おしり を 小さく する 運動。 おしりを小さくする!!小尻になるための6つの方法

おしりを小さくする筋トレ。正しいヒップアップトレーニングのやり方

おしり を 小さく する 運動

かかとに重心を置き立つ• ひざがつま先より出ないようにスクワットを行う(イスに座るようなイメージで) ひざがつま先より出てしまう場合は、壁につま先をつけてトライしてみてください。 普通のスクワットでは前側の太ももが太くなってしまう可能性があります。 このスクワットでは、 太ももの裏側を意識してください。 続ければ引き締まって、小さくなったと実感できると思いますよ。 回数は、まずは5回くらいを目指しましょう。 慣れたら10回程度できるといいですね。 慣れるまでは無理をせずに行ってくださいね。 骨盤矯正で大きいおしりを小さくする おしりが大きくなるのは、骨盤の歪みが原因の場合もあります。 座り方ひとつとっても、歪みの原因になるんですよ。 足の組み方も同様です。 また、女性の場合は出産後にしっかり骨盤を戻さなかったことが原因ということも考えられます。 骨盤を元の位置に戻して、開いている状態から引き締めましょう。 それでは、骨盤矯正のための体操をご紹介します。 骨盤矯正その1・体操• 仰向けになり、クッションやティッシュの箱などを両ひざで挟む• 両手は床につけてあごを引く• ゆっくり息を吐きながらおしりを床から離す• 足の付け根が伸びるまで引き上げる• 息を吸いながら元に戻す• これを10回繰り返し、10回目に10秒ほどキープする(目線は胸あたりをみて、うなじを伸ばすイメージで) これも結構キツイですが、効いているのが実感できると思います。 挟んだ箱がつぶれないように、体の中心に力を入れるのがコツですよ。 つらいのは、筋肉が弱まっているからです。 諦めずに続けることが大切ですよ。 骨盤の位置は正しくなってきます。 もっと骨盤矯正の体操を知りたい方には、つぎの記事を紹介しておきます。 お腹周りのダイエット記事ですが、骨盤にアプローチする体操を3つ紹介しています。 チェックしてみて下さいね! 骨盤矯正その2・矯正ベルトなどを使う 骨盤が開いていると内臓が下がり、ポッコリお腹の原因にもなります。 市販の骨盤矯正ベルトは巻くだけで骨盤の歪みを整えてくれる優れものです。 これを利用するのもありですね。 そのほかにも、骨盤矯正ショーツやクッションもありますよ。 骨盤矯正効果のある下着なら、履くだけですから簡単ですね。 エクササイズが苦手な方にもおすすめです! 骨盤矯正の方法をご紹介してきました。 もちろん、体操と矯正グッズの併用もOKですし、どちらかでも大丈夫です。 無理せず、美しいヒップラインを目指していきましょう! 股関節の入れ込みでヒップ-7cm!? つぎの動画では、動画内での実践者は7cmもヒップが小さくなったそうです。 荷物を片方の肩ばかりで持つ• 内股で歩く• 足を組んで座る• 座りっぱなしな生活• 運動不足• サイズの合わない下着の着用• 同じ方向ばかり向いて寝ている 以上が、おしりが大きくなる原因です。 足を組んだり、片足に重心をかけたり、ついやってしまっていませんか? これらの習慣は骨盤の歪みの原因となります。 大きくなるばかりではなく、 おしりの形にも影響が出ることもあります。 また、寝るときの姿勢も気をつけなくてはいけません。 体に負担がかかるような寝方は、骨盤のゆがみを引き起こします。 理想の寝方は、仰向けです。 寝具は硬めのものが体の負担を減らせます。 枕も低めで適度に硬いものを選ぶと良いでしょう。 うつぶせ寝は、最も負担がかかりますよ。 でも、寝ているときのことはなかなかわからないですよね。 寝る姿勢は、気をつけようという意識づけでいいんです。 大切なのは、目が覚めているときにできることですよね。 次にご紹介する方法は、気づいたときにできるものばかりです。 ぜひ実践してください。 気づいたときにできる!簡単なおしりを小さくする方法 普段の生活の中でも、おしりを意識するだけで効果に期待できますよ。 ご紹介する方法を積極的に取り入れて、日々を過ごしてみましょう。 キュッと締めて30秒維持を3回繰り返します。 歩くときに、 肛門を締めるように力を入れるとさらに効果的です。 おしりの筋肉に刺激を与えます。 おしりを冷やさないためにできることが、以下になります。 おしり全体を持ち上げながら円を描くようにマッサージをする• 太ももとおしりの境目をもみほぐす(つかむ感じ)• 太ももとの境から上に向かって引き上げるようにマッサージをする 座っている時間が長いときなどは、おしりがコリ固まっているような感じがしますよね。 こんなときはマッサージをすると気持ちいいです! リラックスもでき、おしりも小さくなって一石二鳥です。 おすすめですので、ぜひ試してみてください。 ほかに気になる部分はありませんか? 「お尻が気になる」というとき、お尻だけ鍛えると体のバランスが崩れてしまいます。 ですので、ほかの部分にもアプローチしていくのが美しいボディバランスを保つためには必要です。 エクササイズや筋トレが苦手な方はもいますよね。 そんな方は、マッサージや骨盤矯正効果のある下着を取り入れてみてはいかがでしょうか。 また、普段から意識して過ごすだけでも、効果が期待できますよ。 おしりを小さくするには、毎日続けることが大切です。 あなたに合ったやり方を見つけて、理想のおしりに近づけてくださいね。 ダイエットに成功したいなら、成功者に学ぶべき \ SNSでシェアしよう! / らくらくらし-くらしを楽に・楽しくするメディアサイトの 注目記事を受け取ろう•

