仏壇 処分 方法。 3分で分かる!仏壇の処分方法と絶対にやってはいけないこと

永代供養にしたら「仏壇・位牌」はどうする?|処分方法・手続き|終活ねっとのお墓探し

仏壇 処分 方法

関連記事 1.仏具とは? 正しい処分方法について知る前に、仏具の基礎知識を身につけることが大切です。 仏具の種類や役割について説明します。 1-1.どんなものか 仏具とは、仏教の儀式で使う特殊な道具や僧侶の装飾品・仏壇に置くものなどです。 もともと、仏教は最低限の着物と食器以外の金品の所有を戒律で禁じられていました。 しかし、釈迦(しゃか)の死後100年が経過したときに、信者から寄付された最低限の金銭・日用品の所有許可を求める一派と、戒律を維持する保守派に分かれたのです。 紀元を過ぎたころには、西域・中国に仏教が伝播するようになり、祈祷(きとう)や葬式などの儀式で道具を用いるようになりました。 先祖供養や心のよりどころとして、現在でも 仏具が使われています。 1-2.どんな種類があるか 私たちにとって、最も身近な仏具と言えば、仏壇・仏像・経典・位牌(いはい)・木魚などがあります。 葬式や供養・お盆の時期などで使う数珠も仏具の1つです。 ほかにも、香炉・経机・梵鐘(ぼんしょう)・りん・仏飯器など、たくさんの種類があります。 面積が制限されているマンションは仏壇を置くスペースが確保できず、保有率の低下が進んでいます。 また、昔よりも宗教に対する意識が低く、仏具の役割に意味を見出していない方が多いとも言われているのです。 その結果、仏具の市場規模は、20年で半減しています。 関連記事 2.仏具の処分が必要なとき 仏具の処分が必要なのは、一体どのようなときなのでしょうか。 2-1.実家の整理 実家に住む人がいなくなり、実家そのものを整理するようなときに仏具の処分が必要です。 仏具を引き取りたくても、置き場所がなければやむなく処分しなければなりません。 仏壇などの大きいものは処分して、大切な位牌だけを自宅に置く方も増えています。 核家族化が進んでいるため、先祖の仏壇や位牌を処分するケースが増えているのです。 2-2.遺品整理 親や親族が亡くなり、遺品整理をする際に仏具も処分するケースがあります。 実家を整理する状況と同じく、自宅に仏具の置き場所がないなどの理由で処分せざるを得ません。 2-3.引っ越し 新居のスペースが狭いとき、引っ越しと同時に仏具を処分するケースです。 家の中にあるものをすべて運ぶ必要があるため、要らないものを処分する絶好の機会になるでしょう。 大きめの仏壇を処分して、コンパクトサイズの仏壇を購入する方もいます。 2-4.そのほか ほかには、住宅の新築で買い替えるケースがあります。 新居のスペースに見合う仏壇を購入して、ご先祖様や故人の魂を引き継ぐことができるでしょう。 また、高齢化社会が進んでいる現代は、継承者がいない独身の高齢者が増えており、仏具を処分しなければならないケースが増加しています。 老人ホームへの入居や孤独死など、高齢化社会を象徴するケースです。 関連記事 3.仏具の処分~困りごと 仏具を処分したくても、さまざまな困りごとが邪魔をしてしまいます。 スムーズに処分するために、仏具の素材や供養などについてチェックしておきましょう。 3-1.仏具の素材は? 種類によってさまざまですが、仏具の素材は木製・陶器・銅器・金属などです。 仏具は、日本の伝統工芸品であり、欅(けやき)や屋久杉など国産の銘木(めいぼく)を使ってつくられていました。 現在の仏具は、外国産の木材を使用している種類が増えています。 3-2.粗大ゴミとして出していいか? 仏具は、粗大ゴミとして処分できます。 しかし、ほかの粗大ゴミと同じ感覚で処分してはいけません。 なぜなら、ご先祖様や故人の魂が入っているとされる仏壇・位牌(いはい)などがあるからです。 