ゲーム 実況 収益 化 無効。 ゲーム実況収益化の注意点!配信サイトごとに収益を得る方法や出来るゲームを解説

【YouTube】2019年4~5月に収益無効化されたチャンネルはどうするべきか?

ゲーム 実況 収益 化 無効

日常用にすると言いつつそんなに日常でもないことを書きます。 いや誰かの役に立つかもしれない記事があるとアクセス数上がるって聞いたから。 【ゆっくり実況動画の収益化はできるのか】 なんか自分にできることで誰かの役に立つかもしれないことって考えて、自分ニコ動で偽実況やってるんですけど、将来的にゆっくり実況動画で広告収入とかは見込めるのかなーって調べるだけ調べておこうと思ってぐーぐる先生に相談しました。 あ、勿論二次創作の動画で収益化って話ではないです。 二次創作は非営利でやってるからお目こぼしがもらえるんだからそゆことしてはだめですそのくらいはわかります。 今は収益化許可されてるゲームもあるので、オリジナルキャラとかうp主の的なやつでのゆっくり実況での収益化はできるのかなってお話です。 収益化するにあたって確認しないといけないのは、動画作るのに使うものが営利移用してもいいのかどうかですね。 で、自分が動画作るのに使ってるものの規約を確認していったので、もしゆっくり実況動画作りたいできれば収益化したいって思ってるひとの参考になったらいいなあという自分用兼ねたメモです。 n番煎じです。 メモなので万一これ読んでやってみよって思った方はちゃんとそれぞれ最新の規約を確認してくださいねー。 ゆっくりMovieMakerもnicotalkもこれがないと使えません。 ありがとうございます。 一般公衆ライセンスというのに則っただそうです。 商用OKっぽいです。 やったー。 ・ ゆっくりMovieMaker 饅頭遣いさん 以下YMM ちょっとややこしいのがこちら。 多くのゆっくり実況はこのソフトの力を借りて作られてるかと思います。 個人的な感想としてはAviutlの編集機能をちょっと減らして、ゆっくり機能やそのゆっくりボイスに立ち絵くっつける機能が付いてるかんじのとても便利なソフトです。 無料で使えるのすごい。 ありがとうございます。 YMM自体は営利利用に特に制限はないそうです。 わあい。 が、YMMの機能の中にはYMMの開発者の饅頭遣いさんが作ったものではないのが含まれてます。 そのへんのはそれぞれの権利者さんが決めてるのでそれぞれ確認します。 ・ キャラ素材 ズーズさん YMMでは声に合わせて立ち絵の表情を切り替えたり立ち絵に目パチ口パクをさせたりが簡単にできますが、そのへんはこちらののおかげだそうです。 ありがとうございます。 こちらはnicotalkの開発者のズーズさんが作ってくれてます。 nicotalkは素材を揃えて規格に合わせて台本作るとそのとおりに音声やら立ち絵やらBGMやら背景やらをAviutlに設置してくれるこれまたすごいツールです。 テキセのリプレイとか作るのに超便利です。 無料とかすごい。 で、このキャラ素材は商用利用禁止です。 が、「企業に所属しない個人が」「のクリエイター奨励プログラム」または「の広告付き動画」での収入を得ることは「今の段階では」許可されてます。 