関係 ない 部。 文学部は就職に不利! 統計データからその理由を考察

医学部(医者)に学歴は本当に関係ないのか?

関係 ない 部

Twitterなどでも度々話題に上がる「医学部(医者)に学歴は関係ないのか?」という永遠のテーマ。 今回はその永遠のテーマについて終止符を打つことにした。 結論から言うと医学部(医者)に学歴は関係する。 学歴が関係ないのは「 医師国家試験受験資格を得れる」という1点だけ。 しかも、その点においてすらも学歴は関係する。 (偏差値が低い大学は進級が厳しく、高学年でも放校も平気でしてくるから) 1. 働いてしまえば関係ない 嘘の一つ。 まず働くまでに、学歴フィルターがある。 医者は基本的に売り手市場なので職につけないということはないが、都内などの人気病院に就職しようとしたら確実に学歴は関係する。 某人気病院に行ったときは、国公立と私立は慶應か慈恵のみという病院があった。 自大の関連病院を受ける人も多いためにバイアスがかかってる可能性も否定はできないが、見学者の一覧を見ていたら中堅私大もたくさんいた。 受かっていないのはそういうことだろう。 病院側からしても、特定の大学から取ることによってその大学との医局派遣を維持できる(その大学に貢献できる)&国試合格率の高い大学から採用しておけば、マッチ者の国試落ちを避けられるといったメリットが有る。 さらに、偏差値の低い大学の多くは見かけ上の国試合格率を上げるために6年次に大量に卒留を出す。 卒留者をマッチングしてしまった病院は2次募集、3次募集で新たに研修医を募集しなければならなくなる。 手間がかかるし、面倒なのでそれなら最初から国試合格率の高い大学から採用しようとなるのだ。 さらに、実際の採用においても5分10分で応募者の本質を見抜けるわけがない。 学歴で判断するしか客観的な判断材料がないのである。 学生時代 まず第一に偏差値が高い大学は立地がいい。 (というより立地が良いから偏差値が高いのだが・・・) 旧帝国大学、旧六医科大学、御三家私立などなど。 その理由として、昔からある大学は街の計画とともに医学部を建てることができたので、都市の中心部に位置していることが多いのだ。 逆に新しくできた大学はそもそも大学を建てる土地がないために、田舎に建てるしかなくなる。 歴史の古い大学は立地もよく、駅からも近いが、逆に新設の大学は駅から遠くバスでしかいけないことも珍しくない。 これは学生時代のQOLを大きく左右してしまう。 さらに最近では医学部の実習期間が伸びており、外部病院に実習に行かされることも増えている。 その時に選べる外部病院は、 その大学で回っている診療科の関連病院である。 いい大学はいい関連病院を抑えているために、学生もそこに実習に行ける。 そのような病院は大抵大学からそれほど離れていないし、電車で行けることも多い。 一方で、偏差値の低い大学は関連病院がそれほどなく、あったとしても大抵立地の悪い田舎の病院なので実習するのも一苦労である。 病院に行くのに車が必須なようなところも珍しくない。 しかも実習を病院見学と兼ねることもできるため、実質的にそこでマッチングの就活できる。 わざわざレジナビで情報収集し、病院見学で顔を売らなければいけない外様とは大きな差がある。 ちなみに某一流私大はマッチングとは別に事前に内定が決まっているとかなんとか。 これらのアドバンテージによってマッチング、就職後も学歴によるアドバンテージを得ることができる。 ちなみにレジナビという医学生の就職フェアでは、出身大学を書いたネームプレートを首からぶら下げて各ブースを回ることになる。 学歴と学歴の殴り合いだ。 