遺族 年金 いくら もらえる。 年金の受給額~わたしはいくらもらえる?年代・年収・職業別に解説~

遺族年金の計算方法 誰でも5分で簡単に計算できる | マネーの達人

遺族 年金 いくら もらえる

遺族年金の仕組みは? 資料)厚生労働省「厚生労働白書」、内閣府「男女共同参画白書」(いずれも平成26年版)、総務省「労働力調査特別調査」(2001年以前)及び総務省「労働力調査(詳細集計)」(2002年以降)より作成 考えたくもないですが、もし万が一、パートナーが亡くなったとき。 その時のことを考えて、誰もが生命保険に加入していることと思います。 死亡保険だけは入っておくべきというスタンスですが、我が家も加入しています。 上記の例のように、 夫婦共働き世帯が多いですよね。 我が家のように、夫婦の収入で生計を立てている家庭も多いと思います。 つまり、片方の収入がなくなってしまうと、生活が一気に苦しくなるということ。 そんなときのために、生命保険や、遺族年金があるわけです。 この遺族年金、 「夫が亡くなったとき」「妻がなくなったとき」で、受取額が変わってくるんです。 遺族基礎年金 遺族年金は、遺族基礎年金と遺族厚生年金に分かれます。 遺族基礎年金は、会社員も自営業の方も一緒です。 ただし、夫が亡くなったのか、妻が亡くなったのか、で変わってくるんですね。 大前提として、 遺族の年収が850万円未満であること。 年収が高い人は、ダメってことです。 私は30代半ばで年収600万円程度なので、(今は)特段気にする必要はありません。 ただ、 50代になると教育費もかさむとき。 その時は年収が850万円を超えているかもしれませんので、(期待をこめて)今だけではなく、その時のことも考えておく必要がありますね。 遺族基礎年金はいくらもらえるか? 遺族基礎年金は、 子どもがいる年金加入者の全員が対象です。 子どもが18歳になった最初の3月末まで支給されます。 以前は、妻が亡くなったときは対象外だったみたいですね(そんなあほな・・・って思っていたんですが、2014年から対象となっています。 割と最近ですね。 これに、子ども1人につき 22万4,500円(3人目以降はなぜか7万4,800円と低い)。 つまり、子ども1人だと年間約100万円くらい(月額にすると約8. 3万円)もらえます。 再婚しない限り、生涯もらえるんです。 妻が亡くなったときとの違いがあります。 それは、65歳まで年59万円(月額換算4. 9万円)がもらえます。 中高齢寡婦加算という制度です。 これは、 遺族厚生年金受給者で、遺族基礎年金がなくなったときに妻の年齢が40歳を超えていれば対象です。 ただ、夫が亡くなったときのように、 中高齢寡婦加算がないんですね。 これってビックリですよね。 昔の制度だなという印象しかありません。 共働きの場合は、夫婦の収入で生計を維持していることを考えれば、おかしな制度だなと思います。 今まで、生命保険は、収入が高い(我が家で言えば夫)側の死亡保障を厚めにしておくべきと考えていました。 その考えに間違いはありませんが、遺族基礎年金のことを考えると、妻の死亡保険も少し増すほうがいいかもしれません。 遺族厚生年金 自営業者は、遺族厚生年金がないので、死亡保険は厚くしておくといいですね。 さて、その遺族厚生年金。 ただし、子どものいない30歳未満の妻の場合は、5年間のみ。 若い人は自分で生活費を稼ぎなさいってことなんでしょう。 さて、いくらもらえるのか? これは、(この場合) 夫の厚生年金の3/4が原則もらうことができます。 ざっくり計算ですが、子ども1人の場合で、標準報酬月額25万円の場合は、月3. 4万円(年40. 8万円)支給されます。 35万円(月4. 7万円(年56. 4万円)です。 具体的な計算方法は、。 これ、知ってびびりました。 えっ!!って感じです。 「夫が遺族厚生年金をもらえるのは、妻の亡くなったときに、 55歳以上の場合」に限られるんです。 しかも、 受給は60歳からとなっています。 遺族厚生年金は子どもに支払われますが、それは18歳まで。 大学に行けば、教育費が最もお金のかかる時期に、収入源が夫の給料というひとつしかないということになるんです。 