不用品回収 費用 相場。 【保存版】不要品回収処分料金の相場っていくら?無料、格安、ぼったくりなど費用についてわかりやすく解説!

東京都の不用品回収の処分料金相場は?製品別処分引き取り料金まとめ

不用品回収 費用 相場

ゆーすけ|片付け部編集長 片付けが好きで、妻を巻き込んで毎週断捨離を行っています。 仕事でも遺品整理、ゴミ屋敷、生前整理、不用品回収、特殊清掃の現場に行き、プロの技を学んでいます。 片付けをしたい方にとって有益な情報をお伝えいきたいと思っています。 引っ越しで転居先に持って行けない不用品を処分するときや、家中の大掃除や断捨離、住人が亡くなられて、今まで使っていたものが不用品になってしまった場合などさまざまな状況で不用品の回収を依頼する状況があると思います。 でも、不用品回収といっても、その回収してもらう不用品の大きさや量によっても、不要品回収の費用が異なるために、費用の相場がわからないと不用品回収の依頼がしにくいですよね。 そこで今回は、不用品の回収費用の相場をご紹介したいと思いますが、不用品とはリサイクルショップなどに売ってお金にすることのできない、既に用を足すことのできない品々のことで、壊れていたりして処分に困るものに対する回収費用の相場です。 不用品回収の費用相場の一覧 不用品回収の費用相場一覧を調べるのには、一つ一つの不用品回収業者に自ら電話をかけて、不用品回収の費用を聞き、費用相場の一覧を作って検討するのは、なかなか苦労すると思います。 不用品回収の費用は、実際に電話などで問い合わせてみると良くわかりますが、不用品回収業者によって、 本当に費用の設定が見事にバラバラで、軽トラックに積み放題で1万円〜4万円程度と差があるのが特徴です。 さまざまな不用品回収の一覧を見ると、不用品の量や大きさに関わらず、軽トラックに積み放題で1万円〜2万円程度、2tトラックに不用品を積み込み放題で、費用は3万円〜4万円程度というのが相場とされているようです。 お住まいになられている自治体でも不用品回収ができますが、費用は一覧で決まっているわけでなく、自治体ごとに処分する費用が異なっていますが、小さいもので300円程度から、大きなベッドやタンス、食器棚で3,000円弱が相場のようです。 不用品回収を依頼する先とは? 不用品回収を依頼する先は、「不用品」という名のとおり、不用品回収業者を選ぶ人が多いと思いますが、他にも遺品整理業者や廃品回収業者などがあり、依頼すれば自宅や会社まで来て不用品を回収して行ってくれるので便利です。 自分で連絡を取って、不用品回収をしてもらう業者の他に、個人で軽トラックや2tトラックを乗り回して、街中を巡回して不用品回収をしている人もいますが、彼らに相場はなく、気分次第で費用が高かったり、安かったりするのが特徴です。 自治体が定期的に行っている不用品回収もあり、不用品回収業者よりも確実に安い費用で、不用品回収をおこなってくれますが、平日以外は一切受け付けてくれませんし、大きな家具でも自分で自宅から運び出すのが鉄則です。 不用品回収の費用相場の一覧表 不用品回収業者の場合には、自宅からの運び出しや、大きなものは分解したりする必要があるので、作業代なども含めて自治体の不用品回収にかかる費用よりも、高くなるのが特徴です。 不用品回収は、すべての対象物の大きさや重さによっても異なりますが、種類別にわかりやすく回収費用を一覧にしておきますが、必ずしもこの値段ではないということも理解しておいてください。 不用品の種類 費用 ベッド 4,000円~5,000円程度 タンス 2,000円~6,000円程度 仏壇 2,000円~6,000円程度 ピアノ 25,000円~(メーカーと、運び出しによって金額が異なる) ソファー 4,000円~5,000円程度(何人掛けかによる) 冷蔵庫 4,000円~10,000円程度 洗濯機 3,000円~7,000円程度 こたつ 1,500円~2,000円程度 テレビ 2,000円~7,000円程度 エアコン 4,000円~8,000円程度 テレビ台 2,000円~3,000円程度 自転車 1,500円~2,000円程度 バイク 0円~10,000円程度(原付、単車) 椅子 1,000円~2,000円程度 カラーボックス 300円~1,000円程度 上記に一覧にした価格は、 回収費用の相場一覧であって、この他にも不用品を自宅から運び出す費用や、トラックへの積み込み作業費用、玄関を通らない不用品を解体するための費用や、ドアや窓が生涯になる場合に外す費用などがかかります。 