光 回線 値下げ 総務 省。 ADSLが廃止になるのに光は高いまま。料金は下がらないの?

格安スマホ通話料半額も ドコモ回線レンタル料下げ裁定 :日本経済新聞

光 回線 値下げ 総務 省

競争が激化している理由は なぜ勧誘が多いのか? 2015年に光コラボレーション事業が始まってから、それまで圧倒的なシェアを持っていたNTTの契約を簡単に他の事業者へ変更する事が出来るようになったことで競争が激化しました。 2020年5月現在 東日本エリアだけで560社のコラボ事業者が存在します。 またダークファイバーを利用したNURO光や、電力会社の通信網を利用したサービス等も参入がどんどん進み コラボ以外の事業者も増え続けています。 このように事業者が増え、サービスが細分化されたことで少しでもお得に使いたいというユーザーが乗り換えを検討しやすくなり事業者同士が契約の奪い合いになっている傾向があります。 スマートフォンは総務省の制限も厳しくキャッシュバックがかなり沈静化していますが、インターネットは苛烈している状態が続いています。 光回線自体の普及はかなり進んでいるため、今の利用環境でも問題がないというユーザーに対して獲得を行わないといけない事もそういった状況を後押ししています。 代理店はどういう仕組みになっている? 光回線の販売をしている窓口を分類すると 量販店・代理店・直販の3つになり、販売する経路という意味で販路呼びます。 量販店・代理店は上記の光コラボ含めた事業者から契約に関する業務を委託され、契約を獲得する事で手数料(インセンティブ)を受け取ります。 量販店は販売委託を受けた家電量販店の事で、来店した人に対して営業をかけます。 インターネットをセットで家電の割引やポイント還元を行っている為、家電売り場のスタッフとして商品の案内をした上で光回線の勧誘を行うケースもあります。 多くは派遣会社の社員です。 代理店は事業者から販売委託を受けて顧客に対して契約行為を行う会社を指します。 インターネットの契約に関しては専門のショップが少ない為、訪問販売やテレアポ、もしくは他業種からのトスアップ(紹介を受けて営業をするケース)が多くなります。 例えば、引っ越し屋の見積もりサイトで登録をした顧客に対してアプローチをかける方法等がこの例に当たります。 また、携帯のキャリアショップ等は光回線を販売していますがこちらも大半が代理店に当たります。 直販というのは事業者みずからが販売に当たっているケースで、大半は公式サイトです。 競争が激化している背景から事業者は量販店や代理店に対して 1件の契約に対し数万円のインセンティブをつけている為、代理店は獲得を必死で行います。 契約時の手数料のインパクトが大きい為既存のユーザーとの付き合いより新規顧客の獲得を優先しているのはそういったインセンティブの仕組みの影響があります。 また、一次代理店・二次代理店(稀ですが三次代理店)等もあり、二次店からのロイヤリティをビジネスとしているような一次代理店もありますので、細かい管理がうまくいっていないケースもあるようです。 その為、コンプライアンスを逸脱したような獲得が問題になったり、契約した会社がなくなっていて相談が出来ないといったケースも出てきています。 正式な代理店か不安な場合は? 2020年から電気通信事業法の改正により販売代理店は総務省への届け出が必要になり、販売代理店届出制度といいます。 勧誘行為を行う場合は 事前に申請が必要となる為、代理店雇用の社員以外が勧誘をしているのならば相当危険なケースです。 勧誘トークの注意点とは テレアポ(電話勧誘)と訪問販売は不意打ち性が高い為、特商法で守られており、勧誘する際には細かいルールがあります。 また、電気通信事業法でも販売に対する厳しいルールがあります。 実際のケースをもとに注意する点を挙げていきます。 NTT等の事業者等とうたうケース 「この地域のインターネットを担当している物ですが」 「NTTのモデムが新しくなったのでそのご紹介です」 「ソフトバンクの携帯をお使いのかたに割引のご案内です」 このケースは代理店の社員が、 NTTやソフトバンクと誤認するような勧誘を行うケースです。 