意味 が 分かる と 怖い 話 難しい。 意味が分かると怖い話 難しいものまとめ

超超超怖い話してください!! 意味がわかると怖い話とか好きです! ト

意味 が 分かる と 怖い 話 難しい

視線 こないだ、帰り道にお腹を壊してしまって、 普段は絶対入らないような、公園の公衆トイレに入った時の話。 私、綺麗なトイレじゃないと嫌なんだけど、 その時は、我慢出来ずに仕方なく駆け込みました。 無事に用を足して立ち上がると、不意に背後から視線を感じました。 ふと後ろのドアの方を見ると、トイレの床から約5センチの隙間から覗かれてたんです! 男性の目が、そこに2つ横に並んで私をジッと見てました。 つまり一部始終を見られたってこと。 あーー最悪。 とにかくその時は、もう恐怖と動揺で頭がパニックになって、 震えが止まらなかったです。 他の誰かがトイレに入って来るまで外に出られませんでした。 変態には、みなさんも気をつけて下さいね。 加奈ちゃん 加奈ちゃんという女の子がいました。 加奈ちゃんのおじいちゃんは、病気で入院しており、もう先が長くないそう。 病院にお見舞いに行った加奈ちゃんは、悲しそうな顔で「おじいちゃんいなくなるの?」と聞きました。 するとおじいちゃんは、「おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒に悲しんでくれるかい?」と言いました。 加奈ちゃんはそれを聞いて、泣きながら「うん…でも死んじゃいやだよ」とつぶやきました。 その後加奈ちゃんは家に帰ることになり、その次の日に、おじいちゃんは帰らぬ人となりました。 1ヶ月後、とある記事が新聞の隅に載りました。 「一家心中、動機は全くの不明。 女の子の名前は斎藤加奈ちゃん」.

次の

意味が分かると怖い話「挨拶」アナタに解けるか?意味怖の本当の怖さ

意味 が 分かる と 怖い 話 難しい

視線 こないだ、帰り道にお腹を壊してしまって、 普段は絶対入らないような、公園の公衆トイレに入った時の話。 私、綺麗なトイレじゃないと嫌なんだけど、 その時は、我慢出来ずに仕方なく駆け込みました。 無事に用を足して立ち上がると、不意に背後から視線を感じました。 ふと後ろのドアの方を見ると、トイレの床から約5センチの隙間から覗かれてたんです! 男性の目が、そこに2つ横に並んで私をジッと見てました。 つまり一部始終を見られたってこと。 あーー最悪。 とにかくその時は、もう恐怖と動揺で頭がパニックになって、 震えが止まらなかったです。 他の誰かがトイレに入って来るまで外に出られませんでした。 変態には、みなさんも気をつけて下さいね。 加奈ちゃん 加奈ちゃんという女の子がいました。 加奈ちゃんのおじいちゃんは、病気で入院しており、もう先が長くないそう。 病院にお見舞いに行った加奈ちゃんは、悲しそうな顔で「おじいちゃんいなくなるの?」と聞きました。 するとおじいちゃんは、「おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒に悲しんでくれるかい?」と言いました。 加奈ちゃんはそれを聞いて、泣きながら「うん…でも死んじゃいやだよ」とつぶやきました。 その後加奈ちゃんは家に帰ることになり、その次の日に、おじいちゃんは帰らぬ人となりました。 1ヶ月後、とある記事が新聞の隅に載りました。 「一家心中、動機は全くの不明。 女の子の名前は斎藤加奈ちゃん」.

次の

意味が分かると怖い話 難しいものまとめ

意味 が 分かる と 怖い 話 難しい

ある一家惨殺事件が起こった。 その家に住む両親とその息子が殺害されたようだ 妹は、事件の時間ちょうど出かけていて、被害には遭わなかったらしい。 警察が遺体を調べると、父親がダイイングメッセージを残している。 「3」と「564」。 警察は首をひねった。 そして後日、その家族の親戚も全員殺された。 一気に身寄りのなくなった妹。 警察が事態が落ち着くまで世話をするということになった。 しばらくして近所の無職 34 の男が逮捕された。 その男は最後まで「男は何もしらない、俺は俺の家から一歩も出ていない」と供述していたらしい。 妹は怖がっていた。 警察官は妹を勇気づけようと、そっとささやくように話しかけた。 「心配しないで、奈々ちゃん。 このいやな事件もすぐ終わるから。 お父さんとお母さん、お兄ちゃんのかたきは必ずとるからね。 」 警察官はそう女の子に告げ、部屋を出て行った。 女の子は嬉しいのかずっと笑っていた。 とある田舎でおじいさんが一人暮らしをしていました。 彼は庭でジャガイモを育てるため、土を耕したいと思っていましたが、高齢の彼にはその畑の土が固すぎて掘り返すのはとても困難でした。 昔は一人息子のフレッドがよく手伝ってくれたのですが、フレッドは今刑務所にいるのです。 彼は服役中の息子に一通の手紙を書きました。 「フレッドへ 本当に残念だが、今年はどうやらジャガイモを植えられそうにない。 もう歳で庭を掘り起こせそうにないんだ。 お前がいればわしの代わりに掘ってくれたろうし、お前がいてくれたらどんなにいいかと思うよ。 父さんより」 数日が経ち、息子から返事が届きました。 「父さんへ 庭を掘っちゃいけない、死体を埋めたのは庭なんだ! フレッドより」 翌日の朝4時頃、FBI捜査官が地方警察と一緒にやってきました。 彼らはおじいさんの庭を全て掘り起こしていきましたが、死体は見つかりませんでした。 彼らはおじいさんに謝罪をして去っていきました。 同日、もう一通の手紙が息子から届きました。 「父さんへ ジャガイモを植えるのは今だよ。 俺にできることはそれしかなかったんだ。 フレッドより」 夏休みのこと。 午前中で部活を終えた俺はくたくたになりながら帰ってきた。 昼飯食べて、そのまま疲れてリビングで寝てしまった。 起きた時にはすでに時刻は夕方だった。 家にいるのは、別室にいる母親だけのようだった。 目を覚ますためにシャワーを浴びて、着替えを取りに2階の自分の部屋へ行った。 すると、隣の姉の部屋からなんやら声が聞こえた。 姉ちゃんも家いたのか。 よく聞くと笑い声だった。 声を押さえながらも、笑っちゃってるみたいな声。 さては何か変なテレビでも見てんだな。 まぁ興味ないけど。 そういえばこないだ姉ちゃんに貸した本返してもらわなきゃ。 と隣の部屋をノックしようとした その時、下から母親の声が聞こえてきた。 こないだ俺の住んでいるマンションで奇妙なことがあったんだ。 今も思い出すだけでゾッとする。 その日は、仕事で遅くなって大分夜中に帰ってきたんだけど、 廊下の奥をふと見ると、紫っぽいワンピースを着た髪の長い女性がうずくまっていた。 顔は見えないんだけど、すすり泣いているようだった。 「探し物が…探し物が見つからない…」と聞こえてきた。 けど、見たことのない人だったしちょっと薄気味悪かったから 特に声もかけずに家に入った。 すると、翌日こんな話を聞いた。 前の日の夜、紺色のワンピースを着た女性がマンションのどこかの階から飛び降りたらしい。 ものすごい激突で、バラバラだったらしく顔面がなかったそうだ。 多分あの女だ…。 と俺はすぐに察した。 紫じゃなくて紺だったのか…いや、そんなことより怖すぎる。

次の