ジェット スター ca。 ドラマ 『FLY! BOYS,FLY! 僕たち、CAはじめました』制作記者発表会を見にいこう!ジェットスターが抽選で1組2名をご招待|ジェットスターグループのプレスリリース

採用情報

ジェット スター ca

新卒や既卒を問わずに募集がされているのです。 応募は原則としてホームページより行うことができますので採用募集のページはチェックするのがカギになります。 応募書類に関しても、きちんと揃えるようにしましょう。 応募条件は、TOEICが600点以上となっており、英語力が求められる点が伺えます。 さらに中級レベル以上の中国語力も必要となります。 アームリーチも210センチ以上が求められ、視力 コンタクトレンズ可 は1. 0以上が必要です。 半年以上の有効期限があるパスポートを持っていること、接客業務の実務経験が1年以上あるのも条件の1つです。 その他には、成田空港に通勤可能な範囲に住んでいるのも必要な基準になります。 自身の車もしくは公共交通機関を利用して通勤できて、90分以内で出勤ができるかどうかも求められます。 勤務については、土日祝日や年末年始、お盆に関わらずシフト勤務が可能な方という条件もある点も把握しておく必要があります。 なお、勤務地は千葉県の成田空港か大阪の関西国際空港となります。 また、ジェットスターの出している求人の選考では、書類選考がまず行われます。 応募書類は綺麗な文字も大事にはなりますが、それだけでなく丁寧に書きましょう。 そしてストレートに大き目の文字で書くようにしてください。 選考には電話面接というものもあるのが、ジェットスターのもう1つの特徴です。 電話面接では、通常どういった会話をするのかといった点や、ストレスへの耐性も判断されます。 そのため、困難に出合った場合のどう対処するかや、経験によりどういった事柄を学んだかといった点は事前に準備しておくのが重要です。 詳細まで語る必要はありませんが、ハッキリと分かりやすく話すようにしましょう。 グループ面接や筆記試験はジェットスターの求人募集でも行われます。 どの程度の視野があるか、発想力があるか、他の受験者の方にアウトプット 出力 ができるかどうかが判断されます。 筆記試験もありますが、ジェットスターの役員の名前や、どこに就航しているのかも出題されるので、事前に予習をしておきましょう。 ジェットスターについての知識を蓄えておくのは筆記試験対策になるだけでなく、企業研究のためにも役立ちます。 グループ面接だけでなく個人面接も行われますが、企業に相応しいかも見られるものの、やはり一般常識も大事になってきます。 客室乗務員 CA の転職に有利!転職サイトランキング! サービス名 料金 転職エリア 無料 全国.

次の

ジェットスター・ジャパンのCA内定に必要なTOEICの点数は何点!?外資系航空会社の英語要件は厳し目なのか【JJP】

ジェット スター ca

ジェットスター・ジャパンという航空会社があります。 英語では『Jetstar Airways』と表記し、ANAやJALと同じように『JJP』というスリーレターで親しまれています。 ジェットスター航空は、オーストラリアのメルボルンに本社が位置する日本の国内線・国際線格安航空会社(LCC)です。 規制緩和以降、我が国でも多くのLCCが誕生し、その『コスト削減』というコンセプトによってより空の旅が身近になりました。 国内線も国際線も就航しているLCCと言えば、ジェットスターが代表格だと言って良いのではないでしょうか。 シルバーを基調としていて、オレンジ色の星マークが描かれている機体に乗ったことがある方も多くいらっしゃるはずです。 重厚でありながら、ポップさや明るさも感じるデザインになっており、オーストラリアらしい文化も伝わってくる航空会社です。 長距離国際線ならともかく、短距離国内線であればANAやJALなどのメガキャリアを使う必要は全く無く、その安さに鑑みれば十分に快適な空の旅を楽しめる航空会社であることから、私も良く利用するLCCです。 全然関係ないですけど、このマスコットキャラクターが何とも言えず可愛いです笑 手荷物制限や、超ウルトラ時間厳守等のデメリットはあるものの、ジェットスターのお陰で大切な家族にも頻繁に会いに行けるようになったという方は多いでしょう。 現在、当サイトではCA(客室乗務員)と英語力に関する記事をシリーズ化させています。 初回のANAに続き、JAL・FDAと考察行ってきました。 