働いてから 働いてからの話は伝聞にはなってしまうが一応伝えておこうと思う。 都内の多くの病院(医局)で学閥があるのは有名な話であるし、都内などではシーリングといって人気の診療科には人数制限をかけている。 その際に他大出身者と自大出身者、どちらを優遇するかは火を見るより明らかである。 ガラスの天井という言葉がある。 ヒラリー・クリントンも打ち壊せなかった壁であるが、学歴でも当然ガラスの天井はある。 教授職に付く場合などは特に重要視され、出身校より上の大学の教授になることはほとんど不可能に近い。 (特に臨床の教授は) 天皇陛下を手術した天野教授がやたらと3浪で日大ということを強調されるように、異色中の異色なのである。 これは心臓血管外科というある種の実力主義の診療科ですら超人的な能力を持って初めてやっとこさ教授になれるということだろう。 さらに開業後も学歴は関係する。 何の論文を書いたとか、どんな実績があると言われても一般の患者にはわからない。 (そもそも専門外の医者にすらわからないが) 患者にわかるのは大学名と肩書だけである。 その際に学歴が有利に働くことは言うまでもない。 ハロー効果という心理学における用語がある。 「ある対象を評価する時に、それが持つ顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる(認知バイアス)現象のこと」 要するに、「 学歴が高いと他の要素もよく見える」ということだ。 ちなみにイケメンや美女が性格良さそうに見えたり、実力以上に評価されるのもこの効果のおかげである。 恐ろしいことに、この効果は「無意識」に働く。 「俺は人を学歴で判断しないぞ!」という高尚な人であっても無意識に学歴で選別しているのだ。 以上のように、医学部 医者 に学歴は関係する。 というより関係しなかったら偏差値が全て同じになるだろう。 が、なぜ関係しないといったようなことが言われるか? それは 「学歴の恩恵を受けてない」 「学歴の恩恵に気づいてない」 「学歴の恩恵を認めたくない」 「学歴の恩恵を公言したくない」 のどれかでしかない。 「学歴の恩恵を受けていない」 中堅以下の大学では恩恵を受けようとも、受けることができない。 が、医者として一応の人生は送れている。 そうだ、医者に学歴なんか必要なかったんだ。 という発想になるのである。 実際は上記の通り恩恵はある。 「学歴の恩恵に気づいてない」 上位校の出身者は実際に優秀な人も多いために、「これは学歴で勝ち取ったのではなく、俺の実力で勝ち取ったのだ」と思う人も多いだろう。 そちらのほうが気持ちがいい。 「学歴の恩恵を認めたくない」 医学部入試は過酷であり、医学部に入るだけで精一杯という人がほとんどだ。 せっかく入ったのに、入学後も学歴による差があるなんて認めたくない人がほとんどなだ。 そのために、学歴が関係するという事実に目を背けたくなるのである。 また、学歴を勝ち取った人もその後の恩恵は実力で勝ち得たと思いたいために学歴の恩恵と認めないパターンも有る。 「美人は三日で飽きる」「本当の金持ちは上品だ」などと、いった戯言と同じですっぱい葡萄をしているキツネと同じである。 「学歴の恩恵を公言したくない」 学歴に効果がある!なんて実名では到底言うことができない。 学歴なんか関係ないと言ってたほうが、世間の受けが良いからだ。 (世間のほとんどは高学歴ではないから) また、学歴の恩恵なんてことを言うと、能力がないのに学歴で出世したと捉えられかねない。 能ある鷹は爪を隠すのである。 この記事を読んだ受験生は教師や両親の戯言に騙されないで、行きたい大学に行くことを薦める。 gatigatitv.

