次 亜 塩素 酸 対応 加湿 器。 トクヤマ デントジア 空間除菌|製品情報|株式会社トクヤマデンタル

加湿器について質問です 【ハイブリッド加湿器】とは【超音波加...

次 亜 塩素 酸 対応 加湿 器

お部屋やトイレなどの空間に噴霧することで空気中の消毒・消臭ができる次亜塩素酸水。 手軽に噴霧することができるスプレーボトルタイブの製品に加えて、近年では加湿器によって空気中に噴霧することができる製品も増えてきています。 この記事では、次亜塩素酸水を使用できる加湿器やその使用上の注意点などについて解説いたします。 次亜塩素酸とは? 次亜塩素酸水と加湿器の関係を見ていくまえに、まずはしっかりと次亜塩素酸についての基礎知識をおさえておきましょう。 【HCIO】という化学式で表されるこの【次亜塩素酸】は、酸素原子に水素原子と塩素原子が結合することで出来るとてもシンプルな化合物です。 この【次亜塩素酸】はとても不安定な物質であるため、一般的には水溶液として保存されており、これを指して【次亜塩素酸水】と呼ばれています。 この次亜塩素酸水は、大変強力な殺菌・消臭効果と高い安全性を持ち合わせていることから、公共施設からご家庭内の除菌・消臭に広く取り入れられています。 次亜塩素酸水の強力な消毒・消臭効果 この次亜塩素酸水の性質として特筆すべきはやはりその強力な消毒効果にあると言えるでしょう。 次亜塩素酸水は、黄色ブドウ球菌・腸管出血性大腸菌 O-157 ・カンピロバクター菌・サルモネラ菌などに代表されるほとんどすべての病原菌に対して強力な殺菌効果を発揮します。 さらにその消毒効果は病原菌にとどまらず、新型を含むインフルエンザや、アルコールにも強いノロ・ロタなどのウイルスに対しても強力に作用します。 この強力な消毒効果に加えて、有機物と反応し分解することによって次亜塩素酸水は強力な消臭効果を発揮することも知られています。 次亜塩素酸水の高い安全性 この次亜塩素酸水は、平成14年6月に厚生労働省によって食品添加物 殺菌料 として認可されいることからもその高い安全性が伺えます。 次亜塩素酸水は誤って飲んでしまっても大丈夫なほど人体に対して無害であることから、食品工場などの衛生管理から哺乳瓶の消毒まで幅広いシーンで活用されています。 さらに次亜塩素酸水は、有機物と反応することで「ただの水」へと分解されることから、環境に対しても無害であることがわかっています。 次亜塩素酸水と加湿器の関係とは? 次亜塩素酸水の基礎知識について確認したところで、ここからは次亜塩素酸水と加湿器の関係について解説してまいりたいと思います。 空間に噴霧することで空気中の消毒・消臭をすることができる次亜塩素酸水。 一般家庭などでも気軽に噴霧することができるスプレータイプの次亜塩素酸水に加えて、近年では次亜塩素酸水を自動で噴霧することができる加湿器タイプの製品も登場しています。 そこでここからは、次亜塩素酸水を噴霧することができる加湿器や使用上の注意点などについて解説してまいりたいと思います。 