子どもがいれば、夫も妻も支給対象• 遺族の年収が850万円未満のとき• 子どもが18歳になった3月末まで• 支給額は、年78万100円+子ども1人22万4,500円(3人目以降74,800円)• 妻は、遺族基礎年金終了時に40歳を超えていれば、 中高齢寡婦加算あり(年59万円、65歳まで)。 自営業の方は対象外。 子どもがいると妻は生涯もらえる。 子どもがいる夫は、 妻死亡時に55歳の場合のみもらえる(60歳から支給)、18歳になるまで子どもがもらえる。 自営業の方は対象外 ということになります。 一番、驚きなのが、 妻が亡くなったときの制度の手薄さ。 共働き家庭が増え、夫婦で家計を組んでいるのに、亡くなったのが「夫」か「妻」でもらえる年金が違うって、なんだか時代に合ってないですね。 いくらもらえるのか? 会社員の場合、 夫が亡くなったときに、子どもが一人いる家庭では、 夫が標準報酬月額25万円であったときには、 年約140万円(月11. 7万円)です。 子どもが18歳になる年度末以降になると、遺族基礎年金が中高齢寡婦加算に代わりますので、 年約99万円(月8. 2万円)になりますね。 自営業の方は、遺族厚生年金がありませんので、 年約100万円(月8. 3万円)です。 中高齢寡婦加算もありません。 妻が亡くなった場合も基本的に同じですが、中高齢寡婦加算がありませんし、標準報酬月額が少ないともらえる遺族厚生年金も少なくなります。 生命保険を考えておこう 年金って、ずいぶんとややこしいんですね。 ここで、家計のリスクは年金だけを考えてはいけませんね。 住宅ローンを組んでいる場合もあります。 団信がついていますね。 フラット35の場合は任意ですが。 例えば、住宅ローンを借りているのが夫だけで、住宅ローンの返済は夫婦の収入で考えている家庭(我が家のような場合)は、夫が亡くなったときよりも、 妻が亡くなったときのリスクが高いかもしれません。 夫が亡くなれば、住宅ローンはなくなりますが、妻が亡くなった場合は住宅ローンはそのまま。 しかも、もらえる遺族年金も少ないとなれば、家計リスクは高いと言えます。 我が家で言うと、妻がなくなると子どもが18歳になるまでは遺族年金がでますが、それ以降は収入はありません。 こうしたことを踏まえて生命保険をもう一度、考える必要があるかもしれませんね。 モデルケース どんどんややこしくなってきましたね。 事例があると分かりやすいと思うので、我が家のケースをざっくり計算してみました。 年収 夫約600万円 妻約200万円 住宅ローン 約2,600万円 死亡保険 夫死亡時4,000万円、妻死亡時3,000万円 遺族年金 夫死亡時年150万円、妻死亡時年100万円 我が家は団信に加入していないので、死亡保険で対応しています。 どちらが亡くなっても、住宅ローンは相殺できます。 しかし、妻が亡くなったときには、単純に年収が150万円以上下がることになります。 また、子どもが18歳になった年度末以降は、夫の収入のみとなりますね。 夫が亡くなったときには、世帯年収は800万円から一気に半分の400万円に下がりますので、教育費の不安が出てきますね。 住宅ローンを返済しても、1,500万円ありますが、10年で考えると年間150万円ですからね。 こうして具体的に見ていくと、我が家のリスクとは?が見えてきます。 ただ、保険は保険。 保険を掛け過ぎて、家計がしんどくなっても意味がありませんのでバランスが大事です。 生命保険を考えよう 生命保険のなかでも、死亡保険だけは入る価値が最も高いと思っています。 そうした死亡保険も収入保障保険など、いろんな種類があるので、どれに入るか迷いますね。 我が家もさんざん迷いました。 迷った場合は、専門家に相談するのが手っ取り早いです。 保険の専門家に相談したい場合は、「 」が無料で相談に乗ってくれますので、「自分たちの場合はどうなるんだろう・・・?」と不安に思った方は、相談しておきましょう。 以上、遺族年金と生命保険での補完のお話でした。 この記事では、遺族年金のイメージが持ってもらえれば幸いです。 ではでは。 <この記事を書くにあたって参照したサイト>• (、)• カテゴリー• 運営者 30代の会社員しながらブログ書いているジンです。 子育てしながら、資産1億円をめざして、お金を増やす、減らさないことを考えるブログを運営。 ふるさと納税歴5年。 お得なふるさと納税情報も発信しています。 株式投資では配当金再投資をメインに、不労所得を増やす方法を取っています。