今回はジェットスター・ジャパンの客室乗務員における就活についての記事になります。 航空会社の就活でも当たり前のようにエントリーシートを提出し、そこにTOEICのスコアの記入する欄があります。 『客室乗務員を目指しているけど、あまり英語は得意ではない』そんな方もいらっしゃると思います。 CA就活のために準備をしておきたいけど、具体的に何点を取得しておけば良いか分からないといった方の為に、本日は 『【JJP】ジェットスター・ジャパンのCA内定に必要なTOEICの点数は何点!?外資系航空会社の英語要件は厳し目なのか【LCC】』というテーマでお話しようと思います。 今回は初の外資系の航空会社になります。 やはり外資系ということもあり、TOEIC等、英語資格の要件も厳し目なのでしょうか。 参考 ジェットスターのCA内定に必要なTOEICスコア 通常の就職活動においては、TOEICのスコアはあったらあったで有利になりますが、基本的にポテンシャル採用になるので必須ではありません。 しかし、これが『航空業界』となると話は別になってきます。 航空業界と言えば、皆さんのイメージの通り『英語』が必須の世界になってきます。 従って、 TOEICは『あったら有利』というよりむしろ『足切り』として使われることが多く、一定のスコアを持っていないとそもそも応募すらできないケースが多々見られます。 今回はジェットスター・ジャパンがCA(客室乗務員)に求めるTOEICのスコアについて見ていきましょう。 一番簡単な方法は採用ページの募集要項を見ることです。 以下は新卒採用におけるJJPの客室乗務員の応募資格です。 『年によって変わるのでは?』と思われるかもしれませんが、基本的に募集資格というのは早々に変わるものではありません。 *詳細は書類選考通過者へ別途お送りいたします。 届かない方はその場でお帰り頂きます。 0以上(コンタクトレンズ使用可) 引用元:ジェットスター・ジャパン キャビンクルー募集要項 ジェットスターは外資系ということもあり、ホームページの求人ページから純粋な日本企業とは異なることが分かります。 前回のFDAに比べ、高卒ではアプライが不可能ですので、その点、専門学校卒以上の学歴は必要になってきます。 ジェットスターの面白い点・ユニークな点ですが、募集要項に 『1年以上の接客経験があること』というものがあります。 この辺りは外資っぽいなぁと思いますし、個人的に好きなポイントです。 注意すべきポイントですが、選考会で 『アームリーチをして210cmに達しない場合はその場で帰らせる』との記述がありますが、この辺りもハッキリしていて外資を感じさせるポイントです。 小柄な方は、身体的な条件はどうしようもないですが、FDAのようなリージョナルジェットやJ-AIRのようなエアラインであれば、小型機を使用するので小さな方でも客室乗務員ができますので、諦めないようにしましょう! 少し話が脱線しましたが、問題は英語力の所ですね。 上の募集要項を見てみると次のようになっています。 TOEIC60点程度または同等の英語力を有していること。 上記にてお分かりの通り、全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)等の一般のエアラインに比べて、同等のTOEICのスコアが設定されていることがお分かり頂けます。 この点、外資系であるからと言って、特別高得点が求められるというわけでは無さそうです。 上記は新卒の募集要項ではありますが、 既卒であったとしても基本的に求められる英語力は同じになります。 いつ入社しようが、業務内容は同じだからです。 このように、 最低でもTOEICで550点を取得しておかないと足切りとなり、書類選考を通過することができません(というより事実上応募不可)。 総合商社や一部のメーカーにもありがちですが、選考過程において 『証明書類の提出は別途通知します』と書いてある会社に関しては、ほぼ間違いなくスコアを提出されられますので、スコアを盛ったり虚偽表示をすることは一切不可能です(JJPは応募段階で提出必須)。 ちなみに、TOEICで600点というスコアは英検に換算すると2級と並べられることが多いです。 600点というスコアは現在の日系エアラインでCAに求められる英語力の平均的な数字ですが、ジェットスター・ジャパンにおいてもその傾向は変わらないようです。 しかし、CA記念受験組を除き、おそらく皆さんが目指すところは 『応募』ではなく 『内定』だと思います。 