ルブ ティア。 捨て られ た 皇 妃 ネタバレ 76

捨てられた皇妃【第13話】のネタバレ・感想!ルブとアリスティアの遭遇

ルブ ティア

捨てられた皇妃【第13話】のあらすじ・ネタバレ・感想 ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。 捨てられた皇妃のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください! 捨てられた皇妃【第13話】のあらすじ ルブへの恐怖心から体が動かないだけでなく、言葉も出ないアリスティアに「なんと不躾な女なんだ」と変わらず冷たい声で吐き捨てます。 「みんなからもてはやされ、鼻高々になっているようだな」という言葉に、ついに身震いが止まらなくなってしまいます。 何も反応がない様子に諦めたのか、そのままその場を立ち去ってしまうのでした。 一人になった瞬間、その場に座り込んだアリスティアは、16歳になった時彼に言われた酷い言葉の数々を思い出してしまいます。 そして改めて、この残酷な運命から抜け出さなければという気持ちになり、自分のためだけでなく、父の為にも運命を変えてやると覚悟していました。 もっと強気な態度でくるかと思いきや、意外にもあっさりな対応でした。 これまで父との関係性や周囲の反応を変えてきたように、この運命から抜け出せると良いのですが・・・ 捨てられた皇妃【第13話】のネタバレ 後日、モニーク侯爵邸に馬車がやってきました。 どうやら訪ねてきたのは、アレンディス・デ・ベリータ公子のようです。 先日、陛下へ増税について尋ねられた際に、未来で彼が考案した案をまるで自分が考えたかのように提案してしまったのがバレたかと不安に思いながらも、彼の待つ応接間へ向かいます。 突然の訪問を謝罪したアレンディスは、早速、アリスティアの提案した政策の話題が持ち上がります。 とにかく謝罪を・・・!と思った次の瞬間、まだ9歳ながらそんな名案を思い付くなんてと、なんだか嬉しそうな様子で近づき、手を握ります。 動揺するアリスティアに、眩しすぎる笑顔で、公子なんて堅い呼び方を辞めて、アレンディスと呼んでほしいと提案します。 どうやら同じ年代の子と話が合わず辛かったので、やっと仲良くなれそうな人を見つけて嬉しい様子です。 自らに向けられたその笑顔に、かつてこんな笑顔を見せてくれた人がいただろうかと、ただただ、アレンディスを見つめていました。 アレンディスのフランクなキャラはこれまでの登場人物にないものですね。 今後、アレスティアの新しい人生のやり直しに力を貸してくれそうな予感がします。 問い詰めに来たわけではなくて、ホッとしましたが、このままではいけないような気持ちが湧いてきてしまいます。 アリスティア「実は・・・奢侈税は私が考えたんじゃないの・・・」 捨てられた皇妃【第13話】のみんなの感想 ただでさえ、アリスティアだけ陛下の部屋に通されてイライラしているところに、庭園で遭遇してしまったルブとアリスティアの二人。 しかし、恐怖で何も出来ずにいる様子に諦めなのか、関心を失ったのか、それ以上酷い言葉を浴びせることなく、去って行ってしまいました。 あの様子から、思っているような高飛車な女ではないと気づいてほしかったです。 そして、陛下やルブの対応から、この世界には態度の大きな人しかいないのかと思っていましたが、アレンティアのようにフランクな男子も存在したのですね。 これから先どこかで力になってくれそうな予感がしています。 まとめ 以上、「捨てられた皇妃」のネタバレを紹介しました。 無料で読めるサービスとしてU-NEXTやFOD・music. jpなどがありますが、2018年11月時点では未配信でした。 上記のサービスは無料で単行本が読めるサービスでのチェックしておくと、好きな作品を読めるかもしれませんね。