次の

遺族年金はいくらもらえる?国民年金から出る金額と手続き方法

遺族 年金 いくら もらえる

旦那さんが亡くなった場合、遺族には年金が支払われます。 遺族年金っていくらもらえるのか、気になりませんか? 今回は「子育て世帯のお父さんが亡くなった場合にもらえる年金額」を計算してみようと思います。 遺族年金の目安 遺族年金の額は、たいてい月10万円ぐらいだと思います。 収入や家族構成によって変わってきます。 細かいことはよいのですぐ知りたいという方はをどうぞ。 計算方法を詳しくご説明していこうと思います。 サラリーマン家庭用の計算式です これから挙げる数字は、 ・サラリーマンの夫がいて ・妻と子(18才未満)がいる家庭 を前提にしています。 (妻に収入があってもかまいません。 ) それ以外のご家庭(自営業、国民年金加入、お子さんのいない家庭、18才以上のお子さんのいる家庭)については、改めて記事にさせていただこうと思います。 もらえるのは遺族基礎年金と遺族厚生年金 サラリーマン家庭で旦那さんが万が一亡くなった場合には 1 遺族基礎年金 2 遺族厚生年金 の二つが支給されます。 ちなみに、奥さんが稼ぎ手で、夫が専業主夫の場合は、遺族厚生年金はもらえません。 (奥さんの死亡時に五十五歳以上の旦那さんはもらえます。 ) 遺族基礎年金の計算方法 まず遺族基礎年金を計算してみましょう。 遺族基礎年金の金額は以下の通りです。 遺族厚生年金の額は、過去の年収の平均額をもとに計算されます。 就職した年から今年までの年収の平均額ってわかりますか? 子育て中のご家庭では、200万円台後半~400万円台となる場合が多いのではないでしょうか。 しかし式が複雑で、なんだか難しいですね。 子育て世帯の多くでは、こちらの計算式にあてはめたら十分だと思います。 遺族厚生年金額がやや高くなりますが、月数百円~数千円程度の差です。 ) 遺族厚生年金と年収の一覧表 遺族厚生年金額を一覧にしました。 遺族年金(=遺族基礎年金+遺族厚生年金)の額はいくら? 遺族基礎年金と遺族厚生年金を合わせた額(概算)の一覧です。 この金額を毎月受け取ることができます。 わが家は遺族年金14万円の見込 わが家の場合、夫のこれまでの年収の平均は約450万円でした。 (夫が厚生年金に加入したのが30歳代だったので、よそのお宅よりも多めだと思います。 ) そして子どもは2人。 今、夫にもしものことがあれば、遺族年金は毎月140,963円程度もらえることになります。 こんなにもらえるなんて、意外でした。 18才で減額 子どもが小さいうちは遺族年金は月14万円なのですが・・・ 子どもが18才になると、遺族基礎年金が減額されます。 (正確には、「子が18才になった年度の3月末日まで」です。 就職ではなく進学を選ぶとすると、このあたりから経済的には厳しくなることが予想されます。 必要額をきちんと計算して、生命保険、学資保険をかけることが必要になってきますね。 保険の無料相談が必須! お子さんの生まれる前や、マイホーム購入前には、保険の見直しをすることが大切です。 保険というのは、かけすぎも、足りなくても危険です! 私は出産前にたくさんの保険相談を利用しましたが、その中でも は、すごく詳しく相談に乗ってくださいました。 遺族年金の額についても考慮して、わが家にぴったりの保険を提案してくださいました。 保険加入をお考えの方にはぜひおすすめしたいです。 こちらの記事でも詳しくご説明しています。