次亜塩素酸水を噴霧できる加湿器 空間中に次亜塩素酸水を噴霧することができる加湿器には、そのサイズや有効面積によってさまざまな製品があります。 製品のサイズや有効面積などによって、5000円程度のものから10万円を超える製品までその価格帯もさまざまです。 設置場所や使用目的、ご予算などに応じて適切な製品を選ぶことが重要であると言えるでしょう。 使用上の注意点 次亜塩素酸水に対応した製品を使用しましょう 次亜塩素酸水に対応していない加湿器で次亜塩素酸水を使用すると、水漏れ防止などに使用されているゴムパッキンの劣化を招き水漏れの原因となります。 この水漏れが原因となって漏電へとつながり、故障の原因となってしまいます。 さらに、最悪の場合には漏電が原因となって火災などの大事故を招いてしまう可能性もありますので、かならず次亜塩素酸水の噴霧に対応した加湿器を使用するように心がけましょう。 次亜塩素酸ナトリウムは使用できません 次亜塩素酸水としばしば混同されがちなのが【次亜塩素酸ナトリウム】です。 この次亜塩素酸ナトリウムも漂白や除菌目的に使用されますが、直接皮膚に触れるとただれる恐れがあることに加えて、吸引してしまうと口や喉の粘膜組織を荒らしてしまいます。 さらに、吐き気や嘔吐などの体調不良を引き起こす場合もあり、最悪の場合には眼に入り失明してしまう危険性もあります。 使用に際しては、次亜塩素酸水であることをかならず確認したうえで、次亜塩素酸ナトリウムの誤用を避けるよう注意しましょう。 適切な濃度の次亜塩素酸水を使用しましょう 次亜塩素酸水はその用途によって適切な有効塩素濃度に調整する必要があります。 ノロウイルス患者の嘔吐物・排泄物の処理後の除菌などには有効塩素濃度400〜600ppm程度のものが使用されますが、空間に噴霧する場合には一般的に有効塩素濃度50ppm程度のものが良いとされています。 適切な濃度に調整されている次亜塩素酸水を使用するか、製品の取り扱い説明にしたがって適切な濃度に希釈し使用することが重要です。 加湿器自体の衛生管理も重要です 近年、特別養護老人ホームにおいて加湿器の清掃を怠り不衛生な状態で使用し続けたことによって、レジオネラ菌の集団感染が起きてしまい死亡者まで出るという痛ましい事故が発生しました。 本来はインフルエンザや風邪を予防するために使用する加湿器ですが、清掃を怠ると加湿器の内部で細菌やカビが繁殖してしまい、結果として空間にまき散らしてしまうことにつながります。 加湿器の使用にあたっては、タンク内に残った水は継ぎ足して使用せずかならず交換することが重要です。 加えて、フィルターや内部などの定期的な清掃を心がけましょう。 加湿器の清掃の際にも、次亜塩素酸水を使用することでしっかりと消毒・除菌をおこなうことができます。 次亜塩素酸水と加湿器、いずれにおいても正しい使用方法を心がけて適切に空間などの除菌をおこなうよう心がけましょう。 ・ ・ ・ ・•

