佳翠苑 皆美。 佳翠苑 皆美

佳翠苑 皆美

佳翠苑 皆美

玉造温泉にある旅館「佳翠苑 皆美」で、さっそく温泉につかりに大浴場に移動します。 名称は展望露天風呂 天游の湯。 上の階にあります。 スリッパを脱いで入っていきます。 大浴場前には休憩できる場所もあります。 中は露天風呂もある高層階の大浴場で、宍道湖が遠くに見えます。 高層階の展望露天風呂だけでなく、1階にも別途大浴場があります。 飲みものも用意。 温泉に入る前と入った後はちゃんと水分補給をしたいものです。 お風呂を出た場所にある休憩所。 時間帯によっては飲みものも頼めるようです。 同じく1階にある足湯。 タオルをお湯につけ、顔に当てて美肌をめざすというもの。 タオルがすでにお湯につかって用意されています。 一通り見終え、部屋に戻りました。 松江城 玉造温泉 一人旅の旅行記 松江城とその周辺の資料館などの観光と、出雲そばを食し、その後は玉造温泉へ訪れた一人旅の旅行記です。

次の

佳翠苑 皆美|玉造温泉|旅館|旅色

佳翠苑 皆美

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg.

次の

玉造温泉 佳翠苑 皆美 地図・アクセス【楽天トラベル】

佳翠苑 皆美

玉造温泉街の中心地に位置し玉湯川沿いに佇む、昭和27年に開業した現代風数寄屋造りの風格ある宿。 松江の老舗旅館「皆美館」の別館としてスタートし、現在では東の館・西の館・喜多の館の3棟からなる、大型旅館でもあります。 また、棟方志功や松本清張などの著名人も宿泊しているのだとか。 以前、玉造温泉の宿泊者のみが購入できた湯めぐり手形を使って、日帰り入浴しました。 1階の大浴場「木肌の湯 浮殿」では、巨石を配した内湯と露天の岩風呂で、かつて「神の湯」と呼ばれた無色透明のナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉を満喫。 露天風呂では、木々を眺めつつまったり湯浴みを楽しめました。 現在も土日月のみ日帰り入浴を受け付けていますが、一度泊まって日本海・宍道湖の幸も是非味わってみたいところ。 また、西の館最上階にある展天風呂「天遊の湯」にも次回は入ってみたいです。 1泊お世話になりましたが、大変素晴らしい旅館でした! 正直、ずっと滞在していたいくらいです。 温泉の質感は柔らかいですし、建物は木の香りがふんだん(不断)に堪能できます。 勿論、お料理も期待していたものを大幅に超えるもので、 普段は食事制限をしている私もリミッターを外して食べてしまいましたw 強いてマイナス面を上げるとしたら、 現地は電車もバスも本数が大変少ないので、 予めしっかり予定を立てて行動されることをお勧めします。 旅行会社の個人プランで比較的安くとったため低層の裏側の部屋でした。 おそらく瑞光のなかでは一番悪い部屋かな?と思いましたが、安かったし、眺めがないだけで、きれいな箱庭に面しているのでそれほど不満には思いませんでした。 逆に考えればきちんとした値段で予約した人にはいい部屋を当てるということでしょうから、好感が持てました。 いい部屋ではなかったので、恥ずかしながら仲居さんへのお心付けをしなかったのですが、サービスはとてもよく、どの仲居さんもすばらしい対応をしてくれました。 さすがです。 お部屋は二人には広く、清潔でした。 少し古さがあるものの、かえって味になってました。 到着時お菓子が用意されているのですが、たいてい一品ですけど、こちらは小さな小箱にいろんなお菓子が入っていてとてもたのしかったです。 ゆかたは二着用意されていて心配りを感じました。 ふわふわの羽毛布団がなぜかねごごちが悪く、妙に暑くて寝苦しかったのだけが気になりました。 もしかしたら側の生地がポリエステルでむれていたのか、私達が興奮して体温が上がっていたか、定かではありません. 濡れ衣だったらごめんなさい。 お風呂は温度・風情ともにとてもよかった。 展望風呂が特に気に入りました。 小さいお風呂なのに、居心地が良くて、人生で一番?といっていいほどです。 客層がいいのか、他の方もマナーが良くて気持ちよくはいれました。 仲居さんはお部屋へ案内の方・食事処への案内の方・チェックアウトのあとわざわざバス停まで案内してくださった方、どなたもやさしく、楽しく、やりすぎず。 どの方にも心を感じました。 たった一泊でしたけど、良い旅行になりました。 ありがとうございました。 4回目の宿泊です。 泉質はさておき,料理はさすがですね。 味も盛り付けも洗練されています。 量ももう少し食べたいと思わせるところが心憎いですね。 今回はお品書きが準備されていなかったので,仲居さんに尋ねたところ,つらつらとメニューを順番に教えて下さいました。 かなりの料理アップと食べたい物の注文をしたので他の客とはメニューは違っていたはずなのに,プロだなあと感心しました。 さらにびっくりしたのは,リピーターには同じメニューは出さないとのことでした。 素晴らしいの一言ですね。 但し,正月メニューは同じだそうです。 今回もゆったりと湯につかり,美味しい料理で大変満足しましたが,駐車場係の男性の対応がちょっと気になったのでマイナス1点にしました。 他の方の対応が素晴らしいから,余計気になったのかもしれませんが… 余談ですが,玉造温泉の某老舗旅館の玄関前に,事務服をだらしなく着こなしている女性が大笑いしながら客の迎えを待っていました。 建物が立派でも従業員がこれでは品格を問われます。 つい浮気心が出て,たまには他の旅館に行ってみようかと思ったりもしますが,やっぱり今回も皆美を選んで正解でした。 正月の2日に湯の里倶楽部に宿泊しました。 湯の里倶楽部はベッド+和室の部屋で仲居が用がある以外は部屋にお邪魔しない代わりにリーズナブルな料金で泊まれる部屋です。 今回は湯の里倶楽部の中で一番安い部屋でも正月料金とは考えられない破格の2食付き16025円との低価格で宿泊。 食事アップ5000円でも21000円代でした(皆美で正月にこの価格は信じられません)。 部屋からの眺めがよくないだけで後は全然問題なし! 部屋は綺麗で風呂付きでトイレもウオッシュレットだし洗面所も完備。 TVは2台あり、湯沸しポットにお茶、紅茶、コーヒーも付いている。 朝刊サービスもありました。 何回宿泊しても初めての客扱いされる旅館が多いですけれど… スタッフの対応も変わらずよく非常に心地良い気分に浸ることが出来ました。 料理はもちろん美味しかったです。 あえてクレームをつけるなら、タオルを入れる袋がなかったこと(忘れていたのか?低価格だからなかったのか?)と1階のお風呂の泉質は…う~ん!?ですかね。 最上階のお風呂はまったり感がありました。 最上階の浴場は広くないけど、絶対にここの方がいいです。 また絶対に行きま~す。

次の