次の

遺族年金とは?妻が受給できる金額や受給資格について徹底解説 マネリー

遺族 年金 いくら もらえる

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 「遺族年金はいつから?」を知る前に理解したい2つの種類 生計を支えていた家族が亡くなると、残された配偶者や子どもは悲しいだけでなく、生活の維持にも不安を覚えることでしょう。 遺族年金は遺族の生活を支えてくれます。 遺族年金の種類は、「 遺族基礎年金」と「 遺族厚生年金」の2種類です。 ここからは、それぞれの遺族年金の概要と受給要件について確認していきましょう。 遺族基礎年金とは? 国民年金に加入していた方が亡くなった場合に、 子どものいる配偶者や子どもに対して支給されるのが 遺族基礎年金です。 遺族基礎年金は、 子どものいない配偶者は受給できません。 また、国民年金の滞納期間があると遺族基礎年金が支給されない場合もあります。 請求先は 市区町村の窓口です。 過去にさかのぼって請求できる期間は 5年間と決められていますが、多くの場合はその後も請求できます。 亡くなった方や受給者の要件を満たさなければ、遺族基礎年金はもらえません。 亡くなった方の納付済期間や受給する方の収入などによって受給の有無が決まります。 遺族厚生年金とは? 厚生年金に加入していたサラリーマンが亡くなったときに支給されるのが、 遺族厚生年金です。 受給額は勤続年数や収入により異なるため、一律ではありません。 公務員を対象にしていた遺族共済年金は、遺族厚生年金に一元化されました。 遺族厚生年金は、厚生年金に加入中またはかつて加入していて一定要件をクリアしている方が亡くなったときに、家族に支給されます。 受給者は、亡くなった方との続柄や年齢によって定められた要件を満たす必要があります。 請求先は 年金事務所または 年金相談センターです。 過去にさかのぼって請求できる期間は 5年間です。 こちらも遺族基礎年金同様多くの場合は申し立てを行うことによって請求できます。 厚生年金加入者は、自動的に国民年金にも加入しています。 そのため、遺族厚生年金受給の対象者で子どもがいれば、遺族基礎年金もあわせて受給できる可能性があります。 遺族年金は「いつから」もらえる?基礎・厚生ごとに解説 家計を支えていた方が亡くなれば、家計にも安定した収入がなくなるため生活に対して不安を抱える方も出てきます。 そのため、遺族年金である「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」は 「いつから」もらえるのか気になる方もいるでしょう。 ここからは、それぞれの遺族年金の支給開始日はいつなのかを分かりやすく解説していきます。 遺族基礎年金の支給開始日 亡くなった日の翌月からが、遺族基礎年金の申請の対象です。 遺族基礎年金を受給するには、受給対象である遺族が必要な書類をそろえて役所に申請する必要があります。 遺族基礎年金の支給は、老齢年金と同じ 偶数月(2月、4月、6月、8月、10月、12月)です。 2か月分まとめてもらえます。 また、初回に限り奇数月に振り込まれることもあります。 申請後の手続きには時間を要するため、申請後すぐに入金されるかどうかはそのときの状況によって違います。 入金まで時間がかかっても、申請が通れば亡くなった翌月分以降の分をまとめてもらえます。 遺族厚生年金の支給開始日 遺族厚生年金の場合も、遺族基礎年金と同じで 家計を支えていた方が亡くなった月の翌月からが遺族厚生年金の申請の対象です。 必要書類を準備して申請します。 手続きの関係で支給開始日を過ぎた分は、初回振込時にまとめて振り込まれます。 夫を亡くした妻の場合、30歳未満で子どもがいない場合を除き要件なしで遺族年金を受給できます。 