仮想通貨 送金。 Zaif(ザイフ)での送金方法と送金手数料

どうやって送るの?仮想通貨の送金を分かりやすく解説

仮想通貨 送金

目 次• 仮想通貨の送金の仕組みや銀行との違い 仮想通貨の送金情報はすべて記録されており、不正が行われないようにチェックされています。 また、銀行などと比較して送金時間がかからないというメリットがあります。 送金情報は全て記録される たとえ送金しても記録が残っていなければ、不正やトラブルのもとになりかねません。 法定通貨でいえば、銀行が全ての送金記録を管理しているのはこのためです。 同様の問題を防ぐため、 仮想通貨はブロックチェーン上に送金情報をすべて記録しているのです。 送金元と送金先、送金額といったデータがすべて記録されています。 このデータを第三者が正しいかどうかをチェックし、正しいと承認することになっています。 この作業によって、送金にからむ不正を防ぐ仕組みになっているのです。 送金にかかる時間 仮想通貨の送金は、法定通貨のように銀行などの機関を通して行われるわけではありません。 パソコンやスマートフォンなど端末同士のデータやり取りによって行われます。 間に特定の機関を通す必要がないため、海外などへの送金が素早くできるのが、仮想通貨の大きなメリットです。 ただ上にも書きましたが、送金時に不正が行われていないことを承認するための時間は必要です。 このため、全ての仮想通貨が即座に送金できるというわけではありません。 ビットコインやイーサリアムのように利用者が増えると、承認作業も増えて時間がかかるようになり、送金スピードの低下を招くという問題が起きています。 承認がないと、誰が誰にどれだけ送ったかがわからなくなるし、悪いことにも使われちゃうもんね。 仮想通貨を送金する流れ 仮想通貨の送金に当たって必要なのは、基本的に相手方のアドレスだけです。 また、送金そのものは即座に行われますが、マイナーによる承認が完了するまでは送金が反映されません。 送金を行う主な場面 送金は取引所とウォレット間、取引所同士、ウォレット同士、取引所・ウォレットから企業などへ行うケースが考えられます。 目的は下の表のようになります。 送金に必要なものはアドレスのみ 仮想通貨の送金そのものは難しくありません。 送金先のアドレスを入力し、そこに送る手続きを行うだけです。 あとは相手側に反映されるのを待つだけです。 ただし仮想通貨によっては、 リップルの宛先タグのように別の情報が必要となるケースもあります。 送金時にはちゃんと確認しておきましょう。 送金は「即座」に行われるが「未承認」の状態 後述しますが、最近は「仮想通貨を送ったけれどなかなか届かない」という事態が発生していますが、送金そのものは即座に行われています。 ではなぜ反映されないかというと、マイナーによる承認が行われるまでは 「未承認」の状態となっているからです。 マイナーが承認して初めて、相手側に送金が反映されるという形になっています。 マイナーによる承認作業 上でも少し触れましたが、電子データである仮想通貨の送金時には、不正が行われる危険性があります。 このため、送金時に不正が行われていないことを承認する作業が必要です。 仮想通貨では「マイニング」という言葉をよく聞きますが、このマイニングこそが承認作業なのです。 不特定多数のコンピューターなどを使って、マイナー(マイニングをする人のこと)が承認作業を行っているわけですね。 もちろん承認作業をタダで行うわけではありません。 送金の際にかかる手数料が、マイナーに報酬として支払われる仕組みになっているのです。 中にはリップルのように中央集権的な組織が承認者を選定し、承認に当たっての報酬を支払わないというケースもあります。 マイニングについて詳しくは「」で説明しています。 リップルはアドレスの他に「タグ」というものを入力しないと正しく送金されないそうよ。 送金を有効にする承認作業って何? 