私も勧誘を受けた物はほとんどコチラに当てはまっています、法令で勧誘を行う際は 勧誘を行う最初の段階で・勧誘する旨・社名・担当者名を名乗らければならないと法令で決まっていますので厳密にいうとアウトです。 こういった場合は 「御社名を教えていただけますか?」 「本当にオトクな内容だったら話を伺うつもりです、取り扱っている商品とメリットを教えてください」 等、と話せばOKです。 アポイント担当と契約担当が変わる 初回の電話と契約担当が変わるケースです、それ自体は悪いことではないと思いますが 初回担当の話している内容と契約担当の話している内容が異なるといったケースは注意が必要です。 私も勧誘を受けた内容で、初回電話担当は 「新しいモデムへの交換が無料で出来る、交換する際の費用等はかからずご負担なく料金が安くなり、利用環境も快適にお使いいただけます」 という話で一旦電話を切り、契約担当から電話が来たとたん一言目が 「では、契約いただく内容の確認ですが、今回はご利用のインターネットから回線を切り替える形になりますので・・・」 で始まった事があります。 こういった場合は契約や工事といったワードが後から出てきますので 「契約を行うとは言っていません、もう一度説明をお願いします」 等といえばOKでしょう。 実際に勧誘にあった方の意見 NTTとKDDIの合同電話局と名告る代理店が総務省の光コラボ勧誘詐欺対策と語り、巧妙な話でインターネット回線の乗り換えを勧誘してきます。 固定電話の加入権の話や総務省の名前まで出してきますので、その場ですぐに契約はしない様に。 電話番号や代理店名を聞いても言わないなら特に注意を。 — 清音 打止 瀬戸内地方 augearsculs 契約してしまったが内容に納得がいかない場合 契約をしてしまっても契約書が届いてから8日間は初期契約解除を適用し、無条件で契約の解除を行う事が出来ます。 また、8日間を過ぎても契約時の勧誘の内容に法令に抵触するような内容があった場合は代理店ではなく事業者の窓口に相談をすれば受理されるケースも多いです。 もちろん有益な勧誘も中にはありますが、契約後に「おかしいな・・・」と思った際は早めに行動しましょう。 工事を行ってしまってからはキャンセルできたとしても工事費用は契約者が負担する、等で折り合いをつけるケースもあるようです。 インターネット契約を検討するなら 光コラボは安くなる? 結論から言うと安くなるケースが多いです。 ・プロバイダの加入が不要 ・スマートフォンとのセット割等、他のサービスと複合した割引がある コチラの2点がフレッツ光には一切ありませんし、今利用している事業者の割引サービスがマッチしていない場合は自身にあっている物に乗り換えるだけで安くなります。 転用や事業者変更の場合は工事費がかかりませんし、回線自体はフレッツを使用しているので信頼できますね。 と、いうのも光コラボ以外の事業者は特にフレッツ・光コラボからの獲得ハードルが高い為、 工事費の割引や現在のインターネット回線の解除料金負担等を含めた特典・キャッシュバックを盛んに行っています。 また、フレッツ及び光コラボでないという事はその事業者専用の回線を使用している為、利用環境が向上する可能性もあります。 単純にNURO光等の最大速度が速いサービスもありますし、フレッツの回線を使用していない為使用者が少なく回線速度が下がりづらいというメリットもあります。 まとめ ここまで競争が激化している状態だからこそ、見直しをしていない方がうまく乗り換えれば年間で数万円をオトクにする事が簡単に出来るケースも多いのは事実です。 また、よく調べずに使っていた光回線がすごくスピードの遅いタイプだだったり、利用環境でいろいろと損をしているケースもあります。 使えていれば問題がないものなので、見直しをすることは少ないと思いますがこのタイミングでうまく乗り換えれば 金額的にも環境的にも良くなる可能性があります 気になる回線があれば一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか? ここまでお読みいただきありがとうございました。 戸建て 集合住宅 速度 スマホ セット割 公式特典 キャンペーン 独自特典 キャンペーン SoftBank Air 4,880 円 4,880 円 最大481 Mbps Softbank Y!