一方、妻を亡くした夫の場合は、申請対象が55歳以上で遺族年金の支給は60歳になってからです。 ただし子どもがいる場合は、年齢に関係なく受給できます。 遺族年金は「いつまで」もらえる?基礎・厚生ごとに解説 家計を支えていた方が亡くなった場合、国民年金と厚生年金のどちらに加入していたかで遺族年金をもらえる期間に大きな違いがあります。 遺族基礎年金よりも遺族厚生年金のほうがもらえる対象範囲が広いのが特徴です。 それぞれの遺族年金について、いつまで受け取れるのかを確認しましょう。 遺族基礎年金の受給期間 亡くなった方が国民年金に加入していた場合は、子どもの有無により受給できるかが決まります。 遺族基礎年金の受給対象は、 子どもがいる場合のみです。 遺族年金のおける「子ども」とは、 「18歳になる年度の3月末まで」または 「障害等級1級または2級に該当する子が20歳になるまで」です。 子どもが成長して、この期間を過ぎれば、遺族基礎年金の受給期間が終わります。 ただし、子どもがいる場合でも子どもが結婚すれば遺族基礎年金はもらえなくなります。 子どもがいない遺族の場合、はじめから遺族基礎年金はもらえません。 その分、 寡婦年金または死亡一時金を受け取れます。 寡婦年金は女性のみが対象で、一定条件を満たしていれば支給される仕組みです。 遺族厚生年金の受給期間 遺族厚生年金は、亡くなった方や受給対象となる方の年齢、子どもがいるかいないかで受給される期間は変わります。 以下に条件別に受給期間をまとめました。 ・30歳以上の妻または子どものいる30歳未満の妻:生涯支給されます。 ・子どもがいない30歳未満の妻:5年間限定で支給されます。 ・夫:55歳から対象となり、60歳から支給されます。 子どもの有無に加えて、亡くなった方が夫と妻のどちらなのか、妻の年齢が30歳以上なのかによっても遺族厚生年金をもらえる期間は異なります。 遺族年金は「いくら」もらえる?分かりやすい計算方法を紹介 遺族年金の受給期間がわかったら、どれくらいの金額がもらえるのか気になる方もいるでしょう。 ここからは、遺族基礎年金と遺族厚生年金それぞれが、いくらもらえるのかを確認しましょう。 2つの遺族年金は、計算方法が異なります。 遺族基礎年金の支給額 遺族基礎年金の支給額は、 受給対象の世帯に子どもが何人いるかを基準に計算します。 78万100円に、子どもの人数分だけ加算していく方法です。 子どもがいる家庭の年間の遺族基礎年金の計算式と、子どもの人数別の支給額の目安を以下にまとめました。 子どもが18歳になったり、結婚したりした場合は、その子どもの人数分だけ受給金額が少なくなる仕組みです。 遺族基礎年金を受給していても、 対象となる子どもがいなくなれば支給はなくなります。 (参考:) 遺族厚生年金の支給額 遺族厚生年金の支給額は、 亡くなった方の前年までの収入を基準に算出されます。 計算式は以下のとおりです。 000が適用されます (参考:) 遺族年金に関してよくある質問 Q:遺族年金の支給日と振込日は異なる? A:遺族年金の支給日は、一般的に年金と呼ばれることが多い老齢年金の支給日と同じです。 偶数月(2月、4月、6月、8月、10月、12月)の15日と決まっています。 15日が平日の場合は、振込日も同じく15日です。 しかし、15日が土日や祝日であれば振込日は15日ではありません。 振込日は銀行の前営業日です。 遺族年金の支給日と振込日は違う月もあると、頭に入れておきましょう。 Q:遺族年金はいつまでに申請すればよいのか? A:遺族年金は、基本的にはいつまでも申請できると考えて問題ありません。 「基本的に」というのは、年金の受益権には時効があるからです。 遺族年金の場合、時効期間は年金を受ける権利が発生してから5年です。 