仮想通貨の送金において承認作業が必要なのは上で触れていますが、具体的に承認作業ではどのようなことが行われているのか、もう少し具体的に説明していきましょう。 ウォレットの持つ情報 仮想通貨のウォレットには、送金において重要となる3つの情報が入っています。 秘密鍵と公開鍵、ビットコインアドレスです。 秘密鍵 秘密鍵とは、そのウォレットに対するすべての操作を行うために必要な鍵です。 この秘密鍵が流出すると他人にウォレットを勝手に操作されることになりますので、気を付けて保管すべきデータだと言えます。 送金するときにはさまざまな情報が暗号化されますが、この暗号化に必要となるのが秘密鍵です。 秘密鍵がなければ、送金自体を行うことができないのです。 公開鍵 秘密鍵を使って暗号化されたデータは元に戻す必要がありますが、このときに使用されるのが 公開鍵です。 秘密鍵に対応した公開鍵を使わなければ、暗号化解除を行うことはできません。 公開鍵は秘密鍵を元に作られますが、公開鍵から秘密鍵が特定することは現時点のコンピューターの能力ではほぼ不可能です。 なお、秘密鍵・公開鍵について詳しくは「」で説明しています。 ビットコインアドレス 銀行でいうと口座番号に相当するもので、送金時には相手方のビットコインアドレスを入力する必要があります。 27~34桁の英数字で、公開鍵から作成されるものです。 ちなみに、ランダムに27~34桁の英数字を入力しても送金作業は行えますが、対応する公開鍵がないので仮想通貨を受け取れなくなります。 この問題については後述します。 送金リクエスト 送金するに当たってはまず、送金リクエストが必要となります。 ATMで振り込みを行う際に、さまざまな情報を入力するのと似たような感じですね。 当たり前ですが、この情報がないと送金自体ができません。 ・秘密鍵で暗号化 上の情報をそのまま送信すると、ハッカーによって抜き取られてしまう可能性があります。 そうならないようにするために暗号化を行いますが、このときに秘密鍵が必要となります。 ・リクエストをP2Pへ送信 暗号化された送金リクエストの情報を、P2Pという双方向ネットワークで相手方に直接、送付します。 この段階で、送金側にできる作業は完了です。 暗号化されたリクエストを検証 送信されたデータは、不正が行われていないかどうかマイナーがチェックします。 チェックが完了してマイナーが承認して初めて、相手側にリクエストが到着します。 あとは相手方が対応する公開鍵を使って暗号化を解除すれば、無事に送られた仮想通貨を受け取ることができるというわけです。 マイナーへの報酬として手数料が発生 上でも触れましたが、送金には 手数料が必要となります。 この手数料が、マイナーへの報酬として支払われるのです。 たとえば、ビットコインやイーサリアムが採用している POW(Proof of Works)という承認アルゴリズムだと、高額の報酬があるものから先に承認されていくことになります。 これが仮想通貨送金における別の問題を生み出している原因のひとつとなっていますが、これについては後ほど詳しく説明します。 銀行でも、相手の口座番号さえあれば送金できるもんね。 口座番号がアドレスで、暗証番号が秘密鍵ってことか。 仮想通貨送金のメリット 仮想通貨送金のメリットとしては、地域・国に関係なく短時間で可能ということが挙げられます。 また、銀行などよりも低コストというのも、メリットと言っていいですね。 地域・国に関係なく短時間で送金できる 法定通貨の場合、海外送金は銀行を通して行います。 このときに、送金元の国の銀行と、送金先の国の銀行の2つを通すことになります。 送金を行ってから反映されるまでにかかる時間は、おおむね1週間ほど。 ただ、現地の銀行の状況によっては、さらに遅れるという事態もあり得ます。 また、東南アジアのように銀行口座を持っていない人が7割を超えているケースもあります。 