数多くのライバル達と戦い、勝ち抜いていく為にはTOEIC600点では少し心もとない気もするでしょう。 CA受験において『何点とっておけば絶対内定』といったものはありません。 客室乗務員に関しては英語力もそうですが、それ以上に様々な要素が絡み合ってくるので、英語力はその指標の一部にしか過ぎないのです。 ちなみに、ANAウイングスでもそのことは言われています。 ジェットスターとANAウイングスは別会社ですが、英語力に対する採用基準や考え方は根本的に一緒と考えてもらっていいです。 私たちの仲間として一緒に働いて頂く方の人物重視の選考を行なっているため、英語力だけで合否を判断しておりません。 引用元:ANAウイングス 採用サイト ただ、そうは言ってもある程度のスコアを獲得して安心したい気持ちも分かります。 では何点を取っておけば良いのでしょうか。 できればTOEIC700点 英検2級A程度 以上を取っておくとよい 採用予定人数というのは、その年の景気や企業動向の問題もありますし、特に航空業界は世界経済の影響をモロに受けますので年度毎に様々です。 しかしながら、ここ数年は2020年に開催される東京オリンピックの影響もあり、JALやANAでは500〜600人程度が採用されます。 それに対し、応募者がどれくらいいるかという話ですが、7000〜9000人は存在します。 当然中の当然ですが、JALの客室乗務員を志望する人はANAも受験します(片方しか受けないのは相当まれ)。 そして、客室乗務員に本気でなりたい方は、航空会社全てを受験するのが常識中の常識です。 従って、ANAを受けている人もJJPを当然受験します。 ここで問題となってくるのが、JJPのようなLCCだと、採用人数が少なめに設定されているということです。 大手のように大量採用大量離職のような状態では無いので、逆に内定にまで至る道のりが狭き門だったりします。 そうなってくると、書類で落とされる人は数多く存在してきますね。 最近流行りの動画選考等を加味し、その他のスペックが殆ど同じ人間であればTOEICの高い方を優先的に次のステップに上げることは優に考えられるのです。 そのため、 応募条件の600点で満足して提出してしまうのは少しもったいないような気がします。 現実的には TOEIC700点 英検2級A程度 レベルの勝負になってくると思います。 体感的な数値で申し訳ないですが、私自身の就職活動を通して出逢った方々を見ても、 おおよそ600後半〜700後半くらいが一番多いように感じますし、内定者のボリュームゾーンになってくると思います。 もちろん、800overのスコアを持っているのであれば、それに越したことは無いのですが、700以上あれば『英語力』で足切りされることはありませんし、仮にお祈りを喰らったとしても、それは英語力が原因ではありません。 ANAの自社養成パイロットでも応募条件で700点が設定されている以上、新卒のCAにそれを求めることは到底考えられないからです。 このことから考えても、TOEICで700点以上のスコアを獲得できたらそれ以上にスコアを伸ばす等のことを無理にする必要はないのです。 その時間があったら、 エントリーシートを何度も読み直して完璧にしたり(ESで落ちるのは避けたいから)、動画面接および集団面接などの対策に力を注いだ方が結果的には内定に近づくと思われます。 ジェットスターは英検も評価するはず ジェットスター・ジャパンは、TOEICで600点ということでしたが、JALと同じように英検も少なからず評価するように感じます。 『同程度の英語力』という表記があるからです。 これを単純に解釈すれば、英検であれば2級を取っておけば間違いないように感じます。 オーストラリアが本家本元であることを考えると、英検よりIELTSの方がいいんじゃないの?という話にもなりそうですが、 IELTSのようなスコアは必要無いと思いますし、JJPの採用面接官は日本人なわけですから、TOEICと同程度の英語力を担保するためには英検で充分そうです。 『別にTOEICでなくても英語ができる指標があれば良い』という企業の姿勢が見て取れます。 従って、英検を勉強されている方はどんどん英検をやればいいと思います。 ちゃんと評価してくれるはずです。 この辺りは企業のカラーもあるので面白い所ですよね。 CAは航空会社によってTOEIC要件のみならず英語面接もあるので注意! 