次の

セレスティアルズとは?起源 能力 歴史 メンバー トリビア徹底解説【マーベルエターナルズすべての始祖】

ルブ ティア

遠くから聞こえるそれは酷く耳障りだ。 いや、その声は近くから聞こえてくる。 『許してなるものか』 憎悪に燃える瞳が僕を見る。 なんだその目は?生意気だ。 僕を誰だと思っている。 声を張り上げようとするも、なぜだか声が出ない。 喉を触り異変がないかを確認するが変わった様子はない。 声だけが出ない。 必死に声を出そうとするが、嗚咽が出るばかりだ。 ふと、腹がひどく傷んだ。 手を添えれば止めどなく赤い何かがあふれてくる。 燃えるように腹が熱い。 「うっ………」 『許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 あんたなんか許さない!!!』 王座の前で怨さの念を吐き続ける女が叫んだ。 こっちは満足に声も出せないというのにあいつだけ声が出せる。 なんと生意気な。 恨みがましい目を向けるな。 やめろ、お前はもういないんだ。 いつまでもいつまでも僕の前にいるな、目障りだ!!! どんなに叫ぼうと、どんなに睨もうと女は怯む様子もない。 女の手に握られた髪飾りは赤黒く汚れていた。 なんと、みすぼらしい事か。 そんな汚い物を僕の前に持ってくるなど不敬だ! ……けれど、どうしてだ?その汚れには見覚えがある。 目に焼き付くように酷く深いな記憶が。 「うっ…や、やめ……やめ…ろ……っ…」 『返せ。 子供を返せ。 父を返せ。 誇りを返せ。 返せ』 なんだ、なんなんだ! どうしてそんな目を僕に向ける。 やめろやめろやめろ!?!?!? 「やめろ…やめろ…」 『許さない。 返せない。 なら、なら、なら……………お前なんて死んでしまえ』 髪飾りを握り女は僕めがけて駆けてくる。 咄嗟に避けようとするも体が王座から離れない。 い、いったい何が!? マテ、来るな!やめろやめろやめろ!?!?!? ズブリと嫌な音が鳴る。 女の握る髪飾りが僕の腹に埋もれている。 体が動くようになり女を突き飛ばすと一緒に埋もれた髪飾りも腹から出ていく。 ああ、そうだ。 あの汚れは、ぼくの、血だ。 「うああああああああああああああああああああああ!?!?」 「ルブ!ルブ!しっかりして、いったいどうしたの?」 飛び起きた僕の前にいるのは銀色の髪の女ではない。 神秘的な漆黒の髪だ。 美優の声だ。 「美優…僕はいったい、そうだあの女が!あの女が僕を襲おうと!?」 「しっかりして!ここには私たち以外誰もいないわ……きっと悪い夢を見たのよ」 夢? ああ、そうだあれは夢だ。 だってそうだろう。 あの女がいるわけないんだ。 それにここは王座でもない。 僕の寝台だ。 冷静になればわかる事だ。 なのに……なのになぜ、こんなにも気持ちが悪い。 「夢……はは、そうだ夢だ。 あの女はもういない……はは」 だってあの女は、アリスティアは僕が殺したのだから。 ・ ・ ・ 千年の歴史を誇るかスティーナ帝国。 34代目皇帝であるルブリス・カマルディン・シャーナ・スティーナは20歳と若くして皇位を継いだ皇帝である。 前皇帝の治世より広大なる帝国を盤石に納め受け継いだ。 前皇帝は善政をひき名高きその名は名君と呼び声高い。 けれど、彼にはながくに渡り後継者がいなかった。 そんな折に生まれたのがルブリスであった。 皇帝唯一の血縁者であり皇太子。 