ブラッド ボーン 筋力。 【ブラッドボーン】体力 持久力 筋力はあげるメリットはわかりますが、技術 血質 神秘のメリットはなんでしょうか? 【攻略まとめ】

【ブラッドボーン】周回完了!7周目到達まで一気に攻略しました!6周目をソロで攻略!無事にカンストしました!【ホラー/視聴者参加型】

ブラッド ボーン 筋力

対人というのは突き詰めれば結局、銃に始まり銃に終わる。 それを合理的に解釈して思考すると血質特化というビルドが考えられる。 千景と瀉血が持てるよう筋技を14にした。 これらの武器は変形後に血質の武器となり、補正も高めで大きな攻撃力が期待できる。 ただ、どちらも両手持ちになるので銃が使えなくなり、戦闘にはある程度の工夫が必要になってくる。 血晶石は物理乗算で良い。 血の攻撃力は物理乗算で上がるという仕組みになっている。 ただし、更なる血の攻撃力を求めるならば円形の血乗算の形状変化を狙っても良い。 その場合、変形前の攻撃力と内臓攻撃の威力が死ぬ。 パリイが取れた時は、内臓攻撃の代わりに千景抜刀攻撃をすると良いだろう。 シリーズに於いて、筋力と技術両方を同じだけ上げるビルドのことを伝統的に「上質」と呼ぶ。 武器の能力値補正による攻撃力増加幅の第一のピークは25であるため、筋技双方を25まで上げたスタイル。 聖剣のように筋技両方の補正が高い武器、パイルハンマーのように補正に恵まれない武器に有利な他、 例えば斧の筋力補正:B・技術補正:Dという場合も、上質が選ばれる。 無論、ここから更に攻撃力を上げる場合は筋力に振る。 紹介しているステ振りは筋技25で止めて体力持久に回しているが、実際はオススメ武器の欄に書いたとおり、上質向けでも補正の寄っている方を更に上げるほうが良いかもしれない。 血晶石は物理乗算が良い。 聖剣の変形後やパイルハンマーの溜め攻撃に命を賭けるなら重打特化や溜め攻撃特化も良いかもしれない。 銃の威力を高め、内臓攻撃の威力も高めるというビルド。 また、技血の組み合わせを想定しているであろう武器が複数有る。 所謂技血テンプレなどと言われるような、多数派のビルドかもしれない。 上記には載せいていないが、技術寄りの味付けを施したので技術ビルドや技術寄り上質ビルドの武器も視野に入れて良い。 これらの武器を扱いながら、纏まった威力の出る銃と組み合わせて戦えるというのは大きい。 考え方として、右手武器を重視するのか、銃の威力を重視するのかで技術と血質の比重は変わってくる。 銃の威力を重視したい場合は、技術は最低25で抑えてしまうという考え方もある。 逆も然り。 血晶石は物理血攻撃両方が上がる物理乗算が良い。 高レベルでなく、血質と神秘を両立するというのは、非常に珍しい発想であろう。 筆者も某動画投稿サイトでちらっと見かけただけである。 よって机上の理論で申し訳ないが、一応こういうこともあり得るということで紹介させていただく。 まず武器に関して、これは神秘を上げているから、属性血晶で何を使っても許される。 手に馴染んだ武器を使えば良いということである。 更に千景や瀉血といった高火力の一癖ある血質武器に、咆哮だの、手袋だの、彼方だのを戦術に絡ませることができる。 手元は忙しくなるが、これらを上手く化学反応させることができるかどうか。 銃も使うのだが、それには基本的に片手で戦える武器を持っておかなければならない。 血晶石は千景・瀉血は物理or血乗算、それ以外は属性乗算・加算になる。 アップデート1. 07以降、血晶石の性能が一部見直されたようである。 則ち、能力値補正加算の血晶石の効果が上方修正された、かあるいは、深淵血晶の効果が上方修正されたかである。 これに対する筆者自身の勉強が進んでいない。 故に、ここに書いてあるオススメの血晶石も、必ずしも正しくない可能性がある。 とりあえず、詳細はのページを参照されたいが、ともかくも、 筆者がこのページの筋力ビルドと全く同一のステで3デブ産と獣血産呪重い深淵を斧で比較した時、 重い深淵の方が50弱ほどステータス上の攻撃力が上昇した。 内臓攻撃の威力も、以前は物理乗算でなければ上がらなかったが、 どうも二重属性の武器に全強化をつけたりとか、高筋力で重い深淵をつけたりしたほうが、 3デブ産物理乗算よりも内臓攻撃の威力が高いようだ。 能力値補正加算についてだが、深淵血晶にはこれに特別な補正が掛かるようで、【6】とは段違いの効果である。 現在確認できるのは重い深淵と冷たい深淵であるから、筋力や神秘のビルドの道が開花したかもしれない。 鋭いと温かいは深淵がないからして、未だ日の目をみない。 この補正加算血晶、その武器の元々の補正が低いほど効果が高いようである。 重い深淵は、例えばノコ鉈、パイル、爪など、筋力寄りだが補正の低い武器に有効であるようだ。 これらの武器の筋力補正は一気にSになるが、そうすると当然2個目は効果が相当薄くなる。 故に、こういう補正加算というのは1つだけ付けるもののようである。 例えば、神秘50でノコ鉈を使う場合、失われたノコ鉈でもって、 古老産冷たい深淵(放射)・3デブ産炎乗算(三角)・炎乗算&加算(欠損) といったような組み合わせだと、高い効果が期待できるようだ。 youtube. pixiv. php? nicovideo. pixiv. php? pixiv. php? youtube. nicovideo.