各不用品回収業者によって異なりますが、早朝や夜間、休日などには2~3割程度の割増料金が加算されることが多くあります。 自治体の不用品回収の費用相場の一覧表 自治体の不用品回収費用の相場を一覧にしておきますが、お住まいの自治体によって料金が異なるので、必ず事前に問い合わせるようにしてください。 不用品の種類 費用 タンス 300~2,500円程度 ベッド 700円~2,000円程度 テーブル 300円~500円程度 こたつ 25,000円~(メーカーと、運び出しによって金額が異なる) ソファー 1,200円~2,000円程度 ガス台 300円~500円程度 自転車 300円~400円程度 シングルマットレス 700円~800円程度 風呂釜 800~900円程度 電子レンジ 800円~900円程度 ベビーカー 300円~500円程度 自治体による不用品回収は、その場でダイレクトに費用を支払うのではなく、不用品回収の前にゴミ処理券を、スーパーやコンビニ、郵便局で、それぞれの金額に適した物を購入しておかなくてはなりません。 また、上記の不用品回収費用の相場一覧に記載されていないものでも、処分することは可能ですし、費用が一覧表になって張られている場合もあるので、よく確認してみてください。 不用品回収費用相場一覧で気を付けること 不用品回収の費用相場一覧で気を付けることですが、 自治体以外の不用品回収業者や廃品回収業者、軽トラックでの巡回型不用品回収業者に依頼する場合には、必ず改修前に費用の見積もりを出してもらって納得してから作業に取りかかってもらうようにしましょう。 不用品回収業者には、驚くぐらいに態度の悪いところもあり、何様ですか? というぐらいに横柄な作業員がいることもあるので、 飛び込み営業の不用品回収業者には十分に注意しましょう。 不用品回収業者の所在地がわからない所には、信用度がほとんどなく、回収した不用品を高額な費用を取っておきながら不法投棄する場合もあります。 不用品回収費用の相場内の金額だったとしても、気を付けなくてはいけないのが、その他にかかる様々な費用で、適当な名目を付けて高額な費用を請求する場合もあるので要注意です。 良心的な信用のできる不用品回収業者であれば、必ず不用品回収費用の一覧があります。 不用品回収費用の一覧がなく、実際に不用品を見てから回収費用を決める業者もいて、調子の良いことを言いながらトラックに積んでしまう場合もあるので、不用品でなく、持って行かれて困るものには細心の注意を払うようにしましょう。 不用品回収はオコマリにおまかせ 全国に不用品回収業者は 9,000社以上あると言われています。 その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの 悪質な業者がいます。 この記事を執筆しているオコマリでは、お客様に安心して不用品回収を行ってもらうために、 全国一律料金で 追加料金一切ナシの定額パックプランを 業界で初めて提供しています。 部屋の間取り別で料金が決まっているため、 明瞭会計で安心です。 例えば、1K・1Rはたったの79,800円(税込)という価格設定となっており、現場の部屋の物量が少なければ さらに減額させていただいております。 また、登録されている業者は一般的な不用品回収業者ではなく、オコマリのスタッフが 1社1社面談して厳選した業者のみになっており安心です。 現地でのお見積りなしでも作業が可能ですので、急いでいる方にもオススメです。 問い合わせやお見積りは すべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。 「不用品回収の費用相場一覧」まとめ 不用品回収の費用の相場は、日本全国バラバラで費用の安いところから、異常に高額なところまでありますが、高いから信用度が高いというわけではなく、単純に費用の不当請求という場合もあるので、相場費用は把握しておきましょう。 自分の不用品回収費用が、どのくらいになるのかわからない場合には、費用の相場一覧を確認して、大体の金額を算出しておくようにすれば安心です。 不用品回収業者に依頼した場合には、必ず見積書をしっかり確認して、ムダに作業員が多くないか、作業時間が多くないかも見積もりの一覧の中に記載されているので、確認しましょう。 記事を読んで、不用品回収についてもっと知りたいという方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