その年の差故にルブリスが成人すると同時に前皇帝は崩御した。 前皇帝の時代。 神殿より知らされた神託は皇太子に伴侶となる女性が現れると。 その翌年生まれたのが開国時より多大なる貢献をした忠臣一族モニーク侯爵家のアリスティア・ラ・モニーク令嬢であった。 国の貴族、民は彼女こそが皇太子の伴侶であると信じて疑わず。 またアリスティア自身も幼い頃より優れた教育を施された才女である。 皇帝が崩御し、しばらく後に皇太子は成人を迎える。 あとは、アリスティアを皇宮 に迎えるだけという段階で美優が現れた。 美優は突然、皇宮の湖に現れ自身を異世界よりやってきたと証言した。 その当時は多くの人々が混乱したが、神殿は正式に美優を神託の乙女と決定する。 故に皇帝ルブリスには2人の伴侶がいた。 異世界より現れた神託の乙女。 皇后美優。 忠臣モニーク家の才女。 皇妃アリスティア。 そう、 いた ・・ のだ。 彼女らが皇帝に嫁いだ翌年。 アリスティアは皇帝殺害の罪により処刑された。 罪を犯した理由は美優に対し嫉妬したためと公表されるが真実は異なる。 アリスティアは皇帝ルブリスにより冷遇されていた。 幼い頃より周囲より持てはやされたルブリスは自尊心が強く、何でも自分が一番でなければ気が済まない性格だ。 そんな折、彼の周囲は何かとアリスティアを特別視していた。 それが気にいらなかったのだ。 周囲も悪気や悪意があったわけではない。 幼くして将来の伴侶が決まっていたルブリスに少しでもアリスティアの良い情報を与え将来的に2人がより良い関係を築けるようにと配慮した結果である。 アリスティアの冷遇は酷く、幼い頃より皇后となるべく育った彼女の誇りと尊厳を踏みにじるものであった。 特にひどいのは、アリスティアに宿った子供をルブリスは殺害したのだ。 公的には不幸な事故による流産とされたが。 元より体の弱いアリスティアは流産により子供を産めぬ体となる。 そんな時、美優に懐妊の兆しありと一方が届きアリスティアの心は壊れてしまった。 寝入っていた我が子を見舞いに来ていたモニーク侯爵により正気に戻ったがアリスティアの心はすでに限界であった。 体調戻らぬ中、美優は賊に襲われその時のショックで流産してしまった。 襲撃の主犯格として翌日捕らわれたのはモニーク侯爵。 アリスティアの嘆願も虚しくモニーク侯爵は処刑されてしまう。 父と子の復讐のためアリスティアはおのれの髪飾りでルブリスの腹部を刺し、その場で拘束されてしまう。 事が公になるとルブリスはアリスティアを公開処刑に処し、モニーク家の所有する領地、爵位、財産を没収した。 目障りな皇妃も死に、皇妃の家も取り潰した。 これでルブリスはなんの憂いもなく愛する女と国を繁栄させていく……とはならなかった。 アリスティアの処刑後。 ルブリスは毎夜悪夢にうなされた。 それは段々とひどくなり、悪夢に驚き飛び起きるなんて事もすでに何日も続いている。 ルブリスは皇帝の唯一の血縁者として生まれ大切にされた。 周囲もそんな彼の身の安全を第一にと考えた。 手厚く守られるルブリスにとって腹部を刺されるなんてことは経験したこともない。 悪意を向けられることも本気の殺意を向けられることもなかったルブリスにとってアリスティアの殺害未遂は体以上に心に傷を残してしまう。 その傷は後々まで続く皇帝崩壊までルブリスの心と体を傷つけ続けることになる事を今の彼は予想にもしていない。 ただ今は愛する女の腕の中に身をゆだねるのみ。