こうしたものは、処分前に供養をする必要があります。 3-3.供養が必要か? 供養が必要かどうかは、宗派や個人の考え方によっても異なるため、気になる方は、お世話になっているお寺などで確認すると良いでしょう。 魂は入っていると考えられる仏具は、閉眼(へいがん)供養を行うことで、魂抜きができます。 3-4.そのほか 位牌の素材には、木製のほかに、クリスタル・ガラス製のものもあります。 自治体のゴミとして処分する場合は、その地域の処分ルールに沿って捨てなければなりません。 事前に、自治体のホームページなどで確認しておきましょう。 また、仏壇を処分する場合は、すべての仏具を取り出して、何も入っていない状態にしてください。 関連記事 4.仏具の処分~自分でする場合 自分で仏具を処分する場合は、注意しなければならないことがたくさんあります。 それでは、詳しくチェックしていきましょう。 4-1.素材と大きさのチェックについて 自治体ごとに、素材と大きさの違いで処分ルールが異なります。 たとえば、粗大ゴミに指定されるのは、一辺が30cm以上のものがほとんどです。 また、処分手数料も自治体によって異なるので、事前にチェックしておきましょう。 4-2.自治体への問い合わせ 自治体の処分ルールは、事前にホームページをチェックするか、電話や窓口に問い合わせをしてください。 きちんと処分ルールや手数料を確認しておいたほうが、スムーズに処分できるでしょう。 4-3.そのほかやるべきこと 自分で処分する場合は、回収指定場所まで運ばなければなりません。 大きめの仏壇などの場合は、運搬に必要な人手を集めてください。 人手が足りない時は、無理に運ぼうとせずにほかの方法を考えましょう。 また、仏壇の中には、隠れた引き出しがついているものがあります。 家系図など大切なものが入っている可能性があるため、細部までチェックしてください。 4-4.メリット・デメリット 自分で処分する大きなメリットは、低費用で済むことです。 自治体によりますが、約2,000円で処分できるでしょう。 ただし、指定回収場所まで運ばなければならない・回収日が決まっていてすぐに処分できない・供養が不十分かもという不安が残る、というデメリットがあります。 関連記事 5.仏具の処分~仏具店やお寺に頼む場合 自治体で処分するほかに、仏具店やお寺に依頼する方法があります。 ゴミとしての処分に拒絶を感じている方は、ぜひチェックしてください。 5-1.仏具販売業者に依頼する 仏壇などの仏具を販売している業者では、要らなくなった古い仏具の引き取りサービスを行っているところがあります。 宗派に関係なく、どんな仏壇でも引き取ってくれるでしょう。 中には、仏壇の引き取りから閉眼供養まで行っている店舗もあります。 しかし、新しい仏壇を購入しなければ処分サービスが利用できないところも多いので注意してくださいね。 仏壇の買い替えを検討している方は、購入・処分が同時にできます。 5-2.お寺で供養する 最も安心できる方法と言えば、お寺に依頼することです。 閉眼供養・処分まで、すべてを引き受けてくれます。 菩提寺(ぼだいじ)があるのなら、相談してみてください。 菩提寺がない場合は、供養を行っている近くのお寺に相談すると良いでしょう。 ただし、宗派が異なるお寺は断られることもあるため、同じ宗派を選ぶことが大切です。 5-3.メリット・デメリット 自分でするよりも、安心して仏具の供養・処分ができます。 デメリットとしては、仏具販売店・お寺のどちらに依頼するにせよ、処分費用がかかることです。 仏具販売店によりますが、約2~3万円と粗大ゴミとして処分するよりも割高になります。 大型の仏壇は、10万円かかることもあるでしょう。 お寺に依頼する際は、費用がハッキリしていないので、「どのくらいかかるのでしょうか」と尋ねてみてください。 