次の

引越し業者の不用品回収料金相場!依頼するメリット・デメリット

不用品回収 費用 相場

ゆーすけ|片付け部編集長 片付けが好きで、妻を巻き込んで毎週断捨離を行っています。 仕事でも遺品整理、ゴミ屋敷、生前整理、不用品回収、特殊清掃の現場に行き、プロの技を学んでいます。 片付けをしたい方にとって有益な情報をお伝えいきたいと思っています。 引っ越しで転居先に持って行けない不用品を処分するときや、家中の大掃除や断捨離、住人が亡くなられて、今まで使っていたものが不用品になってしまった場合などさまざまな状況で不用品の回収を依頼する状況があると思います。 でも、不用品回収といっても、その回収してもらう不用品の大きさや量によっても、不要品回収の費用が異なるために、費用の相場がわからないと不用品回収の依頼がしにくいですよね。 そこで今回は、不用品の回収費用の相場をご紹介したいと思いますが、不用品とはリサイクルショップなどに売ってお金にすることのできない、既に用を足すことのできない品々のことで、壊れていたりして処分に困るものに対する回収費用の相場です。 不用品回収の費用相場の一覧 不用品回収の費用相場一覧を調べるのには、一つ一つの不用品回収業者に自ら電話をかけて、不用品回収の費用を聞き、費用相場の一覧を作って検討するのは、なかなか苦労すると思います。 不用品回収の費用は、実際に電話などで問い合わせてみると良くわかりますが、不用品回収業者によって、 本当に費用の設定が見事にバラバラで、軽トラックに積み放題で1万円〜4万円程度と差があるのが特徴です。 さまざまな不用品回収の一覧を見ると、不用品の量や大きさに関わらず、軽トラックに積み放題で1万円〜2万円程度、2tトラックに不用品を積み込み放題で、費用は3万円〜4万円程度というのが相場とされているようです。 お住まいになられている自治体でも不用品回収ができますが、費用は一覧で決まっているわけでなく、自治体ごとに処分する費用が異なっていますが、小さいもので300円程度から、大きなベッドやタンス、食器棚で3,000円弱が相場のようです。 不用品回収を依頼する先とは? 不用品回収を依頼する先は、「不用品」という名のとおり、不用品回収業者を選ぶ人が多いと思いますが、他にも遺品整理業者や廃品回収業者などがあり、依頼すれば自宅や会社まで来て不用品を回収して行ってくれるので便利です。 自分で連絡を取って、不用品回収をしてもらう業者の他に、個人で軽トラックや2tトラックを乗り回して、街中を巡回して不用品回収をしている人もいますが、彼らに相場はなく、気分次第で費用が高かったり、安かったりするのが特徴です。 自治体が定期的に行っている不用品回収もあり、不用品回収業者よりも確実に安い費用で、不用品回収をおこなってくれますが、平日以外は一切受け付けてくれませんし、大きな家具でも自分で自宅から運び出すのが鉄則です。 不用品回収の費用相場の一覧表 不用品回収業者の場合には、自宅からの運び出しや、大きなものは分解したりする必要があるので、作業代なども含めて自治体の不用品回収にかかる費用よりも、高くなるのが特徴です。 不用品回収は、すべての対象物の大きさや重さによっても異なりますが、種類別にわかりやすく回収費用を一覧にしておきますが、必ずしもこの値段ではないということも理解しておいてください。 不用品の種類 費用 ベッド 4,000円~5,000円程度 タンス 2,000円~6,000円程度 仏壇 2,000円~6,000円程度 ピアノ 25,000円~(メーカーと、運び出しによって金額が異なる) ソファー 4,000円~5,000円程度(何人掛けかによる) 冷蔵庫 4,000円~10,000円程度 洗濯機 3,000円~7,000円程度 こたつ 1,500円~2,000円程度 テレビ 2,000円~7,000円程度 エアコン 4,000円~8,000円程度 テレビ台 2,000円~3,000円程度 自転車 1,500円~2,000円程度 バイク 0円~10,000円程度(原付、単車) 椅子 1,000円~2,000円程度 カラーボックス 300円~1,000円程度 上記に一覧にした価格は、 回収費用の相場一覧であって、この他にも不用品を自宅から運び出す費用や、トラックへの積み込み作業費用、玄関を通らない不用品を解体するための費用や、ドアや窓が生涯になる場合に外す費用などがかかります。 