次の

座りながらおしり痩せ?デスクワーク中でも簡単にできるヒップアップ

おしり を 小さく する 運動

このページの目次を• なぜ、おしりが大きくなってしまうのか? おしりを小さくする近道としては、なぜおしりが大きくなってしまうかという原因を知っておくのも大事です。 それによって、大きくなることの予防にもなります。 ・ 筋力の低下 ・ 骨盤のゆがみ ・ 生活習慣 ・ 冷え 筋力の低下 年齢からくるものだけでなく、日々の運動不足による原因もあって、つまり、運動すれば解消できるということです。 おしりが大きくなる原因になる骨盤の開きは、出産やあぐらをかいたり、女の子座りをすること等に限らず、立ち方や歩き方などの姿勢にもよって起こります。 開いた骨盤によって、脚の骨も一緒に外側に開いた状態となって、歩く時に脚の外側に力がかかって、外側の筋肉が発達してしまいます。 これがいわゆる 『洋ナシ型』下半身太りにつながります。 さらには、 強い筋肉に引っぱられてO脚にもなり易くなるのです。 骨盤がゆがむと、背骨の中を通る自律神経に悪影響を及ぼしますので、ただ単に太り易くなるから気をつけようという、単純な話ではないのです 生活習慣 無意識にやってしまう行動こそが、実は体を少しずつゆがめてしまう原因となるのです。 ・体重を片方にかけて立つ ・脚を組む ・イスに浅く座る ・イスの高さが合っていない ・ヒールをよく履く まさかそんな事でおしりが大きくなってしまうなんて!? と、思いますよね。 日々の積み重ねとは、本当に怖いものです。 でも、姿勢に気をつける意識さえ有れば、立っても座っても同じですから、これを期に見直してみましょう! 冷え 人間の体は、冷やしてしまうと 自分の体を守ろうとする力が働きます。 関節や体がかたい、運動不足、きつい靴を履く、などから 血行不良となって、末端まで血液が行き渡らない為に、足先が冷えるようになります。 冷えから更に 下半身に老廃物が溜まりやすくなり、むくみにつながります。 むくみは運動やこまめにマッサージすることで解消されますが、放っておくと老廃物は脂肪細胞に付着するとかたまって、にっくき セルライトとなります。 そして、 セルライトが体を冷やすという悪循環となるのです。 クーラーのように冷たい空気も下に溜まりますから、足元からの冷え対策が大事になります。 ちなみに、冷たい物をよく飲む人は内臓が冷えるので、お腹周りに脂肪がつきやすくなります。 冷えは、中からも外からも体に大きく悪影響を及ぼしているのですね。 そこで、これらの要因を解消するために、冷えてかたくなった体を緩めるストレッチやマッサージ、運動不足やゆがみを解消する、エクササイズをご紹介します。 仕事の息抜きに、お風呂で、寝る前に、簡単で習慣に出来そうなものを選んでみましたので、ぜひお試しください。 座ったまま!リンパストレッチ 重力によって、下半身は特にむくみ易くなりますが、デスクワークなど座る時間が長い人は、慢性的とも言えるほどにむくんでいるのが、 両脚の付け根 『 そけい部』 この部分がむくむと違和感や痛みも出てきます。 私も太ももの外側が張って、無意識に手をグーにして叩いている事があります。 そのむくみは、太ももの太さ、おしりの大きさ、セルライトにまで影響しますから、お仕事中もすきをみては、こまめにリンパを刺激して老廃物を溜めないように気をつけましょう! そけい部のストレッチ ・ イスに浅く座り、両脚は少し投げ出すように前へ ・ 顔を上げたまま、背中を伸ばして右肘をゆっくり左のひざに近づける ・ 反対も同様で、息は止めずしっかり吐ききる お風呂でおしりさすりマッサージ! 