この場合には銀行による送金は不可能で、さらに時間がかかる現金書留を利用するしかありません。 これに対して 仮想通貨ならば、早ければ数秒、遅くても数時間あれば送金可能です。 銀行口座を持っていない人でも、ウォレットを開設していれば送金可能です。 つまり、地域や国に関係なく短時間で送金できるのが仮想通貨のメリットなのです。 低コストで海外へ送金できる 意外と知らない人も多いのですが、銀行の海外送金手数料はかなり高くつきます。 数千円、場合によっては1万円を超える金額となることもあります。 これに対して、仮想通貨の送金手数料は非常にリーズナブル。 たとえばビットフライヤーの場合、以下のようになっています。 (2018年9月下旬現在の価格相場から算出。 円換算は上3桁を四捨五入) 手数料 円換算 ビットコイン 0. 0004BTC 300円 ビットコインキャッシュ 0. 0002BCH 12円 イーサリアム 0. 005ETH 130円 イーサリアムクラシック 0. 005ETC 6. 4円 ライトコイン 0. 001LTC 6. 9円 モナコイン 無料 無料 リスク 0. 1LSK 38円 一番高いビットコインで300円ですから、銀行の送金手数料と比較するとかなり割安なことが分かりますよね。 法定通貨だと銀行が間に入るもんね。 銀行の利益として手数料がかかるのが当然だと思ってたけど、中央集権ではない仮想通貨なら、マイナーへの報酬だけで送金できちゃうんだ! 仮想通貨送金のデメリット・注意点 ただ、仮想通貨の送金には、 アドレスを間違えると仮想通貨が取り戻せなくなる可能性があるので、注意が必要になってきます。 また、ビットコインやイーサリアムは承認件数の増大に伴い、送金時間や手数料が増大しており、今後の課題のひとつとなっています。 アドレスを間違えると取り戻せない 上でも少し触れましたが、ビットコインの場合、ランダムに27~34桁の英数字を送金先アドレスに入力しても、送金手続き自体は行えます。 そして、公開鍵がないため受取人も存在しません。 これは、間違ったビットコインアドレスを入力した場合、あて先のない送金が行われたうえ誰も取り出せない、つまりビットコインが「消失」してしまうことになるのです。 この点については、どの仮想通貨も基本的に同じです。 しかも、こうした送金ミスを行った場合、基本的に自己責任で対処しなければなりません。 つまり、この仮想通貨は取り戻せないのです、 ビットコインの送金時間・手数料の拡大 ビットコインのように取引や送金の量が増えてくると、承認作業が大幅に増加し、承認そのものに時間がかかるようになってしまいます。 イーサリアムでも同様のことが起きています。 イーサリアムの場合、取引や送金だけでなく、契約実行を自動化するスマートコントラクトの承認も必要なので、より承認作業が増えやすい状態です。 こうなると、普通に送金したのではなかなか相手方に反映されません。 結果として、送金スピードが速いという仮想通貨のメリットが損なわれてしまいます。 これは POW(Proof of Works)というビットコインやイーサリアムの承認アルゴリズムも原因のひとつです。 POWは報酬、つまり手数料を高く設定した取引から承認され、手数料の安い送金などは後回しになるからです。 送金スピードを上げるためには、追加手数料を払うという方法があります。 ただ、この場合は手数料が安いという仮想通貨のメリットが損なわれるので、難しいところです。 企業間の送金に使われることを目的としているリップルは、送金スピードが速くなるシステムを採用していますが、別の仮想通貨からリップルに交換する手数料がかかります。 ビットコインとイーサリアムはこの問題解決に動いていますが、ビットコインのライトニングネットワークの採用、イーサリアムの POS(Proof of Stake)への移行など、抜本的に問題を解消するまでにはまだ時間がかかりそうなのが現状です。

