ニュース ウォッチ 9。 多和田葉子 X ニュースウォッチ9

【ニュースウォッチ9】 桑子真帆 #8 【おねえさん】

ニュース ウォッチ 9

米国で黒人男性が白人警察官に押さえつけられて死亡した事件から1か月。 一連の抗議デモの中で、米国ではいま警察組織の改革を求める声が高まっている。 攻防は連邦議会でも激しさを増している。 与党・共和党と野党・民主党は、それぞれ独自の警察改革案を提案。 改革の在り方が11月の大統領選挙の争点として浮上。 慶應義塾大学・渡辺靖教授は「表向きは警察改革だが、より深淵にあるのは米国の中で多様性をどう考えていくか。 変わらぬ米国を大切にしていくのか、変わりゆく米国を大切にしていくのか、米国を巡る争いが行われ、背後にある」と述べた。 渡辺教授は「うねりのようなデモは、いつ収束するか、着地点がまだ見えない」とも話していた。 Globali 海外メディア トランプ大統領にとって最大の発信ツールであるソーシャルメディアとの対立。 共和党議員からも反発の声が。 トランプ大統領は大統領就任以来、新たな政策や重要な人事などが自身のツイッターへの投稿で発信されてきた。 米国・ワシントンポストの調査では大統領就任以来、事実誤認や誤解を招く発言が1万8000回を超え、その2割がツイッターを通じて発信されていると指摘。 黒人差別への抗議デモについてトランプ大統領は一部過激化した人たちを「悪党だ」と非難。 軍による鎮圧を示唆したが、ツイッター社は暴力をたたえる内容が含まれると警告メッセージを表示、投稿が自動的には表示されない措置をとった。 トランプ大統領の発言を他の利用者が拡散する事態に対しても。 新型コロナウイルスの感染対策をめぐるトランプ大統領の発言はすぐにツイッター上で拡散し、消毒液を注射すれば予防効果があるかのような誤解が広がった。 全米の保健当局には問い合わせが殺到。 ウィスコンシン州の保健当局には通常の1.5倍の電話が寄せられ、対応に追われた。 ツイッター社は健康被害があるとして関連する投稿を削除した。 運営会社による投稿への干渉にトランプ大統領は反発し、ソーシャルメディアに圧力をかけようとしている。 ラジオパーソナリティー・オースティンピーターセンは共和党を支持する保守派の論客としてツイッターでは6万7000人のフォロワーを抱える。 今回の大統領令は政府の介入を嫌う「伝統的な保守派の考えとは相いれない」と猛烈に反発している。 今保守系メディアでこうした批判が相次いでいる。 トランプ大統領の支持基盤を揺さぶる事態となっている。 今回の大統領令については専門家も懸念を示している。 ウィスコンシン中毒センター・マシュースタントン医師、元連邦放送委員会・ロバートマクドウェルのコメント。 ワシントン支局・栗原岳史が「保守派の反発」「トランプ大統領によって批判を受けるソーシャルメディア運営会社の各対応」「大統領選におけるトランプ大統領にとってのソーシャルメディアの重要性」について報告。 フェイスブック・ザッカーバーグCEOのコメントを紹介。 バイデン前副大統領、SNSに言及。 ジョージア州・保健当局職員、保守系メディア・ナショナルレビュー、オクラホマ州の映像。