仕事などで長い時間座りっぱなしだと圧迫され続けるので、おしりのリンパや血液が滞ってしまいます。 寝る前に!ゆるゆるストレッチ もともと体には、寝ている間にゆがみを調整する働きが有りますが、日中の姿勢や動きの癖などで、筋肉がこわばったまま寝てしまうと、うまく調整されず、ゆがみがリセットされにくくなってしまいます。 そこで、 お風呂で体を温めてからベッドでストレッチすると、リラックスして効率よく筋肉をほぐせるのです。 筋肉を伸ばしたら、すっかり脱力すると、リンパや血液がどっと流れて、コリやむくみの原因となる余分な水分や老廃物も流れやすくなります。 血流が良くなり、副交感神経が優位になることで安眠効果もあります。 ベッドでストレッチを終えて、そのままスヤスヤ。。。 気持ちいいこと間違いないですね。 股関節のゆがみとり おしりから腰にかけて筋肉の伸びを意識しながら行うのがポイントです。 おしりのゆがみとり おしりの奥の筋肉までしっかり伸ばすことで、硬くなりやすい脚の付け根の筋肉もほぐれます。 そこでエクササイズですが、新しい事を始める上で大事な要素としてすぐにでも始められそう、簡単だから続けられそう、という内容でみるみる引き締まっていく自分を想像して、あとは信じてやるのみ! シンプルな動きでも、きちんと筋肉を意識して行うと結構キツイので、続ける為にも、始めから無理しないで徐々に増やしていきましょう。 バックキック 日常であまり使うことのない、おしりの上部にダイレクトに効いて、 筋肉がぎゅっとする感じを意識し易いので、 他のエクササイズをする前に行うと、相乗効果がアップしますよ。 *10回を3セット目安 勢いをつけないように気をつけましょう。 回数を増やす事よりも、正しいフォームで行う方が 効果があがります。 おしり歩き運動 骨盤矯正に効果が高く、ヒップアップに加えて、内臓の下がりを防ぐため、ぽっこりお腹も解消できます。 *腕はあまり振り過ぎないように、胸の高さで組んでもいいです。 慣れるまでは、ひざを少しまげても大丈夫です。 運動効果をもっと上げたい方は、足首を90度に保ちます。 ショーツで骨盤矯正!『フライビシット』 マッサージやエクササイズはもちろん頑張るにしても、やはり、すぐに効果を実感したい! すぐに憧れのボディを手に入れたい! というのが正直なところですよね。 フライビシットは、本当に履くだけでこんなに? という驚きの効果です。 ただ締め付けておしりを小さくするわけではなく、 おしりを上向きに持ち上げて、キレイにみせてくれる! しかも、かさばってしまう骨盤ベルトなどと違って、見た目は普通のショーツと何ら変わりがないので、もたついて洋服のラインにひびく心配がありません。 そして、 心地よい締め付け感によって体が引きあがり、姿勢まで良くなるという嬉しい効果も! この即効性に加えて、価格もリーズナブルですから、フライビシットをおしりを小さくする第1ステップとするのも賢い選択と言えるでしょう。 まとめ おしりを小さくしたいなー、引き締めたいなー と気になってはいるものの、 自分からはあまりよく見えないことも有ってか? 半分諦めも有ったりして? ついつい後回しにしてきてしまった方々へ これまでのお話しをふまえて、これなら出来るかも・・・ というエクササイズなども有りましたよね? 骨盤を矯正するなんて、時間がかかってちょっと面倒くさそうという考えも薄れてきませんか? さあこの機会に、健康のためにも骨盤の正しい位置を意識してみてはどうでしょうか? 案外おしりを小さくする為の一番の近道かもしれませんよ。