ですから、本来であれば申請をせずに5年経過すると、遺族年金をもらう権利はなくなります。 しかし、時効期間が過ぎたからといって、自動的に時効が成立するわけではありません。 年金の場合、国が「時効が成立した」と主張しなければ、時効は完成しません。 実際には、国がそのような主張をすることはないので、 亡くなってからどれだけ時間が経っても請求できます。 請求できなかった理由を添えて申請しましょう。 ただし、受け取れる年金の額は、 申請時からさかのぼって5年分です。 時効期間が来る前に申請するようにしましょう。 Q:遺族の公的年金の受給停止手続きはいつまでに申請すればよい? A:老齢年金や障害年金を受給している方が亡くなったら、 受給停止の手続きが必要です。 受給停止には、それぞれ手続きの期限が設けられています。 国民年金は 受給者が亡くなった日から14日以内、厚生年金は亡くなった日から10日以内です。 遺族が受給停止の手続きをせずに亡くなった方の年金を受給してしまうと「不正受給」となるので注意しましょう。 Q:長期と短期の要件で何が違う? A:遺族厚生年金では、亡くなった方の要件が長期と短期の2種類あります。 長期要件は 老齢厚生年金の受給者、または老齢厚生年金の 資格期間が25年以上の方です。 短期要件は老齢厚生年金の資格期間が規定に満たない方が亡くなった場合に、 残された配偶者や子どもに支給することを目的としています。 厚生年金に加入中に亡くなった方、厚生年金加入中に初診日がある傷病で初診日から5年以内に亡くなった方、障害厚生年金1級・2級を受給中に亡くなった方が短期要件に該当します。 亡くなった方が、長期と短期のどちらにも該当するケースもあります。 その場合は遺族がどちらを適用するのかを選択できます。 Q:遺族年金が受給できない場合とは? A:基本的に、亡くなった方と 同居していない場合は遺族年金の受給はできません。 ただし、経済的な支援を受けていた、連絡や行き来をしていた、DVなどで距離を置かなくてはいけなかった、介護や長期療養などのため別居していたなどの場合は受給可能です。 また、遺族年金受給者が亡くなった、結婚をした、離縁したなどの場合も受給ができません。 Q:年金の再審請求はいつまでに行えばよい? A:年金の再審請求は、 不支給決定通知が届いてから3か月以内に行う必要があります。 行政不服審査法の改正法の施行前である平成28年3月31日以前は、再審請求の期限は60日以内と定められていました。 以前よりも再審請求できる期間が1か月延びたことになります。 期限を1日でも過ぎてしまえば、請求は受け付けてもらえないので注意しましょう。 郵便で信書として送られたものに限り、請求期限内の日付の消印がついていれば請求は認められます。 まとめ 遺族年金には「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」があります。 どちらも 一家の大黒柱が亡くなった日の翌月からが支給対象です。 いつまで受け取れるのかは、遺族年金を受給する方の家族構成や年齢などによってさまざまです。 遺族年金の支給日は 偶数月の15日です。 15日が平日でない場合は、振込日が前営業日に変更されます。 また、遺族年金が受給できない条件もいくつかあります。 不支給決定通知が届いてから3か月以内であれば再審請求ができるので、希望する場合は期日内に請求を行うとよいでしょう。 遺族年金について調べているうちに、葬儀費用などについてもあわせて確認しておきたいと思われた方もいるのではないでしょうか。 では葬儀・法要プランから相続・遺品整理まで幅広くサービスを取り扱っております。 ご興味のある方は、小さなお葬式へご相談ください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の