家政婦のミタゾノ 走る。 家政夫のミタゾノの松岡昌宏の衣装のメガネのブランドと値段は?

家政婦のミタゾノ1話から時事ネタオンパレードで話題に!

家政婦のミタゾノ 走る

[家政夫のミタゾノ あらすじ&犯人考察] 2020年4月スタートの今作で3作目となる「家政夫のミタゾノ」ですが、前作から引き続き主役の三田園 薫 松岡 昌宏)に加え、 甥役での村田 光(伊野尾 彗)と若い家政婦役で恩田 萌(川栄李奈)を加え始まります。 新シリーズではアラブで石油を採掘する一族に仕えていた三田園が 「むすび家政婦紹介所」の結頼子(余貴美子)から日本に呼び戻されるところからスタートします。 頼子から、おいの光を一人前にするというミッションを課せられた三田園は、光と若い家政婦の萌を連れて、3人体制で家政夫業を始めます。 前作同様に家政夫で雇われた訪問先で色々な事件を三田園が防ぎそれを2人がサポートをしていくといった流れに今回もなりそうですね。 物語としては脱税疑惑をかけられて倒産寸前の「むすび家政婦紹介所」だったが、晴れて営業を開 始します。 それを機に三田園が日本に戻されます。 戻された理由は再興もあると思いますが、1番の理由としては「依頼者」の条件 でした。 個人資産800億円とも言われる丹波フーズ会長・丹波幸之助(大和田伸也)の家。 丼専門チェーン『丼・来放題(ドン・キホーダイ)』 の成功で一躍トップに上り詰めた飲食業界のドン・丹波は、家政婦の採用にも「モデルのような高身長で、若くて美しい顔の女性」 と厳しい条件を設けており、なかなかそれをクリアできる人材がいなかったところ、「三田園なら」と白羽の矢が立ったというわけです。 「何者かに命を狙われている」と打ち明けられたその矢先、西洋甲冑の斧が倒れてきたり、床が滑りやすくなっていたりと、三田園たちは相次いで丹波が命の危機にさらされる瞬間を目の当たりに。 丹波には歳の離れた若き美人妻・ユリア(太田莉菜)がおり、彼女の存在を快く思っていない妹の悦代(大島さと子)をはじめとした人間たちがチラホラおります。 ではこの丹波を狙った犯人は誰なのでしょう?ポイントとしては斧が倒れてきたこと、床が滑りやすくなっていたこと、丹波自身が命を狙われていると気づいていることから犯人は身近な人物である可能性が高いと思われます。 人物としては美人妻のユリア、妹の悦代、のどちらかが怪しいと思われますが、気になるのは総資産800億円との記述があることから「むすび家政婦紹介所」を倒産の危機から救ったのは 実は丹波である可能性もあります。 だとすれば結頼子も事情を知っている可能性がありその内情を知ってよく思っていないのは妻のユリアだと思われます。 家政婦の採用にあたっても「モデルのような高身長で、若くて美しい顔の女性」は後付けで会社を救った後に、そういえば今〇〇な条件の家政婦を探しているんだけど、という流れのほうが自然です。 だったらと日本で探した方がよっぽど効率がよいのにわざわざアラブから三田園を呼び戻すということになったのかなと思います。 「むすび家政婦紹介所」の倒産をとめたのは丹波であったが結頼子に弱みを握られており、せざるをえなかった。 会話の流れから家政婦を結頼子のところより雇うことになり気が進まなかった、それでもやってきたためライフルで威嚇したが一向に帰らないのを悟った丹波はあることを思いつく。 それは「命を狙われている」ということにしようという事。 結論を申せば全て丹波の自作自演であるという事です。 動機の矛先は結頼子であり難癖をつけて家政婦を追い出しなんらかの形で「むすび家政婦紹介所」に復讐しようと目論見ますが、三田園に見破られてしまい、結果結頼子から「やっぱり三田園がいてよかった」などいわれ終わるような気がします。 命を狙われ始めた時期が三田園らが来た辺りから始まっているならやはりここは自作自演を疑うべきでしょう。 では今まで丹波の回りはというと何の不自由もない普遍的な生活で、ただ「モデルのような高身長で、若くて美しい顔の女性」の家政婦がいたらいいなぐらいです。 どこかの段階で「むすび家政婦紹介所」と関連ができ普遍的な日常が崩壊したため今回の手段を思いついたと考えられます。 家政婦仲間の残りの2人は目の当たりの出来事が全てな為、事件とは関連性は薄いと思われます。 なので、犯人はおらず全て丹波の自作自演であると思われます。 カテゴリー•