お布施が必要になるところもあれば、「お気持ちだけで」と答えるところもあります。 お布施の相場は決まっていませんので、檀家(だんか)の方に相談すると良いでしょう。 関連記事 6.仏具の処分~遺品整理業者に頼む場合 遺品整理業者に依頼する場合は、安心して依頼できる業者を選ぶ必要があります。 それでは、一緒にチェックしていきましょう。 6-1.業者選びのポイント 遺品整理業者を選ぶ場合は、以下のポイントに注目してください。 スピーディーかつ丁寧な対応• 見積もり内容が細部まで記載されている• 仏具の回収・処分の実績や経験がある• 遺品整理などのサービス内容が充実している• 遺品供養も行っている• 低料金で処分できる 6-2.遺品・思い出の品として扱ってくれるか ご先祖様や故人の魂が入っている仏具・仏壇は、大切なものですよね。 業者を選ぶ際は、きちんと遺品・思い出の品として大切に扱ってくれる業者を選びましょう。 ゴミとして扱っている姿を見ると、とても悲しい気持ちになります。 生前・遺品整理サービスを行っている「」では、安心してお任せいただくために、WEBカメラによる生中継で作業風景を公開しているので安心です。 6-3.メリット・デメリット 業者に依頼すれば、自宅にいながら処分ができます。 業者が自宅にやってきて回収・処分してくれるため、運搬や処分に時間と手間がかかりません。 すぐに処分したいときでも可能です。 回収・処分費用はかかりますが、業者選びをきちんと行えば低費用で処分できるでしょう。 6-4.料金について 業者に依頼する前は、料金システムが明確に記載されているのか、見積もり内容をチェックしてください。 「ファンデックス」の場合は、作業前に正確な見積額を提示しています。 さらに、搬出する際の梱包(こんぽう)資材や養生資材を無料提供しているので、無駄な費用がかかりません。 作業内容・作業スタッフの人数・トラックの台数・作業時間などを踏まえて提示するため、無料見積もりを依頼してください。 6-5.注意点 遺品整理業者の中には、不正を働くところがあります。 たとえば、回収後に追加料金を請求する・不法投棄するなどのトラブルです。 トラブルにならないためには、きちんと業者のサービス内容や対応をチェックして、複数の業者を比較しましょう。 関連記事 7.仏具の処分に関してよくある質問 仏具の処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。 Q.処分前はキレイにすべきか? A.供養から処分までしてくれるからと言って、ホコリまみれの仏壇のまま回収に出してはいけません。 大切なご先祖様・故人の魂が入っているので、きちんとキレイに掃除してから依頼してください。 Q.閉眼供養に必要なお布施はいくらぐらいか? A.お布施の料金はハッキリしていませんが、魂抜き・お布施の相場は1~5万円くらいです。 この範囲で、できる限りのお気持ちを示せば良いと思います。 Q.仏壇の解体はすべきか? A.処分費用をかけたくないから、と自分で解体し、燃えるゴミとして処分する方がいます。 燃える素材であれば、無料で処分できるでしょう。 ただし、無理に解体するのはNGです。 誤ってケガをする可能性があるため、無理だと思う場合はやめてください。 Q.どんな仏具・仏壇でも業者は回収してくれるのか? A.遺品整理業者は、基本的にどんな仏具・仏壇でも回収可能です。 宗派に関係なく、処分が依頼できるので、ほかの方法よりもスピーディーに処分できるでしょう。 Q.仏具は買い取ってもらえるのか? A.きちんと魂抜きをしている仏具であれば、買い取りサービスが利用できます。 遺品整理業者の中には、回収だけでなく買い取りを行っているところもあるので相談してみてください。 ただし、目立つ傷がついているものや古いものは、買い取り不可となる可能性もあります。