次の

NHK、朝の和久田アナと夜の桑子アナを入れ替えへ:朝日新聞デジタル

ニュース ウォッチ 9

「ニュースウオッチ9」は平日の21:00からNHKが放送している夜のニュース番組。 略称は「nw9」、2006年から放送開始。 キャッチコピーは【「そもそも」を掘り下げ、「見て、聞いて、納得」するニュースを目指す】 NHK総合だけでなく、海外向けにNHKワールドプレミアムでも放送されている。 キャスターを務めるのはNHKのアナウンサー。 2017年度から有馬嘉男&桑子真帆がメインキャスターを担当。 このコンビは「ニュースチェック11」からのコンバートで、揃って同じ番組に異動してきたことから話題となった。 同時に番組にテイストがリニューアルされ、以前に比べるとNHKらしい真面目な硬さが減少し民放的なノリが増している。 2020年3月、桑子真帆アナが卒業し「おはよう日本」に異動。 4月からは「おはよう日本」の和久田麻由子アナが入れ替わるように「ニュースウオッチ9」に加入している。 この記事では「ニュースウオッチ9」の出演アナウンサー&キャスターの情報を中心にまとめた。 ただし民放各局の報道番組と同様に、世間の注目が高い事件などが起きれば視聴率は大きく変動。 例えば、2015年8月21日には21. 「ニュース シブ5時」は2015年4月度から放送開始された平日夕方のニュース番組。 最新ニュースや社会的なトレンド、生活情報などを取り扱う。 番組名の由来は「渋谷」と「5時(放送開始時間がおおよそ17時であることから)」とされている。 2017年4月からは、放送開始時間が前倒しされ2部制に移行。 本放送前に「4時も!シブ5時」も存在していたが2018年3月に終了している。 2018年9月いっぱいで番組のシンボル的存在だった寺門亜衣子アナが卒業。 現在は守本奈実アナが後任を務めている。 また2020年3月には約5年に渡りメインキャスターを務めた松尾剛アナが広島放送局への異動に伴い降板。 同年4月からは阿部渉アナが新たにキャスターを務めている。 この記事では「ニュース シブ5時」の出演アナウンサー&キャスターの情報をまとめている。 「ニュースきょう一日」はNHK総合で2019年4月より放送が開始される平日夜のニュース番組。 それまで放送されていた「ニュースチェック11」の後継番組にあたる。 前番組の放送時間が40分だったのに対して、「ニュースきょう一日」は忙しい現役世代をターゲットにした15分間とコンパクトな放送となっている。 メインキャスターには「NHKニュース7」や「歴史秘話ヒストリア」を担当していた人気の高い井上あさひアナが就任。 その他、ニュースリーダーは東京アナウンス室の滑川和男アナと札幌放送局から異動する糸井羊司アナ、お天気キャスターにはNHK番組でお馴染みの気象予報士・平井信行キャスターが出演する。 この記事では「ニュースきょう一日」の出演者情報をまとめたものである。 「news zero」は2016年10月から日本テレビ系列で放送されるニュース番組。 それまで52年間放送されていた「きょうの出来事」の終了を受けて開始された。 「今日の出来事」が報道メインであったのに対し、「NEWS ZERO」はスポーツやエンタメなども取り入れられており、コンセプトが極端に変更されている。 また、キャスターにタレントを起用するなどワイドショー寄りのイメージが強かった。 華やかさを押し出している一方で過去にはプロデューサーによるパワハラ・セクハラ問題が報じられるなど一般的なモラルが問われた不祥事が目立ったことも多い。 2018年6月6日付の報道で、メインキャスターの村尾信尚が同年9月を持って卒業。 同年10月より元NHKアナウンサー・有働由美子アナがメインキャスターに就任。 このキャスト変更に伴い、番組名も「NEWS ZERO」から「news zero」と小文字に変更された。 ここでは現在出演するキャスターやアナウンサー、リポーターと過去の出演アナウンサーについて一覧で記す。 「ワールドビジネスサテライト」は1988年4月からテレビ東京で放送開始された平日夜(最終便)の経済情報番組。 日本経済新聞社が制作協力している。 同時間帯の民放番組の中では最も長寿の番組。 放送時間もそれほど大きく変動しておらず、安定した人気を誇っている。 現在のメインキャスターは元アナウンサーで現報道局に所属する大江麻理子。 歴代のメインキャスターを振り返っても女性がキャスターに就任するケースが圧倒的に多く、初代キャスターは現・東京都知事の小池百合子(当時の名義は「小池ユリ子」)である。 番組で特に人気なのが「トレンドたまご」という最先端で斬新な商品・技術などをリポートするコーナー。 通称「トレたま」。 企画内容が支持されているのはもちろんだが、テレビ東京の若手女子アナがリポーターとして登場する点も視聴者人気の要素となっている。 と、テレビ東京の人気番組のひとつに数えられているのが「WBS」こと「ワールドビジネスサテライト」である。 この記事では「ワールドビジネスサテライト」の出演キャスター&アナウンサーなど出演者情報をまとめている。 「BSフジLIVE プライムニュース」は2009年4月からBSフジで放送されている報道番組。 20:00~21:55に生放送で行われている。 時事ニュースをピックアップし、テーマに沿った専門家がスタジオに登場。 主にキャスター陣からの問いに専門家が答える形で番組は進行されていく。 土曜日には1週間の総集編として「プライムニュース SUPER」を放送される。 2018年4月より出演者が変更。 不倫報道の秋元優里アナは降板、竹内友佳アナは月曜と火曜、秋元アナの代役だった斉藤舞子アナが水曜、新規加入の生野陽子アナが木曜・金曜を担当。 2019年4月からは産休中の生野陽子アナに代わって、「めざましテレビ」キャスターなどで知られるセントフォース・長野美郷がキャスターに就任した。 この記事では「BSフジLIVE プライムニュース」の出演キャスター・アナウンサーの情報を中心にまとめている。 「報道特集」はTBS系列で土曜日の夕方に放送されている報道番組。 元々は1980年10月4日から始まった「JNN報道特集」の後継番組であり、「報道特集NEXT」を経て2010年4月3日から「報道特集」として現在まで放送が継続されている。 「JNN報道特集」から数えれば放送開始から約40年という長寿番組である、番組は、事件や事故、時事問題に関する取材リポートを中心に進行。 文字通り「報道」の「特集企画」が番組構成の中核となっている。 放送時間は17:30~18:50までの80分で、特集の他に最新ニュースやスポーツ、気象情報なども取り扱う。 出演するキャスターは報道畑のジャーナリストやフリーアナウンサーが中心となっているため、番組は常に硬派な雰囲気を漂わせている。 この記事では「報道特集」に現在出演するキャスターやアナウンサーの情報を中心に紹介している。 テレビ東京が平日夕方に放送する経済を中心に放送する情報番組。 同局の経済情報コンテンツブランドである「サテライト」がタイトルに付けられている。 2016年11月から放送開始されたが、「モヤモヤさまぁ~ず2」のアシスタントを卒業した狩野恵里アナがキャスターに挑戦する番組として事前に注目を集めていた。 既に番組開始初期の出演者からは入れ替わりを見せている。 メインキャスターの狩野恵里アナは産休のため、同局の元女子アナで現・報道キャスターの塩田真弓キャスターが就任。 解説要員だった進藤隆富キャスターは社内規定違反があったとして処分を受け降板、池谷亨キャスターが後任となっている。 2018年4月2日以降は放送時間が25分も削られており、番組の存続の危うさを感じさせる状態である。 お天気コーナーは、この放送時間短縮によりほぼ消滅して気象予報士は金曜日のみの出演となっている。 さらに2020年3月30日からは放送時間が16:54~17:00の僅か6分間まで短縮。 辛うじて番組が存続している状態と言える。 この記事では「ゆうがたサテライト」の出演者情報を中心にまとめた。

