スラムダンク 続編。 【全まとめ】スラムダンクのヤバい都市伝説・裏設定や実話!

【Kの部屋】あの人気漫画スラムダンクの続編が読めるブログが凄すぎる!

スラムダンク 続編

このページの目次 OPEN• 1.スラムダンクの最終回の「その後」をネタバレ! スラムダンクは、インターハイの途中で連載が終了し、湘北メンバーがどうなったのか不明な状態が続いていました。 そうした中、2004年に作者自身が 「スラムダンク、あれから十日後」という続編を描いたのです。 単行本販売が1億冊を突破した記念として、廃校になった高校の黒板に描いたものなので一般に販売はされていません。 では、スラムダンクの最終回のその後について、以下からネタバレしますね。 このショートストーリーは、 「個々の人々」に焦点が当てられています。 桜木はハルコに、「リハビリ王」を目指してリハビリ中だとの手紙を送ります。 流川はアメリカを目指して英会話を練習しており、宮城リョータは新キャプテンとして参考書を熟読。 国体のメンバーについて、海南単独ではなくミックスしたほうがよいと語り合う田岡と高頭。 山王では深津が「ピョン」の代わりにピニョン」にしようという、 些細な悩みを抱えていました。 最後に桜木が登場し、療養士のおばちゃんから 「日本人初のNBA選手が生まれた」ことを告げられます。 桜木は「今度は俺だ!」と奮起を起こし、ショートストーリーは終了となりました。 スポンサーリンク 2.作者が最終回のその後を描いた驚きの理由とは? 原作が終了したのは、1996年ですので8年もの年月を置いて「その後」が描かれたことになります。 どうして作者は、最終回のその後を描いたのでしょうか? 単行本の販売が1億本を突破したので、このストーリーが描かれた訳ですが、本当の理由は別にあるとファンは考えています。 可能性の高い理由として考えられているのが、 「能代工業出身の田臥勇太(たぶせゆうた)選手が日本人初のNBA選手になったから」というもの。 バスケが大好きな作者は、スラムダンクの世界観と日本人初のNBA選手誕生に 妙な繋がりを覚えます。 バスケの代表漫画を、日本人初のNBA選手誕生に合わせて描く必要があるとの結論に至ったと考えられているんですね。 スポンサーリンク 3.スラムダンクのその後に関する裏話が衝撃的だった… 裏話によると、 「スラムダンクのその後は単行本化する予定だった」とのこと。 単行本化するにしては、かなり薄い本になりますがファンがとても多いので売れると編集部はにらみました。 しかし記念として描かれたストーリーで、物語としての流れはありません。 ですから、全てのファンを満足させられる内容ではないのでは、との意見が出るようになったのです。 そのため単行本化する予定は、却下になったと言われています。 スポンサーリンク 4.スラムダンクの続編がスタートする時期とは? スラムダンクのその後を描いた、 本当の「続編」がスタートする時期についてファンは気になっています。 この件について、作者が自らの思いを語っているのをご存知ですか? 作者は続編について、「気が向いたら描く」と明言しているんですね。 つまり作者は、続編についてノリ気であり描く可能性がとても高いです。 しかしスタートする時期については、明確に分かっている訳ではありません。 スラムダンクの連載が終了してから、バスケットボールのルールが数回ほど改訂されています。 そのため、新しいルールに則って続編を描く必要があるので、ちょっと大変かもしれませんね。 まとめ スラムダンクの 最終回の「その後」を描いた、ショートストーリーが公開されていました。 単行本化はされておらず、黒板に描かれたもので内容も「個々の人々」に焦点をあてたものです。 続編については、描く可能性は高いので今後の情報から目が離せませんね!.

