新卒 退職理由 ランキング。 看護師の転職理由ランキング!退職理由の本音と建前

人気なのになぜ?総合商社を退職する人の理由5選

新卒 退職理由 ランキング

退職理由「建前ランキング」TOP10• キャリアアップしたかった(38%)• 仕事内容が面白くなかった(17%)• 労働時間・環境が不満だった(11%)• 会社の経営方針・経営状況が変化した(11%)• 給与が低かった(7%)• 雇用形態に満足できなかった(4%)• 勤務地が遠かった(4%)• 仕事に対する責任がなく物足りなかった(4%)• 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(2%)• 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(2%) 社会人のための転職サイト「リクナビNEXT」調べ(退職者100人) キャリアアップは鉄板の建前 1位の 「キャリアアップ」〜やはりこれは鉄板ですね。 これを持ち出されると、あなたもちょっと引け目を感じてしまいませんか? この職場ではキャリアアップができない、言われているようなものです。 仕方ないな、と認めざるを得ません。 仕事が面白くないは怒りと反省が含まれる 2位の 「仕事内容が面白くない」に関しては、建前で言っているかどうかが分からないため、両面の感情を抱きます。 うちの仕事をやりたくて入ったのに、「つまらない」とは何だという怒り。 その反面、確かに面白みのない仕事を与えていたな、という反省。 共通して言えるのは、仕事が面白くなる前に辞めてしまうなんて、本当にもったいないということ。 「石の上にも三年」と使い古された諺を、実感してほしいと思います。 労働時間と環境の不満には引け目を感じる 3位の 「労働時間・環境」への不満。 これも建前だとは思えませんので、やはり引け目を感じる方も多いのではないでしょうか。 そんなことを社員が思っているとはつゆ知らず、という方には、新鮮な驚きとなるかもしませんね。 退職する社員が気付かせてくれたわけです。 同率3位の「会社の経営方針・経営状態」については、致し方ない部分もあるでしょう。 経営方針と合わないのに無理に勤め続けるのは不自然ですし、経営状態の悪い会社から去って行くのはよくわかります。 バイトが辞める理由を知りたい方はこちらの記事を参照してください。 建前があれば、本音もあります。 同じく「リクナビNEXT」のデータを掲載します。 退職理由「本音ランキング」TOP10• 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)• 労働時間・環境が不満だった(14%)• 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)• 給与が低かった(12%)• 仕事内容が面白くなかった(9%)• 社長がワンマンだった(7%)• 社風が合わなかった(6%)• 会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)• キャリアアップしたかった(6%)• 昇進・評価が不満だった(4%) やっぱり、表には出せない理由が並んでいますね。 退職理由の本音の鉄板は上司批判 1位の 「上司や経営者の仕事の仕方」は、もろに上司批判となりますから、なかなか口に出して言うことはできません。 退職を告げる時に議論となるかもしれませんので。 そうは思っていない会社側にとっては「まさか」となる理由でしょう。 でも、 本音では堂々たる1位なんです。 労働時間・環境の不満は本音も建前も一緒 2位の 「労働時間・環境」は、タテマエと同じく上位に来ています。 