各不用品回収業者によって異なりますが、早朝や夜間、休日などには2~3割程度の割増料金が加算されることが多くあります。 自治体の不用品回収の費用相場の一覧表 自治体の不用品回収費用の相場を一覧にしておきますが、お住まいの自治体によって料金が異なるので、必ず事前に問い合わせるようにしてください。 不用品の種類 費用 タンス 300~2,500円程度 ベッド 700円~2,000円程度 テーブル 300円~500円程度 こたつ 25,000円~(メーカーと、運び出しによって金額が異なる) ソファー 1,200円~2,000円程度 ガス台 300円~500円程度 自転車 300円~400円程度 シングルマットレス 700円~800円程度 風呂釜 800~900円程度 電子レンジ 800円~900円程度 ベビーカー 300円~500円程度 自治体による不用品回収は、その場でダイレクトに費用を支払うのではなく、不用品回収の前にゴミ処理券を、スーパーやコンビニ、郵便局で、それぞれの金額に適した物を購入しておかなくてはなりません。 また、上記の不用品回収費用の相場一覧に記載されていないものでも、処分することは可能ですし、費用が一覧表になって張られている場合もあるので、よく確認してみてください。 不用品回収費用相場一覧で気を付けること 不用品回収の費用相場一覧で気を付けることですが、 自治体以外の不用品回収業者や廃品回収業者、軽トラックでの巡回型不用品回収業者に依頼する場合には、必ず改修前に費用の見積もりを出してもらって納得してから作業に取りかかってもらうようにしましょう。 不用品回収業者には、驚くぐらいに態度の悪いところもあり、何様ですか? というぐらいに横柄な作業員がいることもあるので、 飛び込み営業の不用品回収業者には十分に注意しましょう。 不用品回収業者の所在地がわからない所には、信用度がほとんどなく、回収した不用品を高額な費用を取っておきながら不法投棄する場合もあります。 不用品回収費用の相場内の金額だったとしても、気を付けなくてはいけないのが、その他にかかる様々な費用で、適当な名目を付けて高額な費用を請求する場合もあるので要注意です。 良心的な信用のできる不用品回収業者であれば、必ず不用品回収費用の一覧があります。 不用品回収費用の一覧がなく、実際に不用品を見てから回収費用を決める業者もいて、調子の良いことを言いながらトラックに積んでしまう場合もあるので、不用品でなく、持って行かれて困るものには細心の注意を払うようにしましょう。 不用品回収はオコマリにおまかせ 全国に不用品回収業者は 9,000社以上あると言われています。 その中には相場とかけ離れた価格を要求してくるなどの 悪質な業者がいます。 この記事を執筆しているオコマリでは、お客様に安心して不用品回収を行ってもらうために、 全国一律料金で 追加料金一切ナシの定額パックプランを 業界で初めて提供しています。 部屋の間取り別で料金が決まっているため、 明瞭会計で安心です。 例えば、1K・1Rはたったの79,800円(税込)という価格設定となっており、現場の部屋の物量が少なければ さらに減額させていただいております。 また、登録されている業者は一般的な不用品回収業者ではなく、オコマリのスタッフが 1社1社面談して厳選した業者のみになっており安心です。 現地でのお見積りなしでも作業が可能ですので、急いでいる方にもオススメです。 問い合わせやお見積りは すべて無料ですので、気になる方は一度問い合わせをしてみて下さい。 「不用品回収の費用相場一覧」まとめ 不用品回収の費用の相場は、日本全国バラバラで費用の安いところから、異常に高額なところまでありますが、高いから信用度が高いというわけではなく、単純に費用の不当請求という場合もあるので、相場費用は把握しておきましょう。 自分の不用品回収費用が、どのくらいになるのかわからない場合には、費用の相場一覧を確認して、大体の金額を算出しておくようにすれば安心です。 不用品回収業者に依頼した場合には、必ず見積書をしっかり確認して、ムダに作業員が多くないか、作業時間が多くないかも見積もりの一覧の中に記載されているので、確認しましょう。 記事を読んで、不用品回収についてもっと知りたいという方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