日系大手航空会社では、エントリーシートの提出後に 英語試験が課されるほか、英語面接を行う場合もあるので要注意です。 大手航空会社では、国際線も飛んでいますので、それを見越して入社段階である程度のスピーキングができるかも判断されています。 スピーキングの能力を担保するためにTOEFLや英検を受験するのも一つの方法なのですが、そもそも企業の人事は会社でTOEFLや英検を受験しないので効果的と言えず、やはりTOEICで700点以上を獲得しつつ、現実的には や と言ったオンライン英会話を利用して面接対策を行うことが理想です。 面接と言っても、日常的なコミュニケーション能力をみるだけで、英検のように『街中に防犯カメラを設置することはプライバシーの観点からどうか』みたいな(実際に私が2級の面接で聞かれた)ことは問われませんので、上記のオンライン英会話で日常の会話を練習しておくだけでも全然違うと思います。 どのみち、英語は入社してからもやっていくと思いますし、仮に入社後に挫折してしまったとしても国際線に回されないだけなのでそこは気軽に立ち向かっていく気合いが重要です! ジェットスターはTOEICもいいけど中国語も重宝されますよ! TOEICとは話がずれてしまうのですが、実は航空会社というのは『JTB』や『HIS』といった旅行会社と同じく、英語以外の語学スキルも重宝されます。 この点は総合職やパイロット以上に求められることが多いように感じます。 現代では英語が共通語として認識されているのは事実ですが、中華系の訪日インバウンド客というのは非常に多く、特にキャビンを担当することになる客室乗務員は中国語ができると尚評価されると思います。 もし、英語に加えてある程度の中国語が可能であれば、そちらの路線にもすぐに対応することができ、アピールポイントになることは言うまでもありません。 ジェットスターは、 過去の募集要項の中でも中国語(就航都市の言語)ができる人間を優先的に評価すると明言していた過去もあるので、ある意味では英語力はそこそこにしておいて、中国語や広東語といった言語をマスターした方が『そっち枠』で採用されるような気がします笑 もし、私がジェットスターの客室乗務員を目指すのであれば、あまり皆が勉強する事の無い中国語等を猛勉強して、HSKで5級ないし6級辺りを取得して臨む戦略に出ます。 この辺りは、ANAやJALと少し戦略は異なってくるので、各自の方向性に合わせて選択していくべきであると感じます。 ただ、英語に関しては結局どこの航空会社でもマストになってくるので、ジェットスターが本命の人にとっても、あくまで英語を頑張りつつ等のアプリをガンガン活用しながらスコアを伸ばし、余裕があれば中国語にも手を出すのが最適解だと思います。 参考 CA選考はできる限り早くから対策することが大切 ここまで、CA選考におけるTOEICの重要性について語ってきましたが、TOEIC対策はなるべく早めに対策を行っておくことが重要になります。 IPテストも含め、TOEICは無限に受けられるものではありません。 私自身、TOEICの点数が足りずに直前期になって焦っているCA志望の方たちを何人も見てきました。 少しでも高い点数を取るに越したことはないのですが、できるだけ早くから対策をしておけば焦らずに選考に臨めると思います。 目標点を設定し、準備を開始してから実際にスコアを取得するまで早くて3ヶ月〜半年はかかるかと思います。 英語は一朝一夕で能力が向上するものではありませんし、突然できるようになるものでもないので、大学生や専門学校の方であれば少しでも低学年からTOEICの対策をしておくことをおすすめ致します。 できる限り早めに対策を行い、ライバル達に差をつけましょう! まとめ いかがだったでしょうか。 本日は 『【JJP】ジェットスター・ジャパンのCA内定に必要なTOEICの点数は何点!?外資系航空会社の英語要件は厳し目なのか【LCC】』というテーマでお話をしてきました。 CAを目指している人は、統計的に国際学部関係の人が多いので、自ずとTOEICのスコアも高い人が多いのが特徴です。 しかし、専攻が英語の人だけかというとそういうわけではなく、実に様々な学部・学科から採用されます。 応募資格のTOEIC600点・目標点となる700点は、国際関係の学部以外の一般的な学部の学生さんにとって多少難しく感じることもあるでしょう。 しかし、 コツコツと真面目に取り組んでいけば600〜700点というスコアは決して難しいものではありません。 当サイトおすすめのTOEIC対策アプリである も上手に併用しながら対策するのが良いと思います。 JJPは外資系ということもあり、働いている人も外国籍の方も多いので、必然的に英語力は必要になってきます。 それに加え、航空業界というのは、機体に関することから航空法に至るまで、絶対に英語がついて回るのは変えられない事実です。 そのため、入社してからもコツコツと努力していく姿勢を見せることがCA内定に必要になってくるのではないでしょうか。 本記事が皆さまのお役に立てば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の