しかもパーセンテージはほぼ同等ですので、これは建前が言えない方の本音なのでしょう。 今まで思っていなくても、あるいはかすかにそんな兆候を感じていても、いざ面と向かって言われるとショックなものです。 退職する側もそれはわかっていて、この理由ではない、もう少し口当たりのいい理由を言ってくるのでしょう。 人間関係の悩みには考えさせられる 3位、「同僚・先輩・後輩と……」には考えさせられます。 適材適所の配置をしたと思っても、 人間関係まで読み切るのは至難の業。 でも、性格が合う合わないの判断は前もってやっておいてもよかった。 そんなことを思い、反省させられますね。 人間は感情の動物であるゆえんです。 本音を引き出せる職場に改善するためには? 退職理由の建前に納得してしまわずに、本音を探ってみると、上記のようにいろいろな理由が発掘されてきます。 もちろん中には 身勝手と感じる理由もあるでしょうし、これは 絶対嘘を言っているなと見破れたり、 理解不可能な理由を並べられた経験もお持ちでしょう。 しかし、集約すると上の項目(本音も建前も合わせて)が、退職理由の主流です。 これらを見て、何か感じませんか? 言いたいこと言ってるな〜という感想はこの際封じてください。 これらの理由は、 あなたの会社に対する要望だということです。 改善点がずらっと並んでいるのにお気づきですね。 キャリアアップを改善 社内人材の育成に目を向けること。 従業員から意見を汲み上げ、どんなキャリアを求めているかの把握ができる。 仕事内容を面白く改善 いかに興味を持って仕事に取り組むことができるかを見直し、アイデアを盛り込む。 内容、やり方、インセンティブ等があるでしょう。 労働時間や環境改善 勤怠記録を洗い直して実質労働時間や残業時間を正確に把握、長時間労働や安全環境の改善策を練る。 生産性向上に結びつけば、サービス残業の撤廃にも繋がります。 人間関係の改善 人間は感情の生き物ですから、性格の合う合わないは必ず存在します。 上司が部下の性格を把握しておくために、頻繁な会話やコミュニケーションを取ることが重要です。 もちろん、血液型占いのような非科学的な判断基準は論外ですよ。 風通しのよい社風に改善 一部の経営者ファミリーや幹部、古参社員による閉塞感は、仕事のモチベーションを低下させます。 蚊帳の外に置かれた従業員は疎外感を味わい、マイナスの感情を抱きがちです。 体制改革はすぐには困難かもしれませんが、まずはあなたの周囲から何でも言い合える雰囲気を作っていったらいかがでしょうか。 そんな時、「辞めさせないプロ」が書いた本を読んでみるのも、打開策の一つと言えます。 行動科学マネジメントを基本とした、すぐに使えてどんな相手にも効果のある方法を知りたくありませんか? 下記のリンクをクリックしてみてください。 山本 猛 (株)スタッフソリューション 代表取締役 1978年茨城県水戸市生まれ。 求人専門のネット広告コンサルタント。 リスティング広告を求人に利用して、費用対効果の高い成果につなげる専門家。 クライアントの中には、求人媒体を使っていた頃と比べて、 5倍や10倍どころか…36倍の費用対効果が出ている会社もある。 1人採用するのに360万円もかかっていた会社が10万円で安定的に採用できるようになっているということ。 また、もうindeedやはたらいくなどの求人サイトも、タウンワークや求人ジャーナルなどの求人誌も一切使わずに、 目標の採用人数を達成できているクライアントは多数。 今の求人広告業界は、広告主の成果にフォーカスして取り組んでいる業者がほとんどいない状態。 最も効果的な方法は巧妙に隠され、 多額のお金を使うように情報操作されている。 真実の情報を1人でも多くの人に届けるために、業界の人間が決して教えない情報を発信している。