次の

スラムダンクには続編があった!その後の湘北メンバーの日常がヤバイ

スラムダンク 続編

スラムダンクの新作イラスト集の発売日は?初版限定特典もあり! 【第一報】20年ぶりにスラムダンクのイラスト集を作っております。 井上雄彦さんは20年ぶりとおっしゃっていますが、 正しくは23年ぶりのようです。 時間の経過が長いので、誤ってしまうのは仕方無いですね。 価格は 3,960円 税込 とお手頃です。 週刊少年ジャンプのマンガ連載から23年も経ってから新作のイラスト集が発売されるなんて、凄いことですよね。 連載当時から大人気で、今もなお多くのファンがいるので、新作が発売することも納得が出来ますね。 スラムダンク新作イラスト集の初版限定特典 初版限定特典としてカバーイラストの特製ポストカードが封入。 今後の情報は、『週刊少年ジャンプ』と同誌の公式サイトで追って発表される。 引用元:www. oricon. jp 新作イラスト集には初版限定特典が付きます。 上記の情報によると、 カバーイラストの特製ポストカードとのこと。 ということは、桜木花道のポストカードということでしょうか? 鋭い表情をした花道がカッコいいですね。 スラムダンクは大人気なので、新作イラスト集も売り切れが予想されるので、初版限定特典が欲しい場合は早めに予約した方がよさそうですね。 スポンサーリンク スラムダンク新作イラスト集の内容 同作のイラスト集は、1997年6月に刊行されて今も重版されている『INOUE TAKEHIKO ILLUSTRATIONS』に続き、約23年ぶりとなる。 全イラストが初収録で、この中には、スケッチや習作段階の未公開イラスト、カバーイラストを含めた11点を作者・井上雄彦氏が新たに描き下ろす。 引用元:www. oricon. jp 新作イラスト集の内容は、コミックスの新装版や完全版のカバーイラストはもちろん、盛りだくさんな内容になっているようですね。 初期のジャンプコミックスしか持っていない人にも嬉しい内容ですね。 今後、電子書籍化される可能性はあるのでしょうか? こちらに関しては今後も「 電子書籍化はしない」と思われます。 理由は調べたら分かるのですが、作者の井上雄彦さんが電子書籍化を望んでいないためです。 需要があっても作者が従来の紙の本で読んで欲しいという思いが強いのであれば仕方ありませんね。 上記のような2ページ構成のシーンは電子書籍だと1ページごとに表示されます。 そうすると、この花道と流川の感動シーンが薄れてしまうでしょうね。。 もしかしたら、井上雄彦さんはこういった部分を考えているのかも知れません。 私もこの感動シーンは紙で見た方が絶対にいいと思いますね。

次の

スラムダンクその後続編「あれから10日後」のストーリー&井上雄彦×資生堂コラボCM動画がかっこよすぎる!