次の

『ブラッドボーン攻略コラム』│ブラッドボーンおススメ武器、お役立ちアイテム | ゲーム王国、全国対応ゲーム買取

ブラッド ボーン 筋力

特徴 筋力・技術の両方を鍛え、様々な武器で戦うタイプ。 戦い方の幅が広く、操作も楽しめる。 ただし、必要ステータスが多いので完成も遅くなることに注意。 オススメの過去 銃や秘儀(神秘)をまったく使わないなら 暴力的過去か従軍経験がベスト。 暴力的過去• 体:12 持:11 筋:15 技:9 血:6 神:7• 従軍経験• 体:10 持:10 筋:14 技:13 血:7 神:6• 村の生き残り• 体:14 持:11 筋:11 技:10 血:7 神:7 ステータス• 体力: 30以上• 持久: 15以上• 筋力: 25以上• 技術: 25以上• 血質:初期値 or 装備必要分• ここでは両方の補正が高い武器を紹介。 ルドウイークの聖剣(必要:筋16技12)• 物理200筋B技Bまで伸びる剣。 モーション含めて優秀。 見た目含めて欠点らしい欠点がない強武器。 DLC: 月光の聖剣(必要:筋16技12神14)• 物理180+神秘100(補正:筋B技C神A)になるDLC追加武器。 神秘最低値でも十分威力はでる。 もちろん神秘を上げてもいい。 戦い方 スポンサーリンク 序盤の戦い方 装備やアイテム 初期過去にもよるが序盤は。 を参照にして、早いうちに 聖剣を目指そう。 ステータス まず体力と持久を15目安に上げる。 その後は 聖剣用の筋力16技術12を確保しておけばOK。 中盤以降 装備やアイテム 聖剣入手後は 聖剣をメインにして、サブ用の武器を探そう。 基本的にたいていの武器を使いこなせるので、好みの武器で問題ないだろう。 ステータス 聖剣用の筋技を確保したら、体力持久を共に20程度まで上げよう。 その後は火力不足なら筋力・技術、即死が増えてきたら体力、 という風にあげておけば問題ない。