【緊迫の動画】ジェットスター機緊急着陸 CAの連呼がすごい

ジェット スター ca

コロナで予約していた便が運休。 運休前に払い戻し対応するとお知らせあり。 電話してもつながらず、ナビダイヤルのため通話料もかかる状態。 チャットも混み合い連絡不可。 ネットで払い戻しできるとわかり、操作…払い戻し請求はこちらのボタンに従い進めると、費用の払い戻しではなく、バウチャーの対応になる。 日にちを空けて電話し繋がるも、費用払い戻しは不可との回答。 電話連絡してくれていた人には費用払い戻しはしていたが、バウチャーの選択された人にはもう返金できないとのこと。 電話もつながらないのに、連絡したら対応していたと言われても納得できない。 電話ではこちらの話に被せて喋り、お客さんの話を聞く耳も持たない。 折返し依頼するも6時間以上音沙汰なし。 今回バウチャーも半年しか使用できないのも短すぎる。 今後絶対ジェットスターは使用しない。 保安検査出発30分前に通過、搭乗口に着きましたが時間があったのでコーヒー飲んでトイレ行って出て来たらアナウンスで自分の名前があれ??まだ15分あるのにと思いながら搭乗口に行くとちょうどドアを閉めようとしてるので「すみません今名前呼ばれたんですが!」・・・バタン 搭乗断られました!ジェットスターでは15分前時間厳守が絶対との事。 振替で取れるとの事でカウンターに行って手続きすると「最短出発は月曜日になりますね~。 」じゃー来月の・・・「お客様、すみません最短の月曜日にしか変更できませんので」 「すみません月曜日の飛行機乗ったらその飛行機で帰って来るんで意味ないんですが・・・」 「それはしょうがないですね。 5000円になります。 」 金もとるのか!! そこから意地になって羽田に移動しANAの宮古島直行便で行きました、搭乗口開始したのが出発の15分前・・・これがLCCとの現場運営の実力の差か!って思いました。 そして帰りは予定通り下地島空港からジェットスターに乗りました、搭乗一番乗りで窓から搭乗口見てました、出発15分前になっても人が来ます!あげくのはてに8分前にも搭乗口から人が来ます! なんなんでしょうかこの違い! 成田では15分前で扉目の前で閉められて絶対乗せませんルールですから!ってでも下地島空港では8分前でも乗せてくれる。 写真もとりました。 さらにジェットスター会員ページから間違えて行きのチケット2枚買ってしまって居たことにチェックイン済ませてから気づいてしまいカウンターで対応求めると、このケースはイレギュラーなので何とかなりますが、カスタマーセンターでの対応になります!と 一瞬混んでるからあしらわれた感がありました。 ただこの時間、受付時間前なので現地到着してからでも大丈夫なのでって事で現地到着してから電話しました。 すると・・・ 「出発してしまった物に関しては対応できません!」 「出発前は受付時間前なので現地着いてから大丈夫と言われました!」 「ダメです!」 「そもそも偽名での搭乗はダメなのだから同じ名前で隣あってもない席取れるのおかしいでしょ!チェックインの時も何も言ってくれなかったし!!」 「同姓同名の方も居ますので取れます!」 「あんた等の会員サイトから予約してんだよ!同じアカウントで同姓同名って居るの?」 「居ません、申し訳ありませんでした、システム改善に務めます。 」 旅行先現地着いてから2時間言い合い! 結局成田で大丈夫だって言って騙した、職員についても教えてくれない!謝罪は業務的で気持ち伝わらない! LCCは安い分糞対応!! 度々利用してますが、これといった不満はありません。 あくまでもLCC、あくまでもその値段と内容に納得して購入したチケット。 ここで最低だ!二度と乗らない!