次の

大阪で激安・格安の不用品回収・処分なら、買取対応のエコライオンへ

不用品回収 費用 相場

お見積りは 無料です。 今すぐご相談ください! 1 ソファの処分方法3選 よりお金をかけずに処分できる順に 『買い取り』『自力処分』『回収業者』の3つがあります。 買い取り…処分期限が1か月以上先で、お金を絶対に掛けずに捨てたい人向け 自力処分…処分期限まで余裕があり処分のために平日3時間以上時間を割くことが可能、少しでも安く捨てたい人向け 回収業者…処分期限が1週間~2週間以内と近く急いでいる・忙しい・手間なく楽に捨てたい人向け それぞれの方法についてひとつずつ説明します。 (1)買い取り 「費用は一切かけず、むしろちょっとでもお金に換えたい!」人は、買い取りから検討することで、査定額がつけば新しいソファを買う資金にすることもできてお得です。 メリット• 臨時収入が手に入る• ゴミにせずリサイクルできる デメリット• どんなソファでも買い取りしてもらえるわけではない スピード感• リサイクルショップへの持ち込みなら査定当日に手放すことができる• インターネットを使って自分で売る場合は、時間が読めない。 最短2日で落札されることもあれば、1年以上売れないこともある。 買い取りされやすいソファとは? 買い取りされやすいソファには次の2つの条件があります。 需要がある ブランド力のあるソファや新品購入時の価格が高いソファなど需要が高い人気品は、古くても中古市場でも引く手あまたです。 すぐに再販できるので買い取りしてもらえます。 傷・汚れ・ニオイなどがなく美品 リラックスするための家具なので、他人の使用感が目立つものは購買意欲を低下させ、再販しにくくなりますので、美品であるほうが買い取りされやすくなります。 買い取り価格相場の調べ方 というサイトを利用すると、複数のネットショップの買い取り相場を一度にまとめて知る・比較することができます。 自分のソファの買い取り相場がスマホ1つ1分程度でわかるので、買い取りに出すか捨てるかの判断もすぐにできて便利です。 ぜひ活用しましょう。 買い取り依頼先 実際に査定に出すときは、「業者に売る」「インターネットで売る」の2つの手段があります。 買取業者を利用するなら、査定基準のシビアな大手は避けて、『個人経営の店』に依頼するといいでしょう。 インターネットを使って売るなら、次の3つのサービスが利用しやすく便利ですので活用しましょう。 (2)自力処分 「買い取りはできなかったけど、安く捨てたい」なら自力処分を検討しましょう。 自力処分には、より安く済む順に 『解体して処分する』『自治体に粗大ごみで出す』の2つの方法がありますので、ひとつずつ説明します。 解体して処分する 地区の指定袋に入るサイズまで細かく解体・分別できる時間や技術・工具があるなら、解体処分が最も安く済みます。 ソファは解体すると、『布と綿・木片・コイル部分の鉄系スクラップ(亜鉛メッキ剛線)』に分別できます。 そのため、布と綿と木片は細かくして可燃ゴミへ、コイル部分はスクラップ工場へ売ることで、ほぼ無料で処分可能です。 メリット• 無料処分が可能 デメリット• 手間と時間と労力がかかる スピード感• 解体と分別までに3時間前後はかかる• 解体・分別さえ終われば地区のゴミ出し日にすぐ出せる 自治体に粗大ごみで出して処分する 「ちょっと解体はできそうにないが、自治体がソファの回収に対応していて、自分で屋外搬出や車に積んで持ち込みができる」なら、自治体処分がオススメです。 安いだけでなく、廃棄後のトラブルも一切ない安全な処分ができるからです。 