ラインブロックされているか確認。 【2020年最新版】LINEで友だちにブロックされているか確認する方法!(Android/iPhone)

2020年度最新版!LINEでブロックされたどうかの確認方法について徹底解説

ラインブロックされているか確認

ブロック中に送られたメッセージは解除後、既読になるのか ブロック解除後に気になるのが、自分が相手をブロックしていた間に送られていたであろうメッセージに既読がつくか、つかないかであろう。 結論から言ってしまうと、ブロック中に送信されたメッセージはブロックしている側の方では受信することができないため、例え解除した後であっても既読処理されることはない。 そのため、仮に一時的にブロックを行っていたものを解除し新規メッセージのみに既読が付いた場合には、送信者側は自分がブロックされていたのではないかと勘づいてしまう可能性があるので注意が必要である。 LINEがブロックできない場合 まれに上記のような正規の方法を用いても「 ブロックに失敗しました」と表示されてしまいLINEをブロックすることが出来ない場合が存在する。 その原因としては主に2通り存在し1つがLINE側の不具合である。 LINEのデータを管理しているサーバーと呼ばれる部分に何かしらの障害が発生した場合などが、それにあたる。 もう1つがブロックしたい相手が名前に特殊文字 Unicode を使用している場合である。 万が一、ブロックしたくてもLINE側の不具合により出来ない場合には一定時間感覚を空けてから試してみるといいだろう。 その一方で、特殊文字に関しては根本的な対処法が無いため暫定的な方法とはなってしまうがトークを非通知にするなどすることによって対処するしかなさそうだ。 なお、これらの原因以外にもLINE公式アカウントである「Notification」についてはブロックを行う事ができない。 詳しくは下記記事を参考にして欲しい。 ブロックした人物を完全に削除する方法 ブロックした人物は「 ブロックリスト」より解除を行うことができることは上記で説明したが、今後一切連絡を取ることがないからいっそのこと完全に削除したいといった方は下記方法から削除を行うことができる。 また、ブロックリストに存在する人物を一斉 まとめて に削除することは現時点ではできず個別に削除する必要がある。 LINEでブロックされたらこうなる 何気なくLINEを交換してはみたものの連絡がしつこく関係を断ちたいといった際にブロックしてしまえば相手からメッセージを受ける心配はなくなると思ってはいないだろうか。 ここでは実際にブロックされたユーザーおよびブロックしたユーザーの視点に立ってどういった状態に陥るのか紹介していく。 個人トーク 個人トーク(個チャ)では相手ユーザーをブロックした場合、トーク入力欄に「 ブロック中」と表示され友だち一覧からも表示が消えてしまう。 なお、これまでのトーク履歴は自分で削除しない限りは残る。 ブロックされた状態でメッセージを送っても相手側には届かないため 既読がつくことはない。 ただ、これだけでは未読無視している可能性もあるためブロックされているか否かを判断する材料としてはいまひとつと言える。 個人トーク(鍵マーク) 2016年8月31日より、個人トーク(個チャ)上部の名前横に「鍵マーク」が表示されるようになったが、これは相手側がブロックしている場合でも表示される仕組みとなっている。 なお、このマークは「」機能を互いに有効にしている場合にのみ表示される。 アルバム 個人トーク及びグループトークで共有したアルバムはブロックされた後であっても写真の確認、追加、編集を行う事が可能となっている。 ただし、これらの操作を行ったとしてもブロックした相手側のアルバム内容が更新されることは無いので注意が必要だ。 なお、相手がブロックを解除した場合にはブロックされていたタイミングで編集した内容に更新・表示されるようになっている。 グループトーク グルチャ 個人トークでは、ブロックした場合は相手にメッセージを送ることはできなくなり、ブロックされた側のメッセージも受け取ることが不可能となることが分かったところでブロック前およびブロック後に複数人で形成されるグループトークではどのような変化が起こるのだろうか。 答えは、例えブロックした相手であっても同じグループ内にいる場合であればメッセージは届き、ブロックした相手が送ったメッセージも読むことが可能となっている。 つまるところ、ブロックしようが、しまいがグループトーク内に限って言ってしまえばブロックの意味は為さないこととなる。 