次の

暗号資産(仮想通貨)を送金する方法、通貨、おすすめ取引所まで紹介!

仮想通貨 送金

送金手数料は当社が負担していますので、送金手数料無料で、世界中のどこへでも仮想通貨を送金することができます。 仮想通貨の送金には、Google Authenticator、もしくはSMS通知の二段階認証の設定が必要となります 【二段階認証「メール通知」をご選択のお客様】 Google Authenticator・SMS通知へ変更をお願いいたします。 【「Google Authenticator」・「SMS通知」をご選択のお客様】• 仮想通貨:送金する仮想通貨をご選択ください。 送金先アドレス追加• 「仮想通貨送金」画面の「送金先」より「追加」をクリックしてください。 「ラベル」:お客様の任意で作成できる送金先の名前等(10文字以内) 「送金先アドレス」:送金する先の受金アドレス• 「宛先タグ」:XRPの場合、宛先タグ入力項目が表示されます。 送付先に宛先タグを指定する必要がない場合は「宛先タグなし」とご選択ください。 送金可能額が表示されますので、送金額をご入力ください。 ETH(イーサリアム)を送金する場合、コントラクトアドレスには送金できませんので、ご注意ください。 送金後の取消しはできませんので、ご了承ください。 送金の概要 送金対象仮想通貨 BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル) 送金手数料 無料 送金数量最小制限 BTC(ビットコイン)の送金額は、0. 01BTC以上であれば小数第8位まで指定することができます。 BCH(ビットコインキャッシュ)の送金額は、0. 02BCH以上であれば小数第8位まで指定することができます。 ETH(イーサリアム)の送金額は、0. 1ETH以上であれば小数第8位まで指定することができます。 LTC(ライトコイン)の送金額は、0. 1LTC以上であれば小数第8位まで指定することができます。 XRP(リップル)の送金額は、10XRP以上であれば小数第6位まで指定することができます。 送金数量最大制限 BTC(ビットコイン)は、上限値200BTCまでご指定いただけます。 BCH(ビットコインキャッシュ)は、上限値1,000BCHまでご指定いただけます。 ETH(イーサリアム)は、上限値4,000ETHまでご指定いただけます。 LTC(ライトコイン)は、上限値5,000LTCまで指定いただけます。 XRP(リップル)は、上限値1,000,000XRPまで指定いただけます。 送金の訂正・取消 送金依頼完了後の訂正・取消はできません。 送金先アドレス・送金額・対象通貨は、お間違いの無いようご確認の上、ご依頼ください。 BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル)の受金アドレスは、それぞれ異なります。 アドレスを誤って送金される事象が多く発生しています。 十分ご注意ください。 送金所要時間 ・XRP 購入後すぐに送付(送金)可能とします。 ただし、お客様の資産を保護するため、その他合理的な理由がある場合には、送付(送金)依頼から送付(送金)完了まで時間を要することがあります。 また、仮想通貨の送付(送金)にかかる時間につきましては、レジャーにおけるトランザクションの状況により変化いたしますので、一定ではございません。 ・BTC、BCH、ETH、LTC 送付依頼は取引受渡日に可能とします。 つまり、購入した営業日の16時以降に可能となります。 営業日は平日の16時に翌営業日に切替えます。 土日祝日は取引受渡日となりませんので予めご了承ください。 金曜日の16時以降に購入した仮想通貨が送金可能となるのは日曜日の16時以降となります。 月曜日が祝日の場合は火曜日が平日であれば月曜日の16時以降可能となります。 各仮想通貨の送付(送金)にかかる時間につきましては、ブロックチェーンにおけるトランザクションの状況により変化いたしますので、一定ではございません。 送金の注意点 「送金先アドレス」や「宛先タグ」を間違えて送付した場合、送付した仮想通貨は戻りませんのでご注意ください。 仮想通貨を受金する場合は、取引サイトへログイン後、メニュー「入出金・振替」にある「受金(預入)」を選択してください。 以下のように各仮想通貨の受金用アドレスが表示されますので、『受金アドレス(お客様専用の受金アドレス)』をご利用ください。 受金手数料無料で、世界中のどこからでも仮想通貨を受金することができます。 受金の概要 受金対象仮想通貨 BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル) 受金手数料 無料 受金額 BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)受金額(預入数量)小数第8位まで受付いたします。 XRP(リップル)受金額(預入数量)小数第6位まで受付いたします。 受金数量制限 受金額には、上限も下限も制限はございません。 受金の訂正・取消 受金後の訂正・取消はできません。 ご送金の際は、送金先が対象の仮想通貨の、お客様専用の受金アドレスであることをご確認ください。 受金額の残高反映 BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル)は、お客様の受金アドレス宛の送金情報がブロックチェーン(レジャー)に更新された後、一定数承認され次第、口座残高へ反映されます。 【仮想通貨取引に関するリスク説明】 仮想通貨取引は、価格変動・流動性・システム・信用リスクなど、様々なリスクが存在しますので、取引の特徴、仕組及びリスクについて、十分にご理解いただいたうえで、自己の責任とご判断によりお取引ください。 なお、仮想通貨は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。 インターネット上でやりとりされる電子データです。 また、当社はレバレッジを利かせることが可能な証拠金取引サービスの提供も行っています(最大レバレッジ4倍をご利用の場合は、取引金額の25%分の必要証拠金を予め預託する必要があります。 レバレッジコースはレバレッジ取引1・2・4倍の選択制です)。 証拠金取引は少額の資金で、その差し入れた証拠金を上回る取引を行うことができる一方、大きな損失が発生し、その損失額は差入れた証拠金を上回るおそれがあります。 当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお客様の取引コストとなります。 相場急変動等により、スプレッド幅が拡大、または、意図した取引ができない可能性がございます。 また、証拠金取引では、スプレッドのほか、建玉管理料が取引コストとして発生します。 上記リスクは、仮想通貨取引の典型的なリスクを示したものです。 詳しくは当社提供の約款、説明書などをご覧ください。 仮想通貨に関する留意事項• 当社が取り扱う仮想通貨は、当社自身が資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。 金融庁・財務局が、これらの仮想通貨の価値を保証したり、推奨するものではありません。 仮想通貨は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。 仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。 《仮想通貨を利用する際の一般的な注意点》• 仮想通貨は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。 インターネット上でやりとりされる電子データです。 仮想通貨は、価格が変動することがあります。 仮想通貨の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。 仮想通貨の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。 仮想通貨や詐欺的なコインに関する相談が増えています。 仮想通貨を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。 詳しくはを御覧ください。