次の

医学部(医者)に学歴は本当に関係ないのか?

関係 ない 部

今回は、なぜかモテない女性の特徴について調べてみました。 恋のチャンスをつかみたいなら、まずはモテない理由について知っておきましょう! 男性からの質問に対しての対応ボキャブラリーが少ない 「何を聞いても反応が薄いと対応に困る。 会話が続かなければ恋愛対象としてみるのは難しいかな」(30歳/営業) 男性から質問してくるということは、もっと相手のことを知りたいと感じているから。 せっかく質問してきてくれたのに、そっけない返事だったり、会話が続かなかったりすると、「この子とは付き合っても楽しくないかも……」と思わせてしまいます。 会話の基本はキャッチボールなので、男性へ質問をしてみても良いでしょう。 また、恥ずかしくてうまく話せないというパターンもあるかもしれませんね。 そういうときは、笑顔で相づちを打って男性の話を聞いてあげるだけでも、好感度はアップしますよ。 ポーカーフェイスすぎて何を考えているのかわからない 「常に無表情なのは話しかけづらい。 機嫌が悪いのかそうでないのかわからない」(28歳/接客) 表情が読み取りづらいと、男性はどう接したらよいかわからないようですね。 ポーカーフェイスは仕事がデキるクールな女性の印象があるので、女性からはかっこいいと支持されるかもしれません。 しかし男性からしてみれば、近寄りがたいオーラをだしていように見えるのかも……。 仕事関係の付き合いならある程度ポーカーフェイスでもOKですが、恋愛対象として見てもらいたいなら意識して表情を柔らかくするといいでしょう。 男性はコロコロ表情が変わる女性のほうが、魅力的に見えるそうですよ。 ネガティブな話ばかりする 「なんでもネガティブな方向にもっていかれると疲れてしまう」(33歳/事務) 毎回毎回ネガティブな方向に話をもっていってしまうと、男性は疲れてしまうようですね。 ネガティブオーラを感じる女性は近寄りがたさがあるため、せっかくの恋愛のチャンスも逃してしまいがち。 物事を否定的にとらえてばかりではなく、ポジティブに考えるように心がけてみてください。 話す内容が明かるく楽しければ、自然と恋愛のチャンスは舞い込んでくるでしょう。 親しみやすさが恋愛のチャンスをつかむ モテるポイントは顔面偏差値の高さだけではなく、親しみやすい雰囲気にあるようです。 今回紹介したモテない女性の特徴に気をつけて、男性との会話を楽しんでみてください。 笑顔と親しみやすい雰囲気を意識するだけで、恋愛のチャンスが見違えるほど増えていくでしょう。 (愛カツ編集部).

次の

娘がこの春から北里大学医学部に通うことになりました。現役です。私立医...