ブロックしたから読まれることはないと考え、むやみやたらに無駄なことを言わないよう気をつけるようにして欲しい。 ブロックされているユーザーが電話をかけた場合、呼び出し音は鳴るもののブロックした側には通知がいかないため当然電話に出ることはない状態となる。 これも個人トーク同様、はなから無料通話を使用しない設定にしている場合や相手側の都合が合わず電話に出れない可能性も考えられるためブロックされているか否か判断する材料としては弱いと言える。 LINE Out 世界中のほとんどの国々に電話をかけても最大3分間は通話料が無料となる「 LINE Out」ではどうだろうか。 結論から言ってしまうと、LINE Outは電話番号に直接電話をかけるため着信拒否をされていない限りLINEをブロックされていても無料通話および無料ビデオ通話とは異なり繋がってしまう。 どうしても連絡を絶ちたい際にはLINEのブロックだけでは無く相手の電話番号も着信拒否に設定する必要があるので注意が必要だ。 」と表示されてしまった場合はブロックされてしまった可能性が少なからず考えられる。 ただ、こちらも設定より表示するユーザーを変更することができたり、投稿を全て削除してしまった可能性も考えられるため判断基準としては不十分と言える。 なお、「アクセス権限がありません。 確認後、再度アクセスしてください。 」と表示されてしまった場合には次のコンテンツを参照して欲しい。 LINEミュージック つい最近のアップデートにより新たに実装されたプロフィール及びタイムライン上のBGM機能であるが、ブロックされてしまっている場合これらに関してはどのようになってしまうのか。 なお、当然ではあるが相手側がBGMを設定していない場合には表示されない。 ステータスメッセージ ひとこと プロフィール画像、ホームカバー画像、ステータスメッセージ、BGMが変更された際に表示される。 プロフィール画像右上の緑マークはブロックされている場合であっても表示されるようになっている。 また、ステータスメッセージについてもブロックされている場合であっても更新されれば新たなものへと置き換わるので確認する手段としては用いることができない。 最近更新されたプロフィール 赤い点 友だち一覧に表示されるようになった「最近更新されたプロフィール」欄にはブロックしたユーザーは表示されない仕組みとなっている。 もちろん、赤い点も表示されなくなる。 ライン連携ゲーム LINEツムツムなど 「LINEツムツム」や「LINEファイター」といったいわゆるライン連携型ゲームでは、友だちとの協力プレイやランキングを競う機能が実装されている。 仮に友だちをブロックあるいは、友だちにブロックされた場合これらの機能に影響はでるのだろうか。 今回、LINEツムツムで実証したところ友だちをブロックした場合には一定時間が経過した時点でランキング一覧から該当の友だちは表示されなくなった。 その一方で、自分自身がブロックされてしまった場合には友人がランキングから非表示になることはなくハートなどを送信することも可能となっていることが判明した。 そのため、ブロックした相手からハートを送ることも可能となっておりその際は給付者の名前やアイコンが表示されることはなく「 unknown」と表示される。 ブロックされているか確認したい相手とのトークを開く• 「 プレゼント」をタップし適当にスタンプを選択• 「 すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません。 」と表示されなければブロックはされていないこととなる 「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません。 」と表示される 今回、上記エラーメッセージが出てしまったとしても落胆するのは早計だ。 「LINE STORE」でのブロック確認方法は以下の通り。 注意 この確認方法は2016年8月の仕様変更に伴い利用することができなくなっています• ブロックされているか確認したい相手とのトークを開く• 「 招待」をタップし調査対象者とは違う友人を選択 招待が完了すると新しいトークが追加されるのでそこに調査対象者が追加されればブロックはされていないこととなる LINEでブロックされた相手にメッセージを届ける方法 以前までは、グループを作成しグループ名にメッセージを入れてブロックした相手を招待すると通知が行く仕組みであったが2016年7月3日の仕様変更により、現時点ではメッセージを伝える方法は存在しない。 詳しくは次のページを参考にして欲しい。

