ランニング ダイエット 食事。 ランニングのダイエット効果を高めてより痩せやすくする8つのポイント

ランニングダイエットの成功するコツ【距離や時間と食事】いつやるのがベスト?

ランニング ダイエット 食事

せっかくランニングダイエットに取り組むのであれば、きっちり結果を出したいもの。 しかし、ただ走れば痩せるというわけではありません。 ダイエットに成功するためには食事のタイミングがポイントになります。 ダイエット成功を目指し、ランニングをするときの最適な食事のタイミングを伝授します。 食事は「ランニングの後」が正解! 体に蓄積された脂肪を燃やすためには、ランニングの後に食事をするのが正解です。 空腹時は、体内の脂肪がエネルギーとして消費されるからです。 ただし、空腹過ぎると低血糖になり貧血を起こすことも。 ブドウ糖やゼリー飲料などを口に入れてから走ることをおすすめします。 ランニング前の食事がNGのワケ ランニング前に、ごはんなど糖質を含む炭水化物を食べてから走ると、摂取した炭水化物を消費するだけで体内に蓄積されている脂肪までたどりつけません。 そのため、食べてから走っても脂肪が燃焼されずダイエット効果が期待できません。 代謝を上げるランニングのコツ ダイエット目的でランニングをするならば、長距離ランやハイスピードのランニングはNG。 おしゃべりできるくらいのスローペースで、30分程度を目標にしましょう。 有酸素運動は20分以上続けないと脂肪が燃えません。 そして、筋肉疲労は脂肪燃焼を妨げます。 焦らず無理のないペースでコツコツ取り組みましょう。 ダイエット効果を上げる食事 ランニングでカロリー消費しているから、「何でも食べてOK! 」というわけではありません。 脂肪燃焼につながる食材を積極的に取り入れて、ダイエット効果を高めましょう。 ポイントは、「体を温めること」と「筋肉を作る」こと。 食事を抜くと、逆効果なのでしっかり食べて痩せ体質に! 体を温める食材で脂肪燃焼! 血行をよくし体温を高める効果があるおすすめ食材は「ショウガ」。 紅茶や味噌汁などに、すりおろしたショウガをプラス。 脂肪や糖の燃焼を促し代謝アップをサポートします。 他にも、カプサイシンを含む「トウガラシ」や「ナッツ類」もおすすめ。 代謝アップのポイントは「タンパク質」 せっかく食事を気にしていても、筋肉が少ないと脂肪は燃えません。 「タンパク質」を多く含む食材で、筋力アップを目指しましょう。 ランニングの後、ゆで卵やチーズなどを食べると疲労回復にも。 ランニング後の食事は、炭水化物のドカ食いは控え、タンパク質、ビタミン、ミネラルを中心に栄養バランスの良い食事を心がけましょう。 記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう.

次の

ランニングダイエットに効果的な食事とは?走る時間やペース・距離なども解説!