次の

退職理由の例文10選|辞める時と転職時に役立つ例文を徹底解説

新卒 退職理由 ランキング

Contents• 業界別離職率ランキング 厚生労働省が発表している「新規学卒者の離職状況」という調査を見てみると、高卒の業界別の離職率が分かります。 厚生労働省の調査結果をもとにランキングにしてみました。 宿泊業、飲食サービス業:64. 生活関連サービス業、娯楽業:59. 教育、学習支援業:56. 小売業:50. 建設業:47. 不動産業、物品賃貸業:47. 医療、福祉:46. サービス業(他に分類されないもの):45. 卸売業:42. 学術研究、専門・技術サービス業:40. 情報通信業:38. 運輸業、郵便業:35. 鉱業、採石業、砂利採取業:29. 製造業:28. 複合サービス事業:28. 金融・保険業:25. 電気・ガス・熱供給・水道業:8. 1% でした。 引用元「」 この結果を見てみると、上位の業界はサービス業が多かったです。 ホテルや旅館は長時間勤務で夜勤もありますが、給料がとても高いわけではありません。 飲食店もご存知の通り、激務なわりに給料は高くありません。 娯楽業は別名「アミューズメント系」ともいわれますが、長時間労働のわりに給料が高いわけではありません。 教育・学習支援業の代表は学習塾ですが、授業の準備が時間外で必要であったり、営業ノルマを課せられるところもあります。 建設業は、3Kとも呼ばれています。 「きつい、汚い、危険」の頭文字です。 最近では、新3Kという言葉も登場しています。 「きつい、厳しい、帰れない」「きつい、帰れない、給料が安い」などです。 離職率が高いのも納得です。 反対に離職率が低い業界は、インフラ系の電気・ガス・熱供給・水道業です。 いわゆる「〇〇電力」や「〇〇ガス」のような会社です。 インフラ業界は労働組合が強いため、従業員の労働条件が守られています。 転勤も少なく給料が安定しているので、離職率が低くなっていると考えられます。 企業規模別離職率ランキング 厚生労働省が発表している「新規学卒者の離職状況」の調査では、「新規高卒就職者の事業所規模別就職3年後の離職率」もわかります。 厚生労働省の調査結果をもとにランキングにしてみました。 5人未満:64. 5~29人:56. 30~99人:47. 100~499人:37. 500~999人:32. 1000人以上:25. 3% でした。 引用元「」 調査結果からわかる通り、従業員数が少なくなるほど離職率が高くなります。 企業の離職率を見るときの注意点 最近では、企業が自社サイトに離職率を載せているところもあります。 離職率を見る時の注意点として、• どの期間での離職率なのか? をしっかり確認してください。 就職して1年目での離職率なのか、3年目での離職率なのか、それだけで数字は変わりますよね? ある年に入社した社員が1年間で辞める人数と、3年間で辞める人数では、当然3年間で辞める人数の方が多くなります。 企業は自社を良く見せるために、離職率が低くなる期間で勝手に離職率を出している場合があります。 どの期間で離職率を出そうと企業の自由なので、他の企業との比較が難しいです。 離職率の数字だけに惑わされず、どの期間での離職率なのかをしっかりと見ましょう。 ちなみに、企業の離職率を知りたい場合は企業の「有価証券報告書」を調べるとおおよその離職率が分かります。 企業は毎年有価証券報告書を公開していて、従業員数が明記されています。 例えば、3年間の離職率を調べたい場合は、• 3年前の従業員数• 3年間で入社した人数• 最新の従業員数 の3つがあれば計算できます。 高卒の退職理由 労働政策研究・研修機構(JILPT)の資料に高卒の退職理由のデータがありますので、上位5位までをご紹介します。 3年未満での離職理由・男性• 仕事が自分に合わない:33. 賃金の条件がよくなかった:28. 労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった:27. 人間関係がよくなかった:26. 会社に将来性がない:19. 0% 3年未満での離職理由・女性• 人間関係がよくなかった:33. 労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった:28. 仕事が自分に合わない:25. 賃金の条件がよくなかった:16. ノルマや責任が重すぎた:14. 1% 1年未満での離職理由・男性• 仕事が自分に合わない:40. 人間関係がよくなかった:31. 労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった:26. 賃金の条件がよくなかった:22. 会社に将来性がない:15. 0% 1年未満での離職理由・女性• 人間関係がよくなかった:40. 仕事が自分に合わない:34. 労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった:30. 賃金の条件がよくなかった:17. ノルマや責任が重すぎた:15. 4% 引用元「」 退職理由からわかること 退職理由からわかることは、男性と女性では退職理由が変わるということです。 男性は「会社に将来性がない」が入っていて、女性は「ノルマや責任が重すぎた」が入っています。 また、1年未満でも3年未満でも退職理由の1位は男女とも同じでした。 つまり、男性は「仕事が自分に合わない」から辞める。 女性は「人間関係がよくなかった」から辞めるということが言えます。 あくまでも統計値ですが、男性は仕事内容を見極めてから就職・転職した方がよいでしょう。 女性の場合は、職場の雰囲気などをよく見てから就職・転職した方がよいでしょう。 