次の

次亜塩素酸水は加湿器にも使える?消臭やウイルス対策に!

次 亜 塩素 酸 対応 加湿 器

スポンサーリンク 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違いとは? 加湿器の除菌剤として販売されている商品は、『次亜塩素酸水』。 ハイターなどの塩素系漂白剤の主成分は『次亜塩素酸ナトリウム』。 どちらも『次亜塩素酸』という文字が含まれているので、 混同しやすいようですね。 でもこの二つの何が違うのか? 『次亜塩素酸ナトリウム』と『弱酸性次亜塩素酸水』の違いはpHです。 たったそれだけ?と思うかもしれませんが、この違いが使用時の 安全性の違いなのです。 次亜塩素酸ナトリウムは、強いアルカリ性です。 一般的な塩素系漂白剤 ハイターなど には 『まぜるな危険』という表記がありますよね。 何が危険かというと、次亜塩素酸ナトリウム水溶液を『塩酸』や『酢』、『クエン酸』などの酸性の強い物質と一緒に使用すると、 有毒な塩素ガスが大量に発生するからです。 これは最悪の場合死に至る危険もあり、過去に死亡事故もたくさん起こっています。 また、強いアルカリ性であるため、肌に付着すると表面のタンパク質を分解してしまいます。 塩素系漂白剤が手に着くとぬるぬるしますよね。 肌表面を溶かしてしまっているからです。 結果、肌荒れなどのトラブルが起こってしまったり、ひどい時にはやけどのような症状がでることもあるそうです。 直に触るだけで危険なものを加湿器に入れて噴霧すればどうなるか? いくら希釈してあるとはいえ、噴霧したものを直接吸い込めば、喉や鼻の粘膜、呼吸器にその成分が付着してしまうということですよね。 害がないはずがありません。 せき込んだり、 呼吸器に異常をきたしたり、目に入ると 失明のおそれもあります! 水道水の塩素濃度だったら害はありませんが、その代わり空間除菌の効果もありません。 対して『次亜塩素酸水』は、電気分解することでpHを調整しています。 主に微酸性~弱酸性のものが『次亜塩素酸水』の商品として販売されています。 肌と同じ弱酸性なので、肌に直接ついてもハイターのようにぬるぬるすることもなく、安全です。 まぜるな危険の表記もありません。 漂白作用もなく、口に入っても安全なので、取り扱いがとても楽です。 それなのに殺菌効果は次亜塩素酸ナトリウムの80倍と言われています。 加湿器に入れていいのは、この『次亜塩素酸水』です。 決して漂白剤を入れないでください!! 加湿器で使える次亜塩素酸水をいくつかあげておきますね。 色々なメーカーから出ていますが、わが家で実際使用しているものと使用したことがある製品のみあげておきます。 現在コロナ対策で品薄状態ですが、タイミングが良ければ予約購入できるようです。 濃度50ppmが目安です より除菌したいから・・・と濃い濃度で使用してしまうと、人体に影響が出たり加湿器の故障の原因になったりする場合があります。 次亜塩素酸水はわずかながらもパッキンや金属部分を劣化させる作用があります。 次亜塩素酸水対応の噴霧器は、それらに対応しています。 わが家では噴霧器として販売されているものと同型の加湿器を使用しています。 スチーム式や加熱式の加湿器では空間除菌の効果はなくなるとされていますので、対応の超音波加湿器または専用の噴霧器を使用しましょう。 次亜塩素酸水対応の噴霧器も品薄のようです。 購入可能なものを探してみたので貼っておきますね。 加湿器病のこと。 近年『加湿器病』という言葉をよく聞くようになりました。 主に、 超音波加湿器のお手入れを怠ったために加湿器内に『レジオネラ菌』が繁殖し、それを空気中に噴霧することで感染する病気のことを指すようです。 これは『毎日のお手入れ』で防ぐことができますし、次亜塩素酸水は『レジオネラ菌』への殺菌も有効ですので、加湿器の水に次亜塩素酸水を使用していれば、加湿器病の心配はないと思われます。 しかし、ここで注意しなければいけないことが。 加湿器に次亜塩素酸水を入れているからといって、 お手入れ不要なわけではありません! 次亜塩素酸水の殺菌効力は長くは持続しません。 次亜塩素酸水は紫外線に当たると分解され水に戻る作用があります。 希釈することや、空気や有機物に触れることでも分解が進みます。 「中身が次亜塩素酸水だから」と何日もお手入れせずに使用していると、殺菌効果はなくなり加湿器内に雑菌が繁殖する可能性があります。 できれば毎日、最低でも2,3日に一回は必ずお手入れするようにしてください。 ・加湿器のお手入れを怠らない。 ・除菌能力を過信せず、手洗いや咳エチケットを徹底する。 一日も早く穏やかな日々がもどりますように。。。

次の

次亜塩素酸水を気化式の加湿器に入れて大丈夫?