有難いことですね。 もしもマナーの悪い人が増えちゃうとそれも禁止にされちゃうのかな。 ちょっと怖いな。 万一自分が迷惑かけるとあれだから念のためにキャラ素材じゃなくて画像で立ち絵置こうかなとかぼんやり考えてる。 ・ エンジンAquesTalk 株式会社アクトさん いわゆるゆっくりボイスの大元。 YMMだけでなくやなんかもこちらを使ってます。 ありがとうございます。 こちらは営利利用の際は公式にて「使用ライセンス」を購入する必要があるそうです。 自分が使ってるYMMだとAquesTalk2も入ってるみたいだからそっちも必要ですね。 それぞれ6. 264円だから12. 528円。 なるほど。 元を取れる自信が付いてからじゃないとちょっと手を出しにくいお値段かもしれない。 自分が貧乏なだけかもしれない YMMでは 確かnicotalkでも ほかにも、結月ゆかりさんたちVOICEROIDやさとうささらさんたちCeVIOやあとやUTAUの音声ライブラリにも お喋りしてもらうことができたと思うので、 直接お喋りさせるんじゃなくてカスタムボイスという機能で音声と字幕と立ち絵が同期できる感じみたいです そちらを使うときはそちらの規約をよく読んで営利利用可能か確認する必要がありますが自分使ったことないんでちょっとわかりません。 でもゆかりさんとかささらさんとか可愛いので興味はあります。 えっCeVIOお歌も歌えるの気になる… CeVIO使うようになったので ・ 立ち絵 自分は立ち絵の類は自作したい派なのでここは許可とか関係ないですね。 キャラ素材対応の素材は沢山配布されてます。 収益のある動画で使っていいかはキャラ素材と同じみたいです。 ただ、配布が許可されてるのは公式から二次創作におおむね許可が出てるジャンルのみとのことですが、許可が出てるってことはみたいのがあると思うので、そこで営利目的の二次創作が許可されてないジャンルはだめですね。 まあだいたいはだめですね。 立ち絵なしか、とかみたいのを自作するか絵師さんにお願いして描いてもらうのがいいと思います。 あっ立ち絵なしでも二次創作での収益化はやめときましょう。 きっと怒られます。 二次創作でやったらだめだよってうるさいのは自分でも忘れないように繰り返してるだけなので気にしないでください。 二次創作でやりたい場合だとボカロやボイロはライセンス取ったら営利利用してもいいかんじです。 CeVIOは動画の広告収入までは個人利用の範囲としてライセンス無しで利用OKみたいです。 やべえCeVIO真面目に気になってきたぞ。 四年前から発売してるのに今更かよ。 以上メモでした。 自分の声使わない実況動画を収益化するのも結構元手かかりそうですね。 自分で喋ってる方々も機材とかでかかってるんだろうけど。 あと最初のほうでも書いてたけど実況するゲームは収益化OKのやつにしないとですね。 今はさんとかいろんな会社のいろんなタイトルが許可してくれてるそうだしぐぐればすぐ一覧とか見つかるのでそこからやってみたいのを探そう。 は実況OKは結構りどみとかに書いてくださる作者さん多いけど収益化はちゃんと問い合わせないとだめなんだろうな。 いつかやれたらいいなーと思いつつそろそろ寝る支度します。 夜勤明けでした。