仕事内容や職場の雰囲気を転職する前に知るには、企業情報を豊富に保有している転職エージェントに相談するとよいでしょう。 当社にご相談いただいてもけっこうです。 今の若者は本当に根性がないのか? よく「最近の若者はすぐに仕事を辞める」「これだからゆとり世代は…」と大人たちが言っています。 しかし、本当に今の若者だけがすぐに仕事を辞めているのでしょうか? 厚生労働省の新規学卒者の離職状況の調査結果を見てみると、意外なことがわかりました。 新規高卒就職者の3年目までの離職率を平成15~26年までで比較してみました。 平成15年卒:49. 平成16年卒:49. 平成17年卒:47. 平成18年卒:44. 平成19年卒:40. 平成20年卒:37. 平成21年卒:35. 平成22年卒:39. 平成23年卒:39. 平成24年卒:40. 平成25年卒:40. 平成26年卒:40. 8% でした。 引用元「」 この結果からわかることは、今の若者だけが極端に離職率が高いわけではなく、現在30代の人たちも同じくらいの離職率であるということです。 「今の若者は根性がない」というわけではないことが分かります。 ちなみに、不景気時代だと離職率は下がる傾向にあるようです。 その証拠に、平成20年から23年までは離職率が30%台になっていますよね。 この時期は、アメリカの「サブプライムローン」や「リーマンショック」があった時代です。 日本も影響を受けたため、不景気の時代でした。 不景気だと企業は人材の採用を控えるため、職に就くのが困難になります。 そのため、離職を控える人が多かったのではないでしょうか? 高卒の離職率が高い理由 そもそも、なぜ高卒の離職率は高いのか? あなたは「7・5・3現象」というものをご存知でしょうか? 就職して3年以内に中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が離職する現象のことを言います。 現在では、中卒6割、高卒4割、大卒3割ほどと減少しています。 なぜ大卒より高卒のほうが離職率が高くなるのか。 それは、就職活動方法の違いにあります。 高卒で就職する人は、高校から企業の紹介を受けますが、• 自己分析なし• 企業研究なし• 企業の選択肢なし のため、かなりギャンブル性の高い就職になります。 自分の適職も分からず、自分に合う企業も分からず、高校からは一社だけしか紹介されません。 社会人経験のない高校生が長く働ける会社に出会える可能性はとても低いです。 そのため、高卒の離職率は大卒より高くなります。 ちなみに大卒の人は、• 自己分析をする• 企業研究をする• 何十社も採用試験を受ける のが普通です。 大学にはキャリアセンターという就活の相談窓口があるので、就活のサポート体制も万全です。 もし、高卒で短期退職をするとどうなるか。 フリーターになる• より条件の良い企業への転職を目指す の2つの進路を選ぶ人が多いです。 短期退職した人をほしがる企業は少ないからです。 そうなると、より条件の悪い企業やブラック企業にしか転職できないことが多いです。 そして、転職を繰り返すという負のスパイラルに入ってしまいます。 自分に合った会社に転職するには? 上記に書いたような、転職を繰り返す負のスパイラルを断ち切る方法は、• 自己分析をする• 企業研究をする• 複数の企業の採用試験を受ける ことです。 自己分析ができれば自分の適職が分かりますし、企業研究をすれば興味のある業界や自分に合っていそうな業界がわかります。 複数の企業の採用試験を受けると、本当に自分に合った企業と出会える可能性が高くなります。 ここで大切なのは、「一人で転職活動をやらないこと」です。 一人で転職活動をすることのリスクは、• あなたは転職のプロではない(プロになってはいけない)• 客観的な視点がない(客観的な自己分析ができない)• 自分で集められる企業情報は少ない の3つです。 ネットの求人サイト• 求人誌• ハローワーク• 縁故募集(知り合いの紹介) などがあります。 求人サイトと求人誌は参考にはなりますが、良いことしか書いていないため、どうしても分からない情報があります。 ハローワークは、求人票以上の情報はわかりません。 会社の雰囲気など細かい情報は求人票には書かれていません。 縁故募集はトラブルが多いことを知っていますか?• 「知り合いの会社だからきっと良い会社だろう」と深く調べない• 知り合いの会社のため、入社前に色々と聞きにくい• 知り合いの会社のため、すべてがなあなあになってしまいがち• 知り合いの会社だからといって合う会社とは限らない• 知り合いから紹介されたので、辞めたい時に言いづらい• 辞めると後味が悪い(知り合いと顔を合わせづらくなる) など、デメリットが結構あります。 縁故募集を考えている人は、慎重に検討しましょう。 自分に合った企業に転職するには、高卒者専門の転職エージェントを活用するのがおすすめです。 転職エージェントであれば、• 自己分析のサポート• 企業研究のサポート• 大量の企業情報の中からあなたに合う企業をピックアップしてくれる というメリットがあります。 一人で転職活動をするよりは、失敗が少なくなります。 当社にご相談いただいてもけっこうです。 まとめ いかがでしたか?• 業界別離職率ランキング• 退職理由• 今の若者は本当に根性がないのか?• 高卒の離職率が高い理由は?• 自分に合った会社に転職するためには? などをご紹介してきました。 あなたに当てはまる内容はありましたか? 離職率が高くなる原因は、ミスマッチが起きているからです。 ミスマッチは、労働者にも企業にもメリットがありません。 ミスマッチを起こさないためには、自己分析をして、企業研究をしっかりと行うことが大切です。

