000. 077. 000. 077 21 31 30 1 3 1 0 0 4 1 0 0 0 1 0 0 0 8 2. 100. 214. 333. 548 107 459 416 74 129 16 0 41 268 95 0 1 0 5 29 2 9 100 5. 310. 364. 644 1. 008 141 584 516 82 139 18 0 43 286 108 0 0 0 4 59 4 5 98 14. 269. 348. 554. 902 :2年 34 44 42 1 3 1 0 0 4 1 0 0 0 1 0 0 1 14 3. 071. 091. 095. 186 :2年 248 1043 932 156 268 34 0 84 554 203 0 1 0 9 88 6 14 198 19. 288. 355. 594. 949• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率] 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率] 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 2013 CIN 5 14 0 0 2 1. 000 - - - 2014 7 20 1 0 0 1. 000 - 2 1 1 0 0 1. 000 - 2018 DeNA 33 163 15 2 14. 989 25 41 53 5 11. 949 - 76 101 2 1 0. 990 2019 - 55 89 128 4 30. 982 - 98 96 4 2 0. 980 MLB 12 34 1 0 2 1. 000 - 2 1 1 0 0 1. 000 - NPB 33 163 15 2 14. 989 80 130 181 9 41. 972 - 174 197 6 3 0. 985• 2019年度シーズン終了時 タイトル [ ] NPB• :2回(2018年、2019年)• :1回(2019年) 表彰 [ ] NPB• :2回 (外野手部門:2018年、2019年)• :1回 (野手部門:2018年9月・10月)• :1回 (2019年9月) 記録 [ ] NPB• 初出場・初先発出場:2018年5月6日、対8回戦()、2番・右翼手で先発出場• 初打席・初安打・初打点:同上、1回裏にから左越適時二塁打• 初本塁打:同上、3回裏に野上亮磨から中越本塁打• 初サヨナラ打:2018年9月17日、対阪神タイガース21回戦(横浜スタジアム)、10回裏にから左中間越2ラン本塁打 背番号 [ ]• 50(2013年 - 2014年)• 99(2018年 - ) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• サンスポ. 2019年11月29日閲覧。 Mark Sheldon 2011年11月18日. MLB. com. 2017年11月28日閲覧。 2017年11月28日閲覧。 スポーツニッポン 2017年11月2日. 2018年5月8日閲覧。 横浜DeNAベイスターズ公式サイト 2017年11月10日. 2017年11月28日閲覧。 BASEBALL KING 2018年1月25日. 2018年5月8日閲覧。 デイリースポーツ 2018年3月1日. 2018年5月8日閲覧。 NPB日本野球機構 2018年3月25日. 2018年5月8日閲覧。 日刊スポーツ 2018年3月29日. 2018年5月8日閲覧。 サンケイスポーツ 2018年3月30日. 2018年5月8日閲覧。 スポーツ報知 2018年5月6日. 2018年5月8日閲覧。 BASEBALL KING 2018年5月6日. 2018年5月8日閲覧。 デイリースポーツ 2018年5月6日. 2018年5月8日閲覧。 日刊スポーツ 2018年5月13日. 2018年6月1日閲覧。 サンケイスポーツ 2018年9月14日. 2018年12月20日閲覧。 日刊スポーツ 2018年12月20日. 2018年12月20日閲覧。 NPB日本野球機構• NPB日本野球機構• 日刊スポーツ 2019年3月29日. 2019年11月26日閲覧。 日刊スポーツ 2019年4月28日. 2019年11月26日閲覧。 日刊スポーツ 2019年9月11日. 2019年11月26日閲覧。 日刊スポーツ 2019年9月12日. 2019年11月26日閲覧。 日刊スポーツ 2019年9月16日. 2019年11月26日閲覧。 日刊スポーツ 2019年9月12日. 2019年11月26日閲覧。 NPB日本野球機構• NPB日本野球機構• 横浜DeNAベイスターズ 2019年11月18日. 2019年11月26日閲覧。 BaseballChannel 2018年10月15日. 2018年12月20日閲覧。 FullCount 2019年1月14日. 2019年2月3日閲覧。 スポーツニッポン 2019年2月14日. 2019年2月14日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 選手の通算成績と情報 、、、、、• - NPB. jp 日本野球機構.

次の

[B!] なんJ PRIDE : 日ハム・上沢、ソトのやばい打球が膝を直撃・・・・

ソト なん j

コメント一覧 7• 名無しさん@NPB好き• 2017年02月02日 13:44• 最近ホークスが金満強奪とか言われてるが巨人は格が違うんだと再認識したわ。 ラミレスグライシンガーとクルーンて同じ年だったんだっけか.. 名無しさん@NPB好き• 2017年02月02日 14:26• これとラミクルグラを比べるのはNG• 名無しさん@NPB好き• 2017年02月02日 15:17• 自前外人て… マギー、クルーズ「」• 名無しさん@NPB好き• 2017年02月02日 16:49• ラミクルグラの何がすごいって格下から臆面もなく強奪してみせたことやからな 正に強奪って感じやった• 名無しさん@NPB好き• 2017年02月02日 18:00• ラミグラクルはまあしゃあないとして杉内を強奪扱いするのは全くもって意味不明 ソフバンのフロントが悪いだろ• 名無しさん@NPB好き• 2017年02月02日 18:57• ブランコは少し可哀想なところがあるけどね 楽天を解雇された明らかに実力に差のある山崎と競争させられ、さらに監督である高木にもいびられる そんな理不尽な仕打ちを1年間も受けて金銭面でも折り合いがつかないて事になれば出て行きたくもなるわな• 名無しさん@NPB好き• 2017年02月03日 21:10• ブランコを強奪したオリックスを許すな.

次の