次の

仮想通貨ビットコインの送金の仕組み

仮想通貨 送金

もしアドレス間違いで送金してしまったらどうなる? この場合、2つのことが考えられます。 間違った送金アドレスが 存在しない場合• 間違った送金アドレスが 存在する場合 ということです。 スポンサーリンク しかし、仮想通貨は銀行が管理しているわけではありません。 管理者がいないというのが仮想通貨なのです。 ちゃんと戻ってくる方法はありますので。 その場合まずは、あなたが送金するのに利用した取引所に連絡してみましょう。 「存在しない送金アドレスの間違い」はエラーになります。 間違って送金したことを伝えればおそらくほとんどの取引所で対応してくれます。 仮想通貨の送金アドレス間違いを調べる方法とは? では、先ほどお伝えした送金アドレスが、実際に存在するのかしないのかをどうやって調べればいいかを教えるね! ブロックチェーンインフォ Blockchain info というサイトがあります。 このサイトでアカウントを作成すればオンラインウォレット上にビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュを保管しておくことができます。 今回はウォレットとして使うのではなく、アドレスを調べるために使いますのでアカウントの作成は必要ありません。 画像の右側の「サーチ」にあなたのビットコインアドレスを入力してクリックします。 すると「あなたの取引履歴」が確認できますが、ここで 「取引履歴がない」もしくは 「トラザククションの数値がない」場合は送金先のアドレスが存在していないということになります。 トラザクションとは「いつ、どこから、どこのアドレス宛にに、何をいくら送金したか」という記録のようなものです。 イーサリアムの送金履歴を確認する場合はEathesscanというサイトで見ることができます。 右上の空欄にイーサリアムアドレスを入れて「GO]をクリックすると このように履歴が確認できます。 そんなの知らないとシラを切って、こちらからの連絡を無視することも考えられます。 その場合は、最悪あきらめるしかないでしょう。 しかし、実際に返ってきた人もいます。 スポンサーリンク 国内の取引所だったら日本語で連絡すればおそらく返ってくると思いますが、問題は海外の取引所です。 とりあえず間違って送金したことが分かったら下の例文を相手に送ってみてください。 Dear [取引所名] I mistook the transferring address when I proceeded the payment. Can you please tell me what I can do to restore my coins. Detail: coin:[送金した通貨]Amount : [送金した総額]To:[間違えた送金先アドレスと通貨名(例:BTCを送ろうとしたのにETHアドレスに送った場合、ETHアドレスとETHと記載)] Best Regards [あなたの名前] (日本語訳) 「送金を行った際、送金先アドレスを間違ってしまいました。 仮想通貨を返していただきたいのですがどうすればよいでしょうか?方法があれば教えていただきたいのですが」 送金アドレスを間違えない方法 仮想通貨のアドレスって英数字がごちゃごちゃになっていて文字数も多いので、それを 一文字ずつ入力していたら間違う可能性があります。 高額なビットコインや他の仮想通貨を間違って送金したら目も当てられませんからね。 送金アドレスは必ずコピー&ペーストで入力することをおすすめします。 そうすれば送金アドレスをミスってしまうことはないですからね。 それと、 高額の仮想通貨を送金するときは、1回で全部送金しないことをおすすめします。

次の