次の

おしりを小さくする方法!太ももとお尻痩せに必要なこと

おしり を 小さく する 運動

男性のお尻を小さくするには、筋トレで引き締めるのが最も効果的! 男性だって、お尻を小さくしたいですよね。 男性のお尻が大きくなるおもな原因は、「脂肪」です。 筋肉太りになる場合もありますが、そこまでお尻に筋肉がつくのは、高校生以上の男性で、ハードなスポーツをしている人くらいでしょう。 それ以外の男性でお尻が大きい人は、ほとんどが脂肪だと考えられます。 そのため、男性の大きなお尻を小さくするには、筋トレで引き締めるのが最も効果的です。 では、さっそくお尻を引き締めて小さくする筋トレ方法をご紹介しましょう! 男性のお尻を引き締めて小さくする筋トレ方法 では、男性にオススメのお尻を引き締めて小さくする筋トレをご紹介していきます。 キックバック 男性のお尻を引き締めて小さくする筋トレ方法は、「キックバック」です。 まずは、誰でも簡単にできる筋トレからご紹介しますね。 イスや台を用意します。 高さは、だいたいヒザの高さくらいが良いでしょう。 片足の甲だけを台に乗せて、片足だけでスクワットをします。 ダンベルを持ってやると、負荷が増えて効果的です。 背中は真っすぐの状態のまま、ゆっくりとヒザを曲げます。 ヒザが完全に伸びない状態がベストです。 反対の足も同様に行いましょう。 太ももにも効かせたい場合は、軸足をもう少し前に出すと効果的です。 ブルガリアンスクワットは片足でスクワットをするため、インナーマッスルが鍛えられて、体幹が良くなります。 インナーマッスルを鍛えると、体を引き締める効果があり、代謝もアップするのでオススメです。 ブリッジ(ヒップリフト) 男性のお尻を引き締めて小さくする筋トレは、「ブリッジ」が効果的です。 この筋トレ方法は、「ヒップリフト」とも呼ばれています。 女性向けのヒップアップメニューとなっていますが、かなりハードなので男性にオススメです。 今までご紹介した筋トレでは生ぬるいから、「もっとハードな筋トレをしたい!」という男性にオススメの筋トレを10種目ご紹介します。 スポーツジムにある「マシン」でしかできない方法もありますが、自宅でもできる方法にアレンジできる種目もあるので、ぜひ試してみてくださいね。 これで1セットです。 立ったときには、お尻をキュっと締めるのがポイントです。 ダンベルやバーベルを持ってやると、かなり負荷がかかりますが、いきなり無理しないようにしましょう。 筋力がついてから、負荷を徐々に増やしていくのが筋トレの基本です。 後ろに蹴ったときに、足を伸ばすバージョンですね。 伸ばしたときに静止することで、よりお尻に負荷がかかります。 ジムで、このようなマシンを使うと良いのですが、自宅でやることもできます。 自宅でやるなら、「足首や手首にマジックテープで巻きつけるタイプの重り」があるので、それで負荷をかけると良いでしょう。 これを「リストウエイト」と言います。 通販でも1000円以下で売っています。 つま先を少し外側に向けることで、お尻に効きやすくなります。 背中が丸まらないように、平らな状態で行いましょう。 顔が後ろに反らないように、前方をキープします。 ブリッジに似ていますが、肩甲骨をベンチにつけてやることで、「腹筋」や「前もも」にも効きますね。 といっても、肩幅よりも少し広めに開くくらいで充分です。 