次の

YouTube収益化停止→再申請で復活の流れまとめ【明日は我が身】|うめだJAPAN|note

ゲーム 実況 収益 化 無効

こんにちは、フリーライターのくぼ( )です。 僕はライターとしての活動の他に、YouTubeでゲーム実況のチャンネル運営をしています。 以前は収益化を通ったチャンネルを持っていましたが、不運にもチャンネル削除にあってしまいました。 僕自身、YouTubeを学ぶコミュニティーに入っており、実践者の様々な情報が入ってきますが、収益化審査が通らないことや、収益無効にされてしまったという話はよく話題にあがります。 今回は、YouTube実践者の頭を悩ませる 「収益化の審査が通らない」 「収益無効にされてしまった」 このようなチャンネルの共通点についてお伝えしていきます。 これからチャンネル運営をする人も、すでに運営している人も、 貴重な収益を獲得するためにも、収益無効となる例を知っておきましょう。 あなたのYouTube活動が前進するきっかけになれば幸いです。 スポンサーリンク 冒頭でもお伝えしましたが、僕はYouTubeを始めとしたビジネスを学ぶコミュニティーに属しています。 そこではYouTube実践者のリアルな声や、実践状況、情報交換が盛んに行われています。 その中でもよく話題に上がるのが 「収益化審査が通らなかった」 「収益化審査に落ちた」 というものです。 以前は収益化審査の条件が「チャンネル全体で動画総再生回数が10,000回以上」という条件の時がありました。 このときはすぐに審査が通り、すぐに収益化できましたが、2018年2月20日からの新しい審査基準ではなかなか審査が通らないと聞きます。 具体的には ・文字スクロール動画 ・スライドショー動画 ・嫌韓系動画 ・ラジオの一部切り抜き動画 などがあがっていました。 Google AdSenseの公式ヘルプにも記載されていますが、コンテンツ(動画)ポリシーというものがあり、これにのっとったものでないと収益化の審査は通らないことになります。 暴力的な内容、差別的な発言、性的な表現、衝撃的なコンテンツ、コピーコンテンツなど、様々な条件がありますが、これらに触れない動画で構成されたチャンネルじゃないと審査は通らないということになります。 詳しくは「AdSenseヘルプ」で検索をしてみてください。 コミュニティーで審査が通らないという声が多くあがっていたのは 文字スクロール動画や嫌韓系の動画。 再生数はあるものの、文章がコピーコンテンツと見なされたり、差別的な表現があるとして収益化審査が通らなかった模様です。 ラジオの切り抜き動画に関しても、コピーコンテンツが理由で審査落ちとなったそうです。 撮影系のチャンネルでも、審査がなかなか通らないという声もあがっており、審査には時間がかかるものと思っていたほうが無難です。 収益化審査通過後も収益無効の恐れあり YouTubeの審査基準が厳しくなりましたが、収益化審査を通っていた人が 「広告がつかなくなった」 「収益無効になった」 という声もあがっています。 これは、以前の審査基準で収益化をしていたチャンネル運営者に多くみられました。 新基準の収益化審査をクリアして、収益が無効になったという話は今のところ聞いていません。 (ミスで無効となり、あとで復活したという話は聞いています) 現在収益化されているチャンネルを運営している人でも収益化が無効になる恐れがあるということです。 収益化の新基準である ・過去12ヶ月の動画総再生時間4,000時間以上 ・チャンネル登録者1,000人以上 この2つの条件から外れてしまうと当然収益化は無効になります。 YouTubeの収益化審査が通らないチャンネルと、以前の審査基準で収益化が通っていたチャンネルの収益無効化には共通点があります。 簡単に言ってしまえば、 ポリシーに乗っ取っていないと判断されたチャンネルです。 収益化審査が通らないチャンネルと収益無効になったチャンネルは ・文字スクロール ・ラジオの切り抜き ・嫌韓系や政治系(差別的な表現) これらが共通しています。 現在、以前の審査基準で収益化されているチャンネルでも、文字スクロールベースの動画や、テレビやラジオの映像や音源を切り抜いてつなぎ合わせている動画を運営していると収益無効になる可能性は高くなります。 YouTube上にはテレビを録画したものがそのままあがって収益化されているものもありますが、チャンネル削除や収益無効化になるのは時間の問題です。 ここ最近としては若者を中心に人気にある「TikTok」のややエロい動画をつなぎ合わせた動画が何百万、何十万再生されて人気チャンネルになっているものもあります。 収益化されているようですが、これもいずれ収益は無効になるものと思われます。 YouTubeで収益化審査を通過するには 収益化の審査がなかなか通らないことや、過去の審査基準をクリアしたチャンネルの収益無効化が多発している背景には、炎上目的であげた動画などに広告がついてしまい、広告主が怒ったという背景があります。 Google側も、会社としての信用を落とさないためにも、信用のできるチャンネルでしか広告を載せたくないという意図があるはず。 別の見方をすれば、ポリシーを守ったり、 Googleの意図を汲み取った上でのチャンネル運営をすれば、収益化審査が通るということです。 今までは「誰でも簡単に稼げる」というYouTube市場だったかもしれませんが、 今後はビジネス視点を持っている人がYouTubeで収益を獲得していける市場になっていきます。 僕もかつて収益をあげていたチャンネルは、ビジネス視点を学びながらのチャンネル運営をしていました。 今後はよりビジネス視点が重要になってきますので、僕も学んでいるようなYouTube実践のコミュニティーなどに属しながら活動することをおすすめします。 今なら、 豪華7大プレゼントと1ヶ月個別サポート付きでYouTubeビジネススキルを学ぶことができます。 からチェックをして、新しい審査基準をクリアできるYouTubeビジネススキルを身につけましょう。 まとめ.