次の

獣狩りの散弾銃

ブラッド ボーン 筋力

対人というのは突き詰めれば結局、銃に始まり銃に終わる。 それを合理的に解釈して思考すると血質特化というビルドが考えられる。 千景と瀉血が持てるよう筋技を14にした。 これらの武器は変形後に血質の武器となり、補正も高めで大きな攻撃力が期待できる。 ただ、どちらも両手持ちになるので銃が使えなくなり、戦闘にはある程度の工夫が必要になってくる。 血晶石は物理乗算で良い。 血の攻撃力は物理乗算で上がるという仕組みになっている。 ただし、更なる血の攻撃力を求めるならば円形の血乗算の形状変化を狙っても良い。 その場合、変形前の攻撃力と内臓攻撃の威力が死ぬ。 パリイが取れた時は、内臓攻撃の代わりに千景抜刀攻撃をすると良いだろう。 シリーズに於いて、筋力と技術両方を同じだけ上げるビルドのことを伝統的に「上質」と呼ぶ。 武器の能力値補正による攻撃力増加幅の第一のピークは25であるため、筋技双方を25まで上げたスタイル。 聖剣のように筋技両方の補正が高い武器、パイルハンマーのように補正に恵まれない武器に有利な他、 例えば斧の筋力補正:B・技術補正:Dという場合も、上質が選ばれる。 無論、ここから更に攻撃力を上げる場合は筋力に振る。 紹介しているステ振りは筋技25で止めて体力持久に回しているが、実際はオススメ武器の欄に書いたとおり、上質向けでも補正の寄っている方を更に上げるほうが良いかもしれない。 血晶石は物理乗算が良い。 聖剣の変形後やパイルハンマーの溜め攻撃に命を賭けるなら重打特化や溜め攻撃特化も良いかもしれない。 銃の威力を高め、内臓攻撃の威力も高めるというビルド。 また、技血の組み合わせを想定しているであろう武器が複数有る。 所謂技血テンプレなどと言われるような、多数派のビルドかもしれない。 上記には載せいていないが、技術寄りの味付けを施したので技術ビルドや技術寄り上質ビルドの武器も視野に入れて良い。 これらの武器を扱いながら、纏まった威力の出る銃と組み合わせて戦えるというのは大きい。 考え方として、右手武器を重視するのか、銃の威力を重視するのかで技術と血質の比重は変わってくる。 銃の威力を重視したい場合は、技術は最低25で抑えてしまうという考え方もある。 逆も然り。 血晶石は物理血攻撃両方が上がる物理乗算が良い。 高レベルでなく、血質と神秘を両立するというのは、非常に珍しい発想であろう。 筆者も某動画投稿サイトでちらっと見かけただけである。 よって机上の理論で申し訳ないが、一応こういうこともあり得るということで紹介させていただく。 まず武器に関して、これは神秘を上げているから、属性血晶で何を使っても許される。 手に馴染んだ武器を使えば良いということである。 更に千景や瀉血といった高火力の一癖ある血質武器に、咆哮だの、手袋だの、彼方だのを戦術に絡ませることができる。 手元は忙しくなるが、これらを上手く化学反応させることができるかどうか。 銃も使うのだが、それには基本的に片手で戦える武器を持っておかなければならない。 血晶石は千景・瀉血は物理or血乗算、それ以外は属性乗算・加算になる。 アップデート1. 07以降、血晶石の性能が一部見直されたようである。 則ち、能力値補正加算の血晶石の効果が上方修正された、かあるいは、深淵血晶の効果が上方修正されたかである。 これに対する筆者自身の勉強が進んでいない。 故に、ここに書いてあるオススメの血晶石も、必ずしも正しくない可能性がある。 とりあえず、詳細はのページを参照されたいが、ともかくも、 筆者がこのページの筋力ビルドと全く同一のステで3デブ産と獣血産呪重い深淵を斧で比較した時、 重い深淵の方が50弱ほどステータス上の攻撃力が上昇した。 内臓攻撃の威力も、以前は物理乗算でなければ上がらなかったが、 どうも二重属性の武器に全強化をつけたりとか、高筋力で重い深淵をつけたりしたほうが、 3デブ産物理乗算よりも内臓攻撃の威力が高いようだ。 能力値補正加算についてだが、深淵血晶にはこれに特別な補正が掛かるようで、【6】とは段違いの効果である。 現在確認できるのは重い深淵と冷たい深淵であるから、筋力や神秘のビルドの道が開花したかもしれない。 鋭いと温かいは深淵がないからして、未だ日の目をみない。 この補正加算血晶、その武器の元々の補正が低いほど効果が高いようである。 重い深淵は、例えばノコ鉈、パイル、爪など、筋力寄りだが補正の低い武器に有効であるようだ。 これらの武器の筋力補正は一気にSになるが、そうすると当然2個目は効果が相当薄くなる。 故に、こういう補正加算というのは1つだけ付けるもののようである。 例えば、神秘50でノコ鉈を使う場合、失われたノコ鉈でもって、 古老産冷たい深淵(放射)・3デブ産炎乗算(三角)・炎乗算&加算(欠損) といったような組み合わせだと、高い効果が期待できるようだ。 youtube. pixiv. php? nicovideo. pixiv. php? pixiv. php? youtube. nicovideo.

次の