レボルスライサー。 レボルスライサーは「きようさ」で成功率が変わる!

トリセツ レボルスライサーの使い方

レボルスライサー

スキル 初回 2回目以降 レボルスライサーI スキル160 70秒 140秒 レボルスライサーII スキル170 55秒 110秒 レボルスライサーIII スキル180 45秒 90秒 レボルスライサーの効果• 敵1匹に通常攻撃の 5. 0倍ダメージ• 追加効果:20秒間、敵の受けるあらゆる ダメージが1. 成功率はきようさに大きく依存する レボルスライサーの寸評• ブーメラン待望の強力な単体攻撃。 しかも20秒間は敵の受けるダメージが1. 5倍になるという強力な追加効果もあります。 ボス戦でブーメランを使うなら是非とも取っておきたい特技。 この特技の後に強力な攻撃特技を使えば、一気に大ダメージを与えることも可能。 他職の使えるフォースブレイク 魔法戦士 や強化ガジェット 道具使い 等とタイミングを合わせて使うのも面白そうです。 但しダメージ1. 5倍の効果は確実に入るわけではありません。

次の

レボルスライサー

レボルスライサー

性能 敵1体に5倍のダメージを与えた上で状態にする。 効果時間は20秒。 まず5倍という倍率の高さに目を引かれるが、この特技の真価は追加効果にある。 これまで仲間モンスターしか使えなかった被ダメージ上昇状態付与を、プレイヤーも使えるようになった。 しかしと異なりまでは発生しない上、成功率はと同じようにきようさ依存である。 きようさの依存率がかなり高いようで、レンジャーのようなきようさ職とそれ以外とでだと目に見えて入る確率が違う。 また、ブーメランにしては珍しい単体・単発攻撃技であるのでテンションとの相性がよい。 この技も上限1999を突破するためかなりの高火力を期待できる。 Ver. 4 達人のオーブに「レボルスライサーの極意」の宝珠が追加。 落とすのはスライムエンペラー、及びぶちスライム(Ver. 5から)。 スライサーとスライムが響きが似ているためか。 エンペラーの方は宝珠自体は落としやすいのだが、倒すのに時間がかかる、また乱獲しにくいという欠点がある。 一方ぶちスライムはというと、たくさんいるので乱獲自体はしやすいのだが経験値目当てで狩りをしている他プレイヤーに遭遇したり、またそもそもレボルの宝珠が出にくいなど両方長所短所がある。 幸いぶちスライムはすぐいける場所で複数湧きしている為、人の少ないサーバーで香水狩りがベストだろうか。

次の

宝珠:レボルスライサーの極意

レボルスライサー

王者の剣• ロトのつるぎ• 天空の剣• メタスラの剣• 名刀斬鉄丸• アリアハンの剣• 聖盾騎士のオノ• メタスラのオノ• グレートアックス• バロックエッジ• デスピサロの牙• キラーピアス• ラーミアの杖• 書聖のつえ• さとりのつえ• ゴシックパラソル• りゅうおうのつえ• ロザリーの杖• ひかりのタクト• 聖女のこん• ドラゴンロッド• やしゃのこん• 常闇のやり• らいじんのやり• メタスラのやり• 黒嵐のツメ• 黄竜のツメ• 冥獣のツメ• クリスタルクロー• オーシャンウィップ• ボルケーノウィップ• スイカブーメラン• カンダタトマホーク• ドラゴンブーメラン• メタルウイング• イオナズン• ホーリークラッシュ• ジバリーナ• 閃熱の翼撃• テンペストブロウ• メタルブロウ• マヒャド• こぶん乱舞• 月影の大鎌• 火炎旋風• 龍牙疾風拳• ギガソード• ギガスラッシュ• 魅惑の大水球• メラゾーマ• メガスラッシュ• ラッシュバースト• 断空なぎはらい• レボルスライサー• バギクロス• スイカスライサー• ライデイン• デーモンハント• 超しんくうげり• オノむそう• ベギラゴン• 空裂斬• 天下無双• カンダタインパクト• ビッグバンソード• 退魔突き• 大地の一撃• 氷結らんげき• 双竜打ち• ドルモーア• 超さみだれ突き• デスファング• 雷光さみだれ突き• メタルはやぶさ斬り• オノまつり• ヒャダルコ• バギマ• ゴッドスマッシュ• 超ぶんまわし• つるぎのまい• シャインスコール• ベギラマ• さみだれ斬り• バンパイアエッジ• しんくうげり• 鉄甲斬• ミラクルソード• ねむり打ち• なぎはらい• 裂鋼拳• はやぶさ斬り• カオスエッジ• スライムブロウ• かぶとわり• ドルマ• ぶんまわし• しんくうは• アサシンアタック• パワフルスロー• まわしげり• もろば斬り• カンダタタックル• ヒャド• せいけんづき• 渾身斬り• ムーンサルト• ドラゴン斬り• ヴァイパーファング• かまいたち• たいぼく斬• 必中拳• ドラゴンネイル• あしばらい• 黄泉送り• ウィングブロウ• かえん斬り• けものづき• いなずま斬り• もどる.

次の