次の

登録者46万人のゆっくり実況者、YouTubeに収益化を停止される

ゲーム 実況 収益 化 無効

こんにちは、フリーライターのくぼ( )です。 僕はライターとしての活動の他に、YouTubeでゲーム実況のチャンネル運営をしています。 以前は収益化を通ったチャンネルを持っていましたが、不運にもチャンネル削除にあってしまいました。 僕自身、YouTubeを学ぶコミュニティーに入っており、実践者の様々な情報が入ってきますが、収益化審査が通らないことや、収益無効にされてしまったという話はよく話題にあがります。 今回は、YouTube実践者の頭を悩ませる 「収益化の審査が通らない」 「収益無効にされてしまった」 このようなチャンネルの共通点についてお伝えしていきます。 これからチャンネル運営をする人も、すでに運営している人も、 貴重な収益を獲得するためにも、収益無効となる例を知っておきましょう。 あなたのYouTube活動が前進するきっかけになれば幸いです。 スポンサーリンク 冒頭でもお伝えしましたが、僕はYouTubeを始めとしたビジネスを学ぶコミュニティーに属しています。 そこではYouTube実践者のリアルな声や、実践状況、情報交換が盛んに行われています。 その中でもよく話題に上がるのが 「収益化審査が通らなかった」 「収益化審査に落ちた」 というものです。 以前は収益化審査の条件が「チャンネル全体で動画総再生回数が10,000回以上」という条件の時がありました。 このときはすぐに審査が通り、すぐに収益化できましたが、2018年2月20日からの新しい審査基準ではなかなか審査が通らないと聞きます。 具体的には ・文字スクロール動画 ・スライドショー動画 ・嫌韓系動画 ・ラジオの一部切り抜き動画 などがあがっていました。 Google AdSenseの公式ヘルプにも記載されていますが、コンテンツ(動画)ポリシーというものがあり、これにのっとったものでないと収益化の審査は通らないことになります。 暴力的な内容、差別的な発言、性的な表現、衝撃的なコンテンツ、コピーコンテンツなど、様々な条件がありますが、これらに触れない動画で構成されたチャンネルじゃないと審査は通らないということになります。 詳しくは「AdSenseヘルプ」で検索をしてみてください。 コミュニティーで審査が通らないという声が多くあがっていたのは 文字スクロール動画や嫌韓系の動画。 再生数はあるものの、文章がコピーコンテンツと見なされたり、差別的な表現があるとして収益化審査が通らなかった模様です。 ラジオの切り抜き動画に関しても、コピーコンテンツが理由で審査落ちとなったそうです。 撮影系のチャンネルでも、審査がなかなか通らないという声もあがっており、審査には時間がかかるものと思っていたほうが無難です。 収益化審査通過後も収益無効の恐れあり YouTubeの審査基準が厳しくなりましたが、収益化審査を通っていた人が 「広告がつかなくなった」 「収益無効になった」 という声もあがっています。 これは、以前の審査基準で収益化をしていたチャンネル運営者に多くみられました。 新基準の収益化審査をクリアして、収益が無効になったという話は今のところ聞いていません。 (ミスで無効となり、あとで復活したという話は聞いています) 現在収益化されているチャンネルを運営している人でも収益化が無効になる恐れがあるということです。 収益化の新基準である ・過去12ヶ月の動画総再生時間4,000時間以上 ・チャンネル登録者1,000人以上 この2つの条件から外れてしまうと当然収益化は無効になります。 YouTubeの収益化審査が通らないチャンネルと、以前の審査基準で収益化が通っていたチャンネルの収益無効化には共通点があります。 簡単に言ってしまえば、 ポリシーに乗っ取っていないと判断されたチャンネルです。 収益化審査が通らないチャンネルと収益無効になったチャンネルは ・文字スクロール ・ラジオの切り抜き ・嫌韓系や政治系(差別的な表現) これらが共通しています。 現在、以前の審査基準で収益化されているチャンネルでも、文字スクロールベースの動画や、テレビやラジオの映像や音源を切り抜いてつなぎ合わせている動画を運営していると収益無効になる可能性は高くなります。 YouTube上にはテレビを録画したものがそのままあがって収益化されているものもありますが、チャンネル削除や収益無効化になるのは時間の問題です。 ここ最近としては若者を中心に人気にある「TikTok」のややエロい動画をつなぎ合わせた動画が何百万、何十万再生されて人気チャンネルになっているものもあります。 収益化されているようですが、これもいずれ収益は無効になるものと思われます。 YouTubeで収益化審査を通過するには 収益化の審査がなかなか通らないことや、過去の審査基準をクリアしたチャンネルの収益無効化が多発している背景には、炎上目的であげた動画などに広告がついてしまい、広告主が怒ったという背景があります。 Google側も、会社としての信用を落とさないためにも、信用のできるチャンネルでしか広告を載せたくないという意図があるはず。 別の見方をすれば、ポリシーを守ったり、 Googleの意図を汲み取った上でのチャンネル運営をすれば、収益化審査が通るということです。 今までは「誰でも簡単に稼げる」というYouTube市場だったかもしれませんが、 今後はビジネス視点を持っている人がYouTubeで収益を獲得していける市場になっていきます。 僕もかつて収益をあげていたチャンネルは、ビジネス視点を学びながらのチャンネル運営をしていました。 今後はよりビジネス視点が重要になってきますので、僕も学んでいるようなYouTube実践のコミュニティーなどに属しながら活動することをおすすめします。 今なら、 豪華7大プレゼントと1ヶ月個別サポート付きでYouTubeビジネススキルを学ぶことができます。 からチェックをして、新しい審査基準をクリアできるYouTubeビジネススキルを身につけましょう。 まとめ.

次の