と騒いでいらっしゃる方々はご自身の判断力の弱さと知識のなさ、財布と心の余裕のなさが原因で誤った判断で購入したチケットがそれはとても恥ずかしくて喚いていらっしゃるんでしょうか。 見ていてとてもこちらが恥ずかしくなってしまいます。 チェックイン時間がたかが数分遅れたのに乗せてもらえなかった!なんて、社会で通用すると思ってるその思考回路が理解できません。 どうしてご自身で選択された時刻通り行動が出来ないのでしょうか。 また、欠航や遅れに対して目くじらをたてその対応に憤りを感じてる方も多いですが、そもそも危険な状態でフライトを出発させる方が私は恐ろしくて考えられません。 ジェットスター都合の欠航や遅れであればお金は返していただけますし、スケジュール、予定について台無しになってしまったとしても私は自分の命が守られたのであればと考えに踏ん切りをつけております。 まさか、泣くほど辛い思いをされるほどのスケジュールやお約束をLCCフライトなんかで考えていたんですか? ホントに頭が思考が判断力が弱いんですね。 私はジェットスターさんよりも消費者という立場にふんぞり返り、ご自身の都合の悪い部分には目も向けず耳も傾けず目くじらをたてる利用者に憤りを感じます。 繰り返しとなりますが、あくまでもLCC。 ジェットスターさんにはこれからもフライト料金の安さを追求し、飛行機での移動をもっと身近にしていただきたく思います。 学生の頃から東京 成田 まで行くのに何度も利用しています。 値段は安い時はかなりお得に乗れる時もあります。 しかし便によってはANAやJALより高額になっていることもあり首を傾げた経験もしばしばあります 今まで何回も利用してきた私の最終的な結論は、 「ジェットスターは、スタッフと一切会話しなければ普通に使える」 ということです。 ちなみにこれは、荷物は確実に7kg以下・2つまでにまとめておき、WEBチェックインをあらかじめ前日にしておき、30分前には検査場についておく。 飛行機の方も遅延や欠航その他の変更などがなく、スタッフへ声をかける必要が一切ない状況のみあてはまる感想です。 私も学生の時は何度か遅刻したり作法がわからずスタッフにきつく注意されたりしていましたが、その時はこちらが悪いのだからスタッフの態度がきつくて最悪でも私が悪いのだからしょうがない、これも社会勉強なんだ、と割り切ることができていました。 慣れてきて誰にも頼らずともちゃんと乗れるようになると、特に問題はありませんでした。 なのでここ数年はジェットスターのスタッフと一切会話することなくやって来れていました。 今回利用した時、無事に搭乗口まで来れてホッとしトイレに行ったり飲み物を買ったりして搭乗時間まで過ごしていました。 しばらくして搭乗時間が近づいてきたのでWEBの搭乗チケットに書かれているゲート番号まで行くと、なんとゲートが閉まっていました。 私はめちゃくちゃ焦りました。 ふと隣のゲートの表示を見ると、ゲートの番号こそ違えど行き先や時間は同じでした。 もしかしてこっちに変更になったのかなあと思い、とにかく一応聞いてみようとスタッフの男性にWEB搭乗券をみせながら声をかけました。 「すみません、この便のゲートこちらであってますか?😥」 「そうですよ😐」 ここで会話をすぐにやめておけば良かったのに、私はつい余計なことを聞いてしまいました。 「あの、なぜWEB搭乗券とゲートの番号が変わってるんでしょうか?😳💦」 「ずいぶん前にアナウンスしてますよ!😤」 はい。 なんか、もう、かなり久々なスタッフとの会話だったので油断してたんですが、ジェットスターのスタッフっておそらく日頃からクレームを浴びせられてるせいで常にクレームに対して身構えてる、というかジェットスター側に非がないのを言い返すことしか考えてないんですよね。 私は一言もアナウンスしたかどうかなんて聞いてませんし、普通はまず「申し訳ありません、こうこうこういう理由でゲートが変更になったんですよ」、そこから私がもしそんなの聞いてない!と怒り始めたのであればスタッフの方の返答もわかります。 せめてゲートの側に紙に書いたものでもいいからゲート番号〇〇から〇〇に変更になりました、などを掲示してくれていたらスタッフに声なんてかけずに済んだのに…嫌な思いをしなくて済んだのに… 今までは自分のせいだからしょうがないと思えていたのですが、ジェットスター側の都合のこんなにも些細なことですらいちいち嫌な思いをさせられるんだ…と、改めてジェットスター側のスタッフの対応の酷さに辟易させられました。 来月また帰りの便だけ利用するので不安です。 