次の

捨てられた皇妃【第13話】のネタバレ・感想!ルブとアリスティアの遭遇

ルブ ティア

遠くから聞こえるそれは酷く耳障りだ。 いや、その声は近くから聞こえてくる。 『許してなるものか』 憎悪に燃える瞳が僕を見る。 なんだその目は?生意気だ。 僕を誰だと思っている。 声を張り上げようとするも、なぜだか声が出ない。 喉を触り異変がないかを確認するが変わった様子はない。 声だけが出ない。 必死に声を出そうとするが、嗚咽が出るばかりだ。 ふと、腹がひどく傷んだ。 手を添えれば止めどなく赤い何かがあふれてくる。 燃えるように腹が熱い。 「うっ………」 『許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 許さない。 あんたなんか許さない!!!』 王座の前で怨さの念を吐き続ける女が叫んだ。 こっちは満足に声も出せないというのにあいつだけ声が出せる。 なんと生意気な。 恨みがましい目を向けるな。 やめろ、お前はもういないんだ。 いつまでもいつまでも僕の前にいるな、目障りだ!!! どんなに叫ぼうと、どんなに睨もうと女は怯む様子もない。 女の手に握られた髪飾りは赤黒く汚れていた。 なんと、みすぼらしい事か。 そんな汚い物を僕の前に持ってくるなど不敬だ! ……けれど、どうしてだ?その汚れには見覚えがある。 目に焼き付くように酷く深いな記憶が。 「うっ…や、やめ……やめ…ろ……っ…」 『返せ。 子供を返せ。 父を返せ。 誇りを返せ。 返せ』 なんだ、なんなんだ! どうしてそんな目を僕に向ける。 やめろやめろやめろ!?!?!? 「やめろ…やめろ…」 『許さない。 返せない。 なら、なら、なら……………お前なんて死んでしまえ』 髪飾りを握り女は僕めがけて駆けてくる。 咄嗟に避けようとするも体が王座から離れない。 い、いったい何が!? マテ、来るな!やめろやめろやめろ!?!?!? ズブリと嫌な音が鳴る。 女の握る髪飾りが僕の腹に埋もれている。 体が動くようになり女を突き飛ばすと一緒に埋もれた髪飾りも腹から出ていく。 ああ、そうだ。 あの汚れは、ぼくの、血だ。 「うああああああああああああああああああああああ!?!?」 「ルブ!ルブ!しっかりして、いったいどうしたの?」 飛び起きた僕の前にいるのは銀色の髪の女ではない。 神秘的な漆黒の髪だ。 美優の声だ。 「美優…僕はいったい、そうだあの女が!あの女が僕を襲おうと!?」 「しっかりして!ここには私たち以外誰もいないわ……きっと悪い夢を見たのよ」 夢? ああ、そうだあれは夢だ。 だってそうだろう。 あの女がいるわけないんだ。 それにここは王座でもない。 僕の寝台だ。 冷静になればわかる事だ。 なのに……なのになぜ、こんなにも気持ちが悪い。 「夢……はは、そうだ夢だ。 あの女はもういない……はは」 だってあの女は、アリスティアは僕が殺したのだから。 ・ ・ ・ 千年の歴史を誇るかスティーナ帝国。 34代目皇帝であるルブリス・カマルディン・シャーナ・スティーナは20歳と若くして皇位を継いだ皇帝である。 前皇帝の治世より広大なる帝国を盤石に納め受け継いだ。 前皇帝は善政をひき名高きその名は名君と呼び声高い。 けれど、彼にはながくに渡り後継者がいなかった。 そんな折に生まれたのがルブリスであった。 皇帝唯一の血縁者であり皇太子。 その年の差故にルブリスが成人すると同時に前皇帝は崩御した。 前皇帝の時代。 神殿より知らされた神託は皇太子に伴侶となる女性が現れると。 その翌年生まれたのが開国時より多大なる貢献をした忠臣一族モニーク侯爵家のアリスティア・ラ・モニーク令嬢であった。 国の貴族、民は彼女こそが皇太子の伴侶であると信じて疑わず。 またアリスティア自身も幼い頃より優れた教育を施された才女である。 皇帝が崩御し、しばらく後に皇太子は成人を迎える。 あとは、アリスティアを皇宮 に迎えるだけという段階で美優が現れた。 美優は突然、皇宮の湖に現れ自身を異世界よりやってきたと証言した。 その当時は多くの人々が混乱したが、神殿は正式に美優を神託の乙女と決定する。 故に皇帝ルブリスには2人の伴侶がいた。 異世界より現れた神託の乙女。 皇后美優。 忠臣モニーク家の才女。 皇妃アリスティア。 そう、 いた ・・ のだ。 彼女らが皇帝に嫁いだ翌年。 アリスティアは皇帝殺害の罪により処刑された。 罪を犯した理由は美優に対し嫉妬したためと公表されるが真実は異なる。 アリスティアは皇帝ルブリスにより冷遇されていた。 幼い頃より周囲より持てはやされたルブリスは自尊心が強く、何でも自分が一番でなければ気が済まない性格だ。 そんな折、彼の周囲は何かとアリスティアを特別視していた。 それが気にいらなかったのだ。 周囲も悪気や悪意があったわけではない。 幼くして将来の伴侶が決まっていたルブリスに少しでもアリスティアの良い情報を与え将来的に2人がより良い関係を築けるようにと配慮した結果である。 アリスティアの冷遇は酷く、幼い頃より皇后となるべく育った彼女の誇りと尊厳を踏みにじるものであった。 特にひどいのは、アリスティアに宿った子供をルブリスは殺害したのだ。 公的には不幸な事故による流産とされたが。 元より体の弱いアリスティアは流産により子供を産めぬ体となる。 そんな時、美優に懐妊の兆しありと一方が届きアリスティアの心は壊れてしまった。 寝入っていた我が子を見舞いに来ていたモニーク侯爵により正気に戻ったがアリスティアの心はすでに限界であった。 体調戻らぬ中、美優は賊に襲われその時のショックで流産してしまった。 襲撃の主犯格として翌日捕らわれたのはモニーク侯爵。 アリスティアの嘆願も虚しくモニーク侯爵は処刑されてしまう。 父と子の復讐のためアリスティアはおのれの髪飾りでルブリスの腹部を刺し、その場で拘束されてしまう。 事が公になるとルブリスはアリスティアを公開処刑に処し、モニーク家の所有する領地、爵位、財産を没収した。 目障りな皇妃も死に、皇妃の家も取り潰した。 これでルブリスはなんの憂いもなく愛する女と国を繁栄させていく……とはならなかった。 アリスティアの処刑後。 ルブリスは毎夜悪夢にうなされた。 それは段々とひどくなり、悪夢に驚き飛び起きるなんて事もすでに何日も続いている。 ルブリスは皇帝の唯一の血縁者として生まれ大切にされた。 周囲もそんな彼の身の安全を第一にと考えた。 手厚く守られるルブリスにとって腹部を刺されるなんてことは経験したこともない。 悪意を向けられることも本気の殺意を向けられることもなかったルブリスにとってアリスティアの殺害未遂は体以上に心に傷を残してしまう。 その傷は後々まで続く皇帝崩壊までルブリスの心と体を傷つけ続けることになる事を今の彼は予想にもしていない。 ただ今は愛する女の腕の中に身をゆだねるのみ。

次の