次の

仏具や神具の正しい処分方法!仏壇・神棚はどうやって処分する?|Tips for Life

仏壇 処分 方法

「新しい仏壇を購入したので、古い仏壇が不要になった」とか、最近の住宅事情などから「仏壇を置くスペースがない」、また「仏壇を継承することは難しい」など、仏壇の処分を検討される方が増えています。 ご先祖や故人様を祀っていた大切な仏壇ですから、仏壇が不要になった場合、どのように処分したらいいのか悩んでしまう人が多いことと思います。 ここでは、仏壇の正しい処分方法や処分する際の注意点についてご紹介します。 仏壇を処分する前に確認するべきこと 仏壇の処分を行う前に、その仏壇を購入したときに「開眼供養(かいげんくよう)」が行われたかどうかを確認しましょう。 開眼供養とは、御魂(みたま)入れ・お性根入れ・入仏式など宗派によって呼び方は様々ですが、仏壇・仏像・墓・位牌などを新しく購入する際に僧侶を招いて読経を行うことです。 開眼とは本来は仏像の目を開くという意味があり、この法要を行ってはじめて単に形のある木石だったものも霊験ある尊像に生まれ変わることになるのです。 また、この開眼供養は位牌の魂入れや、本尊・位牌を安置する仏壇をお浄めするという役割も担っています。 宗派や地域によって開眼供養を行わないところもありますが、行っている場合は必ず閉眼供養(へいげんくよう)を行わなければなりません。 閉眼供養とは開眼供養の逆で御魂(みたま)抜きやお性根抜きとも呼ばれ、先祖や故人の魂を抜いて仏壇の役割を終わらせる法要です。 閉眼供養を行わないと、仏壇に先祖や故人の魂が入ったまま処分することになりますので必ず確認してください。 閉眼供養の方法と費用について 閉眼供養は開眼供養同様、基本的には菩提寺の僧侶に依頼をします。 菩提寺がない、または近くにない場合は、お葬式やお墓などをお願いしたお寺に問い合わせてみてください。 閉眼供養は法要の一種になりますので、お布施・お車代・お膳料を用意することが一般的ですが、最近ではお布施のみのお寺が多いようです。 金額についてはそれぞれ地域差がありますが、数千円~10万円くらいです。 四十九日法要のお布施は葬儀の際にお寺さんに払ったお布施の10分の1ぐらいが目安ともいわれていますが、あくまでも参考にしていただくための目安です。 どうしても分からないときは、お寺に直接相談するのが良いでしょう。 仏壇の処分するには4つの方法があります 閉眼供養を終えた仏壇には魂は宿ってはおらず、普通の家具と同じ扱いになりますので、粗大ゴミとして処理することができます。 ですが、できれば「これまでご本尊を安置していただいていた場所」という感謝の意味で、仏壇自体の供養を行ってから処分することをおすすめします。 仏壇の処分について4つの方法とそれぞれにかかる費用を紹介しますので、ご自身が納得できる処分方法を検討してみてください。 お寺に処分を依頼 閉眼供養と合わせて、菩提寺または近くのお寺に処分を依頼するという方法になります。 昔はほとんどがこの方法で処分していましたが、現代では環境問題等の理由から供養だけを行い、仏壇を境内で焼却をしないという寺院や神社が多くなっていますのでしっかり確認してください。 費用・・・1~10万円くらい(寺によって差があります) 業者に引き取りを依頼 不用品回収業者や遺品整理業者に引き取りを依頼すれば、基本的にどんなものでも回収処分をしてくれます。 最近では、処分前に供養を行ってくれる回収業者もあるようです。 ただ、仏壇だけの処分となると割高になってしまうようですので、引越しのタイミングや不用品をまとめて処分する場合は良いかもしれません。 供養も処分もすべて行ってくれるところがほとんどですので、仏壇を購入される方の多くはこの方法を選んでいるようです。 ただ、引き取ってもらえるかどうかは自治体によって異なりますので、必ず事前に確認してください。 費用・・・50円~2,000円くらい(大きさによって異なります) 仏壇を処分する際の注意点 仏壇を処分する際に忘れがちなのが引出しの中の確認です。 仏壇によってはいくつも引出しがあり、位牌や遺影、通帳などを収納している方もいらっしゃるようです。 処分に出してからでは戻ってこない可能性もありますので十分注意してください。 現在のご注文状況(最新30件)- 更新 ご注文日 ご注文いただいた商品 都道府県 合計金額 06月13日 長野県 20,080円 06月13日 埼玉県 42,800円 06月13日 埼玉県 15,010円 06月12日 愛知県 11,480円 06月12日 神奈川県 7,360円 06月12日 神奈川県 98,000円 06月12日 神奈川県 27,920円 06月12日 神奈川県 15,820円 06月12日 神奈川県 14,900円 06月12日 北海道 22,800円 06月12日 京都府 45,800円 06月12日 大分県 98,000円 06月12日 東京都 14,280円 06月12日 愛知県 16,880円 06月12日 三重県 7,360円 06月12日 東京都 145,000円 06月12日 東京都 21,900円 06月12日 東京都 27,150円 06月12日 東京都 39,920円 06月12日 東京都 6,570円 06月12日 東京都 25,900円 06月12日 埼玉県 17,280円 06月12日 埼玉県 9,960円 06月12日 山口県 3,400円 06月12日 山口県 10,980円 06月12日 広島県 11,420円 06月12日 高知県 148,000円 06月12日 高知県 36,800円 06月12日 高知県 18,100円 06月12日 高知県 24,060円.