一人で初めての飛行機だったので事前にいろいろ調べたらまあ口コミがひどいこと。 正直不安しかありませんでした。 ですが当日、成田空港で国内線手続きの混雑があったもののアプリチェックインをしていたので円滑に搭乗手続きができました。 遅延や欠航の際の対応は分かりませんが搭乗手続きや荷物制限、チェックインに関していろいろ悪い評価を書いている方は恐らくほぼほぼ自己責任ではないのかと思います。 もちろんスタッフが完璧な対応ではないかもしれませんが、心と時間に余裕を持ち、行動すれば特に問題はないかと。 コストパフォーマンスを考えれば全く問題ないと感じました。 乗り心地に関しては良いとは言えないですがまた遠出の際は利用したいと思います。 クラブジェットスターの解約について 多数の書き込みにもあるように、HPからどうやっても解約に辿りつけず、次の仕事の時間がきてしまい・・・なことを繰り返していましたが、この度有料のナビダイヤルに電話をしました。 すると 電話では解約ができません。 電話では自動更新の解除ができません。 ということでHPを案内してもらっても解約ページや自動更新解除のページに辿りつけず、結果私のパソコンからは表示を確認することができませんでした。 つまるところこれまで解約ができない状態であり、いくらやっても辿り着けるわけがなく、正に徒労でした。 結果、オペレーターの方が・・・ 皆さん!ここ凄いですよ! 「今こちらで解除しました」 電話で対応できるじゃん。 結局ナビダイヤルを使い悪戦苦闘30分600円ほどかかり解除に成功 このオージー根性というか、日本人を馬鹿にしているというか 徹底した「解約は絶対にさせない頑強なシステム」は大したものです。 また、送られてきた、「パスワードの変更のURL」もホームページに導くだけ!パスワードを忘れた方が再設定をし難く、ここでも解約をし難くするシステム作り! 本人確認も名前、登録アドレスやパスワードの確認・・・忘れたら再設定もさせない。 悪質 確かにJALやANAに比べるとサービスは悪いね! だけど、それは仕方ないと思う、JALやANAは日本の看板航空会社として長年やってきたのだから 少し丁寧過ぎると思われるくらいの対応をしないと日本人には好かれ難いからね。 まだ飛行機に乗ることが一般的ではなくて、大きな旅行だったり記念日などに利用する人が日本人には多いんじゃないかな。 だから、航空会社=JAL ANA で見てしまうけど、Jetstarの対応は世界規模でみると良くもないし悪くもないと思う。 東南アジアを中心に旅をしていたけれども、『お客様』を『お客様』と思ってるのは日本くらいだよね。 大衆食堂のおばちゃんの接客だと思った方が良いかな、『お客さん』『お客様』じゃないよ。 もともとが海外の航空会社なわけだし日本語が通じるだけでも私は便利だと思うな。 接客も値段に応じてそれなりの対応だと思う。 数分遅れたら乗せてくれなかったって書いてる人、多いね。 その為にチェックインの時間ってあるんだからさ、前もって早く行動しようよ。 チェックインの時間が20分くらいしかないとかならわかるけど、どの航空会社も2時間くらいチェックインの時間設けてるよね。 搭乗時間もそう、今だとWEBからチェックイン出来ることも多くて、搭乗口に20分前くらい?に着けば良いわけだけど、保安検査とかで時間掛かることもあるんだから時間に余裕持てば良いのにね。 それもこの価格での航空券販売。 もう長距離バスと同じくらいだから、そこも凄いよね。 VIPとして扱って欲しい人には確かに向かないかな。 普通にバスを乗る感覚で利用をする人には丁度良い対応だと思う。 安かろう悪かろうって書いてる人も多いね。 私はちょっとニュアンスが違うかな。 『安かろうこれくらいだろう』だね。 安かろう悪かろうって思ってる人はJAL ANAを比較にし過ぎかな。 来月はJetstarで高知に行こうと思ってるけど、とても楽しみだ。 安く目的地まで運んでくれるので、 その点は利点ではあるものの、 その利点のためのルールが多すぎる。 会社の細則を客にぶつけてるレベル。 ゆえにトラブルが多いのでしょう。 何故安いのか?という事を周知した方がいい。 例えば就航時間は絶対である事で、 空港使用料などのコストを上げない。 スタッフを借り物にする事で人件費を削減 タイムスケジュールを守れなければ乗せない 余計な案内をしない事でコスト削減 色々あると思いますが、 それ故安いとアピールすべきです。 ジェットスターを他社と比較するから おかしい事になるんです。 