法人 事業 概況 説明 書 と は。 事業概況説明書は全て記載しないと税務署に狙われるのか?

会社事業概況書の記載に係る留意事項(調査課所管法人) 国税庁サイト更新

法人 事業 概況 説明 書 と は

少なくとも、確定申告書別表一の控えには収受日付印が押されていること。 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。 フォーマットの指定はありませんので、 経理ソフト等から抽出したデータ、エクセルデータ、手書きの売上帳などでも構いません。 書類の名称が「売上台帳」でなくても構いません。 ただし、提出するデータが 対象月の事業収入であることを確認できる資料を提出してください。 給与明細、通帳の写し、レシート、請求書等は認められません。 対象となる【売上月】を記載してください。 対象となる売上月の【売上額】の【合計】を記載してください。 売上額が0円の場合は、【対象となる売上月】の売上額が【0円】であることを明確に記載してください。 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。 上記が確認できるように、必要であれば、通帳のオモテ面と通帳を開いた1・2ページ目の 両方を添付してください。 電子通帳などで、紙媒体の通帳がない場合は、電子通帳等の画面等の画像を提出してください。 同様に当座口座で紙媒体の通帳がない場合も、 電子通帳等の画像を提出してください。 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。 少なくとも、確定申告書別表一の控えには収受日付印が押されていること。 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。 収受日付印が押されていること。 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。 <白色申告の場合> ・受信通知(1枚) ・確定申告書第一表(1枚)• 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。 フォーマットの指定はありませんので、 経理ソフト等から抽出したデータ、エクセルデータ、手書きの売上帳などでも構いません。 書類の名称が「売上台帳」でなくても構いません。 ただし、提出するデータが 対象月の事業収入であることを確認できる資料を提出してください。 給与明細、通帳の写し、レシート、請求書等は認められません。 対象となる【売上月】を記載してください。 対象となる売上月の【売上額】の【合計】を記載してください。 売上額が0円の場合は、【対象となる売上月】の売上額が【0円】であることを明確に記載してください。 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。 銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・名義人が確認できるようスキャン又は撮影して下さい。 上記が確認できるように、必要であれば、通帳のオモテ面と通帳を開いた1・2ページ目の 両方を添付してください。 電子通帳などで、紙媒体の通帳がない場合は、電子通帳等の画面等の画像を提出してください。 同様に当座口座で紙媒体の通帳がない場合も、 電子通帳等の画像を提出してください。 各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでお願いします。 最新OSバージョンで証拠書類を写真撮影した場合、「 HEIF 」で写真が保存されますが、こちらのファイル形式で保存されたデータを電子申請に添付することはできません。 「 JPEG 」で保存され、電子申請に添付することが可能となります。 運転免許証(両面)(返納している場合は、運転経歴証明書で代替可能。 個人番号カード(オモテ面のみ)• 写真付きの住民基本台帳カード(オモテ面のみ)• 在留カード、住民票の写し及びパスポート(顔写真の掲載されているページ)の両方、外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限る。 ) (両面)• いずれの場合も申請を行う月において有効なものであり、記載された住所が申請時に登録する住所と同一のものに限る。 なお、(1)から(4)を保有していない場合は、(5)又は(6)で代替することができるものとします。 住民票の写し及びパスポート(顔写真の掲載されているページ)の両方• 住民票の写し及び各種健康保険証の両方.

次の

【エクセル】法人事業概況説明書を作るには?

法人 事業 概況 説明 書 と は

Contents• 持続化給付金とは 持続化給付金とは、コロナウイルス感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者(会社や個人事業主)に対して、事業の継続を下支えし、再起の原資とするための、事業全般に広く使える給付金のこと。 事業全般に使えるので、家賃や人件費などの固定費の支払いにも使えるということです。 繰り返しますが、中小企業で200万円、個人事業主で100万円が上限です。 これは給付金であって、融資ではないので、返済の必要はありません。 これが持続化給付金の大きな特徴です。 持続化給付金の支給対象者と上限金額 大きなメリットがある持続化給付金ですが、持続化給付金の支給対象者は次の条件を満たす会社と個人事業主です。 通帳の写し(個人事業主:個人名義)• 本人確認書類の写し• 2019年の確定申告書類の控え(確定申告書第1表の控え、青色決算申告書の写し)• 減収月の事業収入額を示した帳簿等(売上台帳など) 通帳の写しについては、法人の必要書類のところで説明した通りで、個人事業主も法人と同様に通帳の写しを提出します。 確定申告書第1表について、税務署が収受した印が必要です。 確定申告書第1表は、経営者自身の確定申告書で、お手元にある確定申告書の右上に「第1表」と記載がありますので、すぐにわかります。 売上台帳の提出・提出方式については法人の場合と同様です。 本人確認書類 個人事業主が提出する本人確認書類は、運転免許証(両面)(返納している場合は、運転経歴証明書で可)、個人番号カード(表面のみ)、写真付きの住民基本台帳カード(表面のみ)、在留カードのいずれか1つが必要です。

次の

【エクセル】法人事業概況説明書を作るには?

法人 事業 概況 説明 書 と は

株式会社KACHIELの久保憂希也です。 本メルマガでは、「お尋ねなど任意の 文書に回答すれば調査選定されやすくなる」 と何度も解説してきました。 申告内容のみならず、お尋ねなどの 資料せんによって税務署は情報を強化し 調査選定しているので、情報が多ければ多いほど 税務調査には入られやすくなる、という論理です。 さて、では次に疑問に思うのは、 「法人事業概況説明書」の記載内容については どうなのでしょうか? 法人事業概況説明書は、法人税法施行規則 第35条の5号に定める「添付書類」に 含まれているため提出義務があります。 (あくまでも添付書類ですから、 提出しなくても申告自体に影響はありません) またご存知の通り、平成30年4月1日以後終了 の事業年度分から、事業概況説明書の様式が 改訂され、項目がさらに細かくなりました。 税理士・会計事務所としては、事業概況説明書 のすべて欄にきちんと回答するためには、 顧問先に対してまた新たな質問をせねばならず、 面倒であるとともに、「ここまで詳細に回答する 意味はあるのかな?」と感じている方も多いはず。 税務署が考えている事業概況説明書の 役割は2つあります。 1 入力の省力化 本来であれば、決算書を手打ちで KSKに入力しなければなりませんが、 事業概況説明書をOCRで取れば 主要勘定科目はそのまま入力されます。 逆から考えると、事業概況説明書も 「会計ソフト名」などは記載があっても システムへの入力はされていません。 2 参考資料 税務署としては決算書などの数値データを より細かく把握するか、もしくは 数値外の情報を新たに把握することで、 調査選定に生かしています。 事業概況説明書もその1つと言えます。 ただ事業概況説明書については、 提出義務があることもそうですが、 顧問先に聞かなくても形式的に書ける 項目も多いことから、項目をそこそこ 埋めることは容易だと思います。 また、税務署として事業概況説明書は あくまでも参考資料であって、それだけで 調査選定をするなどはありません。 ですから、埋められる項目だけは 埋めておいて、あとの詳細などは 躍起になって埋める必要もないでしょう。 税務署もそこまで内容を精査しておらず、 記載項目数が少ないから調査選定する という基準・考え方もありません。 裏を返せば、事業概況説明書をすべて しっかり書けば調査選定されにくくなる わけでもありませんから、まさに 「そこそこ」記載しておけば大丈夫です。

次の