次の

仏壇の処分方法!プロが教える安心安価な4つのやり方

仏壇 処分 方法

1.仏壇・神棚を買い替える手順とは? 1-1.仏壇・神棚を知ろう! 住宅事情から仏壇や神棚を小さくすることも選択肢の一つといえるでしょう。 仏壇の買い替えや処分を知る前に、仏壇や神棚について知識を深めることも大切です。 仏教の宗派によって形状や作りなどが異なります。 住宅事情などから最近では、非常に小さな仏壇も販売しているので状況に合わせて選択可能です。 仏教の仏壇にあたるのが祖霊舎で、個人の霊璽を祀るための神具です。 仏壇同様に小型にものも販売しているので、住宅の状況によって買い替えるのもよいでしょう。 閉眼法要は菩提(ぼだい)寺や近くの寺院に依頼しておこないましょう。 1-3.神棚・祖霊舎の処分 神棚や祖霊舎は仏壇とは異なり、特別な儀式などは必要なく新調できます。 そこで、位牌の整理の方法についてご紹介しましょう。 繰り出し位牌は、薄い板を重ね合わせて一つの位牌にするというもので、通常よりは多少大きくなってしまうものの複数の位牌を一つにまとめることができます。 過去帳への書き写しは僧侶に依頼するのが一般的ですが、自分で書き写してもかまいません。 2-2.霊璽の整理 買い替えた祖霊舎に霊璽が収まらない場合には霊璽を整理する必要があります。 霊璽の整理方法についてご紹介しましょう。 3.仏壇・神棚をシンプルにしよう! 3-1.仏壇・神棚を買い替える 最近では、生活の多様化などのニーズを受けて仏壇・神棚・祖霊舎なども大きく変化しています。 コンパクトな仏壇・祖霊舎も数多く販売しているので、住宅に合わせて最適なものを購入するというのも一つの方法です。 不用になった仏壇や神棚は、中古市場でも需要があるのでリサイクルショップや中古仏壇専門店などに買い取りを依頼してみるのもよいでしょう。 特に注目を集める中古仏壇・中古神棚についてご紹介しましょう。 古い仏壇では、現在入手困難な材料を使用しているものもあるのです。 中古仏壇は古いものでも、素材や作りのよいものに人気が集中しています。 需要のある神棚とは? 神棚はお神札を収めるための神具です。 中古市場で人気のある神棚は、古いものが人気を集めています。 不要な仏壇や神棚があるという場合には、売ってしまうのも選択肢の一つといえるでしょう。 関連記事 まとめ 仏壇や神棚を買い替える際に、古い仏壇・神棚をどのように処分すればよいのでしょうか?仏壇と神棚の買い替えのポイントについてまとめてみましょう。 仏壇の買い替えのポイント• 古い仏壇は閉眼法要をおこなう• 新しい仏壇には開眼法要をおこなう• 古い仏壇は自由に処分できる 仏教では仏壇に対しても法要をおこないます。 宗派によっては法要をおこなわない場合もあるので、親しい僧侶に相談してみましょう。 神棚・祖霊舎の買い替えのポイント• 特別な儀式をせずに買い替えが可能• 使用済みの神棚・祖霊舎は焚き上げで処分 神道では神棚・祖霊舎の買い替えに関しては特別な儀式は必要なく処分できます。 神棚の処分は、神社に依頼して焼却処分するのが一般的です。 神社への依頼が難しい場合には、粗大ごみやリサイクルによる処分でもかまいません。 仏壇や神棚・祖霊舎は位牌・お神札・霊璽などを収めるために使用するので、買い替えの際には、位牌や霊璽などを整理する必要性も生じます。 位牌や霊璽の整理方法についてまとめてみましょう。 位牌・霊璽の整理方法• 繰り出し位牌・合祀用霊璽で整理• 過去帳に記載し位牌・霊璽を整理• 年月の経った位牌・霊璽を整理の対象にする 増えてしまった位牌や霊璽は、それぞれ整理の方法があります。 位牌や霊璽をまとめる方法もあるので、買い替えによって収まらなくなってしまった位牌や霊璽をまとめることを検討するのもよいでしょう。 整理する際の法要や霊祭に関しては、僧侶や神職などに相談して決めることが大切です。 中古仏壇・中古神棚にも需要がある 仏壇や神棚の中には高価で売れるものもあります。 買い替えによって不要になった仏壇・神棚は売ることを検討するのもよいでしょう。

次の