次 亜 塩素 酸 対応 加湿 器

>【ハイブリッド加湿器】とは【超音波加湿器】の事を言いますか? 言いません。 ・超音波加湿器は、超音波で水を拡散して加湿する物です。 (湯気の温度が低い) ・ハイブリッドは、気化フィルターで気化するときに水を温めたり温風を送ったりして加湿量を多くする物です。 (湯気として見えない) 他に ・お湯を沸かして水を蒸発させる、スチーム式があります。 (湯気の温度が熱くやけどする事があります) 補足 ハイブリッドは、どちらかと言うと気化式になりますので効果は少なくなります。 そもそも、次亜塩素酸水は、水の殺菌に使用するのです。 超音波加湿器は、加湿する水を加熱しないのでタンク内に雑菌が繁殖する事があります。 この水の殺菌に使用することが目的です。 殺菌をしないと、加熱せず水を空気中にばら撒くときに雑菌もばら撒くので危険な時がある為です。 ですが、水で増殖して雑菌をばら撒く可能性が少ない気化式には、効果が少ないのです。 まして、スチーム式は、水を沸騰させるので殺菌になるので、ワザワザ殺菌をする必要がありませんね。 ハイブリッドと言う言葉は加湿方式を表す言葉ではなく、方式の組み合わされたものと言う様な意味です。 現状でハイブリッド加湿器には2タイプのものがあります。 1.ファン気化式ベースのハイブリッド式加湿器 これは、ファン気化式加湿器にヒーターを組み合わせたもので、ハイブリッド式の主流です。 国内大手家電メーカーが販売しているハイブリッド式加湿器はこの方式です。 (温風気化式) 2.超音波式ベースのハイブリッド式加湿器 これは、超音波式加湿器にヒーターを組み合わせたもので、ハイブリッド式では後発で、インテリア家電で主に採用されています。 加湿方式には、スチーム式やファン気化式等の色々なタイプのものがありますが、超音波式以外は水を蒸発(気化 させています。 超音波式は、超音波振動で水を霧化(微細な水滴 にして噴霧しています。 気化させるタイプの加湿は、水のみを蒸発させますが、超音波式はトレイ内の液体は全て霧化してしまい噴霧します。 次亜塩素酸を噴霧しようとすれば、霧吹きと同じ超音波式で無いと噴霧出来ません。 超音波式なら水に混ざったものも全て噴霧します。 >うちにある【ハイブリッド加湿器】については記載がありませんでした 本体に分かる様な表示が見当たらない場合は、メーカーと型番が分かると調べられるかも知れません。 パナソニック・シャープ・東芝・ダイニチ等の製品の場合は超音波式ではないと思います。 水道水にもわずか(0. 超音波式で効果があるというのは、以下の理由からです。 超音波式は超音波振動により、高速で揺らして霧状にし、水分を放出します。 この際に、水分と塩素成分が分離してしまうため、水分に含まれる消毒の力が弱くなり、雑菌が繁殖してしまうのです。 次亜塩素酸水使うと、水道水よりは消毒成分の濃度が高くなるため、放出終わりまで雑菌繁殖の抑制力を保ちやすいということです。 スチーム式の場合には効果が低下するというのは、何となくわかります。 なぜかと言えば、次亜塩素酸水が加熱されることで、水(水蒸気)と塩素成分に分離しちゃうんです。 ですから、別々に放出されるようになるので、塩素成分の臭いが部屋に広がります。 ハイターの臭いみたいな感じです。 ですから、塩素自体が部屋に広がって消毒効果が濃く出るだけで、次亜塩素酸水でなく、水道水でも大して変わらないというわけです。 むしろ、これによって気分悪くなる方もいるかもしれません。 あと、スチーム式の加熱部分に白い粉みたいに残るのもこの残骸みたいなものが含まれます。 気化式については、効果が劇的に落ちることはないです。 10倍に薄めた効果をほぼ保ったまま放出されるだけです。 構造上、フィルターに水分を染みこませ、そのフィルター部分に風を当てて、気化させるだけなので、ほぼハイターをそのまま気化させた感じになります。 ハイブリッド式は、気化式にプラスしてスチーム式ほどではない低温での加熱を組み合わせてあるため、スチーム式と同じように分離効果が出てしまい、効果が落ちていくことがあるかと思います。 そんなわけで、ハイブリッド式にも使えますが、塩素臭が結構する、と思ってもらうと良いかと思います。 家電売ってる者です。 ハイブリッド式と超音波式は全然違います。 ハイブリッド式と超音波式の違いについては、知恵ノートにまとめてありますので、ご覧ください。

次の