次の

ニュースウォッチ9(NHK)の桑子アナはお休み?代役は?理由と期間は?

ニュース ウォッチ 9

3月30日から、 NHK の「ニュースウォッチ9」の 桑子真帆アナ(33)と 「おはよう日本」のMCだった 和久田麻由子アナ(31) が入れ替わりました。 朝の顔と夜の顔の、入れ替わりです。 3 ニュースウオッチ9(NHK):21. 1 報道ステーション (テレビ朝日):19. 9 首都圏ニュース845 (NHK):19. 4 news every(日本テレビ):15. 3 news zero(日本テレビ):15. また30日 放送の前日に、志村けんさんが亡くなったため ニュース番組全体の視聴率も上がっています。 ただし、これらは、 ニュース番組全体で 視聴率が増えているはずなので、 視聴率の順位には関係しません。 岡山放送局に赴任した後、2014年に東京に戻ってくる。 そして 「おはよう日本」のMCに抜擢(ばってき) 顔立ちも、もの言いもクール。 「おはよう日本」には、 ややクールすぎる印象でしたが 夜のニュース番組では、 そのクールさが逆に売り物になったようです。 タモリさんとのやり取りが絶賛されました。 2017年から 「ニュースウォッチ9」のキャスターに 個人的には、明るい桑子アナが、私は気に入っていたのですが 桑子アナの愛嬌は、場合によっては、 夜のニュース番組では 軽く見られてしまう面も。 可愛らしく、ほんわかとした印象は、 かえって朝の番組の方が、向いているようです。 「おはよう日本」も、視聴率が上がっているそうです。 見事、成功したようですね。 私はニュースウォッチ9で、ずっと桑子アナを見ていたので、 まだちょっと違和感があると言うか・・・ でも和久田アナも、桑子アナも、これからも 活躍を楽しみにしています。 Sponsored Link.

次の