関係 ない 部

早慶にあたる慶応義塾大学、早稲田大学、MARCHの代表格の明治大学、国立大学の上位勢に入る千葉大学を参考にした。 いずれの大学でも文学部の就職率は低い水準にとどまる。 国公立大学である千葉大学においても1%の僅差ではあるものの、経済系より文学部の方が就職率が低い。 やはり文学部は就職に弱い 上記のデータから、文学部は就職に弱いことが読み取れる。 世間的に「文学部=就職できない」と言われることが少なくないが、一定の根拠は確かにある。 とはいえ、まったく就職できないという点は誤り。 あくまでも法学部や経済学部などの他の文系学部と相対比較した場合の話にとどまる。 なぜ文学部は就職に不利? 主な原因 詳細な内容 企業活動(ビジネス)とは無関係 民間企業、官公庁の役割とは直接関係を持たない学問分野。 ビジネスとはかけ離れている。 就職への関心が低い 就職への関心が文系他学部に比べて低い傾向。 企業活動、行政の政策と日ごろから接していないことが影響。 教授と企業等の関係がない いわゆる「コネ」が文学部の教授には少ない。 企業や官公庁との結び付きが少ないため、文学部の学生の就職率が低下。 草食系男子が多い 文学部は草食系男子が多いとされる。 就職競争にはやや弱い人達が多いという説もある。 文学部が就職に不利になる理由は、上記のような要因が挙げられる。 まとめると次のようになる。 企業活動(ビジネス)とは無関係• 学問の分野が職業に直結しない• ビジネスに無関心な学生が多い 企業活動とは関係ない学部学科の1つに文学部が該当する。 文系の中でもビジネスの世界とは無関係といっても過言ではない。 企業活動(ビジネス)とは無関係 文学部の特徴=企業活動(ビジネス)とは無関係• 国・自治体の活動、民間企業の活動とは分野が不一致• 社会人になってからは文学部で学んだ知識を生かせない 文系でも法学部や経済学部、経営学部などではビジネスまたはそれに関係する学問を学ぶ。 理系の学部学科でも、学校で学ぶ分野はそのまま職業へと直結する。 工学部・理学部・薬学部・農学部などはそのまま専門的な職業に就職しやすいというアドバンテージがある。 学部 就職との関係 文学部 関係なし 法学部 ビジネスの世界に関係 経済学部 ビジネスの世界に関係 工学部 職業へ直結 理学部 職業へ直結 医学部・薬学部 職業へ完全に直結 例えば、法学部ではビジネスでは必須になる法律関係や国や自治体の政策について勉強する。 経済学部はビジネスの集まりであるお金の流れ、つまり経済そのものについて学ぶ。 一方の文学部や文学やその他歴史について学ぶ。 しかし、それ自体がビジネスに結び付くかというと、大半は結び付かない。 身に着けた知識は大学などの研究機関や専門家だけの世界に収まってしまう。 仕事で活かすとなると、営業や企画管理などの職種ではほぼ無理だろう。 文学部で勉強する内容を職業で活かすのは難しいのは確か。 これにより、企業の採用担当者も文学部の学生を積極的には採用したがらない理由へとつながっている。 就職への関心が低い 文学部の特徴=就職への興味関心がない• 就職、ビジネスへの興味関心が全体的に低い• 行政の政策、企業活動への関心がない 文学部は他の学部と比べても就職にあまり関心がない学生が多いのも1つの特徴。 企業の事業内容や仕事内容について、公務員に関係する国や地方自治体の事情についてあまり興味がない学生が文学部には多いと感じる。 法学部は法律や政治、裁判所の判例などを取り扱う学部ということもあって、国や地方自治体の政策、判例に関連した企業活動に興味関心が一定は出てくる。 経済学部もまた行政や企業活動に関するトピックが出てくるため、同じように行政の政策、企業活動に興味関心がある。 文学や歴史について学ぶが、今日のビジネスに関係することとは接しない分野がほとんどであり、就職という現実的な世界から遠く離れている。 これもまた、根本的な理由は学問の内容にあると考えられる。 一方で文系の社会学系の学部や理系の学部全般だとビジネスへと直結する要素が少なからずあることから、就職や企業活動に興味関心がある人は多い。 教授と企業等の関係がない 文学部の特徴=教授のコネが少ない• 企業・官公庁との「コネ」を持つ教授が少ない傾向• 学生たちは就活では正規ルートしかない 教授と企業・官公庁との「コネ」がある事例が多い学部学科がある中、文学部では少ない。 工学部・理学部などの理系学部のみならず、法学部・経済学部も教授と企業・官公庁のつながりがあることが少なくない。 コネを持つ教授のゼミに参加すると、就職も裏ルートによって有利になることもある。 このような機会が文学部では少ない。 男子学生の就職率の低さが深刻 就職率では男子の方が女子よりも割合的に大きいことが多いが、それは文学部では逆。 >> 以下にて、MARCH大学群の1つである立教大学の男女別就職率のデータから読み取れる。 文学部の男子学生には不利な総合職• 男子=総合職、女子=一般職の流れだが• 男子の場合、営業が中心になる「総合職」が主流。 ビジネスには興味関心が低い文学部の男子学生が、このような総合職を敬遠する学生が多いとも考えられる。 こうした背景が文学部の男子学生の就職率の低さの要因ではないか。 ビジネスに関係のある学部であれば、次のように答えられる。 しかし、ビジネスとは縁が薄い文学部だとこのように答えることができない。 文学部などの学部学科だと、なぜその学部を選んだのかという質問に対する答えとは次のようになるだろう。 日本文学について学び、古代の社会について勉強したいと考えたから• 英文科へ行って英語力を身につけたいと考えたから• 日本語にはなぜひらがな・カタカナ・漢字があるのか知りたかったから しかし、いずれも就職で活かせるような内容ではなく、就職した後の将来のビジョンでも使える要素のある回答ではない。 職業へ直結する学部学科に進学する時の考えのような回答と比べると、企業の採用担当者のイメージとしてはプラスにはならない。 実際の文学部に所属する学生の気持ちの面だけでなく、学生を採用する企業の採用担当者をはじめとする世間の先入観もますます就職に不利になる後押しをしているのも否定できない。

次の