かかとに力を入れて押し上げることで、お尻に負荷がかかります。 「足全体」や「つま先寄り」に負荷がかかると、前ももやふくらはぎに効いてしまうので、しっかりと「かかと」で押しましょう。 これも、かかとで押し上げるイメージです。 ヒザを伸ばしきる直前くらいで止めると、ヒザを痛めにくくなります。 ケーブルを足首に巻き付けて、後ろに大きく蹴り上げます。 足を伸ばしたときに、一瞬だけでも静止することで、よりお尻に負荷がかかりますよ。 普通は背もたれに寄りかかりながら、太ももに効かせるマシンです。 お尻に効かせる使い方は、イスにちょっとだけお尻を置き、骨盤を前傾させるような体勢になります。 手はマシンをつかみますが、手を挟んだりしないように注意しましょう。 ベンチにつかまってやっていますが、床の上でもできます。 足の親指と親指をくっつけて、ガニ股の状態で足を上げます。 これも、上げたときに静止するとヒップアップに効果的です。 筋トレ以外で男性のお尻を引き締めて小さくする方法 今回のテーマは、「筋トレで男性のお尻を引き締めて小さくする方法」なので、その他の方法については簡単に説明しますね。 有酸素運動で男性のお尻を小さくする 男性のお尻が大きくなる原因は、おもに「脂肪」でしたね。 そのため、お尻を引き締めるには、脂肪を燃焼させることが大切です。 脂肪を燃焼する運動といえば、「有酸素運動」ですよね。 男性のお尻を小さくする有酸素運動なら、「ウォーキング」「エアロバイク」「ランニング」がオススメです。 有酸素運動は20分以上やるのが効果的だと言われていますが、ウォーキングなら1時間はやりたいところ。 エアロバイクやランニングなら、30分くらいでもOKです。 そして、有酸素運動の前に、今回ご紹介した「筋トレ」をすることで、脂肪が燃焼しやすくなります。 糖質を控えて、筋肉の栄養になる「タンパク質」を摂る 男性のお尻が大きくなるのは、食べ物が大きな原因だと考えられます。 食べ物の中でも、糖質は太りやすいと言われています。 糖質は、「ご飯」などの炭水化物や、スイーツなどのことですね。 男性でもスイーツ好きが増えてきましたが、スイーツの食べ過ぎは脂肪をたくさん蓄えてしまい、お尻を大きくします。 そのため糖質は少なめにして、筋肉の栄養になる「タンパク質」を摂るように心がけましょう。 糖質は、まったく食べないと栄養バランスが崩れてしまい、痩せにくくなってしまうので、控えめにすればOKです。 お尻をマッサージして老廃物を出すと、血行が良くなって小さくなりやすい もともとお尻は脂肪が多い場所ですが、とっても老廃物がたまりやすい場所なのです。 そのためお尻の脂肪を落としやすくするためには、お尻をマッサージして、老廃物を出すことが大切です。 すると血行が良くなって、お尻が小さくなっていきますよ。 テレビでも観ながら、お尻をつかむように揉みほぐしましょう。 お風呂の中で、浴槽に浸かりながら揉むと、より効果的です。 お尻は自分でマッサージしにくい場所なので、テニスボールの上に乗って、コロコロ転がすのもオススメですよ。 男性のお尻を小さくする筋トレで、引き締まったカッコイイお尻になろう! 男性のお尻を引き締めて小さくする筋トレ方法をご紹介しました。 男性のお尻が大きくなる原因は、ほとんどが「脂肪」なので、筋トレで引き締めるのが最も効果的ですよ。

次の