これもPR不足でしょう。 決められた事以外はコストが許しません! という事なら、高圧的でも納得しますよ。 こういう安い理由を宣言してほしいところ。 だって搭乗前に読めば分かる事ですから。 そして関わらなければ良くなりますから。 個人的には時間が合えば国内は利用しますが、 海外は無理です。 サービスが会社のルールに縛られてるから。 今までトラブルはありませんが、 CAがマニュアル通りガツガツしてる雰囲気は、 空の旅をお楽しみ下さいと言われても、 ちょっと違うなぁとは思います。 私はベテランよ!従いなさい!みたいな CA同士の縄張りみたいなのがあるように感じる。 そういうのを伝えないのが一流だと思うけど。 私は肩掛けの小さなバッグとキャリーケースの2つを機内持ち込み手荷物として手荷物検査を受け、成田の行きの便は問題なく搭乗し観光を楽しみました。 しかし、帰りの新千歳行きの搭乗ゲートで男性の係員に止められキャリーケースのサイズを測られ、規定サイズを2cmオーバーしているため機内持ち込みが出来ないと伝えられました。 加えて、今から預け荷物としてカウンターに行く時間もないとのこと。 そして与えられた選択肢は、 +5000円で次の便に変更する。 キャリーケースの預け荷物代もちろんかかる。 ただし今日中に帰れる保証はできない。 中身を出してキャリーケース本体を捨てて乗る予定の便に搭乗する。 この2つでした。 私自身あまり飛行機に乗りなれていないことや、同乗者の2名は先に搭乗しているため誰かに相談することもできず、1人で決断することに今までにないくらい焦っていました。 何度その男性に「行きの便は1度も検査することなどなく、機内持ち込みし乗務員の方に座席上に荷物を乗せてもらったのですが、」と伝えても「そこはこちらの不手際ですので謝りますが、今回持ち込むことは規定外ですのでできません」の一点張り。 謝りますが、と言いつつも言葉として「申し訳ありません」などは一言もなく、自社の責任はさておき高圧的な態度で言われ続けました。 もう決断するしかない、どうすべきかと考えていると「あと1分で決めてください」と追い討ちをかけるように強い口調で言われ、キャリーケースを捨てて、中身だけを持って搭乗することを決めました。 それを伝えると「だったら早く中身を出してください」と言われ、小さなお土産袋が何枚かあったので、焦って震える手で全ての荷物を必死に詰め込みました。 そしてキャリーケースが空っぽになった時に言われたのは「手荷物は2つしか持ちこめません」の一言。 ずっと小さな袋数枚に荷物を詰め込むの見ていたのに、全て詰めおわった後に言ってきたのは完全に嫌がらせだと思いました。 それなら最初から言うことはできたはずですよね? ちゃんと事前に調べなかった私にももちろん非はあります。 しかし、空港によっては許される曖昧なルール、自社の責任は棚に上げ、謝罪する誠意はなし、男性係員のあまりにも高圧的な態度に怒りと絶句です。 仮に係員とお客さんの関係でないにしても相手にあんな追い討ちをかけるような言葉や見下したような対応ができるのはおかしいと思います。 同乗者は既に搭乗し、その場にいるのは困惑している女の私1人だったので、強く言っても大丈夫だろうと舐められていたのかも知れませんね。 不快すぎます。 全社員がそうではないとは思いますが、このような対応をお客さんにできる人がいるという時点でもう色々お察し。 どれだけ格安でも最低限の接客くらいは学んでからお客さんの前に立ってもらいたいです。 もう二度と利用しない。 成田空港で、離陸前にする荷物預かりのところで受託手荷物のレーンを探していたところ小太りな女性のスタッフに荷物が3点あるから重さを量れといわれました。 事前に3点になることも重さがオーバーすることも把握していたため、1つは受託手荷物だと言っているにも関わらず聞く耳を持たない態度でした。 仕方なく重量計にのせようとすると、上記の茶色いボブカットの女性のスタッフに横にした方がいいとカバンを奪われ有無を言わさず倒され荷物の上に荷物を重ねられました。 荷物によっては横にしたくないものや上にものを置きたくないものがあるのに、何も聞かず偉そうな態度でそのようなことをされ非常に不愉快でした。 離陸前のスタッフの対応で全体的な評価が下がりました。 もともと態度がよくないとは思っていましたがここまでとは思ってなかったのでがっかりしました。 機内のCAさんは良かった分本当に残念です。

次の