次の

【2020年最新版】LINEで友達からブロックされているか確認する方法!【APPTOPI編集部調べ】

ラインブロックされているか確認

LINEブロックの意味は? ブロック機能は、LINE上で連絡を避けたい相手を指定して、 相手からのメッセージや通話の着信などを受信しないようにするための機能です。 残念ですが、相手から連絡を断ちたいと思われているということですね。 もし相手からブロックされても、それを知らせるような通知は届かず、トーク画面も今まで通り特に変化がないため、 すぐに気づくのは難しいかと思います。 この記事では、そんな「LINEでブロックされたかもしれない」という時の確認方法や対処法についてをまとめてご紹介していきます。 スタンプのプレゼントでブロックされているかを確認 AndroidとiPhoneでやり方は多少異なりますが、どちらの方法もとても簡単です。 Androidの場合 有料スタンプ、無料スタンプのどちらでも確認はできますが、無料スタンプでは条件クリアがないものでないと、相手にプレゼントできません。 すでに持っているスタンプから選んで選択する方法と、スタンプショップから選んで確認する方法の二つを紹介します。 スタンプを選んで、プレゼントするをタップします。 友だち選択画面から、ブロックされているかどうかを確認したい相手を選択します。 チェックを入れてから 次に もしくは選択 を押して、問題なく購入画面に進んだ場合はブロックされていません。 スタンプショップから確認する方法 ウォレットからスタンプショップを開き、スタンプを選択します。 「プレゼントする」を押すと画面が変わるので、友だち一覧から相手を選びます。 もしここで購入画面が表示されれば、ブロックはされていません。 iPhoneの場合 端末内の画面からLINEを開きます。 友だち一覧から確認したい相手を選択して、 購入画面に移動すればブロックはされていません。 もしうまく進まない場合には、ラインストアから好きなスタンプを選択して、友だち一覧から相手を選びます。 こちらも名前を選択した後に、購入する画面へ移動すればブロックされていないことがわかります。 ブロックされている場合に出る表示で判断する このように、購入画面を見るだけでとても簡単に調べることができます。 表示される内容を詳しく説明すると、 スタンプのプレゼント確認画面に表示されるメッセージで判断します。 その人の名前を選択して、次の画面を進もうとすると 『このスタンプを持っているためプレゼントできません』と表示される場合はブロックされている可能性が高いです。 無料通話をかけて調べる 相手に無料通話をかける方法でも調べることができます。 自分から音声通話を発信することは可能ですが、 ブロックが解除されるまでは相手に着信が届くことはありません。 そのため、発信者側には 「応答がありません」と強制終了されたメッセージが表示されます。 いくら電話をかけても着信があったことすら相手に伝わらないため、 相手にバレることもありません。 普段から無料通話でやり取りしている人は、確実な確認方法かと思います。 前までは、Android端末では特別なエラーコードが表示されるため、相手にブロックされているかどうかを確かめる最も確実な方法と言われていましたが、現在はわからないようにアップデートされたようです。 ブロック中に送ったメッセージの行方は? 自分のトーク画面にはメッセージが表示されますが、 ブロック中の相手のトーク画面にそのメッセージが表示されることはありません。 ブロックされる前に送った未読の状態のメッセージは、ブロック解除後に相手がトーク画面を開いた時点で既読がつきます。 ですが、ブロック中に相手に送ったメッセージは、解除後に相手に再度送信されることはないので、 送った側にはメッセージの表示と既読がつきますが、相手側には既読が付きません。 そもそもブロック中はメッセージの受信が拒否されていた状態なので、その期間はメッセージを送っても気づかれないままになってしまいます。 なぜ送った側だけに既読がつくのかと言うと、 LINEがブロックされた事実をわからないように配慮しているからなのだそうです。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