スラムダンク 続編

2016年9月、プロバスケットボールリーグの「Bリーグ」が開幕しました。 参加クラブ数はサッカーのJリーグに匹敵するほど多く、少しずつバスケットブームが起きそうな予感があります。 に憧れた選手たち そんなBリーグの選手たちがバスケットに興味を持つきっかけとなったのは、やはり大人気バスケットの「SLAM DUNK(スラムダンク)」だといいます。 スラムダンクはさんの不朽の名作で、1996年に完結した作品なのですが今なお根強い人気を博しているのです。 スラムダンクの知られざる秘密9選 そこで、今回はスラムダンクに関する知られざる秘密をドーンとまとめて公開いたします。 思わずまたスラムダンクを読み返したくなるような、衝撃の秘密の数々をご覧ください! 1. 桜木は作中で25得点しかあげていない 主人公の桜木花道は完全未経験でバスケ部に入部し、驚異的な成長を遂げてインターハイで活躍するまでの選手となりますが、作中で描かれた10試合の中であげた得点はわずか25得点。 1試合平均で3得点にも満たないのです。 印象的な得点シーンは少なくないだけに、25得点しかあげていないのは意外ですよね。 ちなみに最終戦となった山王工業高校戦では2ケタ得点を達成し、通算得点の大半を山王戦であげていることになります。 湘北高校は東京の高校がモデル 物語の舞台となっている湘北高校は実在しませんが、モデルとなった高校は存在しています。 それは東京都の武蔵野市にある武蔵野北高校で、校舎や体育館の形や配置がほとんどそのまま使われているのです。 ちなみに武蔵野北高校は東京都立高校の中でも上位に入る進学校。 とても桜木花道たちが入学できるレベルではなさそうです。 最終回でジャンプの表紙を飾る スラムダンクは週刊の1996年27号で最終回を迎えましたが、週刊少年ジャンプの長い歴史の中で最終回となる作品が単独で表紙を飾ったのはスラムダンクが初めてのことでした。 その後も長らく最終回に単独で表紙となった作品はありませんでしたが、つい先日「こち亀」が20年ぶりに最終回での単独表紙となりました。 山王戦がラストと決まっていた 湘北高校はインターハイ2回戦で優勝候補筆頭の山王工業高校を撃破しますが、その後はあっさり敗退したとされ、そのまま作品は連載終了となってしまいました。 あとの対戦相手かのように登場した高校がいくつもあったため、この終わり方は波紋を呼びましたが、実際にはインターハイの組み合わせを作った時点で山王戦がラストと決めていたそうです。 井上雄彦のデビュー作は流川が主人公 作者の井上雄彦さんは1988年に「楓パープル」という作品で手塚賞入選を果たし、漫画家デビューとなりましたが、この作品はなんと流川楓が主人公。 湘北高校ではなく「北高」に通う流川楓は2年生でバスケ部の部長を務め、性格はクールではなくやや熱めな設定になっているのです。 ちなみにこちらには他にも「赤木」「小暮」といった、スラムダンクのベースとなったであろうキャラクターが登場しています。 三井はバスケ部に入らない予定だった 2年間バスケットを離れて不良となっていた三井寿。 バスケ部に復帰したあとは目覚ましい活躍を見せますが、実は三井寿がバスケットをやっていたのは後付けされた設定で、本来は桜木軍団の一員である水戸洋平がバスケ部に加わる予定だったのだとか。 ケンカのシーンが予定外に長引くうちに作者が感情移入し、急きょバスケ部に入部させることになったそうです。 海南大附属の牧はサーフィン焼けで肌が黒い 海南大附属高校のキャプテン・牧は色黒に描かれているが、これは趣味のサーフィンで日焼けしているからなのです。 本編では一度もサーフィンのシーンが登場していませんが、連載終了後に行われたイベント「SLAM DUNK 10 DAYS AFTER」での黒板漫画で描かれ、作者も本編では使えなかった設定だと明言しています。 海外版では魚住のセリフが改変されている 陵南高校の魚住は作中で「はらたいらさんに3000点」というセリフを言っています。 こちらは往年のクイズ番組「クイズダービー」でよく見られたシーンで、魚住のギャグだったわけです。 ところがこれ、スラムダンクは海外でも人気なのですが、そのまま翻訳しても海外の人に伝わるはずがありませんよね。 どうやらこのシーンは海外版では「オレはマイケル・ジョーダンに賭ける」というニュアンスの言葉に改変されているようです。 台湾でスラムダンク2が作られたことがある 続編を望む声が多いスラムダンクですが、なんと台湾で「SLAM DUNK 2」が制作されたことがあります。 内容はプロへの夢が破れて高校教師になった流川が主人公という衝撃的なもので、現地ではなかなかの人気作となりました。 しかしこれは作者に無許可で作られたもの。 勝手に続編が作られるほど人気のある作品だということですね。 いつか続編が作られるかも? まさか非公式な続編が作られているとは驚きですよね。 スラムダンクは連載が終了してからついに20年が経過しましたが、作者の井上雄彦さんは続編について「あるかもしれない」「描きたくなったときに描く」とコメントしています。 いつか本物の「スラムダンク2」が読める日が来るといいですね。 Fox 執筆、撮影、編集家。 日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。 世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。 人のアイデアを転がします! コンコン。 外部サイト.

次の