次の

退職理由ランキングTOP10「建前と本音」

新卒 退職理由 ランキング

退職理由について、悩んでいる方は多いのではないでしょうか? 退職理由は二つ考える必要があります。 一つは現在の会社を退職する理由です。 実際の理由が前向きなものから、後ろ向きなものまで様々だと思いますが、円満に退社したいと思う方が多いと思います。 もう一つは 転職先へ提出する退職理由です。 現在の会社を退職後、起業する場合や家業を継ぐなどの理由以外は、基本的には次の職場に履歴書を提出するでしょう。 その際、職務経歴書等で退職理由を記載する場合があると思います。 慣れていないと考えるのが難しい退職理由について、現在の会社に提出する理由と、転職後の会社に提出する理由を、それぞれ例文にしてご紹介させていただきます。 退職や転職をお考えの方はぜひご参考にしてみてください。 現在の会社に退職理由を伝える際に気をつける心構え3つ 具体的な例文をご紹介する前に、現在の会社を退職する際の注意点をご紹介いたします。 退職理由は最終的にはご自身で書くもので、例文に当てはめるだけではあまり意味がないからです。 注意点を知った上で例文をご紹介いたしますので、まずは心構えとして参考にしてみてください。 現在の会社を退職する際は文章だけでなく、まずは口頭で退職の旨を伝える必要があると思います。 文章だけで考えることではありませんので、そちらも踏まえてご覧ください。 基本的には嘘はつかない 退職理由や例文を考える上で、もう辞める会社だから嘘や作り話の理由でも良いのではないかと考える方もいるかもしれません。 しかし、世の中は意外と狭く、転職した後に以前勤めていた会社と取引したり、 全く関係ないと思っていた人間関係から前職の同僚とつながってしまう事はよくあります。 特に、同じ業界でまた働く場合は絶対に嘘はやめましょう。 嘘の退職理由を職場に伝えたことにより、後々不利になってしまう事は避けたいものです。 例外として、職場からのパワハラや第三者から見ても劣悪な労働環境の職場を退職したい事もあると思います。 退職を拒否してくるような会社もありますので、少し工夫した退職理由を考える必要があるでしょう。 こちらは『例文の項目』でご紹介いたします。 できるだけ前向きな要素は入れる 会社の退職理由としてどのような理由にしろ、前向きな要素は入れた方が良いでしょう。 どのような労働環境だとしても、ご自身で選んで入った会社という事は変わりありませんし、前向きな理由を入れることで、印象が良く、円満退社につながります。 例えば、 「新しく取り組みたい仕事を見つけたので、退職させていただきたいです」 というのでは前者の方が応援して送り出したいと思うのではないでしょうか? 辞めるという事実は変わりませんが、お世話になった会社を肯定することで会社からの印象は変わりますし、 自分が前職で成長できた部分を振り返ることで、新たな職場に気持ちよくステップアップできるのではないでしょうか。 退職理由に前向きな要素を入れるのは自分の為でもあるのです。 揉め事は避けて円満退職を目指す 現職の仕事や会社をどう思っていたとしても、円満な退職を目指しましょう。 理由としては、上記でもご説明した通り、退職後に前の職場や同僚と繋がる事は珍しくないからです。 退職時に揉めたことにより、次の職場に影響が出ることにより、場合によっては退職した意味がなくなってしまう可能性もあります。 新しい職場の人に、前職を嘘をついて退職したことがバレしまったり、揉め事を起こしながらやめた事が分かってしまったら、どちらが悪いかは関係なく、あなたの印象が悪くなってしまうかもしれません。 もちろん、 本音は様々な退職理由がある中で、会社が悪い場合もあると思います。 もしそのような会社を辞める理由を考えるにしても、感謝を伝えつつ、後から嫌味を言われることのないようなやめ方をする方が良いでしょう。 退職する会社の為でなく、あなたの新しい未来の為に円満退社を目指しましょう。 転職先の会社へ退職理由を伝える際に気をつけるべき3つの心構え 次に転職することを考えるのであれば、今の会社の退職理由を考えることより、 転職先に伝える退職理由を考える方が大切です。 