LINE「ブロック」完全ガイド──したら/されたらどうなるか、確認方法など2020年最新版

ラインブロックされているか確認

どうも『ペコ』です。 本日のテーマはSNSマニアなら知っておくべき 『【2020年版最新】相手にバレずにLINEブロックを確認する方法まとめ』 についてご紹介します。 『元カレ、元カノのことが忘れられなくて、久しぶりにLINEしたけど返信が全然ない』 『合コンで知り合った女の子から連絡がこない』 『喧嘩した友達からLINEしても全然返信ないし、既読マークすらない』 まさかね、自分がLINEブロックされたとは思いたくないですが この記事を読んでいるあなたはおそらく、LINEブロックされている可能性は高いです。 可能性のままの状態で、現実を見たくないのか。 ・・・ あるいは LINEブロックされたという事実を把握してこれからの友情関係のかてにするのかはあなた次第! そして、一番気になるブロックの確認の行動が相手にバレるのかどうかですよね。 ブロックされてないのにブロック確認の行動が相手にバレてしまったら最悪ですよね? ではこれからLINEであなたがブロックされているかを確認する方法『 2020年度最新版』 ブロックを確認する方法はいくつかありますが 今回はペコが知っている 全てのLINEブロックのされているかを確認する方法をご紹介します。 スポンサーリンク LINEブロックをされた側の変化• ブロックをされている等の通知はない• 友達リストもこれまで同様に表示される• トーク・通話もこれまで通り出来る(相手には永遠に届かない)• タイムラインは『まだ投稿がありません』となる• LINEゲーム(ツムツム)などランキングから消える• プロフィールBGMは通常どおり更新される• グループ内の人からブロックをされても既読数は通常通り• アルバムやノートはブロックされても過去の物は閲覧可能• LINEブロックされた人が『Unknown』の名前に変更• タイムラインのいいねができなくなる 下記の関連記事ではLINEブロックをした側・された側がどうなるかを画像を用いて解説しているのでもっと詳しくブロックした・された人がなにができるのか?なにができないのか? 確認したい人は下記のリンクをクリックして熟読してくださいね。 LINEブロックされたか確認する5つの方法• スタンプを使ったブロックの有無を確認する方法• ひたすらメールや電話をかけて確認する方法• タイムラインを確認してブロックを確認する方法• ひとことを確認してブロックを確認する方法• 他のSNSでのブロック状況を確認する これら5つの方法がLINEのブロックの有無を確認出来る方法となります。 これから一つずつLINEでブロックをされているかを確認する方法を解説していきますね。 LINEブロックを確認しやすい順番で紹介していますので、ぜひ、記事の順番通りにLINEブロックされたかどうかを確認してみてください。 1:スタンプを使ってLINEブロックされたかを確認する方法 アンドロイドとiPhoneでは少しだけブロックの有無の確認する際に利用するスタンプの種類は違いますが原理は基本的に同じになります。 iPhoneでは無料スタンプをプレゼント Androidでは有料スタンプをプレゼントして ブロックのされているかを判断していきます。 簡単に説明するとLINEブロックされているだろうあなたの友達へ 有料スタンプ・無料スタンプを送るふりをして そこに表示されるコメントから ブロックをされているかを確認することが出来ます。 ブロックをされていると上記の画像のように 『 すでにこのスタンプをもっているためにプレゼントできません』 と表示されます。 もしかすると、あなたの送ったスタンプを 本当にすでに持っている可能性があるので このスタンプをプレゼントしてブロックを確認する方法は、何度かスタンプを変えて ブロックの有無を確認するようにしましょう。 『iPhoneユーザー』無料スタンプを送ってLINEブロックされているか確認する方法 まずはスタンプショップをLINEアプリ内から開きます。 Eventを選択し、無料スタンプを適当に選びます。 そして、ダウンロードではなく『プレゼントする』を選択しましょう。 ブロックされているであろう相手を検索し選択。 もう一度、プレゼントするをポチッと選択。 『OK』を選択します。 OKを押すと実際にスタンプが送られるますので心の準備を。 実際にブロックされていないのであれば上記のような画面が表示され、ちゃんとLINEスタンプをプレゼントすることができます。 しかし、実際にブロックされているとこのような画面が表示されます。 もしかすると、すでに実際に送ったスタンプを本当に持っている可能性があるので、いくつかの無料スタンプを試して送ってみる。 あるいは、隠しスタンプを利用している送ってみる方法もオススメします。 有料スタンプであれ、隠しスタンプであれ、ブロックされていると相手側のスタンプの保持に関わらず上記のような画面になります。 『Androidユーザー』スタンプを送ったLINEブロックの確認方法 『・・・』を選択して 上記の画面を表示させましょう。 ここでは有料スタンプを利用した LINEブロックの確認方法を解説しますので 『スタンプショップ』を選択しましょう。 有料スタンプはどれでも構いませんので 適当にまずはスタンプを選択してください。 今回は最新のスタンプ『リラックマ』 のスタンプを使用。 ここで 『プレゼント』を選択してください。 