メリット• 安全で適正な処分ができる デメリット• 手続きが面倒• 地域によって回収してくれないことがある (例:愛知県大府市は市でのソファ収集は不可)• 地域によってサイズ・重量に制限がある• 自分で屋外へ搬出できないと利用できない スピード感• 持ち込みするならその日に処分が終わる• 戸別収集を頼むなら予約から収集まで1週間前後かかる 「持ち込み」と「戸別収集」とは? 粗大ごみに出す場合、自治体の定める「指定収集場」へ自己搬入する『持ち込み』と、自宅近くの収集場所まで出しておけば引き取りに来てくれる『戸別収集』の2つの方法があります。 持ち込みできれば、ソファを無料(格安)で引き取ってもらえます。 戸別収集を利用するなら、下記の写真のような粗大ごみ処理券を購入して、「よく見える場所」に貼り付ける必要があります。 (3)回収業者 お金はかかっても「楽に・早く捨てたい」人や、「処分期限が1週間と迫っている」「解体できない」「自治体が回収していない」「屋外搬出できない」人は、回収業者がオススメです。 予約の電話1本すれば、あとは希望日時・即日で回収に来てくれて、設置箇所からトラックの積み込みまで作業もすべて丸投げできるからです。 メリット• 面倒な手続き・作業がない• 希望日、即日で捨てられる デメリット• 費用が高い スピード感• 即日から希望日時までスピーディーに対応してもらえる 片付け110番施工事例 実際に片付け110番で、ソファの回収のご依頼いただいた事例をご紹介します。 新しいソファの購入に伴い、「新しいソファが届くまでに早く捨てたい」とお急ぎでご依頼くださいました。 ソファの大きさ 3人掛け 搬出状況 賃貸マンション8階からエレベーターを利用して。 ご請求金額 16,200円(税込) ご依頼者さまのご希望だった「最短日程」で回収に行けましたので、喜んでいただくことができました。 2 全国処分費用相場 粗大ゴミで出す場合は『1人掛けソファで1,000円前後、2人掛け以上で2,000円前後』、不用品回収業者に依頼する場合は『簡易ソファ~2人掛けソファで10,000円前後、3人掛け~4人掛けで14,000円~20,000円前後』の処分費用がかかります。 下記の表にわかりやすくまとめましたので、参考にしてみてください。 処分方法 全国処分費用相場 自治体に粗大ゴミに出す 1人掛けソファ:800円~1,000円程 2人掛け以上ソファ:1,500円~2,000円程 回収業者に依頼する 簡易ソファ:6,000円前後 1人掛けソファ:8,000円前後 2人掛けソファ:10,000円~12,000円前後 3人掛けソファ:14,000円~17,000円程 4人掛けソファ:20,000円~23,000円程 電動・リクライニング付き:プラス5,000円別途 10の自治体の粗大ゴミ料金と不用品回収業者10社の料金の情報をもとに平均を算出しています。 回収業者に頼みたい、と思われた場合は『』で優良業者を解説していますので、ぜひあわせてご確認ください。 即日お片付けサービス 業者を選ぶなら「仲介業者」が一番安心です。 すぐに片付けをしてほしい!でもどこに相談してもすぐに対応してくれない…。 初めての業者選びだからどこに相談すれば失敗しないか?ネットで検索したら業者にボッタクられたという記事を見た…。 など、不用品回収業者選びについてお悩みではありませんか? 結論から書きますが、片付け・不用品回収業者を選ぶなら「仲介業者」を選ぶことをオススメします。 仲介業者でも「片付け110番」が一番。 ご要望を即時解決!• 最大1億円の賠償責任保険加入済• トラブルにも仲介• 安心保証制度• 徹底した加盟店教育制度• お客様限定キャンペーン実施 ご要望を対応、保証もすべて完備しているからです。 片付け110番へご依頼頂きました声も合わせてすべてご案内します。 この記事を書いている人.

次の