ランニング ダイエット 食事

効率よく痩せる為の基本的な考え方 ダイエットの基本は、 摂取カロリー<消費カロリーです。 一日の総摂取カロリーが総消費カロリーを下回れば、理論的には体はおのずと痩せていくことになるため、摂取カロリーを抑えるために食事制限を行う、もしくは運動をして消費カロリーを増やすことで人はダイエットを行いますが、ダイエットを効率よく行うというのはその両方を行うということ。 食事制限だけ、運動だけでは、どうして一日に減らせる摂取カロリーの量や、増やせる消費カロリーの量が限られてしまいますが、食事制限も運動も同時に行えば摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やすことができます。 また、食事制限のみのダイエットは、脂肪だけではなく筋肉を減らしてしまうため、体重は落ちても太りやすい体を作ることになります。 そのため、食事制限と運動は一緒に行った方がより太りにくい体を作ることが可能になります。 参照サイト: 本気でダイエットを成功させる運動と食事の具体例 効率よく痩せる為におすすめの筋トレ3選 筋トレの目的は筋肉がつくことで体が引き締まることだけではなく、筋肉量が増えて基礎代謝が上がることが大きなメリットになります。 そのため、筋トレは全身の筋肉の7割が集中していると言われている下半身を中心に行うのが効率がよいと言えるでしょう。 スクワット 片足を大きく前に出し、両手は頭の後ろで組みます。 ゆっくりと腰を落とし、太ももと床が平行になったら止まり、元に戻ります。 この動作を10回繰り返し、反対の足を前に出して同様に10回行いましょう。 筋トレの後にはプロテイン? プロテインは、アスリートやボディービルダーの人が飲むものというイメージを持っている方は多いと思いますが、ダイエットで筋トレを行った際にはぜひ摂り入れたい栄養成分と言えます。 なぜなら、筋肉が増えるには超回復が欠かせないからです。 超回復とは、筋トレなどで筋肉を酷使して筋肉組織が破壊されたものを、筋トレ後24~48時間かけて再生する際、筋肉は破壊される前よりも太く、大きくなることを言います。 筋トレをして筋肉が増えるのはまさに超回復があるからで、 超回復を促すには休養と筋肉に必要なアミノ酸(たんぱく質)摂取が必要となります。 つまり、筋トレの後にプロテインを摂ることで筋肉が増えやすくなり、ダイエット効果を高めることができます。 参照サイト:「超回復」させるには筋トレ後のプロテインが大事!栄養は効果的に摂取する 効率よく痩せる為におすすめの有酸素運動3選 有酸素運動とは、酸素を多く摂る運動の総称のため、あらゆる運動には有酸素運動と無酸素運動の両方の側面があります。 そこでここでは、効率よく痩せるためにおすすめの有酸素運動をご紹介したいと思います。 ランニング 道具を揃える必要がなく、 始めようと思った日からすぐに始められる有酸素運動です。 また、運動が苦手な方でもできる有酸素運動と言えるでしょう。 サイクリング 有酸素運動の中でも消費カロリーは比較的高い方でありながら、 ランニングよりも体への負担を軽くすることができるので、膝や腰への負担が気になる方におすすめの有酸素運動です。 水泳 運動強度が高く、バタフライやクロールは 有酸素運動の中でも消費カロリーがかなり高い方になります。 ただし、ずっと水に浸かっていると体を冷やしてしまうので、時間管理が重要になります。 有酸素運動を効率的にするなら食前か食後か? 以前まで、ダイエットの効果を上げるには有酸素運動は、食事前(空腹時)に行うのがよいとされていましたが、近年は空腹状態で有酸素運動を行うと、脂肪の燃焼の前に筋肉が分解されてしまうため、筋肉量が落ちて返って太りやすくなることがわかっています。 そのため、有酸素運動で脂肪燃焼をするなら、空腹時を避けるのがよいと言われています。 もし食事前に有酸素運動を行う場合に空腹を感じていたら、すぐにエネルギーになるバナナなどを食べてから運動を行うとよいでしょう。 また、食事後に行う時は食べてすぐに動くと胃腸の働きを妨げ、消化不良を起こしやすくなるため、食事から1時間以上経ってから始めるようにして下さい。 参照サイト: ウォーキングは食前食後のどちらが良い?ウォーキングのタイミングと栄養補給について解説 効率よく痩せる為の食事法6選 極端な食事制限は、体に必要な栄養の不足を招くだけではなく、ストレスが溜まり、ダイエットに失敗しやすくなります。 それよりも、食事の方法を変えた方がストレスを少なくダイエットができるので、結果的に効率よく痩せることができます。 食べる順番 最初は血糖値を抑える働きのある食物繊維が多く含まれている野菜を食べ、その次にたんぱく質、最後に血糖値を上げやすい糖質を摂るようにしましょう。 朝食は抜かない ダイエットのために朝食を抜く人がいますが、朝食を食べないと前日の夕食から長い時間空腹状態が続くため、昼食をドカ食いしたり、 食べた物を脂肪としてため込みやすくなります。 夕食は少なめに 夕食後はカロリーの消費は見込めないため、朝食、昼食に比べて量を少なくすることや、 低カロリーの物を選んで食べるのがよいでしょう。 遅い時間に食べない 夜遅くに食べると、脂肪をため込みやすい性質を持つ ビーマルワンの働きによって太りやすくなります。 たんぱく質を摂る たんぱく質は、筋肉を作るために欠かせないアミノ酸を含んでいます。 カロリー制限によってたんぱく質不足になると、筋肉量が減って代謝が下がり、太りやすくなると言われているので、ダイエット中は たんぱく質の摂取を意識しましょう。 間食を上手に摂る 間食はダイエットの敵と考えられていますが、食事と食事の間が空きすぎると血糖値が下がってしまい、強く食欲となってドカ食いを招いてしまいます。 それよりも、 適度に間食を行うことで血糖値の低下を防ぎ、ドカ食いを予防することができます。 その際、間食には糖質を含むものは避け、ゆで卵やナッツ類などたんぱく質や良質の脂質を含む物、食物繊維の多い物などがお勧めです。 この流れは自宅であっても行うことは可能ですが、ジムには専用のマシンがあり、自宅での自重トレ二ングでは負荷をかけにくい部分を鍛えることができ、なおかつ有酸素運動を行うこともできます。 また、自宅でダイエットを行うと、つい怠けたい気持ちが勝ってしまいトレーニングをサボりがちになってしまいますが、ジムにはダイエットやトレーニングに励んでいる人が多くいるため、緩んだ気持ちを引き締めやすいと言えます。 さらに、せっかく会費を払っている以上、元をとりたいという気持ちにもなるので、これまで自宅で一人ダイエットに励んできて失敗しているという方は、ジムに通ってみるのもお勧めの方法と言えるでしょう。 効率よく痩せる運動や食事法!筋トレやランニングが効果的?のまとめ 効率よく痩せるには、食事と運動の両面からダイエットを行うことが大切です。 また、運動には有酸素運動と筋トレがありますが、そちらも両方を行った方がより痩せやすい体を作ることができます。