ほとんどの方は今の会社を退職した後は転職されると思うので、こちらも退職理由の例文をご紹介する前にまずは、気をつけることや心構えをご紹介いたします。 例文を見る前に参考にしていたただきたいです。 ストーリー性を大切にする 退職理由を考える上でストーリー性は非常に重要です。 同じ環境を過ごした人でも、 本人の受け取り方でポジティブにもネガティブにもなりえます。 そして、 嘘や作り話は良くないですが、言わなくていい事は言わなくても良いのです。 同じ経験をしてもポジティブに考える事は大切です。 そのためには定型文ではなく、自分の経験からしか作れないストーリー性を考えましょう。 前の会社を悪く言わない 会社を悪く言う事はやめておいた方が無難です。 どんな過酷な状況であったとしても、職場をネガティブな理由で退職理由として説明する場合は転職先の採用担当者に• 「転職してきても、不満があったら文句を言われるのではないか」• 「すぐにパワハラと言ってくるような人なのかもしれない」など 正当な理由があったとしても採用担当者を不安にさせる要素は少なければ少ない方が良いでしょう。 むしろ、過酷な労働環境をバネにして、ポジティブな人材だと思ってもらえる方が自分のためにも、転職先の印象も良いでしょう。 書類で提出する場合、面接で同じことを聞かれる想定をする 転職に指定された場合でない限り、転職理由を記載する事はあまりありませんし、わざわざ書く必要はないです。 しかし、書類段階で記載が必要な場合などは、面接で同じことを聞かれる想定をしておいた方が良いでしょう。 そのために上記で説明したような 自分だけのポジティブなストーリー性が必要なのです。 今は以前より転職市場は活発ですし、退職理由を聞かれたとしても自信を思って答えられれば、前職で成長できたことをアピールすることもできるはずです。 いつ聞かれても同じことが答えられるようにしましょう。 退職理由の例文10選|今の会社・転職先にも使える例文を紹介 今の会社に伝える例文6選|自分の意思だけではない理由の場合 結婚するにあたり寿退社する こちらで法人営業のキャリアをスタートして以来10年ほどお世話になりましたが、今後の自分自身の成長を考え、BtoCの営業に挑戦したいと思っています。 今までの経験を生かしさらに成長できるように励んでいきます。 キャリアアップの理由はできるだけ具体的な方が良いでしょう。 今までの感謝と今後の抱負を伝え、応援してもらえるような内容が好ましいです。 もし、理由があって詳細の説明をしたくない場合でも、感謝と抱負は伝えた方が良いでしょう。 転職先に伝える退職理由の例文4選 話の辻褄を合わせた例文にするために、上記でご紹介した退職した会社に伝えた内容と同じ理由を使って、転職先に伝える退職理由をご紹介致します。 以前の会社は結婚するにあたり寿退社した場合 私の社会人のキャリアは法人営業からスタートしました。 以来10年ほどお世話になりましたが、今後の自分自身の成長を考え、BtoCの営業に挑戦したいと思いました。 今までの経験を生かしさらに成長できるように励んでいきます。 自分の意思だけでは決められないような退職理由の場合は、正直な退職理由を説明する方が良いでしょう。 キャリアアップ、キャリアチェンジが理由の場合は以前の職場で学んだことと、新しい職場での抱負を両方説明できた方が良いです。 基本的に、• 休日が少なかった• 給料が見合った金額でなかった• パワハラが横行していた• 残業代が支払われなかった などの直接的な理由は控えた方が良いですが、次の職場で絶対に同じことを繰り返したくない場合は、それとなく退職理由について触れておいた方が良いでしょう。 まとめ 退職理由というとネガティブなイメージがありますが、 経験をポジティブに考えられるか、ネガティブに考えるかは自分次第です。 苦労した経験ほどアピールにつながります。 前職の職場環境が良くなかったとしても反面教師にして学んだことを転職先に伝えれば良いのです。 しかし、本当に追い込まれている方もいると思います。 そういう方は、できれば揉めずに円満退社が理想ですが、退職理由をありふれたものにしたり、 現在では退職代行のサービスもあるのでどうしても精神的に辛い方は検討してみてください。

次の