購入を選択してもブロックされているかを 確認することはできませんのでご注意下さい! こちらの画面で ブロックをされているであろう友人を リストの中から選び『選択』を押してください。 この画面が表示された理由は2つ• 本当に相手がすでにこのスタンプを持っている• あなたをブロックしているか の2通りしかありません。 本当にプレゼントしようとした有料スタンプ 相手が持っている可能性があるので いくつかの有料スタンプで プレゼントをして試してみてください。 5回程、この方法を行ってみて 全て同様のコメント 『このスタンプを持っています』 が表示された場合 ブロックされている可能性大です。 スポンサーリンク 2:電話やメールでLINEブロックされているかを確認する方法 ブロックされているかもしれないとわかっていてもまずはトークをしてみて様子を見てみましょう。 もちろん相手が忙しい状況であれば相手からのトークの返信はないでしょうが・・ それならば電話をかけてみましょう。 ブロックをしていない友達からLINE電話がかかってきたら 『なんかあったのかな?』 って少しは気になりますし、LINE電話をかけ返してくるでしょう。 あくまでも!!もし相手画面に通知されていればの話ですが・・・ もし相手に通知が一切届かなければ 相手はあなたからの着信やトークに気づくことはなく 一生連絡が返って来ることはないでしょう。 現在のLINEの使用頻度から見て海外へ行っているなどの例外がなければ 返信が3日もなければ間違いなくブロックされていると思っていいです。 Android版限定|LINEブロックをされると下記の表示画面が表示される Android版限定ですが、LINEブロックをされている・されていない時のコール後の強制終了に表示される表示が画面が異なってきます。 上記写真の左側がLINEブロックされていない時の表示画面『応答なし・もう一度無料通話を発信・ボイスメッセージ』と表示されていますが。 上記写真の右側のLINEブロックされている時の表示画面は『応答がありません』これだけ。 電話してLINEブロックを確認するのはなかなか勇気がいるかと思いますが、ぜひ、Androidユーザーは試して欲しいLINEブロックの確認方法になります。 3:タイムラインを確認してLINEブロックされているか確認する方法 もしあなたが LINE ブロックをされると あなたは相手の タイムラインを閲覧することができなくなります。 タイムラインって以外と使ったことがない人もいるでしょうが・・・ これまで閲覧を出来ていたタイムラインがある日を境に閲覧出来なくなった場合 あなたはブロックされているかも・・・・しれない。 また、タイムラインでこれまでいいね!を押した記憶がある方で、現在、その友人のタイムラインが表示されていなければ残念がながらブロックされているでしょう。 関連記事 こちらからで分かりやすくタイムラインのブロック関連をご紹介しています。 4:『ひとこと(ステータス)』からLINEブロックされているかを確認する方法|ホーム画面 これまでにスタンプを使った方法やタイムラインを使用した方法からブロックの有無を確認することしか出来ませんでしたが 『 ひとこと』からもブロックの有無を確認 することができるようになったのです。 LINEブロックを行ってもひとことだけはブロックされた側に、あなたがひとことを更新するたびに ブロックした相手画面でもひとことが更新されるんです。 この記事を読んでいるブロックした人はひとことの扱いにはくれぐれも注意しましょう。 ブロックされた?人はひとことをまずはスクショして数日、数週間など時間をおいて 前回、スクショした画面と現在の ひとこと画面を 比較してチェックすることをおすすめします。 関連記事 上記でまとめてありますので確認してみてください。 LINEブロックの確認|LINEで友達をブロックをする人の気持ちや行動知ってる? このLINEブロックを確認する方法を読んでいるあなたは、ブロックされているという恐怖感と不安でいっぱいだと思います。 もちろん、これからある友達をブロックするために、自分がブロックしたことを相手に相手にバレないか心配でこの記事を読んでいると言う人もいるでしょう。 ただね!この記事を読んでくれているあなたに伝えたい。 ブロックする人もされる人もそこには人間関係の溝があるということ。 ブロックされた人は『 友達になにかしませんでしたか?』 ブロックしたい人は『 プライバシーたっぷりのLINE IDをサクッと気軽に教えたりしてませんか?』 そこには必ずLINEブロックをする・されるという理由が存在します。 特にLINEブロックをされた人はこちらのLINEブロックをする人の気持ちを確認してみてはいかがでしょうか? 関連記事 LINEブロックの確認|LINEブロック中に送ったメッセージは受信できないが、解除後に既読になる仕組み 上記の画像をみて頂きたいのですが、 トークの内容が噛み合っていないですよね。 1『おい』両画面で確認 2『どこですか』両画面で確認 3『ブロックいま、されました』左側のみ確認、右側は受信してない 4『届いてません』左側のみ確認 5同様 6同様 7『これからブロックを解除します』左側のみ確認 8『やっぱりブロック中のメッセージは相手には届きません』 よくみて頂きたいのが ブロック中に送られたメッセージ達。 相手側の画面には表示されておらず全く読まれていないにも関わらず ブロック中に送られたメッセージ全てに既読がつきます。

次の