次の

格安スマホ通話料半額も ドコモ回線レンタル料下げ裁定 :日本経済新聞

光 回線 値下げ 総務 省

目次(もくじ)• 総務省の調査条件と基本用語、問題点を解説 まずは総務省の 『電気通信サービスに係る内外価格差調査』の内容を一通り確認してみましょう。 総務省の『電気通信サービスに係る内外価格差調査』は、2018年 平成30年 9月19日に公開されました。 国の機関が行う調査結果としては、現時点で最新のものです。 『電気通信サービスに係る内外価格差調査』の調査条件 比較各国 日 東京、 米 ニューヨーク、 英 ロンドン、 仏 パリ、 独 デュッセルセルドルフ、 韓 ソウル 比較データ容量 2GB、5GB、20GB シェア1位のMNO事業者 日本側データは「NTTドコモ」で比較 最も安いMNO事業者 日本側データは、2GB、5GBを「Y! Mobile」、20GBを「au」で比較 MVNO事業者 日本側データは「楽天モバイル」で比較 調査時期 2018年 平成30年 3月 公開時期 2018年 平成30年 9月 最初に言葉の定義を説明しておきますね。 MNO( Mobile Network Operator)とは 移動体通信事業者と訳されます。 日本ではMNOという呼び方をすることが少ないので馴染みが無い言葉だと思いますが、総務省の定義では、 自前で通信設備を持っている事業者のことを指します。 要するに私たちが思い浮かべる、携帯大手3社のことと考えればOKです。 MVNO( Mobile Virtual Network Operator)とは 仮想移動体通信事業者と訳されますが、日本でも「MVNO」と呼ばれることが多くなっています。 総務省の定義では、自前の通信設備を持たずに、 MNOの通信設備を利用して(借りて)いる事業者のことを指します。 調査条件の問題点は安い回線をY! mobileで比較していること Y! mobileは、イーモバイルとウィルコムがソフトバンクに吸収合併された経緯から、自前の通信設備を使っているので、MVNOでは無くMNOに分類するのは「定義上は」間違いでは無いのですが…。 菅官房長官の「携帯料金4割下げる余地あり」発言 日本政府が、政府主導で携帯料金・スマホ料金を値下げする意向であることは、菅官房長官の2018年8月21日の発言によって表面化しました。 菅官房長官は発言の中で、日本の通信料は 「経済協力開発機構(OECD)加盟国平均と比較して」2倍程度と報告を受けていることを根拠としています。 この発言のタイミングでは、政府は総務省の調査結果を把握していたと考えるのが自然かと思いますが、その総務省の調査には、玉虫色的な表現も見えるわけですね。 mobileの料金で比較した、「最も安い通信事業者 MNO の国際比較」では、日本のキャリアもけっこう頑張ってる(安い)とも読めてしまうわけですから。 政官財で何らかの攻防があったことも想像されますね…。 今回紹介したこと• 政府は「携帯値下げ法案」とも呼ばれる、電気通信事業法の改正案を今国会で成立させようとしています。 値下げする必要があるということは、現状が高いという認識があるということですが…。 その認識のもとになった基礎的な調査資料の一つが、総務省の『電気通信サービスに係る内外価格差調査』です。 読み手をミスリードしやすい部分もあるので、読解する際には注意も必要です。 結論としては、日本の3大キャリアのスマホ通信料金だけが国際的見ても高い水準にあることが分かります。 日本政府が、「携帯値下げ法案」とも呼ばれる、電気通信事業法の改正案を推進する背景には、日本のスマホ通信料は経済協力開発機構(OECD)加盟国平均と比較して2倍程度高い、という認識があります。 総務省の『電気通信サービスに係る内外価格差調査』も、部分的に玉虫色の表現があるとは言え、 全体の流れとしては、政府の主張を裏付けるものになっています。 「携帯値下げ法案」を巡る与野党の攻防は、これから本格化してくると思われますが、国会での議論に注目して行きたいと思います!.

次の

【総務省】ドコモに通話回線料下げ要請 格安スマホの主張容認

光 回線 値下げ 総務 省

「 」という記事がヒットしたBuzzap!。 実際に筆者の周囲に聞いてみても「最近、夜になるとフレッツ光が極端に遅くなる」というケースは多く、かつてCATVやADSL利用者が羨んだ「光=爆速」というイメージは音を立てて崩壊しつつあるわけですが、通信行政の監督官庁・総務省があまりにも仕事をしておらず、「総無能」と揶揄されても一切文句は言えない……というお話をお届けします。 詳細は以下から。 編集部員が利用しているフレッツ光(大手プロバイダ契約)の問題。 通信業界には「ベストエフォート」という便利な言葉がありますが、ここまで速度が違うと「じゃあフレッツ光の支払いもベストエフォートでいいよね?」と皮肉りたくなってしまいます。 同省では消費者の優良誤認を避けるため、2013年に「 」を立ち上げ、通信事業者に対して理論上の最大通信速度だけを掲げた広告を行わないよう促しましたが…… 「インターネットのサービス品質計測等の在り方」を研究するはずにもかかわらず、ターゲットとなったのは移動通信事業者(MNO)のみ。 携帯3社が槍玉に挙げられて終わっただけで、2015年以降同研究会は開催されていません。 携帯電話事業者に課せられた広告表示のイメージはこんな感じ。 固定通信についても是非導入して欲しいところです。 が、 つまり、 最近になってフレッツ光で発生している極端な通信速度低下の一因には光コラボ導入による光回線の契約増があり、当然光コラボを認めた総務省にも責任があるわけです。 NTTの局舎内にある「網終端装置」と呼ばれる装置が原因の1つとされる速度低下。 という、利用者がどうすることもできない状況である以上、総務省が率先して旗を振り、各事業者を取りまとめて問題の解決を図るべきではないでしょうか。

次の