次の

ダイエット目的のランニング、最適な食事のタイミングとは

ランニング ダイエット 食事

春一番が吹く前に、スッキリと減量できれば…。 そう思ったら、シューズを履いてランニングを始めましょう。 誰もが気軽に始められるランニングは、コツさえ判ればダイエットの強い味方です。 減量のための正しいRun 走る Ing 続ける を知って、薄着の季節まで頑張って走ってみませんか? 減量効果を考えたランニングの距離や時間を伝授します。 減量ランニングのポイントを知ろう 急激に減量したいからと、いきなりトップアスリートのような走りは禁物。 脂肪を燃焼させるためには、アスリートのような追い込みは必要ありません。 初めに頑張りすぎてしまうと、息切れして続かなくなってしまいます。 減量に必要なポイントをしっかり押さえたランニングをしましょう。 ランニングで消費するカロリーは? 体重が50kgの人が10km走ると500kcalを消費する計算になります。 しかし、体脂肪を1kg落とすには、7200kcalが必要。 1回走っただけで減量できるわけでは無いことを認識して。 大事なのは距離? それとも速度? ランニングの消費カロリーは、距離が伸びるほど増えます。 しかし、始めは糖がエネルギー源。 脂肪を燃焼させるには、20分以上走り続けなければなりません。 走る速度は、会話で息切れしない程度のスローランニングが理想的。 1時間8km、30分4kmのゆっくりペースがおすすめです。 減量成功の秘訣を知ろう ランニングでの減量を成功させるためには、時間、速度のほかに意識したいことが…。 減量したいからと言って毎日走るより、1日おきや週3~4回など、身体を休ませる時間も大切。 焦って結果を急ぐより、じっくり着実に減量していくことが大事です。 筋肉にしっかり栄養を届けよう ランニングで減量中だからと、食べないのは厳禁。 ランニングは、貧血や筋肉疲労など、身体に何らかの影響を及ぼします。 身体が疲労していると、減量に失敗する可能性が…。 鉄分やたんぱく質、クエン酸、ビタミン類など、必要な栄養はしっかりと摂ることを心掛けて。 腹式呼吸は減量の近道? もうひとつ大事なことが呼吸法。 脂肪を燃焼させるためには、酸素は必須。 有酸素運動のランニングでは、腹式呼吸をしっかりと行なえることが大切です。 正しい呼吸法で、身体中に酸素を送り届けることは、減量成功の秘訣です。 記事を読んで走りたくなったら「いいね!」をしよう.

次の