次の

「家政婦のミタゾノ」がアパ不貞祭りに!袴田吉彦の熱演がヤバすぎた

家政婦のミタゾノ 走る

最近は地上波のテレビをほとんど観なくなったんですが・・ そんな僕が、どこかでふと観た予告が気になって観始めたドラマが・・ 家政婦のミタゾノ いや、もとい 家政夫のミタゾノです(笑) どうみても、男なんですよね(笑) TOKIOの松岡昌宏主演です。 家政婦のミタではなく、ミタゾノ。 家政婦のミタは日テレでしたが 家政夫のミタゾノは、テレ朝です。 ・・・ということは・・ テレ朝が、公然と日テレの番組をパクったのか!? という感じがしてましたが(笑) 実はそうではなさそうで。 連続ドラマとしての放送実績もあるそうですが、これは僕も知りませんでした。 視聴率は、2時間ドラマで20%を超える高視聴率・・ いや、今となっては夢のような数字ですが、昔は2時間ドラマならこれぐらいは 期待されていたのかもしれないですね。 でも人気シリーズだったことは間違いなく。 1983年から2008年まで、2時間ドラマで全26回放送されています。 松嶋菜々子さん主演の「家政婦のミタ」については 内容は「家政婦」が主人公であること以外はとくに共通点はないのですが そのタイトルのネーミングは、どう考えても、「家政婦は見た!」から取られたことが間違いない感じですよね。 その市原悦子さん主演の「家政婦は見た!」を放送していたのが・・ なんと、テレ朝なんですよ(笑) で、今回、テレ朝がナイトドラマ枠で始めたのが 「家政婦のミタゾノ」 ということはですよ・・ 「家政婦は見た!」 市原悦子 テレ朝 「家政婦のミタ」 松嶋菜々子 日テレ 「家政婦のミタゾノ」 松岡昌宏 テレ朝 ということで、 要は、「テレ朝が、『家政婦シリーズ』の奪還を目論んでいる」 ということがわかります(笑) 松嶋菜々子ミタによって日テレにもっていかれた家政婦を、ミタゾノ松岡昌宏でテレ朝に取り戻す! という強い意思の表れではないでしょうか、このタイトルは(笑) ちなみに、内容については ミタゾノは、ミタと見た!をかけ合わせたような内容になっております(笑) ミタのような謎の多い主人公・ミタゾノ。 そのミタゾノが、その家に起こる事件を解決していくという・・ (ミタの場合は、その家庭問題を解決するような内容だったと思いますが、ミタゾノの方は、見た!のように犯罪がらみの話です) ミタゾノおもしろい これが、みていてけっこう面白いんですよ。 実はぼくは同時にもうひとつドラマをみていまして、「IQ246」という織田裕二さん主演の 「上質な推理ドラマ」として紹介されていたドラマなんですが・・ IQ246は、どこが推理ドラマなのか、サスペンスなのか、全然わからないぐらいに 謎がほとんどありません(笑) そして、主人公・織田裕二さん演じる「法門寺 沙羅駆(ほうもんじしゃらく)」が たいして事件の謎を解き明かさないんですよ(笑) というか、事件に深みがない(笑) これでよく「上質な本格派ミステリー」と銘打てたなと(笑) 最後の最後で、結局、どうやって殺人したか方法がわからなくて 犯人にしゃべってもらったりするんですよ。 まあ・・法門寺が警察の人ではないので、別に解決しなくても良い、という立場だから、といえなくもないですけど・・ 脚本書いてる人が、ミステリーとか書けない人なんじゃないかと密かに思っています。 それに対して、 ミタゾノは、ミステリー感がすごいです(笑) いや、そんなにからくりがあるわけではないんですけどね。 ただ、みている人に「へぇ〜〜そうきたか!」と思わせるようなラストが毎回用意されています。 悪いやつと思っていたやつが単純に悪いやつじゃない、とか 良いやつ風だったけど、実は裏があった、とか。 ミステリーとは全然関係ないんですけど、 TOKIO松岡さんのオカマ声も、なんだか癖になりますし(笑) 見様によっては、「あ、こういう女の人いる」というふうにもみえますしね(笑) ミタゾノの言う「いたみいります」の意味とは 主人公・三田園薫は本当は男らしいんですけど。 いや、男じゃなかったらビビりますけどね、女役を松岡さんにやらせるの!?という(笑) 決め言葉というか、決まり文句があるんです。 家政婦として仕事をしにいった先の主人から その家事能力を褒められたりした際に、ミタゾノが謙遜して言うことば 「痛み入ります」 これってどういう意味なのか・・ わかるようで、わからないので(笑) ちょっと調べてみました。 いたみいります の意味とは ・相手の言動に対して、申し訳ない、恐縮する ・「御厚情(ごこうじょう)いたみいります」という言い方もある ・武士語? ・「おそれいります」と同じ意味とされる場合もある ・「おそれいる」にはないが、「いたみいる」はやや皮肉をこめた場合にも用いる ・相手のあつかましさにあきれる場合に用いることもある ということで、 まあ、普通にとれば 「おそれいります」をちょっとたいそうに言った感じ。 でも、あのミタゾノさんですからね〜〜 ぼくは、そこには皮肉を込めているんだと思っています。 「そんなことも知らないの!?」みたいな気持ちも実はこもっているとか(笑) 最終話では、ミタゾノさんが女装して家政婦の仕事をしている理由が明かされるのか!? 「家政婦は見た!」同様に、シリーズ化を期待してます! AR30.

