約束のネバーランド ネタバレ 46。 約束のネバーランド145話ネタバレ感想あらすじ!【それぞれの】

【約束のネバーランド】47話「昔話」ネタバレ確定感想&解説・考察!

約束のネバーランド ネタバレ 46

最上の実り、今贈る。 受け取り給え。 我ら永久の繁栄を。 」 レグラヴァリマがそう言いながら、滞りなく儀式が執り行われていたその時、突然爆発音が聞こえ、鬼たちは騒然となります。 王都へつながる橋が一斉に爆破されました。 何が起こったか分からず、逃げ惑う街の鬼たち。 城周辺ではシスロとバーバラが二手に分かれて見張りを始末しました。 セキュリティラインはヴィンセントが制圧し、「さぁこれで思うままだ。 」と城の門を開きます。 門の前にはギーラン家一行が待ち構えており、城の中へと入っていきました。 そしてヴィンセントが全ての門を閉めます。 王都の兵は推定5000。 それをノーマンの誘導によって事前に1000まで減らしていました。 現在は城下に700、城内に300。 城下の700は目下混乱する民衆と爆破した外橋と城下への対処で手一杯です。 加えて城門はすべて閉ざし、城下と城内を断絶し、外橋も全て落としたため、王都は孤立無援状態。 城内の300の兵に対してギーラン兵は約50ですが、ギーラン兵たちは次々と城内の兵士を倒していきました。 ヴィンセントは無線でシスロとバーバラに「そろそろ退け」と指示し、あとはギーランに任せろと言います。 ギーランは城内でノーマンと鉢合わせると「見事な手際だ。 そんなギーランに「さあ存分に復讐を」と告げるノーマン。 一方、祭壇で儀式を行っていた五摂家は爆発音がしたものの、兵士から何の報告もないことに戸惑っています。 「見て参れ」とノウム卿に指示された家来が扉の前に向かうと、家来を切りつけながらギーランがやってきました。 しかしギーランが「久しいのぅ」といいながら、被っていたフードをとるとイヴェルク公がギーランだということに気づきました。 ギーランを慕っていたバイヨン卿は変わり果てたギーランの姿に驚きを隠せません。 プポ卿が父親と母親に危険だから下がるように指示しますが、突然母親がプポ卿の顔にナイフを突き立てました。 (母上・・・?な・・・ぜ・・・) そのまま倒れるプポ卿。 ノウム卿が激高して「おのれ何奴!!」と叫びます。 すると「家族と思うたろう?」と口を開くギーラン。 家族は食ろうた。 食ろうて奪った。 皆上手く化けたのう。 父御だけではない。 そこにいるすべて、我が手の者じゃ。 」 実はそこにいる五摂家の大勢の家族や家来たちは、すでにギーランたちによって始末され、ギーランの兵が面をかぶって化けていたのでした。 ギーランはプポ卿の亡骸を手に取ると、「アハアハハハハッ」と高笑いします。 「野良に落とされ700年。 我ら一門、この日をどれほど待ちわびたことか。 忘れたことなどない。 受けた仕打ち・・・屈辱。 苦しみ、悲しみ、憎しみ。 」 そういいながら、プポ卿の亡骸を食べるギーラン。 バイヨン卿は家族の面を見つめながら、怒りに震えます。 そして姿を変えたギーランは「次はぬしらじゃ。 我らが怒りを存分に味わわせてやる。 」と復讐を宣言しました。 しかし一連の流れを見ていたレグラヴァリマは、慌てる様子もなく冷静に「笑止。 」と言い放つのでした。 約束のネバーランド【第146話】王都決戦の感想 今回はギーランと王たちの再会となりました。 一見優勢に見えるギーランですが、レグラヴァリマの冷静な表情が不気味ですね。 王族が簡単にやられるとも思えないので、何か別の展開があるような気がします。 次の展開がとても楽しみですね! 次回の約束のネバーランド【第147話】が掲載される週刊少年ジャンプ39号は8月26日に発売されます。

次の

約束のネバーランド(出水ぽすか)のあらすじ(ネタバレあり)・感想

約束のネバーランド ネタバレ 46

悪女の定義46話のネタバレ 少年の目的 ぶつかってきた少年を捕らえる皇太子。 シャティが慌ててどうしたのか尋ねるなか、少年の懐から一つの小包が落ちた。 それは、さっきシャティたちが購入したブレスレットだった。 どうして盗んだのか尋ねると、少年はもともと自分のものだと言い張る。 なんでも、金持ちどもは自分たち貧民のものを奪っているから裕福なのだと姉から教えられているのだとか。 シャティと皇太子は目を合わせると、シャティはだからと言って許されないと一喝。 少年はロニーといい、素直に謝った。 そんな彼の行いの責任は自分にもあると皇太子は言うと、食事一回分ほどの金貨を渡そうとする。 それはいけないと止めるシャティ。 この子は物乞いをしたのではなく、盗みを働いたので、受け取る資格はないときっぱり告げる。 すると少年は、自分だってやりたくてやったわけではないと言う。 理由を尋ねると、 姉が奴隷として売られてしまったと答えるのだった。 奴隷商の男を探せ ロニーの姉を買った男は、村に良く来るという。 さらには、ロニーが金を持っていると、失くすかもしれないなどといい、先にもらっているというのだ。 皇太子はシャティにここで待つように言い、足早に立ち去っていく。 皇太子がこんなに怒った顔を見たのは、初めてだった。 ここでは奴隷制度が禁じられており、いくら権力のある貴族だとしても、奴隷の売買を行った瞬間、全ての権利をはく奪されるほどだった。 皇太子はユタバインの元に行き、奴隷商の男を探し出すよう告げると、シャティたちのもとへと戻っていく。 シャティは、ロニーにその奴隷商のものを買いたいので、紹介してほしいと頼む。 そして、男と会ったら、市内にあるセブレーテという大きなホテルまで来るよう話した。 「まかせといて!」といい、ロニーは走り去っていく。 そんな様子を見て、シャティに子どもの扱いが上手いという皇太子。 シャティは前世と記憶がこんがらがり、弟がいたと口を滑らせるのだった。

次の

約束のネバーランド(出水ぽすか)のあらすじ(ネタバレあり)・感想

約束のネバーランド ネタバレ 46

管制室のハッキングで優位に立ちエマ、レイ、ノーマンはピーターのいる応接室に向かいます。 suzuco. それでもヴィンセントは粘ります。 【たどり着いた場所】 先行したエマたち3人はピーター・ラートリーのいる応接室にたどり着きました。 ですがそこには誰もいません。 ノーマンは通信機でヴィンセントに話しかけますが。 ピーター「やあ ノーマン久しぶりだね」 応答したのはピーター・ラートリーでした。 ピーター「君たちが殺さず〝眠らせた〟者達もじきに目を覚ますだろう 王都もソンジュとムジカは3日前に捕えた 間もなく処刑が開始させる」 鬼の世界を託したソンジュとムジカの処刑、 それを聞かされたエマの表情は曇ります。 ロック解除のためのパスコードをピーターは銃を突きつけてヴィンセントに言わせようとしましたが、 ヴィンセントは拒否します。 ヴィンセント「ボス! 聞こえるか!! そういうことだ!! まだ時間も勝機もある!! 終わりじゃない!! 」 銃を突きつけられてもなおヴィンセントは勝利とノーマンを信じて叫びます。 ヴィンセント「私達に構うな!! こいつらだけには未来を渡してはいけない!! 」 エマ「待っ…」 ノーマン「いやだ! 絶対全員で生き残るんだ!! 」 残り少ない命を燃やし尽くすためには仲間の命も顧みないウィリアム・ミネルヴァの姿はそこにはありませんでした。 その強い絶対的なリーダーに依存する副官の姿ももうなかったのです。 ヴィンセント「これでいい! ノーマン!! 」 【ピーターの驕り】 崇めていたボスではなく友人として言葉を残してヴィンセントはピーターに撃たれました。 ピーター「うんざりだ なんでこうどいつもこいつも物分りが悪いんだ なんでこうも僕に逆らうんだ 僕は食用児(おまえたち)の父 創造主(パパ)なんだぞ」 農園を作って管理したからこそ生まれてきた食用児達が反抗しているこの事態にピーターはいらついていました。 ピーター「反抗期にはもううんざりだ!! その目! その目もムカツくんだよ! なぜ敗北を認めない! もういい所詮は不良品だ 全員殺せ」 そう言ったピーターに応える者はいません。 「〝パパ〟? 笑わせるな」 今度はオリバー達がピーターを包囲して銃を突きつけます。 オリバー「お前は俺達の父親じゃない」 立場は逆転していました。 U-NEXTでは 31日間の無料体験サービスを提供していて、登録後すぐに 600円分のポイントが貰えます。 600円分のポイントを使えば『約束のネバーランド』を今すぐ無料で読むことができるというわけですね。 また、 U-NEXTの無料体験はいつ解約しても解約金は無しなので、是非お試しアレ。

次の