次の

家政婦のミタゾノ走るとスゴイ!

家政婦のミタゾノ 走る

先輩力と後輩力、どちらも備わってる TOKIO・松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『TOKIOWALKER』(NACK5)。 7月12日の放送では、ジャニーズの先輩・木村拓哉がインスタグラムで、松岡の主演ドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)について触れたことを感謝する場面があった。 松岡はこの日、『家政夫のミタゾノ』について語る中、毎話登場するゲストに年上の先輩俳優たちが多かったことや、彼らとの交流などを明らかにしながら、「役者さんの先輩とか、いろんなテレビで活躍されてる、バラエティをおやりになってる先輩とか、そういう先輩にもありがたいことに可愛がってもらってるんですけど……。 「俺もおっさんですよ。 もうおっさんのほうに入ってます」と自嘲し、「一番上は、うちは近藤真彦さんね。 マッチさんがいて東山(紀之)先輩とかね、錦織(一清)先輩とかいて少年隊さんがいて……。 いろいろ先輩いるんだけど圧倒的に後輩のほうがもう多いわけですよ」と、事務所の先輩の名を挙げながら、「僕は上から数えたほうが早いわけですよ。 多分僕、もう(先輩が)10人いないんですよ」と明かしたのだった。 さらに続けて、「TOKIOとトニセン(20th Century)とKinKi(Kids)が集まると、よくその話するんだけど……」と前置きしながら、「やっぱり先輩っていてほしいんです、いくつになっても」と素直な胸の内を吐露。 「『松岡さんは松兄ぃとか言われてるから、兄貴タイプですよね?』とか言われるんですけど、俺、どっちかって言ったら子分タイプですからね」と言いながら、後輩といるのも嫌ではないものの、先輩と一緒にいて、マネジャーのようにいろいろと身の回りの手伝いをするほうが得意だと語る場面も。 また松岡は、「先輩との交流みたいなものっていうのは俺、大好きで」と前置きしつつ、仲の良い先輩である東山が、番組や雑誌で自らのことを語ってくれることを例に出し「『ああ、後輩やってて良かったなぁ』って思う瞬間なんですよね」としみじみと語った。 さらに、「いろんな人から連絡が来て、やっぱりすげえなと思ったのがですね、木村拓哉さんがね、インスタグラムで『ミタゾノ』のポスターと一緒に撮ってくださって」と、木村が6月29日、インスタに投稿した写真についても言及。 松岡は「『すげーな、こんなにスタッフみんな感動しちゃうんだ』、みたいなね」と笑いながら、「でもうれしかったですね、ほんとに」と感慨深げに語り、「木村先輩もね、同じ局で違うドラマをおやりになってて、もちろん拝見してて。 ああ『ミタゾノ』知っててくれてるんだ、みたいなね。 うれしいなぁって」と深く感謝していたのだった。 世間でも大いに話題になった木村からのメッセージは、松岡本人や現場スタッフにしっかり届いていたようだ。

次の